清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年9月ロンドン日記その5 DSEI

<<   作成日時 : 2017/09/14 06:18   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

多忙につき写真のみ。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いいもん映ってるかも

現状やっぱテロが脅威であり、ソコへの兵器を並べたりしてるのかなと。
インファント系な

そこらへ効果のある新兵器、改修だとかも重要だろうしね

コルト社も、前線で使われてる。対応に遅れのあるメーカーだとも思えないけど。
そうでもないのかなと。それは、理解できないけど
aaa
2017/09/14 22:52
お邪魔します。
 記事とは直接の関係が無いので申し訳ないのですが、日本に導入されるF35に使われるはずの日本製の部品が使われていないとのニュースがありました。英国といった開発パートナー国でもない日本が早期に導入できるだけでも相当恵まれており(それが中長期的に見て日本にとって良い事か否かは別にしても)、欧米の軍需産業が生き残りに必死な中、日本が開発パートナー国の企業を差し置いて部品製造まで手にするのは欲張り過ぎなのではないかと思ったりもします。ひょっとしたら「最初から使われないかも知れない事も織り込んだ公金ビジネス」ではないかとも。
ブロガー(志望)
2017/09/14 22:58
連日の取材、お疲れ様です。

>「イージス・アショア」陸上自衛隊で運用へ

http://www.news24.jp/sp/articles/2017/09/14/04372472.html

野戦特科か高射特科部隊を縮小するかして、人員を確保するのでしょうかね?
KU
2017/09/14 23:07
お邪魔します。

>「イージス・アショア」陸上自衛隊で運用へ

 かつてナイキ・ホーク論争がありましたが、もし実現すれば陸軍(陸自)が空軍(空自)よりも長射程の対空ミサイルを持つ事になります。通常陸上兵力の対空能力は味方空軍の網を潜り抜けた相手に対する近接防衛が目的ですが、陸自の場合は他国の陸軍よりもその可能性が小さいから(我彼がせめぎ合うところまでこちらが出ていく事は無く、向こうが来るとすればその時には航空優勢は相手方に傾いている可能性が高いからか)、その分のリソースをミサイル防衛に振り向けるという事なのかなと思ったりもします。
ブロガー(志望)
2017/09/15 23:33
>拳銃も機関銃も販売中「日本が輸出する小火器」は112億円

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13623432/

どう考えても、住重がM2やらMINIMIやらを輸出しているようには思えないので、競技用や狩猟用のライフルがメインなのでしょうか(機関銃といえば、防衛省の『平成30年度概算要求の概要』の表紙にRWSを装備した機動戦闘車の写真がありましたが、結局は旧技本が開発したアレを採用するのでしょうかね)?
KU
2017/09/17 07:18
>日通、ユーラシア大陸を横断する鉄道貨物輸送サービス提供へ

http://www.zaikei.co.jp/sp/article/20170917/399561.html

徒に一帯一路構想を警戒するのでなく、上手く利用した方が得ですものね。
KU
2017/09/17 13:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年9月ロンドン日記その5 DSEI 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる