清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛大の学生にも海外視察は必用。

<<   作成日時 : 2017/12/22 15:57   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6



防衛大、固定翼型で垂直離着陸可能なドローン開発(動画あり)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00455203?twinews=20171221

>防衛大学校情報工学科の滝田好宏教授らは、垂直離着陸可能な固定翼型ドローン(飛行ロボット)を開発した。4枚のプロペラで垂直に離陸し、上空でプロペラの方向を変えて水平飛行できる。固定翼から揚力を得るため、複数のローターを搭載したマルチコプターに比べてエネルギー効率が高く、長距離輸送に向いている。また垂直離着陸できるため、滑走路が要らない。災害後の広域調査などに応用していく。

毎度水を差して悪いのですが、同じようなものはドイツのメーカーが既に実用化しています。

ジャーマンドローンズ、VTOL固定翼機型UAV「ソングバード」を発表
http://www.tokyo-dar.com/news/3231/

画像


別に似たようなモノを開発するなとはいいませんが、自分たちの研究が世界初なのか、それとも後追いなのかを知ることは重要です。
そのためには海外のコンファレンスや見本市に行き、現物を見て同業者と意見交換をするなどの情報交換は必要です。無論、どこの組織でも最先端のモノは秘密にして持ってこないことは多々あります。ですが、業界の動きや技術の相場観を養い、また刺激を受けるためには必用です。

以前技本が「スポールライナー」を開発したときの話です。他国が既に実用化して時間がたっているのに、開発担当者は、外国企業は情報をくれないからネットの写真見て開発しました、ですからね当然クズのようなモノができあがっているわけです。厚さ10センチもあるスポールライナーなんてないだろう。それは装甲ですよ。

アマチュアのサイトに掲載されたロシアの戦車のものを参考にしたらしい。それは昔のもので、グラスファイバーを使っていたから厚かっただけ、今のモノはアラミドやポリエチレン系の防弾繊維のコンポジットで相当薄いです。そのサンプルも見本市の会場で配っています。ぼくも貰いました。技本で入手できないはずもない。トップメーカーのダイニーマは日本支社もありますから頼めばくれますよ。

一回でも海外の見本市視察していれば、こんなことにはならないわけです。ところがその頃技本は少ない視察予算を偉い人の退職前の卒業旅行、ご褒美に使っていたわけです。ぼくが執拗に指摘したので、さすがにこれは無くなって予算も増えたようですが、それでも見本市の装備庁のパビリオンが出展されても装備庁のブースに店番が座っているだけで、情報収集要員の派遣はほぼゼロです。


こんなことでまともな開発ができるわけがない。ところが情弱なのに事情通を気取った軍オタは技本の研究を褒め称えるわけです。左翼活動家と同じレベルのお花畑です。悲しいから彼らにはその自覚が無いところまで、左翼活動家とそっくりです。
ぼくにとって当局は単なる取材対象ですが、彼らにとってはあがめ奉る神様なのでしょう。神様は間違わないと。



まずは情報というのは何事も鉄則です。
できれば防衛大の学生にも海外の見本市の視察をさせて、視野を広げさせるべきです。
小銃や機銃を米国の7倍も8倍ものコストをかけて調達するカネがあればそれぐらい安いモノでしょう。



■本日の市ヶ谷の噂■
陸幕は本年度では要求したMINIMIの要求を概算要求だけではなく、補正予算でも要求せず。既にM2、74式機銃は性能偽装事件依頼3年調達無し。さすがの陸幕も住重に愛想を尽かして機関銃の国産を諦めとの噂。るこのため住友重機の機銃ビジネスは年1〜2門の海保の40ミリボフォースのみとなり同社の機銃ビジネスは風前の灯火との噂。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
似たようなモノなら、国内のベンチャー企業も商品化していそうですが。それから、ボフォースの40ミリ砲ですが、アレってたしか、運用しているのは海自でなく海保でしたよね(海保といえばGAU-19やブッシュマスターIIも使っていますが、あれも住重がラ国生産しているのでしたか)?
KU
2017/12/22 16:18
海自はまだ40ミリボフォース持っていたのですか?Wikipediaには退役装備扱いでした。海保は最近40ミリボフォース機関砲搭載の巡視船増えてますが、どっちなのでしょうか?
SSAO
2017/12/22 20:02
すみません、海保の間違いです。
キヨタニ
2017/12/23 00:21
どうも
3G基地局アンテナ群でレーダーサーチ50km位?
航空管制予備
5G日本版航空機携帯電話サービスに併用‥
動画等どころでは迄行けるかどうか
並列回線数切替自動化
ミサイル弾着被害推計も自動化して救援策シミュレーション

大陸周辺国も安保理制裁合意の反攻とばっちりで情報共有化支援に

カウンターフォースを大きくとるだけでは戦闘抑止に為らない雰囲気‥
毎度ピレスロイド中毒の妄想
2017/12/23 22:58
防大の発明の記事を読んだ時にどんなすごい技術があるのかと思ったら...どこかで見たような物の写真があって激しくがっかりしました。とても新聞記事にするレベルの物じゃない、と。ご指摘の通り海外では似たような物は見たことあるし特許にもなりそうも無いですね。制御ソフトウェア絡みで特許を取れる可能性はあるかも知れませんが方式自体目新しくもない。一応大学(正確には大学ではありませんが)の先生やっているのに研究対象に対して何の調査も知識もないのでしょうか?工学部のある大学なら学生が卒業研究ででも作るようなレベルですよね。学会や学会誌、せめて「軍事研究」、いや航空雑誌やラジコン誌でもお読みになればこのようなトンチンカンな物はできなかったと思いますよ。海外視察云々以前の問題のような。学外以外の情報に疎いのでしょうね。装備庁の件も残念感たっぷり。武器装備その他一般に対しても色々知らないのでしょうね。研究開発って調査を含めて満足にしていないのでは?企業では少なくとも自分の影響のある範囲の事ならトレンドや分かる範囲でライバルの製品や動向も調べますが(ベンチマークって奴ですね)、それもあまりやってないご様子。公務員はお気楽で良いと言うことなんでしょうか?海外のエアショーや展示会に見学に行くようになって自衛隊の装備がどれくらい使えるものなのか、遅れているのかが気になりだしました。少なくとも進んでいる感じは素人目にも一切無いですから。それにしても住重外しという事は機関銃関係は輸入にする方向と言うことでしょうかね。陸自の知り合いも国産MINIMIの評判は悪くあんまり使いたくないとこぼしていました。よく故障とかジャムとかあるみたいです。
やれやれ
2017/12/25 13:13
ついに住重が外されるんですね、今までの失態を考えたら当然でしょう。
100年使われてる偉大な名機関銃のM2を劣化ラ国して平然と高値を付けて納入してるのも犯罪的ですが、MINIMIの件にしたってFNはこの状況に何も文句言わないんでしょうかね?
八王子の白豚
2017/12/28 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
防衛大の学生にも海外視察は必用。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる