清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【東京新聞名物記者】頑張れ、望月衣塑子姐さん。

<<   作成日時 : 2017/06/09 11:42   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

菅官房長官を追及した東京新聞記者にネトウヨが「頭おかしい」! おかしいのは菅のウソ、「出会い系行く」も菅が自らオフレコで

http://lite-ra.com/2017/06/post-3226.html

>とくに官邸記者クラブに属する新聞・テレビはこの官房長官にはまったく逆らえず、会見でも、例のスガ語で「批判には当たらない」「まったく問題ない」と返されると、そのまま沈黙。デタラメな言い分をただ垂れ流すということを繰り返している。
>だが、昨日午前の定例記者会見で、1人の記者がその菅官房長官に屈することなく、徹底追及を試みた。その記者とは、東京新聞社会部で、権力の不正に対して鋭い調査報道に取り組み、『武器輸出と日本企業』(角川書店)の著者としても知られる望月衣塑子氏だ。

>望月記者は、前川前次官に対する人格攻撃、国家戦略特区による加計学園獣医学部新設のプロセスの矛盾、、政権の説明不足、さらには山口敬之氏のレイプ事件捜査問題までを俎上にあげ、菅官房長官が木で鼻をくくったような返答をしても、まったく怯むことなく、手を変え品を変え質問を続けたのだ。

>ところが、このやりとりを御用新聞の産経新聞が、山口氏のレイプ事件ツブシの部分だけを削除するかたちで報道。ネトウヨやネトサポたちが中心になって、望月記者を攻撃し始めた。望月記者の追及を「執拗な嫌がらせ質問」「失礼だ」などと罵り、途中、「菅官房長官自身が直接、バーに行って話を聞くつもりはないか」と質問したことをあげつらって、「この女記者、頭がおかしい」「マスゴミ女のキチガイ率は異常」「こんなバカの対応とか、菅さんが可哀想すぎるわ」「さすがは国賊・頭狂新聞の記者だわ」などとわめき立てているのだ。



望月さんは防衛産業も良く取材していて、関連の本も書いています。
ぼくのところにもよく取材に来ます。

基本的に記者としては優秀だと思います。いつもファンシーなカートを引いていて、とても新聞記者には見えませんが(笑

何しろ、嗅覚が野生動物並にするどい。防衛産業の肝になるような部分を、専門知識が無くても嗅ぎつける能力はたいしたものです。
ただ、同じことを説明しても理解してくれないところがありますけどもね。
でも熱心だし、そいう暴走機関車みたいなところは嫌いではありません。


このリンク先であるように本来首相や官房長官を問い詰めるのは、官邸記者クラブに詰めている記者の仕事です。
ですが、彼らは首相や官房長官のご機嫌を「忖度」して、緩い質問しかやりません。
現状記者クラブは単なる当局の下部組織の下請け広報機関となっております。

ですからこういう、ある意味放し飼いの猛獣のような記者がもっと増えて欲しいと思います。


そういえば、先週藤原正彦氏が前川元次官を自分と同じスケベ親父と週刊新潮のコラムで書いた件をご案内しました。

公安と読売新聞を使って前川元次官を陥れようとした菅官房長官の品性下劣。
http://kiyotani.at.webry.info/201706/article_1.html

ご案内のように、その週の週刊文春には藤原氏の決めつけが間違っていたという明確な記事がでております。
で、このおっさん、今週のコラムでわびるかな、でも「品格」が無い人間だからわびないないだろうな、と思っていたら全くわびておりませんでした。

武士道持ち上げたり、道徳を云々(でんでんじゃありませんよ)を輩に限って自分は違うという二重基準が大好きです。まあ人間自分にないものを求める生き物でなありますが、ぼくはこういう「品格」がない「卑怯者」にはなりたくないなあ。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、アンタが望月さんの名前出すと、望月さんが迷惑しますぜw

それに「ぼくのところに取材に来ます」なんて明かされると望月記者が困るんぢゃあないの?

2017/06/09 12:48
こういう記者さんばかりなら、大いに結構だし面白い記事が出来るのでしょうけど...。でも、実情は清谷さんも書かれているとおり、政府やらお役所のご意向を忖度し、当たり障りの無い無難な質問ばかりする人が圧倒的に多いのでしょうね。で、防衛省絡みの事件が起きると掌を返し、何食わぬ顔で清谷さんにコメントを求めるとorz
KU
2017/06/09 18:33
望月さんはぼくに取材に来てなんども、署名記事でぼくのコメントを使っています。つまり、彼女が取材にきているのは秘密ではありません。

知ったかぶりして上から目線で人を非難すると恥を掻く典型例ですね。新聞ぐらい読んだらいかがですか?
キヨタニ
2017/06/09 22:26
全員の論調が同じなのが一番ダメだ。これは言論の基礎の基礎

昔メディアが「カップラーメンの値段ガ〜」って自民党叩いて政権交代起きたけど、僕たちはそこから何を学んだんだ?それとも何も学ばなかったのか?

全員の論調が同じなのが一番ダメだ。これは言論の基礎の基礎
ri
2017/06/10 07:37
riさん
>全員の論調が同じなのが一番ダメだ。これは言論の基礎の基礎

とのコメントはその通りだと思いますが、太古の昔から「和を以て貴しとなす」の我が国でそれって通じますかね?
私は日本人が日本人である限り難しいように思いますが・・・
八王子の白豚
2017/06/10 16:42
先日、大石さんのブログへも投稿させていただきましたが↓

>平成29年度調達予定品目で陸上自衛隊が試験用に「海外製ピストル」と「補助照準具」を新規要求

http://news.militaryblog.jp/web/JGSDF-requests-New-Pistol-Sight-for-Test.html

海外メーカー製(SIGとFNとHK あたりでしょうか?)のピストルも気になりますが、その下の「散弾銃」「新対人狙撃銃」「対物狙撃銃」も気になります。それはそうと陸自のことだから、例の新小銃みたいに試験するだけして、やっぱり国内メーカーに作らせます、なんて話にならなきゃ良いですけど。
KU
2017/06/10 21:14
美貌の剛腕女性記者ということで、最近注目のこの人であったが。

獣医師養成系大学・学部の新設を、今治市の経済団体名で求めた加戸守行前愛媛県知事作製のペーパーを見つけてきて。

そのペーパーの記載に「人獣共通感染症(エボラ出血熱・MARS等)の発生」とスペルミスのあるのを。

中東呼吸器症候群(Middle East Respiratory Syndrome)の略称は、正しくは「MERS」であるから、
「人獣共通感染症」への対応という、もっともらしい理由で獣医学部新設を求めた加戸前知事の知識はいい加減だと、鋭く指摘したまではよかったが。

「加戸氏は元文科省の役人で獣医学の専門家でない。資料もエボラ出血熱(MERS)を火星(MARS)と書き間違えている」

と御自ら社の公式ツイッターで「やってしまった」。
エボラ出血熱(Ebola virus disease)は正しくは略称「EVD」で。

望月記者、「エボラ出血熱・MARS等」と複数の疾患を併記した「大意」を、「エボラ出血熱=MERS」と確認せず早とちりしたらしい。
yakozen888
2017/07/17 06:46
加計学園問題をめぐる国会参考人招致で、野党側前川参考人の「官邸の介入により、行政がゆがめられた」との主張に対し。
政権側が呼んだ加戸前知事の「永年の地元要望」という証言は、いわば安倍・菅ラインが用意した「カウンターパンチ」であったが。

望月記者の「追及」は、獣医学部新設は建設利権等を求める地元経済界の要請であり、公衆衛生の発展に資するというのは県の建前にすぎぬと、続けたかったのであろう。

自ら「語るに落ち」てしまいました。ツイッターの返信で望月記者、ジャーナリストとして資質なしと、散々な批判に会っている。
実は、「中東呼吸器症候群(MERS)」を「火星(MARS)」と書き間違えるのは、専門の医学者でも時々「やらかすミス」という。

この辺りインターネットメディアの怖さで。紙媒体出版物であれば、デスクや校閲者の査読で未然に訂正できたかもしれぬ。

>ある意味放し飼いの猛獣のような記者

望月衣塑子女史への、的確なご評価であったようだ。

一般人にはまるでわからぬ、アルファベット略号のジャーゴン(業界用語)が飛び交う軍事評論の世界も。
スペルミス一つで、全知識を否定されるやも知れぬ。
清谷殿もゆめゆめご用心のほど。
yakozen888
2017/07/17 06:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
【東京新聞名物記者】頑張れ、望月衣塑子姐さん。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる