清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍用輸送機、日中ウリナラマンセー合戦

<<   作成日時 : 2017/12/16 17:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 7


本の空自C−2輸送機はわが国Y−20より著しく劣る、工業の信頼性そのものに問題―中国メディア
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171021/Recordchina_20171021010.html

>中国メディアの新浪網は19日、日本の航空自衛隊が運用するC−2輸送機は中国のY−20(運−20)輸送機よりも性能が著しく劣るとする記事を掲載。神戸製鋼所の製品品質のデータ改ざんが話題を集めている例など、日本ではこの数年、重大な問題が絶えず表面化していると論じた。

>記事は続けて、C−2は試験中に機体の強度に問題があることが分かり補強したと指摘。そのため有効搭載量を30トンに変更し、実際には24トン程度にとどまる可能性があると論じた上で「言葉にもならない」と評した。記事は、C−2が今年(2017年)6月に米子空港で滑走路を移動中にハンドルとブレーキが利かなくなり草地に突っ込んだ事故も紹介した。なお、防衛省は同事故について操作ミスが原因と発表している。

記事はさらに、中国ではこれまで多くのメディアが日本人の「匠の精神」を称賛したと論じた上で、「日本では過去数年、軍需工業分野で重大な問題が絶えず出ている。例えばこのところ話題になっている『劣悪鋼事件』(神戸製鋼所の製品品質データ改ざんを指す)は、軍用・民用の多くの企業に波及している」と指摘。



 まあ、この記事から中国の行きすぎた自国兵器礼賛もありますが、C-2のペイロードに関しては傾聴する部分もあります。常識的に考えれば機体の強度不足で初飛行は、機体外部につぎあてして飛ばしたような機体が、重量増加もなく、当初のペイロードを実現できると信じるのは、性善説を通り越しております。
少なくともぼくが関係者に聞いているところで、C-2の最大ペイロードは燃料を大幅に減らして状態での数字らしいです。そうであれば性能偽装ということになります

 ところが我が国のメディアは専門メディアも含めて、大政翼賛的な報道に終始しています。仮に問題があっても、これでは納税者がその問題を知ることができません。

 それはC-2の民間転用でも同じです。川重は開発と同時に、耐空、型式証明を取る作業をしていません。完成後に耐空・型式証明をとると数百億円もかかるでしょう。C-2はMRJと違い、証明取得済みの外国製のコンポーネントを多用しているわけではないで、
 そもそもそんな巨額の費用かけるならば、一体何機うって採算レベルだよ、てな話です。
 商売の経験があれば八百屋のおじさんでも分かる話です。とろこが自衛隊の最高指揮官、「官邸の最高レベル」は分からないようです。

 まあ航空ショーに持って行って展示したり飛ばすこと自体はいいことですよ。我が国のプレゼンスをあげることになりますからぼくは昔からそうすべきだと申し上げてきました。売れる、売れないは別として。

 そのような派遣をするならば、空幕長やら海幕長、あるいはそれに準ずる地位の人間を長としたデリゲーションを送るべきですが、それはない。機体派遣は「官邸の最高レベル」の思いつきで直前に決定され、装備庁や幕は嫌や嫌ついあっているだけ。これで機体が売れますか?
 外国いったら自衛隊なんて雪男やネッシーみたいなもんですよ。誰も見たこともない。お話したこともない。専門誌の情報なども極めて限定的でなにやっているかも分からない。誰も軍隊と自衛隊の違いなんか知りませんよ。
 また自衛隊の方も「大人の事情」を忖度してくれる米国以外の他国と直接ふれあうことが少ないから井の中の蛙状態です。


 売れなくてもいいんだけど、プレゼンスの維持ということであれば、偉い人とある程度の頭数の「兵隊」は行くべきよ。財務省が許さないなんて、嘘をつかずに。ぼくが技本の卒業旅行を実名報道した後、海外視察費は増えています。


■本日の永田町の噂■
守屋次官(当時)の右腕のセクハラ親父@種馬課長(当時)は、銀座で交通違反をした際に、防衛庁(当時)の職員であるという身分を、民間企業社員と偽ったとの噂。

さて、陸幕で悪巧みをしている皆さん、ぼくがどうしてこういう情報を知っているかよく考えてみるべきだと思いますよ。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
昔、米軍の大尉にGrand self defence forceと言ったら、はあ?みたいな顔をされたので、Japanese armyと言ったら、うんうんみたいな顔をしていたのを思い出しました。
ひゃっはー
2017/12/16 18:07
>>そのような派遣をするならば、空幕長やら海幕長、あるいはそれに準ずる地位の人間を長としたデリゲーションを送るべきですが、それはない。


幕も業界の方々も本気で売れると思っていないんですよ。
売れると思っているなら、行くなと言っても行きますよ。

それにしても、中国人って、自分らは事故起こした高速鉄道の車体を速攻で埋めて隠蔽工作したくせに、よく言うわ。
真の愛国者ゆりか
2017/12/16 19:06
うん? そのセクハラ親父は銀座に何をしに行っていたんだ(笑)
防衛庁の幹部だと分かると、何かまずいことでもあったのか?
ひゃっはー
2017/12/16 21:03
>>>大政翼賛的な報道に終始

米国製の高額装備ばかり買うなんて!と批判した翌月になったら、あからさまにトーンダウンした某航空専門誌とか、コスプレさせた声優やらタレントの写真を表紙に用いている某A省の実質的な広報誌とかですね、分かります!(>_<)。あのくらい、国産機やら組織やらをヨイショしなきゃあ、お上に買い取ってもらえないのでしょうね、きっと。いやぁ、何の商売も大変だ(棒)。


>ミサイル防衛構想、対象拡大を検討 巡航ミサイルも迎撃

http://www.asahi.com/sp/articles/ASKDF5RHZKDFULZU00S.html

でも、肝心要のレーダーがどうなるのかとか、ネットワークの中心となるE-2Dの機能の一部が外されるかも、とかいった話は触れずじまいですね。単に朝日の記者が、そうした情報に接していないだけかもしれませんが。




>長距離巡航ミサイル導入方針、立憲民主・枝野代表「強い疑問」

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3241423.htm

射程の長い迎撃ミサイルシステムが値上がりしていくのは気にならないけど、射程の長い対地対艦ミサイルを導入するのは、けしからん!と。ひたすら耐えるだけでは、損害だけが増える一方だと思うのですが。
KU
2017/12/17 07:16
追記
その課長様は自分で車を運転していた、ということは当然公務ではなかったということですよね。いや、何も幹部が私用で銀座に繰り出すな、とはさすがに言いませんけれど・・・
ひゃっはー
2017/12/17 22:26
追記
いや、待てよ。交通違反といっても車を運転していたとは限らないな。自転車だったのかもしれないし、歩いていたのかもしれない。しかし公務にしろ私用にしろ、飲まずに銀座に行っていた、何てことはあまり無いんじゃないんでしょうか。その辺どうなんでしょうかねえ。
ひゃっはー
2017/12/17 22:37
ま、売れる売れないは別に売るための姿勢は見せておかないと買ってくれる気まぐれに遭遇できなくなってしまいますからね〜
八王子の白豚
2017/12/20 01:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍用輸送機、日中ウリナラマンセー合戦 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる