清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 血税を浪費して国の借金増やすのが国防らしい。

<<   作成日時 : 2017/09/01 14:57   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12


防衛費2.5%増、膨張の一途 陸上イージス「額未定」
http://www.asahi.com/articles/ASK804WDZK80UTFK00F.html?iref=comtop_8_01

>過去最大の5兆2551億円が概算要求された防衛費。2017年度当初予算に比べ、1300億円(2・5%)増。現在の中期防衛力整備計画(14〜18年度)で見込む年平均0・8%の防衛費の伸び率を大幅に超えた。要求ベースとはいえ、防衛費の膨張傾向は進む一方だ。

毎度のことですが、この金額だけで議論するのはナンセンスですよ。
近年では毎度、概算要求から政府案になった段階で落ちた「お買い物」を本年度の補正予算で買っています。恐らくその金額は、今年は2千億円を超えるのではないでしょうか

つまり来年度予算と本年度補正予算は事実上一体化しており、その前提で総額を議論しなければならない。本予算だけでは尻抜けです。新聞報道だけみていると、それが理解できません。

>敵の基地をたたく敵基地攻撃能力への転用の可能性も指摘される日本独自のミサイル開発のための研究費も盛り込まれた。「高速滑空弾」(100億円)はロケットで打ち上げ、高速で滑空しながら目標を狙う。「新対艦誘導弾」(77億円)は艦艇を狙うミサイルで、レーダーに映りにくいステルス機能を加える。いずれも従来より長い射程をもち、防衛省は「島嶼(とうしょ)防衛用」と説明している。

またこんな胡乱なものを。開発の理由は恐らく二つです。弾道弾だと(北朝鮮と同じと)非難されるから、もう一つは諸外国にないから国産開発といういつもののロジックです。


 防衛省概算要求 無人偵察機3機、取得手続き継続
https://mainichi.jp/articles/20170901/k00/00m/010/112000c

>防衛省は、取得費が見積価格を上回る見通しとなったため、一時導入中止を検討していた無人偵察機「グローバルホーク」3機について、「北朝鮮などの監視に不可欠」として取得手続きを継続する方針を決めた。2018年度予算の概算要求に関連経費(4年間で144億円)を計上した。

>取得経費は当初、3機と遠隔操作の地上装置で計約510億円と見積もられていたが、今年4月に米政府から「レーダー部品の製造が終了し、代替品開発に追加費用がかかる」と連絡があり、約120億円増加することが判明。

まあ、防衛省の公式見解垂れ流しな記事です。
グローバルホークは本来南西諸島監視が主だと防衛省は主張していました。北朝鮮監視に特化するのであれば、
南西諸島の監視はがら空きです。しかも北朝鮮監視してどうするのですか。ミサイルの発射を事前に探知できるんですかね。実際のところ、米軍が三沢はグローバルホークを運用する基盤が欲しかったから、古いモデルを売りつけたら、ダボハゼみたいいに「官邸の最高レベル」が食いついたというところでしょう。
ミサイル対策なら早期警戒衛星を優先するという選択もあったでしょう。

しかも、ぼくが大臣会見で質問したのですが、初年度の予算を要求する段階で「運用部隊は決まっていません」という回答でした。それが本当ならば運用が決まっていないか、3自衛隊で押しつけあって答えがでていないかでしょう。
どちらにしても予算要求なんぞふざけています。これで我が国では予算が通るのですから文民統制なんて機能していませんよ。他の国でこんなこといえばキチガイ扱いされますよ。北朝鮮はしりませんけどね。
費用対効果、必要かどうかも吟味せずに新兵器を導入すればいいというのであれば、そこらのネトウヨと同じレベルです。だったら国会いらないでしょう。


北朝鮮に備えるなとはいいませんが、我が国の主たる仮想的は中国です。既に確実に核弾頭を搭載している弾道弾が我が国に照準を合わせています。こちらは「ないこと」にするのでしょうか。

過剰な北朝鮮の弾道弾対処を行うと、自衛隊の通常戦闘能力を削ることになります。
現状でもイージス艦のローテーションは限界ですし、貼り付けたイージス艦を別な任務につけることはできない。そんななかでで「ヘリ空母」を駆逐艦だと強弁して導入しましたから、本来の「駆逐艦」は実質減っています。ますます「護衛艦」の負担は増えています。

 オスプレイにしても導入金額だけで約3600億円で、陸自ヘリ調達費の12年分です。これを5年で使うわけです。ヘリ買わないんですか?何を削るんですか?
そしてオスプレイの整備・維持費はヘリの約3倍と言われています。つまり17機ならば約50機です。オスプレイのサイズはチヌークとブラックホークの中間ですから、ブラックホークならば70機ぐらいの維持費になるんじゃないでしょうか。しかも部隊編成で200〜300名の隊員が必要です。で、既存のヘリ部隊の維持はどうするのですか。
 AH-1Sの部隊は旧式化した上に予算も回されず、航空博物館状態です。これが「戦力」なんでしょうか?岩田陸幕長はオスプレイの導入は政治的なものであり、4機にとどめたかったようですが「官邸の最高レベル」か「官邸の最高レベル」の意向を忖度した内局官僚の暗躍で17機導入に決定したようです。

防衛議論が大好きな国士様は予算とか貨幣という概念が理解できないようです。
防衛予算には限りがあり、その限ぎられた予算に優先順位をつけないといけません。過剰な予算、人員を北朝鮮向けのMDシステムに貼り付けるのであれば、それは中国を利することにもなりかねません。
国士様やら「保守の論客」様にあられては、貨幣とか予算とかという概念を学んで欲しいものです。国防談義はそれからです。



さて本日のサービス。防衛省のグローバルホーク関連の書類です。

「今後のGHの取得の方針について」

画像


画像



画像


画像



画像


画像


画像



グローバルホーク導入事業の今後の方向性について
画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
>既に確実に核弾頭を搭載している弾道弾が我が国に照準を合わせています。こちらは「ないこと」にするのでしょうか。

無論、中国の弾道弾もロシアの「それ」も脅威です。いや核保有国はすべてが日本にとって脅威で。

アメリカは同盟国ですが、日本を壊滅できる手段を持っているという点で同じく(潜在的)脅威である。

今は経済破綻しているナウル共和国が、もし軍拡に走り、手品のように核・ミサイルを持ったなら、こちらも等しく脅威になるであろう。

なかんづく北朝鮮は、度重なる国連決議や6か国協議などの外交的アプローチをほぼ20年無視・反故にし続け、核・ミサイル技術を現在水準まで持って来。
核実験や発射デモという直接行動で、周辺国に攻撃能力を示威するに至っているのです。

これを我が国に差し迫った重大な脅威、と言わずとして?
清谷様が、何を必死で否定したがっているのか、あるいは主張したがっているのか、よくわかりませんな。

まあ、お前の知ったことではない、大きなお世話だと言われるだけかもしれませんが。

yakozen888
2017/09/01 18:57
写真の文章を一通り読んでみましたが、グローバルホークの導入ありきで議論を進めているのは読んでてちょっとどうなんだろうって思いました。
結論の所でも要するに「これは必要な装備なんだからどんなに吹っ掛けられても買うべきなんだよ」って言っているように見えてきて情けなくなってきました。
で、代替手段のところでトライトンとガーディアンが挙がってましたがヘロンがヘの字も書いてませんね、一体全体どうなっちゃったんでしょう?
これはこれで導入するから話の外だよ、って事なんでしょうかね?
八王子の白豚
2017/09/02 15:08
>北朝鮮に備えるなとはいいませんが、我が国の主たる仮想的は中国です。

確かに今の中国は、主たる仮想敵国である事は確かです。しかし、その彼らには、北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍より、遙かに強大な中国人民解放軍ロケット軍があります。そして、瀋陽と湘西基地管轄の以下の部隊が我らにその刃を向けています。

大連金州96113部隊=第810導弾旅、吉林省通化96115部隊=第816導弾旅&河北省滄州96117部隊=第826導弾旅、攻撃目標=日韓、山東省莱蕪96121部隊=第822導弾旅、攻撃目標=日本(装備機材は、通化の第816導弾旅のみ東風15号SRBM、それ以外は東風21号MRBM)。江西省宜春96317部隊、攻撃目標=日本、沖縄、台湾(装備機材は東風4号MRBM、その他、湖西基地には、ICBMの東風4号&31号?もありますが、是は対米向けかと)(此処まで、ウィキ参照)

これ等は、北朝鮮より、優れた中国の大量破壊兵器の配備状況の一端です。しかし、先にも延べた通り、日本は04年以降、巨額の金員を投じ、BMDの確率を行ってきました。是は単に北朝鮮のみ為らず、中国の弾道弾脅威への備えが含まれている事は否定できないでしょう。

まだ、通常兵器への対策は少なくないです。しかし、この手の弾道弾への対策はそれより乏しい。因みにその対策として、政治&外交交渉は…であり、
先制&予防攻撃も手段を有していない日本一国では、論外以前で、圧倒的な強者の米ですら困難です。何故なら、彼等も残存性の確立を念入りに行い、その守りも堅い。ですから、一気呵成に無力化するのは、まず無理でしょう。


チャイカ
2017/09/02 20:35
それに彼らは独裁国で、このような相手は、指導者層の安全さえ担保出来れば、民意等どうでも良い。そうなると、抑止力の概念も・・・。

結局の処、情報体制の徹底した見直しと共に、現行のBMDや民間防衛の推進による被害の極限化、そして、ささやかながらも矛の部分の整備に努めるしか道はないでしょう。

現政権は、概ね、この路線(BMDや民間防衛の推進等、矛についても、ささやかながらも、残存性に優れたSS搭載型のUGM-84LハープーンBlock IIミサイルの装備化)を歩んではいますが、まだまだ甘い情報関係の推進と、もう少しそのペースを…。
チャイカ
2017/09/02 20:36
>>グローバルホーク

6月の時点で部品が枯渇したり、価格が大幅に上昇すると知りながら、導入の見直しを行わないまま、概算要求の時期を迎えたわけですか。おまけに錦の御旗のごとく、島嶼防衛を前面に押し立てて、既に海外で実戦化されているのと同じモノを周回遅れで研究開発するとか、相変わらずアホすぎますね(多少なりとも性能が優れていれば、まだ救いようもありますが)。だけど、記者クラブの皆さんは官房長官に突っ込みを入れようとする同業者の女性は叩いても、税金の無駄遣いは叩かないorz 。




>【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】総火演の戦争抑止力と「倍返し」の効果 経費惜しむ人に聞いてみたい「日本が攻撃されることをお望みですか?」

http://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/170902/soc1709020003-s1.html

問題は、その経費の使い方なんですけどね...。
KU
2017/09/02 21:21
脅威として過小評価はいけないが。北朝鮮なんぞ、所詮は中国の従属変数に過ぎない、基本は放置でいい。関わるには、あまりにも無価値な国であり、むしろ関わったら「負け」なんだと思うべきでしょう。
マリンロイヤル
2017/09/03 04:51
東洋経済の記事を拝見しました。清谷さんがこれだけ、ことある度に指摘されているにも拘わらず、一向に改善しようとしない防衛省って、何なのでしょうね。そりゃ、前例に従って仕事をしていれば、余計な波風は立てずに済むのでしょうけど...。
KU
2017/09/03 07:23
>マリンロイヤルさん
>関わったら「負け」なんだと思うべきでしょう。

それが米前政権のいわゆる「戦略的無視」だったのですが。
このならず者国家めと、鼻をつまんでそっぽを向いていたら、そのならず者は「舐めるなよ」と匕首をちらつかせて。
さらには「おい、聞いているのか」と、長ドスも振り出す始末。

北朝鮮、「水爆弾頭化」誇示=電磁パルス攻撃に初言及(3日付時事通信)

眉唾しきりながら流石に全部が全部、竹光に銀紙を張ったニセではなさそうなので。
さて、どうします?とお知恵を拝聴に来たのですが。

あいにく「教祖様」のご託宣は聞けそうにないので、もう結構です。
yakozen888
2017/09/03 10:43
お邪魔します。
 北朝鮮の目的と言うか存在理由は「朝鮮半島の赤化統一」です。朝鮮戦争で実現一歩手前まで行ったのですが、(北朝鮮の見方で)アメリカの武力介入でそれが達成しなかったのです。そこで北朝鮮がアメリカの朝鮮半島への武力介入を排除する目的で作ったのが核ミサイルです。つまり基本的には日本は北朝鮮のミサイルの標的では無く、かつてのように日本が「単独で」武力介入する可能性が無い限り標的にはなり得ないものと思われます。しかし北朝鮮は瀬戸際外交というか「戦争ヤルヤル詐欺」を続けてきたため、次第に「またか」「どうせ本当にはできないだろう」と高を括られるようになってきました。金正恩になってからミサイル発射や核実験の頻度が増大しているのは、「俺は本気なんだからな」を示すものと推測されますが、そのうち「いっそ誰かを血祭りにでもしなければ本気で信じてもらえない」になるかも知れません。その時その「誰か」になるのは「アフガン・イラク戦争で疲弊し、『アメリカ以外などどうでも良い』が台頭する今のアメリカが、自国民なら兎も角ジャップの犠牲如きで火中の栗を拾う事などしないかも知れない」「今の日本人は腰抜け揃いだから、ミサイルを撃ち込んでもやり返すどころか恥も外聞も無く逃げ出し、その事でアメリカ側の一角が崩れるかも知れない」で日本になる可能性が無いとはいえないと思います (自分に都合よく考えるのが"人の性"なので)。
 韓非子は他者を動かすには「飴」と「鞭」の両方が必要と述べているそうです(飴”だけ”ならつけ上がる?鞭”だけ”なら反発するかやる気を無くす?)。ロシアには豊富な資源、中国には豊富な労働力と市場という「飴」がありますが、北朝鮮には「飴」がありません。これが北朝鮮の限界なのではないかと思われます。
ブロガー(志望)
2017/09/03 19:59
借金って言葉を使う時点で、批判ありきって感じですね。
国債は日銀が買うので借金では有りませんね。
プライマリーバランスガーとか言ってる財務官僚と同レベルですね。
アイ
2017/09/04 08:20
北朝鮮の核問題解決には、対話は無意味、戦争はリスクが大きすぎ。中距離核兵器を日本に配備して核の発射ボタンは日米共有、この辺が落とし所じゃないですか。
マリンロイヤル
2017/09/05 11:52
再びお邪魔します。
 北朝鮮の影響は北朝鮮から「直接」もたらされるものだけではなく、「北朝鮮に関して米が中露に借りを作った結果」にも目を向けるべきではないかと思われます。
 それと日本人には「事実と論理」はありません。「心情と人間関係とその場の"空気"」しかありません。ですから「相手が自分達の言うようにしないのは、相手が自分達の心情等を忖度せず、”空気”を読んでいないから」としか考えられないのです。自称愛国者達も「国の大事を前に金々言うのは、国よりも金が大事な守銭奴に違いない」ぐらいにしか思っていないのでしょう。かつて砲弾を運ぶトラックを動かす燃料が無いと言いに行った山本七平を「フィリピン人どもをこき使って運べばいいだろう」と罵倒した参謀がいたそうですが、今も日本を(自らは汗をかくこともなく)思い通りにしているのは結局こういった連中なのでは。
ブロガー(志望)
2017/09/05 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
血税を浪費して国の借金増やすのが国防らしい。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる