清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 三好範英『読売新聞』編集委員 アレな人間に自覚がないのは本当らしい。

<<   作成日時 : 2017/08/24 18:12   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 5

「報道の自由度72位」をつけた国境なき記者団に政権擁護派が質問攻撃
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2017/08/22/antena-53/


>日本は2011・12年は22位で第2次安倍政権以降に続落、今は72位。フリーや外国人記者を差別する『キシャクラブ』と大手メディアにおける自己検閲の拡大で、記者が民主主義の監視人としての任務を遂行できない」と指摘。さらに、「日本の大使が赴任地の外国報道機関に出向き、記者を名指しして圧力をかけている」と述べた。

>質疑応答で、最初に三好範英『読売新聞』編集委員は「日本には報道の自由があるので心配は無用。メディアは連日安倍首相のスキャンダルを報じている」と非難。

>質問者10人中6人が政権擁護“文化人”。ドロワール氏は「指導者の資質が問題ではなく、法的に記者の活動を規制、妨害しているかが評価基準。日本では記者に最高10年の刑が科せられる。ランクの高い北欧諸国に出かけて実態を見て学んでほしい」と回答した。


馬鹿は自覚があるが、キチガイアレな人は自覚がないというのは本当のようです。
三好範英『読売新聞』編集委員は精神科にいって診察を受けた方が宜しいかと思います。精神を病んでいないのだとすれば、自分たちの利権のために報道の自由をないがしろにしており、それを善だと抗弁するのであるならば人間としての良心を病んでいると思います。

まあ、政権の走狗となって、公安=秘密警察と結託し、一市民となった前川前文科時間のスキャンダルをでっち上げた大政翼賛会的なメディアのよくもはずかしげもなく、こういう発言をできるものです。
まあ、北朝鮮的な体質のあの会社ではこういう人じゃないと出世できないのかもしれません。



既に何度も申しておりますが、記者クラブは官庁などの記者会見は勿論、各種の勉強会やセミナー、懇親会などの場を独占しています。

このためフリーランスや雑誌の記者はその機会を奪われています。
経済誌の記者は経産省や財務省の会見に出られず、医療専門誌の記者は厚労省の会見に出られません。
つまり我々専門記者を排除しています。そして記者クラブ会員各社の記者は単にローテーションで役所を担当しているだけで、その分野の素人が多いわけです。

これは新人のジャーナリストがその行政の専門の勉強をする機会を奪っています。


それでも政権に切り込むような取材や記者会見で質問をしてるならまだしもですが、そんな質問はしません。大臣や次官、当局に忖度して厳しい質問なんかしません。
記者の皆さん、ラップトップでカタカタと大臣らの発言を入力して、それを社に送るだけです。

しかも番記者は専門知識が無い若手の場合が多いわけです。
そして足で調べることを嫌う傾向があります。つまり記者としての教育も経験がありますが、シロウトなわけで、調査報道もしない。
そういう人たちがさらには、当局に忖度して厳しい質問もしません。
これで報道の自由、権力の監視ができているというのであれば、精神状態を疑われて然るべきです

まあ、読売新聞は優秀だというだけで、左遷されたり、結婚式に上司を呼ばなかったというだけで、左遷されたり、結婚式をドタンキャンされたりすると左遷されたりする北朝鮮みたいな体質がありますから、お上には逆らわないという文化があり、お上を疑うことがタブーなのでしょう。

ただそういう読売新聞の常識は世間様では「常識」としては通じません。


記者クラブ体制のしたでは、まともな報道なんぞできるわけがなく、単なる官庁の下請け仕事みたいなものです。
それは当局が嫌がる質問をすると、意趣返しを受ける、だから当局に忖度するわけです。

そしてジンバブエやガボン以外にはこの手の記者クラブはなく、韓国ですら廃止したシステムです。

そうして記者クラブは官庁の情報を囲い込んで利権化しているわけです。
このため記者クラブは事実上、国民の知る権利から当局を守る防波堤、あるいは外堀の役割を果たしているわけです。つまり、報道の自由の敵でしかありません。

自分たちこそ選ばれたメディアだといいたいのでしょうが、勝手に自分で労働者の代表であり、すべての労働者、国民を我々が指導するの正しい政治だ、と主張しているプロレタリア独裁やっている共産国の指導部と同じです。つまり中共と同じです。



この記者クラブのために、我が国はフリーランスがプレスカードを取れません。海外取材では当局の発行するプレスカードの提示を求められることが多々あるのですが、われわれはそれがありません。
普通の国では一定の条件を満たしたジャーナリストにはプレスパスが発行されます。
記者の身分証明が発行されないのは国際的にみて極めて異常です。
それを異常と思わない方が異常なのです。そしてフリーランスにとって不便この上ない。

一億総活躍、フリーランスを増やす?
いったいどこの惑星の話しでしょうか。
だったら記者クラブを廃止するか、一定条件満たせば誰でも加盟できるようにすべきです。


繰り返しますがこれで報道の自由が守られているというというのであれば、頭がおかしいか、利権を守るための嘘をついているということであり、ジャーナリスト以前に人間としてクズ、ということになります。


いっそのこと新聞社もテレビ局も日本政府に全部株を保有して貰ったらどうでしょうか。どうせ当局の下請けみたいなものです。幸い日銀が上場企業の株式を買いまくって官製相場で値段をつり上げております。
国営企業になるのであれば、現状を追認できるかと思います。

これでテレビや新聞が社会の木鐸、ジャーナリズムを名乗るのは、羊頭狗肉もいいところで不当表示です。公正取引委員会や消費者庁がなんで何の処置もとらないのか不思議でなりません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お邪魔します。
 日本人に「事実と論理」はありません。「心情と人間関係とその場の"空気"」しかありません。そんな日本人にまともな報道などできません。近代以前の中国の歴史は「ある王朝の歴史は次の王朝が書く断代史」でしたが、それは「事実か否かは関係無く、先祖を悪く書く」事が中国人の伝統的な倫理観にそぐわないからと思われます。それと同様に「事実か否かは関係無く、”空気”に逆らい和を乱す」事ができないのが日本人なのではないでしょうか。その点では清谷様は「日本人離れ」なさっておられるのでしょう。リアルなしがらみから自由であるが故に自由な言論等が期待されたネットの世界ですが、少なくとも日本ではリアルなしがらみの無さが却って"空気"に猛威を振るわせる結果になってしまいました。ですからいっそ報道とかは「日本に対して比較的好意的で、かつそれぞれ立場や価値観が異なると思われる複数の外国のメディア」を参考にした方が良いのではとも思ったりもします。
ブロガー(志望)
2017/08/24 22:45
清谷様

読売新聞社の天皇は確か元共産党員で保守に転向したのでは?隠れ共産主義者かもしれません。だから北朝鮮みたいな組織文化になるのか? 私の古巣の職場も共産圏の軍隊と変わりませんが。世間では右派・保守派と思われるものほど実態は左派・共産主義かもしれません。
昔の保守は気骨があった。
元キャプテン
2017/08/25 18:25
新聞社といえども、所詮は株式会社。

下っ端記者が経営陣の意向を忖度するのは、当然と言っては言い過ぎかもしれないが、やむを得ないことでしょう。

社会の木鐸になんて、なり得ないって!

次に、政府発表なんて、初めから政府に都合のいいことしか言わないに決まっている。

別に記者クラブがなくても、官房長官にしつこく質問する記者なんて、出入り禁止にしてしまえばいいだけのこと。
記者クラブは、そのような処置を効率的にしているだけのこと。

政府発表に初めから公平を期待するほうが無理。

国民のほうが対策を講じるしかない。

では、どうすればいいのか?
真の愛国者ゆりか
2017/08/26 23:20
>自衛隊輸送機の輸出検討 政府、UAEに

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS26H02_W7A820C1MM8000/

日経という時点で、悪い予感しかしないんですが....。気がついたら、また立ち消えになりました、なんて事にならなきゃ良いですけど。
KU
2017/08/27 10:38
> 陸自が大規模実弾演習 離島防衛へ新水陸両用車公開

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170827/k10011114551000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_016

そりゃ確かに陸自にとっては「新型」でしょうねorz。あと、毎年のお約束で「⚪億円分の弾薬が使われました」と報道されますが、アレも陸自がマスコミに話すのでしょうか?オスプレイやグローバルホークの価格は大して気にならないけど、演習で使われる弾薬の価格は気になる、というのも変な話ですけど。
KU
2017/08/27 19:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
三好範英『読売新聞』編集委員 アレな人間に自覚がないのは本当らしい。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる