清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS CSARができない空自が他国の航空救難を指導するという慢心。

<<   作成日時 : 2017/06/25 15:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 9

防衛省がベトナム空軍等に航空救難分野の人材育成セミナー開催
https://portal-worlds.com/news/vietnam/10810


>日本の防衛省は、ベトナムの防衛分野における能力向上を支援する活動の一環として、「航空救難分野における
人材育成セミナー」を6月26日から30日に開催する事を発表した。

>、ベトナム防空・空軍・関係機関などを対象として、航空救難に関する
能力構築支援「航空救難分野における人材育成セミナー」を実施する事を決定した。航空救難分野の能力構築支
援は、初めての実施となる。このセミナーは、ベトナムの首都ハノイにおいて実施される。日本の防衛省からは、
要員5人(内局1人、航空自衛隊4人)が派遣される。


自衛隊では平時のSAR(Search And Rescue)はできても、CSAR(Combat Search And Rescue)はできません。
自分たちが攻撃さるような状況下の救助は想定してません。それが途上国に航空救難を教えてやる、などというのは自分たちの実力を正確に評価できないということです。それは戦場では死を意味します。指揮官はできると思ったミッションが実はミッション・インポシブルで、救難ヘリが撃墜されて終わり、という結末になります。


空自のUH-60Jは左右に大きな増槽をつけていますが、被弾したら火達磨です。また搭載機銃は5.56ミリのMINIMIです。これでは射程が短すぎて役に立ちません。他国では7.62ミリ機銃、7.62ミリのミニガン(特殊作戦群は採用したようですが)、12.7ミリのM3などを使用しています。M2では発射速度が遅いし、俯角の時に射撃にも問題があります。ちなみに陸自のオスプレイはランプドアに設置する7.62ミリのM240及びM3を、FMSで調達します。

更に自衛隊の救難ヘリは自分たちが撃たれて負傷したときのことも考えていません。
フェースト・エイド・キットもお粗末で、やっと米軍のIFAK IIを導入するようです。陸自は当てにならないので、米軍のシステムを採用ということです。空自のヘリに限りませんが、ファーストエイドキット、サバイバルキットはお粗末です。個々のクルーがキットを持たず、箱にいれているだけで内容もお粗末です。勿論個々のクルーがモルヒネとかも携行できないので、負傷したらどうするんでしょうね?
実戦に対する想像力が根本的に欠けています。


米軍のCSARではM4で武装したクルーがラペリングでおり、救助対象者にはまず銃を向けます。その人物が本物かどうか分からないからです。果たしてそこまで「人を疑う」ことまでやっているのでしょうか。

CSARを想定していない「空軍」が他国の「空軍」にレスキューを教えてやる、というは不遜を通り越して滑稽です。むしろ英軍や仏軍のエキスパートを招聘して、自衛隊も一緒に学ぶべきです。
ちなみに英軍や仏軍ではレスキューと特殊酢作戦用ヘリを統合運用したりもしています。そういうことも自衛隊ではやっておりません。


自分たちは世界のトップレベルにあるかどうかは、思い込みではなく、冷静に諸外国の実情を調査した上で持つべきです。そうでないならば謙虚に他国に学ぶか、教えを請うべきです。根拠の無い自信は宗教です。


追記:イージスアショは政治決定で導入ありきらしいですが、大丈夫ですかね?
イージスシステムのレーダーは現在国交省の規制で、陸地から50マイル沖でないと使えない、ということです。
レーダーの火を入れると、周辺家庭のテレビは全部お釈迦になるそうです。
法的な問題をクリアできるのでしょうか。それとも憲法いじれば大丈夫、とでも思っているんでしょうかね?


Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。

海自ヘリ選定巡る下克上と内局 その1
http://japan-indepth.jp/?p=34774
海自ヘリ選定巡る下克上と内局 その2
http://japan-indepth.jp/?p=34784
海自ヘリ選定巡る下克上と内局 その3
http://japan-indepth.jp/?p=34792


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
「自衛隊では平時のSAR( Search And Rescue)はできても、SCAR(Combat Search And Rescue)はできません。」
CSARがSCARになっていますよ
蛸八
2017/06/25 16:43
アジアの人々を下に見ているから出来る事ですね。今後追い抜かれるでしょうが
KEN
2017/06/25 18:05
空自の航空救難能力は、戦時はアレでも平時は世界有数だと聞きます。
ベトナムでも平時の対処方法を教えるつもりなんじゃないですか。
そのあたりベトナム側と事前調整してるかどうかは存じませんが。
勘違いしたまま現地入りしたら、お互いびっくりするだろうなあ。
きらきら星
2017/06/25 20:11
〉CSARがSCARになっていますよ

ご指摘ありがとうございます。
訂正しておきます。
キヨタニ
2017/06/25 21:20
ベトナム側も日本を利用した対中牽制ぐらいにしか考えてないでしょう(笑)
マリンロイヤル
2017/06/25 21:32
まあ、先方も自衛隊が実戦を想定した軍隊じゃないことぐらいは知った上であくまで平時のレスキューについて教わってるんじゃありませんかね?
そっちについては自衛隊のレベルはそれなりに高いようですし。
記事もCSARについては一言も触れてませんし、あくまでも救難活動の技術支援ということでは?
大体CSARなんてこの70年戦争をやってない国が十分なノウハウを持ってるなんてベトナム側だって期待なんぞしてないでしょう。
そこは他に教えを乞う予定なんじゃありませんか?
八王子の白豚
2017/06/25 22:56
まあまあ、誰もCSARを教えに行くなんて言っていない訳で・・・。それにUH-60Jが増槽を携行したとして、被弾後ただちに爆発するわけではないですし、米陸軍のMH-60やリタイヤしたMH-53も増槽携行の特殊作戦/CSARプラットフォームですので。更に言えば、7.62mmだって、せいぜい敵兵にhead downを強いるくらいの自衛用であって、制圧は専門のCAS機=RESCORT機が担当するのは鉄則ですよ。
通りすがり
2017/06/26 23:50
お邪魔します。
 第一次大戦後、ドイツと旧ソ連はラッパロ協定という密約を結び、ドイツはベルサイユ条約で禁止された兵器のテスト場所等を提供して貰う見返りに赤軍に軍事指導をしていました。
 コンバットレスキューも戦場に於ける戦友による(限定的な)医学的処置も日本国内でやろうとしたら、「戦争する気かオラァ」と「相手を倒すのに関係無いものに金を使うなボケェ」の両方から責められるでしょうから、「外国(の軍)との協力」を"隠れ蓑"にしてやるのも一興かなと思います。
ブロガー(志望)
2017/06/27 00:11
>都議選応援「防衛省、自衛隊として」 稲田氏、後に釈明

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK6W6K8FK6WUTFK017.html?iref=sptop_8_01

何でマスコミって、「言い訳した」と書かずに「釈明」だなんて使いたがるのでしょうか?
KU
2017/06/27 22:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
CSARができない空自が他国の航空救難を指導するという慢心。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる