清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS アベノミクス最大の成果はGDPの6割の個人消費を冷やしたこと。

<<   作成日時 : 2017/07/01 19:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 7

消費支出15カ月連続減
https://this.kiji.is/253312021205336070

>総務省が30日発表した5月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は28万3056円で、物価変動を除いた実質で前年同月比0.1%減だった。マイナスは15カ月連続で、比較可能な2001年以降で最長を更新した。衣料品や食品への支出額が低迷した。

>家計の節約志向が根強く、消費の停滞が長期化していることを裏付けた。これまでの最長はリーマン・ショックを挟んだ08年3月〜09年4月の14カ月連続だった。

>自営業などを除いたサラリーマン世帯の消費支出は実質2.3%増の31万5194円で、2カ月ぶりの増加。


自営業や零細企業のサラリーマンは統計に入っていないでしょうから、それらを加えた数字はもっと悪くなるでしょう。
個人消費の低迷こそが国士様、リフレ派大絶賛のアベノミクスの成果ですよ。


安倍政権は円安で株価操作するために散々、消費者、流通、輸入、一次産業を痛めつけました。
トリクルダウンが行き渡ると称していましたが、その7割は外国人の懐に、ほかは企業の内部留保と投資家の再投資資金です。市中に金がまわってくることはない。

円安はまた輸出振興のためでもありましたが、とっくに日本企業は多国で生産しており、日本企業の製品ですら外国製が少なくないわけです。実際円安で輸出は殆ど増えず、為替レートで儲かっただけ。所詮あぶく銭ですから企業は内部留保に回します。しかも輸出企業は下請けには甘い汁は吸わせない。下請けは原材料や燃料代が上がって苦しくなるだけ。


消費財は輸入が多ございます。服なんて97パーセント輸入です。食品や雑貨もそう。カメラにしてもコンデジもそう。消費者が各商品の原価が上がり、小売値が上がりました。でもその分の完全な小売値段への転嫁は不可能でした。輸入(日本のカメラメーカーなども含む)業者、流通、小売りの利益率は下がりました。


しかもこれまでお目こぼしだった中小企業の厚生年金加盟を強制するようになったので、中小零細企業の利益が減っています。当然賃金が上がらない。人手不足で賃金が上げられない企業は倒産するか会社整理です。これはあまり指摘する人がありませんが、零細企業にとっては死活問題です。
そもそも大企業と実質自営業の零細企業で同じ厚生年金というシステムは無理です。零細では社員よりも役員の法が多い企業は少なくないです。この手の会社の社長にしてみれば、社員の年金負担はまだしも、自分たちの年金負担は二倍になっているわけで、絶対元がとれないだろうと思います。中小零細企業経営者の懐も打撃を受けているでしょう。

これではいくら株が上がっても、GDPの6割を占める個人消費を冷やして景気が回復するわけないでしょう。

そして税金と国の借金で大盤振る舞いして国の借金を増大させた。特に補正予算は掴み金。
ですが、これまで補正予算の無軌道ぶりはメディアは殆ど伝えてきませんでした。特に記者クラブ会員のテレビや新聞はスルーしてきました。

将来の大増税、社会保障費のさらなる負担増、それに反比例する年金の減少は誰でも想像できることでしょう。
ですから消費者が消費を手控える。庶民も馬鹿ではないので、細かな理屈は分からなくてもそのくらいの構図は理解できます。

リフレ派、安倍礼賛な国士様の多くは国の借金はいくら増やしてもOK、それで景気を良くするのだという方が多いのです。が、それが可能ならば極端に言えば、税金も社会保障費もゼロでいいよね。でもできないでしょう。

そもそも小渕内閣以降税金ばらまいて景気対策やってきたが成功したためしがなく、国の借金だけは膨らんできました。借金の利払いだけでも国家予算の相当なパーセンテージです。そのくらいのことは庶民でも理解できます。


国策の市場操作で税金と借金でいくら株価と地価をつり上げようと景気は良くならないし、個人消費も増えないでしょう。国内市場が多くならないのに、積極的に設備投資する馬鹿はいません。
そもそも人口が減るし、昔のような土地神話もないのに不動産が値上がりもしません。

恐らく安倍政権はもう持たないでしょう。
安部首相失脚後にアベノミクスのトンデモ批判のオンパレードになるのでしょうが、後の祭りです。
これまでの国費を無駄にして国の借金を増やし、株と土地につぎ込んできたことが批判されるでしょう。それまでアベノミクス礼賛していた「経済の専門家」やメディアも手のひらを返すことでしょう。




Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。

海自ヘリ選定巡る下克上と内局 その1
http://japan-indepth.jp/?p=34774
海自ヘリ選定巡る下克上と内局 その2
http://japan-indepth.jp/?p=34784
海自ヘリ選定巡る下克上と内局 その3
http://japan-indepth.jp/?p=34792





『キノコホテル創業10周年記念大実演会<サロン・ド・キノコ〜飼い慣らされない女たち>』
2017年6月24日 at 赤坂BLITZ

https://okmusic.jp/news/186265






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
アベノミクスは、目先の円安と株高、雇用の改善をもたらしております。
しかし、解決すべき重要な問題は確かに先送りにしたままである。

特に膨らみ切った国の債務、何を議論しても結局は国債の利回りに行き着く。

安倍総理の失脚は、株安、円安、債券安のトリプル安を引き起こすのではないか等と。

語られる破綻のシナリオは、あたかも一種の集団催眠のごとく、どこにも逃げ場がない気分になる。
この恐怖感、極端な金融緩和も「笛吹けど踊らない」日本経済を象徴するかのようです。

アベノミクスを永続的に続けられると誰も考えておらぬが、さりとてポスト・アベノミクスもうまく引き継がれなければやはり困る。
経済はつまるところ、政治の安定を望むものです。

本日、東京都民にも、大局的見地からの判断をしてもらいたいものですが・・・。
yakozen888
2017/07/02 06:52
この記事だけで言えば、その様な側面もありますが否定だけするのはフェァじゃないですよ
8%の増税によって税収は減りました。そして10%に上げる予定があれば個人消費は冷え込みます。消費税上げても税収は減らないといっていた識者や政治家、財務省の責任は? 
延期(私は中止すべきと思いますが)した安倍首相の判断は評価されて良いと思います、
又、高すぎた為替レートや、安い株価がそのままだったら金融機関、企業、保険企業、年金等のバランスシートは、負債を抱え悪化したままです。
企業財務が悪ければ、雇用も増えず、賃金も低いままでは、我慢して悪条件でも働かざるを得ないケースが増えるでしょう。(すきやの様なケースも)
高すぎた為替レートによって、更に海外に出て行かざるをえない企業が増えますます労働条件が悪くなります。
高すぎる為替レートが改善されれば海外に進出していた企業の国内回帰の可能性も出てきます。ま、過去最高収益を上げながら従業員に還元しない企業には怒りを覚えますが。
是非はあるにしても、政策によって失業率はさがり、新卒の雇用状況は改善された事等は
評価すべきです
asu
2017/07/02 14:08
>東京都議選 小池知事を支持する勢力が過半数確実 自民は大敗か

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170702/k10011038461000.html?utm_int=news_contents_news-main_001





>自民・下村博文都連会長 稲田朋美防衛相の失言「影響あった」

http://www.sankei.com/smp/politics/news/170702/plt1707020030-s1.html?pdm_ref=rna




>都議選の夜、稲田氏は...海自関係者と居酒屋で懇談

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK726H28K72UTFK00L.html?iref=sp_alist_8_02
KU
2017/07/02 21:15
20年同じ事を繰り返してる経済政策もおかしいですが、タカタみたいにあからさまな日本企業ツブしにも、何の対応もしない。一体あの人はどこの国の首相なんでしょうね。支持率低下は、くだらない疑惑のではなく、経済の失速があると思います。
マリンロイヤル
2017/07/02 21:59
お邪魔します。
 首相は経済に対してまとまった考えといったものは無く、「自分が主観的に良いと思ったもの(思い付き?)」「(森友、加計他の)周囲の人間が良いと言ったもの」をやっているのではないかと思われます。で周囲の人間も何かのまとまった考えで良いと判断したというよりも、その人の主観で良いと思ったものか、自分やその周辺にとって良いものを言っているのでは。
 今まで周囲の人間に忖度してもらってここまで来たのでしょうが、経済は人間の意向など忖度せず自己運動しますし、輸出産業も政権の意向を忖度して円安等で得た利益を従業員や下請けに分け与える事は無かったようです。
ブロガー(志望)
2017/07/02 22:14
溺れる犬たたきが始まっています。

7月3日付け経済系ニュースサイト、ビジネスジャーナルは、
「もともと自民党候補は、公明票の下支えがあってこそ、なんとか議席を確保してこられたが、今回は本当に1票たりとも支援がなかった。

それだけではない。この惨敗の本当の原因は、自民票の離反だ。
無党派層が自民にお灸を据えるなどという、なまやさしい話じゃない。

自民党支援者からの『お前ら、いい加減にしろ』という怒りの抗議の声だ。」

「安倍降ろし」先鋭化の気運…内閣総辞職と年内解散総選挙の可能性、まで先走って論じておる。
「安倍嫌い」の清谷様には、欣快至極かもしれませぬが。

「都議選大敗で国軍保持の憲法改正は党内や友党の反対が懸念されると、党内には慎重論が広がりそう」であると。

結局、こういうことなのです。
アマンダメント、加憲すらもいち地方議会選に負ければ、ずるずると後退する。

1歩進んで2歩下がり、いつまでたっても変な国なり。
yakozen888
2017/07/03 18:45
>財務省の佐川理財局長、国税庁長官に 森友問題で批判

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK6Y5VSLK6YULFA031.html?iref=sp_pol_politics_list_n

ここまで露骨な論功行賞人事をやるとは。でもまぁ、記者会見で官房長官相手に面と向かって突っ込みを入れるのは、望月記者くらいなのでしょうかね?
KU
2017/07/04 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
アベノミクス最大の成果はGDPの6割の個人消費を冷やしたこと。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる