清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 総合火力演習という名の仮面ライダーショーは税金の無駄使い

<<   作成日時 : 2017/09/03 16:01   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 23

陸自の総合火力演習は仮面ライダーショーと大同小異ですよ。
ですがこんな方もいます。


「総火演」の戦争抑止力と「倍返し」の効果 経費惜しむ人に聞いてみたい「日本が攻撃されることをお望みですか?」
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170902/soc1709020003-n1.html

>総火演で使われた弾薬の総量は約36トンで、約2億9000万円相当だという。すべての戦力を否定する自称「平和主義者」や左派メディアは、このような経費を無駄と思うだろう。

>しかし、自衛隊の戦力のPRは国民に安心感を与えるだけでなく、敵に対する最大の抑止力になる。経費を惜しむ人には、「日本が攻撃されることをお望みですか?」と聞きたい。



「経費惜しむ人」としてお答えしましょう。
総火演に抑止効果なんぞはありません。

率直に申し上げて総火演はヒト・モノ・カネの無駄使いです。
しょせんは予定調和「御敵退散、御味方勝利」の勧善懲悪、ご都合主義なお話です。
これに弾薬含めて数億円のカネを掛け、多くの隊員とその時間を投入する価値があるかといえば、ありません。


その実態は多少豪華な仮面ライダーショーに過ぎません。仮面ライダーショーをみて国防ができるならば誰も苦労はしません。


無論国防や自衛隊の実態を納税者に知ってもらうというPR活動にカネを一切掛けるなとはいいません。ですが本当に効果があるのか、また費用対効果を考えるべきです。

以前OBの方に聞いたのですが、総火演は余った弾薬を消費するための方便だったとのことです。


まず総火演をやるために富士学校の業務は二ヶ月は止まります。つまり本来やるべき業務の1/6の時間を犠牲しているわけです。只でさえ、時間と人手が足りないといっているにも関わらずです。

で、日頃の研究の成果を発表する富士合同研究調査会同では業者のレポート丸写しで、米海兵隊がEFVを開発止めた後にもかかわらず、EFVのような車輌が世界の水陸両用装甲車の主力になるとか発表しています。内容はそこいらの軍オタレベルです。ところがこれが、写真も録音も禁止。偉い人の挨拶ですら写真も録音も禁止です。

たいしたこと言っていないのがバレるのが嫌なのでしょう。このことをぼくが暴露したら、来年富士合同研究調査会同やめようか、とか幹部が鳩首会議している始末です。どんだけ君たちはナイーブなの。

「仮面ライダーショー」やっている暇があればまともな研究をやれよ、といいたくなります。
弾薬だけで約3億、その他経費を含めれば4,5億円ぐらいは掛かっているでしょう。
そんなカネがあれば、業者のレポート丸写とか間抜けなことやらずに、海外で水陸両方部隊の現地調査や、アメリカで毎年行われている海兵隊向けの見本市など視察したらどうでしょうかね?
AVやフランス書院の小説読んで女の子を口説こうとしているようなものです。それで戦争に勝てるんですか?


むしろ、富士合同研究調査会同なんてメディアに公開すればいいのです。そうすれば納税者に富士学校の研究成果を広く発表できるし、一円もかかりませんよ。

ところがそれをやると外部からの批判にされるので、ガラスのような自意識が崩壊するのできない。だから仲間内で自己満足の夢想的な癖が直らない。


総火演を仮面ライダーというのは「演習」ではないからです。本来演習は自分たちの問題や、欠点、課題を発見するためにあるものです。ところが「ニッポン勝った、シナ負けた」みたいな予定調和です。

これで「無敵皇軍」みたいな誤った自衛隊最強伝説みたいなのを納税者にすり込むのは罪作りですよ。
昔もそんな宣伝やって軍国少年や世論を洗脳して、馬鹿な戦争したんじゃないですか?
自衛隊では戦史研究をやっていないんでしょうか?

自衛隊の現状はお寒い限りです。

MINIMIで89式の弾倉使うと壊れるとか、その危険な機銃をアメリカ様の10倍の値段でかっていて、攻撃ヘリのAH-1Sは旧式な上に殆ど飛べない。スナイパーはまともな訓練も受けていない。AAV7は南西諸島の離島作戦ではつかいものにならず、訓練射撃すらできていない。
F-2戦闘機は能力が低いのに維持費はF-15Jよりも高い金食い虫。

戦車だけは新しいのをいれたが、随伴する歩兵戦闘車は増えず、30年近くも近代化もされず、まともな機甲戦闘は不可能。

UAVも少なく、低性能、爆弾処理ですらUGVすら導入されていない。

UAVも精密誘導弾も人民解放軍よりか遙かに劣ったレベルです。


無線は周波数帯に問題があり、最新型でも通じない。しかも充足率が低い。

給食にしても人手が足りず、普通科小隊から人手を借りる有様。
兵站軽視も甚だしい。

幕僚監部は各装備の充足率、稼働率も把握しておらず、旧軍作戦参謀同様に机上のオナニーみたいな作戦立てて喜んでいる。

陸自隊員のもつファーストエイドキットは止血帯、包帯各1個で、約20個のアイテムの米陸軍のものと比べたらお子様レベル、しかも有事にはこれをPKO用同じレベルに補填しますと、ありもしない計画をでっち上げて陸幕長や大臣を騙す下克上。メデイックは諸外国では15〜20名に1名が、自衛隊では120名に1人、しかも法制度の問題で諸外国のメディックよりできることが大幅に少ない。その質の低いメディック2千人ほどの1500名を今度は、病院に配置換えをする。のこりの500人に高度な技術を施すというが、無理でしょう。法改正もしないし。
現場のメディックは更に弱体化します。しかも未だに装甲野戦装甲救急車は一台もない。

部隊の医官充足率は2割を切っており、護衛艦には殆ど医官は乗っていない。

やっているのは「戦争ごっこ」です。サバゲマニアが軍隊と戦争して勝てますか?
勝てると思っているなら一回やってみればいい。


総火演というイリュージョンを見せられてその気になって、「無敵皇軍、シナ、朝鮮人何するものか」と股間を膨らませて、戦争煽る程度の悪いレッドネックやホワイトトラッシュレベルの「愛国者」を増やすことが国益とか到底思えません。

総火演やるならせいぜい4年に一度で十分です。回数も1回に減らす。演習のための予行演習は止める。毎年ほぼ同じ内容なのですからそれでいいでしょう。それも動画公開で十分で多数の招待者を減らせば隊員の負担も減ります。

むしろフランスの革命記念日みたいに、銀座や表参道あたりで軍事パレードでもやってはどうでしょうか。
そのほうが余程内外の多くに人間にアピールできますよ。


ドンパチ見せたいなら、ユニバーサル・スタジオあたりのスポンサーになって、アトラクションをやればいいでしょう。
リテラシーが低くて頭の悪い愛国者を量産することは国益ではありません。

こういう人を「識者」扱いしてその文を載せる新聞の業は深いとですよね。
余程国益を損ないように誘導したい、極めて反日的な意図があるように思えますがね。




東洋経済オンラインで以下の記事を寄稿しました。

防衛省・自衛隊の装備調達人員は、少なすぎる
過去最大の防衛予算は工夫次第で圧縮可能だ

http://toyokeizai.net/articles/-/186960




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
一番調子のいい戦車並べて大砲撃ってるだけですしね。
その総火演で去年履帯が外れた10式ってどんだけポンコツなんでしょう。
ガネット
2017/09/03 16:17
戦時中の三式中戦車も、本土決戦のために温存された、巷では言われているがそんなはずはないでしょう。単に沖縄やフィリピンに輸送するための輸送船と護衛艦が不足していたので内地に留め置かれた、というのが真相でしょう。だったら、北海道や富士の90式や10式も南西諸島防衛には出番が回ってくることは考えられない。まさに「歴史は繰り返す」です。
ひゃっはー
2017/09/03 19:21
総合火力演習には抑止効果は無いでしょう。一般人に実弾演習を見せるだけです。と思ったら実は公募での来場者は5100人でその他2万人弱は招待者だそうで。これじゃPR効果もなにも無いですな。業者への接待みたいなもんです。総合火力演習には日本最大の実弾演習と言う側面もあります。一般公開もするので部隊の精鋭を連れて来るようですが、普段ろくに実弾演習をしていないのでまたと無い機会でしょう。それと弾薬だって賞味期限間近なのを使っていれば廃棄費用が軽減されるという見方もできます。シナリオは予定調和で見るべきものは無いですが弾の...偶の演習くらい目くじら立てる程では無いかと。小生も何度か見学に行きましたが人間の汚い側面を何度も見て嫌になり行かなくなりました。醜いのは観客でマナーが非常に悪いのです。どこの中国人、朝鮮人かって位。後ろから石は飛んでくるは缶々は飛んでくるはあっちこっちで怒号や言い争いが耐えなかったです。少しでもよく見ようと立ったり三脚出したり頭よりカメラが上に出る人がいると巻き添えをくいました。体育座りで身をすくめて後ろからの攻撃に備えるのに疲れました。今は少しは民度が上がったのでしょうかね?
やれやれ
2017/09/03 22:01
ケント・ギルバート氏は昨年か一昨年にフジテレビのバイキングという番組で「憲法9条さえ変えれば大丈夫!」と発言したのを覚えてます。

私は憲法9条改正に否定と反対もしませんが、「その前に医師法、道路交通法、警察官職務執行法、自衛隊法、外務省設置法など日本の法律を(極力早期に多くまとめて)改正するのが先でしょう」と冷めた目で見ましたね。

少し前に何かの記事でアメリカ軍の士官(確か海兵隊の佐官か将官だと思います)が総火演を批判しましたが、「外国から来た軍事のプロフェッショナルには通用しないんだな」と痛感しました。
Masaya Hariu
2017/09/03 22:02
清谷様に教えて頂きたいのですが、ドイツ軍のG36は連射すると命中精度が落ちることが発覚したから、更新されることになったのでしょうか? あと、古いG36は廃棄されるのでしょうか? どこかに転売もしくは供与されるのでしょうか?
ひゃっはー
2017/09/03 23:41
総火演は、デモンストレーションと古くなった弾薬類の処分を兼ねた実弾演習の兼ね合いがあります。ですから、一概に否定できぬのでは?

>自衛隊の現状はお寒い限りです。
確かに自衛隊の現状に問題がある事は否定しません。また、関連法の改正や整備が必要なのは、その通りでしょう。

しかし、強調しますが、装甲救急車やUAV&精密誘導弾等、遅れた処も多いのですが、その反面、米と並んで、世界最先端のBMDシステムを有しているのも事実です。それ以外の国々は、旧ソ連時代のABMが維持されている露を除けば、弾道ミサイル攻撃を受けたら着弾するまで指を咥えて眺めるか、PAC-2のような対航空機用広域防空SAMで一か八かの終末迎撃するので精一杯です。尤も、漸く、ルーマニアに地上配備型SM-3アショアシステムの導入が行われましたが、まだ、日は浅い。

因みにBMDに類似したシステムはイスラエルのアローミサイルや露のS-300系列位ですが、両者ともPAC-3やTHAADと同程度の迎撃高度ですので、高高度迎撃可能な国は日米とルーマニア(但し、まだ装備の慣熟化が…)と露(ABM)位です。

再三、強調しますが、勿論、是だけの物を築き上げる為に、日本は多大な犠牲を払っています。紆余曲折の末、政府が整備を始めた〇四年度以降、十三年間で、想定を超え、累計で1兆5800億円もの巨額の経費をつぎ込む破目になっています。

もし、是だけの経費の全て。いやその半分でも、陸海空、三自衛隊の装備更新や後方関係の充実等に当てて居れば、あなた様が取り上げている装甲救急車だの、何だの問題は、とっくの昔に解決か、緩和していたでしょう。


チャイカ
2017/09/04 06:23
しかし、その反面、周辺国による弾道弾恐喝に際して、今より遙かに劣る対応しかできません。また、日本の敵性若しくは非友好国家は、韓国を除けば、独裁国家です。このような相手は、一握りの指導者層の安全さえ担保出来れば、民意等どうでも良い。また、その彼らに合理性なり、何なりを期待するのも危険です。

それに通常兵器より、この手の兵器は対処方が限られます。政治&外交交渉は…であり、先制&予防攻撃も、手段を有していない日本では、論外以前であり、圧倒的な強者の米ですら、困難です。何故なら、彼等も核&ミサイル施設の秘匿化に努め、その守りも堅い。ですから、一気呵成に無力化するのは、まず無理でしょうから。

結局の処、北朝鮮(中国も)の『弾道弾対策』を優先した政府の対応は間違ってはいなかったのでは?

我が方の財布の中身には、大幅な制約があります。その上、この世界は政治でもあり、物事には、優先順位を付けなければなりません。

だったら、強靭な盾=BMDシステムと矛についても、ささやかながらも、残存性に優れたSS搭載型のUGM-84LハープーンBlock IIミサイルの装備化に目途が付きつつある現状よりも、周辺国の弾道弾恐喝の下、遥かに劣る対応しか出来なくてもよかったのだろうか?

如何でしょうか?
チャイカ
2017/09/04 06:23
観閲式ですら3年に1回になったわけだし(そもそも支援に当たる旧12師団の負担を減らすために、3年ごとに実施する形になったわけだろうし)、総火演だけ毎年毎年、行う理由が不明確ですものね。おまけにプログラムも代わり映えしないし(特科による富士山とか)orz 。以前と変わったことと言えば、トラックに載せた大型プロジェクターを用いて、あれこれ解説するようになったことくらいでしょうか?




>読売の「北ミサイル迎撃レーザー開発」報道の裏は複雑そうだ

http://agora-web.jp/archives/2028116.html

結局、最後は「朝日ガー」「東京新聞社会部の女性記者ガー」ですか(>_<)。
KU
2017/09/04 12:56
G36は連射すると銃身加熱による不具合が発生するとのことで、改良よりも更新を前倒しした方が宜しいだろう、ということなった経緯があります。次期小銃の本命は416のようです。
キヨタニ
2017/09/04 20:19
>安倍首相、イージス・アショア導入で防衛能力向上目指す方針

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3147715.html

それでまた、型落ちしたシロモノを掴まされるとorz 。正直、THAADを買うくらいならイージス・アショアのほうがリーズナブルだし良さそうだと思っていましたが、あまりに島嶼防衛そっちのけでミサイル防衛にばかりにのめり込んでいるようで、不安です。
KU
2017/09/04 22:24
>戦時中の三式中戦車も、本土決戦のために温存された、巷では言われているがそんなはずはないでしょう。
>単に沖縄やフィリピンに輸送するための輸送船と護衛艦が不足していたので内地に留め置かれた、というのが真相でしょう。
ひゃっはーさんそれは違いますよ。
三式中戦車は名前こそ三式ですが生産開始が1944の年末なんですよ。
フィリピンどころか沖縄に送り込むのすら怪しい生産状況なので、
本土決戦用に残ってたにすぎない戦車です。
昔話
2017/09/05 00:18
まあ、演目を見て「島嶼防衛」「離島奪還」と勇ましいタイトルではありますが、10式戦車や90式戦車の出番ってありますかね?
それに特科の砲撃だって全く出番ないでしょうに。
コブラやロングボウも海自の護衛艦から発進する前提なんでしょうけど、片やコブラはポンコツ過ぎて出ると半ば特攻に、ロングボウは稼働数が少なすぎて本番で出てこれるのかね?状態です。
そもそも演目内で「防衛」戦闘を全くしていませんよね?全部反撃行動です。
与那国島とか石垣島を奪われてそれを奪還するつもりで訓練してるならそもそも尖閣を本気で守る意思が陸自には無いって事ですよ。
言い方が酷いですがウソつきの税金ドロボーの自己満足の見栄っ張りショーをキャーキャー言いながら見ているのは本当に自衛隊の為にならないと思うんですよね。
八王子の白豚
2017/09/05 01:16
昔話様へ
なるほど。三式中戦車ができた頃には沖縄戦が始まっていた、といったところですかね。97式中戦車は離島防衛の出番があっただけまだマシだったんだ。
ひゃっはー
2017/09/05 12:11
清谷様、ありがとうございます。実は89式小銃はたったの6,000発撃っただけで、不用決定を出して廃棄しているんですよ。89式への更新が未だに完了しないのは、89式の耐久性が低いことも一つの原因でしょう。なのに価格は35万くらいもするんですよね・・・
ひゃっはー
2017/09/05 12:19
>防衛費概算要求 安保環境悪化へ着実に備えよ

http://sp.yomiuri.co.jp/editorial/20170904-OYT1T50115.html?from=ycont_top_txt

社説で突っ込みを入れるのも結構ですが、どうせやるなら、普段の大臣会見とかでも、やってもらいたいですよね。
KU
2017/09/05 12:38
北朝鮮が浜辺にロケット砲やら牽引砲やら並べてバカスカ撃ってる写真見たことがありますが、あれと似た部分は感じるんですよね。曳火射撃で富士の形を描くとかはあまり実戦に寄与することのないパフォーマンスに思えます。あれが実戦の役に立つとすれば、ガチョウ足行進で整然とした足音を立てる兵隊(北朝鮮でも東独兵でもよい)が、「これなら戦時にも一糸乱れぬ統率を維持するに違いない」と思うくらいに飛躍した論理でしょう。
現在のところ、北朝鮮について我々が重視するのは、核と弾道弾技術であって、それは自衛隊でいえば具体的な護衛艦やその他装備の能力ということになるのではないでしょうか。

ケント・ギルバートさんとかみたいなのって結局70年前のご聖断と玉音放送でころっと宗旨替えしたような人間に近いと思います。敗戦の前日まではいわゆる「軍国主義の権化」みたいな感じだったのが、それを境に昔から本音はこんなことを望んでなかったのだ、と言い出すような。
ふきのとう
2017/09/05 18:31
お邪魔します。
 根幹にあるのは、日本が未だ島国・海洋国家における陸上兵力のあり方を見出していない事ではないかと思われます。戦前も参考にしたのは大陸国家であるフランスやドイツの陸軍でしたし、その後旧陸軍は「中国大陸での”国盗り”」にのめり込んでいきました。それと「日本の赤化を防ぐ治安部隊」という"本性"を覆い隠すというのもあるのかも知れません。昨今では正規軍同士の正面対決の可能性が減少する一方、大規模テロ等の脅威が増大していますので、治安部隊というか「暴力を以て暴力を制す」という「軍隊の原点」に戻りつつあるようにあると思われます。ですから自衛隊にもそれに沿った演習等を行っていただければと思ったりもします。
ブロガー(志望)
2017/09/05 22:57
追記
しかも89式は減装弾しか撃っていないにも関わらず、この耐久度なんですよ。あきれて物も言えないでしょ。
ひゃっはー
2017/09/06 01:01
>>>本命は416

アドオン式のグレネードランチャーを付けたりするのでしょうけど、それでいて例のSCARモドキと同じ値段というのも···。代理店を通じて購入するのも良し悪し(他にもいろいろ、裏があるのでしょうけど)ですね。でもまさか、ホーワとか住友重機とかにラ国生産させます、なんて話にはならないですよね?



> 首相側近の河井氏「弾道ミサイル保有、検討すべき時期」

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9564YLK95UHBI01J.html?iref=sp_pol_politics_list_n

弾道ミサイル(開発するとすれば、短距離弾道弾でしょうか?)を実用化するともなると、また何かと皺寄せが生じそうな悪寒がorz 。巡航ミサイルはSSMをベースに開発すれば短期間で、それほど予算も掛けずに実戦化出来そうですが。
KU
2017/09/06 05:54
将官のポスト維持だけの為に方面総監部を存続させて新たに陸上総隊を発足
(しかも地域手当1級地!20%!の朝霞駐屯地に)
させる組織ですから仕方ありません。
歴史は繰り返すというか
旧軍の伝統を見事に引き継いでいるだけあって何を期待しても無駄。
元土方
2017/09/08 22:24
装甲救急車といえば、コマツのアレ(結局、量産化されるのでしょうか?)とかブッシュマスター辺りをベースに開発すれば、直ぐにでも実用化出来そうなものですが。もっとも肝心の陸自に、装甲救急車を採用しようという意志が全くというほど感じられないのが、実用化を阻んでいる最大の障壁なのでしょうけど。




>北朝鮮危機の渦中、ついに自衛隊が「敵基地攻撃力」を手にする

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52826

たった4機の給油機くらいでは日常の訓練の支援すら、ままならないと思いますが。おまけに電子戦機と言いつつ、YS- 11EAやEC-1(いずれも実質、訓練支援がメインでしたか)の存在に触れていないし...。項数の制約もあるのでしょうけど、何となく中途半端な記事のように感じましたが。
KU
2017/09/09 11:24
※訂正

記事タイトルを間違えました。

>北朝鮮危機の渦中、ついに自衛隊が「敵地攻撃力」を手にする

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52826
KU
2017/09/09 11:34
すみません。5.56mm弾に減装弾はないそうです。7.62mm弾と間違えてました。
ひゃっはー
2017/09/15 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
総合火力演習という名の仮面ライダーショーは税金の無駄使い 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる