清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS パリはP-1哨戒機を買うか?

<<   作成日時 : 2017/06/20 10:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 1 / コメント 36

現在パリ航空ショーが開催されています。
すでに報道されているように海自のP-1哨戒機が現地に行っております。

実はフランス当局がP-1に興味を持っており、4月に急に話がきまりました。恐らくオーストラリア向けの潜水艦で失敗し、インドへの飛行艇の輸出では目がないと知ったアレな首相の思いつきでしょうが、現場の下々はいい迷惑ですよね。稼働率の低いP-1を現場から引き抜かれる海自も迷惑でしょう。

フランス軍は旧式化した哨戒機、アトランティックの後継機が必要です。
因みにドイツは、P-3Cを近代化して使用、英国はP-8を選びました。

現在西側で新型の本格的な哨戒機はP-8とP-1だけです。エアバスやサーブ、ボーイングも輸送機やビジネスジェットベースの機体を開発していますが、これは主として途上国や小国向けのものです。フランスの要求にはあわないでしょう。
かといて、今更エアバスの小型機あたりをベースに開発(A319MPA)するにしてもフランスだけの需要では割高になるでしょうから、あまり現実的ではありません。


ですが、フランスはアメリカから哨戒機を入れたくない。アメリカも技術を盗むであろう(笑)フランスに売りたくない。
そんなわけで、オランド政権は消去法でP-1を欲しがっていたようです。マクロンはどうだか知りませんけどね。それと、UAEもP-1には興味があるようです。あそこはC-2にも興味を持っています。


防衛産業の現実も知らずに、大物兵器の輸出に安倍総理が力こぶをいれるのは「私が哨戒機や飛行艇や潜水艦を世界に売り込んだのです!!!!」と威張りたいだけでしょう。歴史に名を残したいという自分のチンケなな名誉欲が異常なほどに肥大しているわけです。

その防衛産業の実態はお粗末で、米軍に万歳突撃した日本軍レベルなんですけども、総大将は我が軍の銃剣突撃をもってすれば鬼神も退く、とか調子のいい妄想をこいているのでしょう。

そんなに売り込みたかったら、ご自分がパリのエアショーに出張ってセールスしてくるべきです。どうせ国会も延長する機はまったくなかったんだし。

ただ、P-1に関するまともな情報をフランスの政権が持っていたのか、実際の運用側も同じ意識を共用しているのかは疑問です。また、採用されてもシステムはタレスかエアバスのモノを使うでしょう。

P-1導入の最大の問題は維持費とエンジンの信頼性です。
専用の4発エンジンです。しかも実験で回した時間も3千時間程度と少ない。信頼性が担保されている欧米のエンジンとは違います。しかもフランスには一円もカネが落ちない代物です。金満のUAEならばあまり気にしないでしょうけど、ケチなフランス人に許容できるとは思えません。フランスだけじゃなく、まともな軍隊なら嫌だというでしょう。
だったら、信頼性高く、維持費の安い双発機がいいというでしょう。

フランスが採用するとして、エンジンを換装するでしょうか。仮に主翼を改修して双発化して、欧州製エンジンを搭載すれば、相応にフランス国内に仕事が落ちてきます。
フランスならばやりかねないですが。


ただフランス政府は交換条件をだしてくるでしょう。
例えばフランス製の武器の○○を買えとか。例えばの話、ミストラル級を発注してくれとか、我が国が何百億円かの輸入をしてくれ、対米追従一辺倒の方向から変わる舵をきるきっかけになって毎年それなりの武器の対日輸出ができるのであれば、維持コストが馬鹿高いP-1を買っても元はとれます。現場は嫌がるでしょうけどね。
交換条件は兵器に限りません。鉄道や航空管制でタレスの製品を入れろとか、チーズやバターの関税下げろとかいうのもアリでしょう。

実際問題としてまずは主契約を仏企業とする必要があるでしょう。システムは彼らが担当するでしょうし。ただ組むにしても、タレスかエアバスか、ダッソーのどれを選ぶかでまったく戦略は変わってくるでしょう。彼らにしても案や思惑はあるでしょう。P-1と組むメリットがあると考えるかどうか。

でも最大の問題はメーカーである川崎重工です。
メーカーとしての当事者意識が全くない。今回のパリでのP-1の展示でもまったくやる気がありません。政府が売ってくれならお付き合いしても宜しくってよ。てな、やる気のなさです。しかも川重は先のオーストラリアの潜水艦商戦の敗退にかしても、そもそも防衛輸出がいいかどうか考えた方がいいみたいな、話をトップがするような会社です。

陸自のUH-Xが富士重工(現スバル)にとられた原因の一つも、始めからウチに決まっているんだと傲慢かまして、ろくに営業もしなかった川重の体質があります。もっともオスプレイとか高いオモチャ買ってカネがなくって、安かろうとでUH-1ベースの機体を選んだという要素も大きいのですが、川重のビヘイビアの問題も無視できないでしょう。


メーカーに当事者意識と能力がないのですから、P-1の輸出は、非常に見通しが暗いでしょう
しかも売れてもドンガラだけです。それでフランス側に過大な譲歩をするのであれば、国全体とすれば大損です。

首相の見栄と、異常に肥大した名誉欲を満たすためだけに輸出をするならば、変な商売はやらない方が余程宜しい、ぼくはそう思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ああ堂々の自閉隊、もう一機のP−1がパリにたどり着けず。
海自最新鋭機、仏にたどり着けず 関係者「恥ずかしい」 http://www.asahi.com/articles/ASK6V4JD1K6VUTIL02H.html?iref=comtop_8_03 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2017/06/28 12:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
フランスは、計画中とはいえエアバスのA319MPAがあるからそれで決まりでしょう(笑)実績皆無のP1なんか買う方がリスク高いです。
マリンロイヤル
2017/06/20 13:56
時々読ませていただいてますが、内容ではなく、書かれている文章にタイポ、助詞の使い方ミスと思われる箇所が多いので、残念ながら気になってしまって読み難いです。
例「オランンド政権」
他の記事にもありますので、気をつけていただけると助かります。
かじ
2017/06/20 16:29
ご指摘ありがとうございます。
精進します。
キヨタニ
2017/06/20 16:59
まあ、P1は売れても機体だけかもしれませんね。
エンジンは信頼性が日本の話を鵜呑みするしかないからフランス製を積みたがるでしょうし、システム関係なんかは海自が使ってるシステムをフランスが使える保証がありません。(フランスが劣ってるのではなく海自の使い方が相当特殊な可能性があるので)
となるとシステム関連もフランス製になるでしょう。そこまでいったら輸出の意味があるのか相当疑問ですが・・・
八王子の白豚
2017/06/20 18:59
昨日のロングボウに続きアゴラに転載されていた記事も拝見しましたが、あれやこれやと、かなり削られておりました(>_<)。それにしても、相変わらず川重は当事者意識が皆無なんですね。陸のUH-X 商戦で、いろいろ学んだかと思いきや全く学習していないんですねorz 。それはそうと、もし仮にフランスから兵器を買うともなると、カエサルは例のアレが入るから導入しないでしょうけども、ティーガーヘリとかL-CAT辺りは導入する価値はあるように思いますが。
KU
2017/06/20 21:02
なるほどP-1を持っていたのはそんな理由でしたか。正直何かの当て馬だと思っていました。日本はフランスを当て馬にすることが多いですしね。付き合わされる海自も迷惑でしょう。まあ実績にはなるでしょうが。それにしても某首相の意気込みとは裏腹ですね。私は今年マレーシアで行われた海事抗空展LIMAに行きましたが前回に引き続きNEC,三菱NTTデータと防衛施設庁が出展していました。富士通は1回で懲りたのか居ませんでした。展示内容は各社は防衛につかえなくもない民生技術を主としていてMRJや武器その他直接防衛に関する展示は一切ありませんでした。話を聞くとどうにもこうにも歯切れが悪く国にお付き合いしろと言われて渋々参加している感がそこかしこにあらわれていて可哀想な位でした。トレードデーだけの出展でパブリックデーは撤退していました。彼らはまだ良い方で本丸の防衛装備庁の酷さは筆舌に尽くしがたいです。数枚のパネル展示とC-2やUS-2、X-2等のビデオを流して現地の女性コンパニオンに説明をさせているだけ!人さえ満足に送り込まない。日本のアピールにすらなっていない。何のために出展しているのか不明な位です。当然パブリックデーはパネルを含め蛻の殻。マレーシア人にすら日本企業が来ている事は知らないでしょう。唯一富士フィルムの現地法人のブースが盛況でした。日本人は私のようなマニアがわんさか来て航空機や展示飛行を見て楽しんでいた位でしょうか。あまりのやる気の無さに呆れました。所詮そんなもんだろうと思わせるに十分でした。
やれやれ
2017/06/20 23:06
>精進します。

さすがセンセイ、謙虚だね!

オイラもセンセイを見習います(笑)
名無し3等兵
2017/06/21 03:34
>自衛隊・河野統幕長 異例任期延長のウラに陸自の派閥抗争

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13231394/

課題は山積みなのに、それらは後回しにして組織内政治が最優先ですか。
KU
2017/06/21 12:35
清谷さんが好きでやっている無料ブログなので、多少の誤字脱字は別にいいかなと。私も最初気になりましたが、だんだんそれも味だと思えるようになりました。 

清谷さんのブログや記事は面白いですし、自衛隊マンセーな記事とは異なる視点が新鮮なので、個人的に応援しています。
一読者
2017/06/21 22:15
>>アレな首相の思いつきでしょうが

憶測で記事書くなよ
本当にプロか?
P38
2017/06/21 23:47
>憶測で記事書くなよ

残念ながら、単なる憶測じゃないんでね。
複数の関係者に長年取材しての結論です。
そうでないと自衛隊では誰も欲しいと言わなかったオスプレイやグローバルホークなどの調達がろくに調査もなく、導入されるはずがない。
キヨタニ
2017/06/22 09:31
リリース書き写したり、記者会見の公式見解をそのまま検証もしないで垂れ流す発表ジャーナリズムだけが正しいと。まあ、人それぞれだよねえ。
キヨタニ
2017/06/22 10:02
正直感想を書きますね。私も軍事マニアとして興味深く読ませて頂きました。多大な取材にて知りえた内容が本文に生かされてないような・・
憶測しかない総理の妄想発言文章が軽くしている感じを受けました。
もっと深い内容で伝えてほしいですね・・
偉そうにすいません。
TE4048
2017/06/22 18:21
残念ながらあなたの記事は憶測なんですよ。
首相に近い知り合いの国会議員に尋ねてみたのですが
「P1の輸出計画は武器輸出三原則を緩和した民主党政権時代からあった話」
との事。
だからあなたの言う「アレな首相」の思いつきじゃあないんですよ。
P38
2017/06/23 00:05
わが国のF-X選定における欧州勢と同程度の扱いなのかもしれませんね。エンジン、アヴィオニクスを仏製に換え、胴体や翼に改修が必要ならそれもあわせて行う…という面倒くさい作業をフランスがやりたがるようにも思えません。だったら逆にフランスが独力か、あるいは主導の多国間協調で新規機体を作るか、あるいは実績がしっかりしており、なおかつブランドもある米製の導入に踏み切る気がします。

素人考えをここで開陳するのは恐縮なのですが、日本製の新兵器を売る他にも、既に退役した装備を中小国に廉価で売るという方法はないものでしょうか?そうやって、とりあえず他国に使ってもらっているという実績を作れば多少は交渉も有利になりそうなものですが。
ふきのとう
2017/06/23 04:07
首相に近い議員ですかw
匿名ならば何とでもいえますしねえ。
自称はともかく軍事に詳しい議員なんて側近にはいませんよ。

>「P1の輸出計画は武器輸出三原則を緩和した民主党政権時代からあった話」

防衛省のHPに何年も前から書いてることをさも、後生大事に開陳するのはご自身のお話の信憑性が如何に危ういか自分で宣伝しているようなものですが、何が楽しいのかしら?ご自身も武器輸出について無知であると公言しているようなものです。少しは東京新聞の望月記者をミラなって欲しいものですね。

「近い議員」が現実をしなくて、無能だからアレな首相が潜水艦や飛行艇を輸出できると妄想全開しているわけでしょう。だからお友達内閣といわれる。
キヨタニ
2017/06/23 10:21
海自で不要となったP-3Cを近代化改修するのを前提にフランスへ中古で売却できませんかね?
此方の方がP-1を輸出するより実現のハードルが低いと思います。

其れと「近い議員」が現実をしなくて、とは「近い議員」が現実を知らなくての間違いですか?
Masaya Hariu
2017/06/23 12:29
>装備開発へ「司令塔」創設を提言 防衛装備移転三原則の緩和も 自民調査会が防衛相に提出

http://www.sankei.com/smp/politics/news/170622/plt1706220046-s1.html

>>脆弱さが指摘される衛生機能の抜本強化も求めた

半歩前進したと見るべきでしょうか?




>陸上イージス、予算案計上へ THAADは見送り

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK6Q4W6PK6QUTFK00S.html?iref=sp_new_news_list_n
KU
2017/06/23 12:30
東京防衛航空宇宙時評の記事を拝見しましたが、ベルが海自のUH-Xにオスプレイを提案する意向を示しているんですね。マーリンと同様、ランプドアを有していますし貨物の積み降ろしには便利でしょうね。おまけに米海軍もC-2の後継として採用しましたし、気がついたら海自も買いました、なんて話に(ry それと陸自のAH-Xへヴァイパーを提案するようですね。願わくば、仮に採用されたらされたでラ国生産ではなく完成機を輸入してもらいたいです。
KU
2017/06/23 14:34
>アレな首相
一国の首脳に対してこういうバカにした物言いは失礼ですよ。
正直、見てて不愉快です。
清谷さんも、バカ谷だのアホ谷だの書かれたら不愉快ですよね。
サラカ
2017/06/23 19:05
ご忠告ありがとうございます。

ぼくも商業媒体では書いていませんよ。

ですが、ブログは個人の趣味でやっているのである意味場外乱闘。商業媒体の原稿とブログを同列でやれというのもおかしな話です。

正直申し上げて、ぼくは安倍首相を人間のクズだとおもっております。アレ首相でもそうとう穏当な表現のつもりです。

自衛隊ではお子様レベルの医療体制、隊員にモルヒネすら持たせない、衛生兵は自主判断で投薬も注射もできないお医者さんごっこレベルで実戦の可能性のある駆けつけ警護を最高指揮官として命じました。

で、死者がでたら首相も議員も辞めるといって、南スーダンの雲行きが怪しくなったら、PKOを引き上げさせた。
はっきり言って人でなし、人間のクズでしょう。

おまけに自分たちに不利益な発言をする東京新聞の望月記者の弱みを公安=秘密警察にさぐらせたり、これまた
尊敬に値する行為でしょうか。

陸自は誰も必要と言わないオスプレイをアメリカ様のご機嫌を取り結ぶためか、単に新兵器入れれば戦争に勝てると思ってか政治決断で導入しましたが、おかげで陸自のヘリの稼働率は5割程度まで下がり、今後オスプレイが本格導入されれば既存ヘリの稼働率は更に下がるでしょう。利敵行為しているとしか思えません。
キヨタ
2017/06/23 19:39
しかも衛生含めて、法改正すれば自衛隊がより軍隊に近い活動ができるにも関わらず、そのような医師法やら道路法やらの地道な、地味な努力を行わず、憲法改正の馬鹿の一つ覚え。医師会とか敵に回したくないのでしょうが、小泉内閣ではやっていますよ。小泉内閣よりもより、議席数が多いのに、こういうことができないのは宰相として無能だからでしょう。その反面、自分の名前を歴史に残すことしか興味がない。人間のクズですよ。
キヨタニ
2017/06/23 19:46
>一国の首脳に対して

ムガベやチャウチェスクも敬えと?
無論商業媒体で書くならば、揶揄はしませんが、趣味のブログですからねえ。
家の中でもネクタイ締めてスーツ着て生活するようなもので、ぼくは嫌だなあ。

そもそも安倍首相の個人的なお前の母ちゃんでべそ、的な罵倒はしておらず、宰相に値せずというエビデンスを挙げて揶揄しております。

こういう表現が嫌ならばアゴラに転載されたものだけを読むことをお勧めします。

それに趣味でやっているので、読みたくない人には読んで貰わなくていいと思っているので。
キヨタニ
2017/06/23 19:49
それにねえ、アレ首相ぐらいいいじゃない。

別にクズの低脳野郎とか、変態性欲者とか泥棒とか、その手の表現は使っていないじゃない。
キヨタニ
2017/06/23 19:52
>ニッポンの防衛装備品は世界で受け入れられるか

http://newswitch.jp/p/9478

個々のコンポーネントなら実績はあるでしょうけど、完成品ともなると話は別ですよね。にしても、UH-XにせよUS-2にせよ、どうしてこうも楽観的なコメントばかり出てくるんでしょう?UH-Xなんて清谷さんも指摘されているとおり、競合相手が多いのに。
KU
2017/06/24 08:21
手厳しいですな。

政府政権を批判するのが、あたかも社会正義であるかのような風潮は、特に戦後社会のジャーナリズムが醸成してきたのであるが。

それにしても、なかなかの「反骨」とお見受けした。

安倍政権は武器輸出の解禁が、防衛産業の基盤強化や経済成長に役立つと説明しております。

武器輸出禁止政策を緩和して、日本のメーカーや商社が海外に防衛装備品を輸出できるようにし、防衛産業市場を拡大してやることで新たな業者参入も促すことは基本的にはプラスであると思われる。

今回、日本製の対潜哨戒機が「商材」として魅力があるかどうかは、私には分からぬ。
我が国の防衛産業が、本気で世界のマーケットに乗り出すかについても何とも言えぬが。

すべての防衛装備品の基本的な目標は、要求性能・機能の実現にこそあり、その使命の遂行と防衛予算とを厳格にリンクさせることが、まず第一等に望まれるところで。

しからば随意契約で「仕事」がとれる、現在の「ぬるま湯」の国産防衛装備品の調達においてさえ、否応なく日本の製造業者と海外メーカーとの合従連衡も行われ、防衛産業の再編、経営の合理化が進むのではないか。

総理の姿勢を揶揄・批判するだけでは、全体の利益にはならぬような気がしますな。
yakozen888
2017/06/24 10:32
かつての防衛施設庁は、内閣府の最後の外局で。

旧防衛庁が省に昇格したことにより、防衛装備庁が装備の研究開発や調達、輸出を一元管理する防衛省の外局となったのは周知。

防衛装備庁の発足により、防衛装備品の取得コスト削減にもつながると当初説明されたのであるが。

2012年には、三菱電機への過払い金約248億円が判明するなど。
防衛装備品の調達をめぐる「水増し請求」「過払い」も相変わらず後を絶たない。

あたかも庁には、まともな原価積算、査定能力もないがごときである。

天下りを多数受け入れ、政権党への政治献金も多い大企業が防衛省からの受注額が大きい、という政財官の構造がかねてより指摘はされているが。

武器輸出の解禁による世界の防衛産業市場への参入は、競争原理によるコスト抑制にも好影響となろう。
では、国内調達も随意契約を全廃して競争入札にすれば、すべて解消というわけではなく。

総理が言うように国を挙げてのセールスであるから、情報収集と分析、製造者や取引先との折衝、資料整備、アフターケアなど。

商社的業務を庁内部にも持つとなれば、多くの専門的識見を持つ人材を抱える必要がある。

文官に比べ相対的に人件費が高い、現職自衛官を調達業務にあたらせる必要はなく。

文官である庁本部人員を、欧州主要国の調達本部並みに数千人規模に増員し(米国防兵站庁(DLA)は、5万人の職員を擁するという!)、若年定年により「娑婆」で苦労している退職自衛官の受け皿(ただし「天下り」ではない、実績の求められる職場環境下で)にする案も可ではないですか。
yakozen888
2017/06/24 10:36
> 稼働率の低いP-1を現場から引き抜かれる海自も迷惑でしょう。

意味が判らん。
稼働率が低いなら、展示飛行程度でも訓練になってよいと思うが。

「ならば」「でしょう」の憶測と、妄想に基づいた首相への不満を積み上げる前に、専門家であればもう少しエビデンスに基づいた記事を書いて欲しい。
foo fighter
2017/06/24 13:00
防衛装備庁の発足は2015年であるから、三菱電機への過払い金問題が発覚した後でしたな。
まあ、防衛庁時代から、現在まで続く通弊という意味で。

前川前文科事務次官の出会い系バー通いについて「印象操作」を行ったのではないかと、菅官房長官を6月8日の定例会見で舌鋒鋭く追及した東京新聞社会部の望月衣塑子(もちづき・いそこ)記者の著書に『武器輸出と日本企業』がある。

そこには「前のめり」に武器輸出を進めようとする政府筋に対し、企業側の「とまどい」というより有難迷惑の本音が活写されておる。

兵器の自社開発という大事業の管理遂行能力が不十分である上に、競争もなく契約のとれる営業環境に慣れ、製品の実戦使用経験もないというのであれば。

そんな日本の防衛産業に、国際競争力をいきなりつけよ、というのは確かに難しい話で。

部品の対米輸出と、欧米諸国との共同開発が今のところ精一杯であろう。

武器輸出の所管を経産省からやっと防衛省に移し、防衛装備の国産・輸入を長期的かつ総合的に所管する官庁が生まれたのであるから、少し長い目が必要ではないですか。
yakozen888
2017/06/24 13:22
コメントのキヨタニさんの名前が、キヨタになっていますよ。
蛸八
2017/06/24 19:49
お邪魔します。
 確か三菱はビジネスジェット機を作ったが、売る術が無くてその機体は外国のメーカーに売却され、逆輸入で自衛隊に入っていると聞いた事があります。P1もフランスにその気があるなら、フランスのメーカーに売却して、そこから逆輸入で自衛隊に入れた方が良いのかも知れません。
 後もしかしたらオズプレイとかは、首相(サイド)が今まで自分達がやってきた事に固執する自衛隊に対して「少しは新しい物にも目を向けろ」という意図で導入を決めたのかも知れません。尤も自衛隊は首相の取り巻きとかとは違って「首相の意向を積極的に忖度する」といった事はしないでしょうから、しばらくしたら「放置」になるでしょうし、その頃には首相自身も忘れていたりして。
ブロガー(志望)
2017/06/24 22:17
ドンパチしてるというのね

退役自衛官も「これではダメだ」という本はやたらに出してるし

永田町人種が能力不足だと言うことは誰でも知ってることじゃないですか?
aaa
2017/06/24 22:27
川重の問題を忘れ、政府の無策も忘れ(キヨタニさんのおっしゃるとおり無策=本気ではないと私も感じているので)、もし、P1がフランスに輸出されるならば、という仮定でコメントします。

フランスの軍需産業は百戦錬磨ですので、P1を輸出するなら:

・エンジン換装はするでしょう(4発機を2発にするほど改造するかはわかりませんが)。稼働数の少ない日本製エンジンを使うなど、怖くて仕方ない。

・ASW装備の大半も、タレス製のものに変わるでしょう。

見返りも要求してくるでしょう。しかしこれ、実は悪くない気がしています。

・CAPTAS4 曳航ソナーはとても評判が良く、米軍も(アクティブ部分だけですが)搭載します。

・multi-static ASW の開発も大々的に進められており、ヘリ搭載ソナーFLASH、CAPTASシリーズとソノブイを組み合わせたものが、ある程度実用化されていると理解しています。P1のフランス版が、タレス製のASWシステムを使うなら、日本もそれを逆輸入したって良いと思います。

・DEX に CAPTAS1を搭載しても良いでしょう。

米軍とフランスの狭間で機密保持の関係で少し苦しむかもしれませんが、英軍も(艦艇とヘリは)タレス社製のシステムなので、大きな問題はないかと。


PS ブログの口調や、首相批判は、全く気になりません。首相万歳のジャーナリストや、防衛省の発表に疑問を持たないジャーナリストも沢山いますので(総じて記事が面白くないので読みませんが)、キヨタニさんの立場は特に問題を感じておりません。いつも貴重な情報・ご意見をありがとうございます。

「いろいろな人がいる」というだけでは?
ドナルド
2017/06/24 23:50
6月23日に政府は、北朝鮮情勢を踏まえ、弾道ミサイルが発射された際の避難方法を紹介する、初めてのテレビCMを放送しました。

あの不気味なJアラートのサイレン音声を、テレビで聞いた方もいるであろう。

北朝鮮危機は継続中ですが、なぜ今頃になって政府自民党はこのようなCM放送を打つのか。

東京都議会議員選挙の告示は、政府のCM放送開始と同じ6月23日で、投票日は7月2日です。
CMは放送は7月6日まで、2週間続けるとのこと。

この時期を選んだとしか言いようがない。

自民党は小池新党怖さで、東京都民に対する「大衆操作」を仕掛けたのであろう。
国家国民の安全と党利党略を天秤にかけたとすれば、きわめて不見識。

普段は、責任政党を自認しながら。
選挙と聞くと、すぐに卑しくなる自民党の体質。

許しがたい。
後援会で、地元選出議員に苦言を言ってやらねば・・・。
yakozen888
2017/06/25 07:12
海自最新鋭機、仏にたどり着けず 関係者「恥ずかしい」(2017年6月27日付朝日デジタル)

一事が万事なのか、初期トラブルは織り込み済みで予備機の役割を果たした、と見るべきなのか。
yakozen888
2017/06/27 17:13
フォーリン・アフェアーズ・リポート 2012年12月号は、

アンドリュー・F・クレピネビッチ(北米戦略・予算分析センター会長)による「緊縮財政時代の米国防戦略-日本の安全保障とA2・AD戦略」というコラムにおいて

「日本は接近阻止・領域拒否(A2・AD)戦略への投資を大幅に増やして、中国や北朝鮮による攻撃の危険を低下させるべきだ。

同盟国によるこうした試みが実現すれば -中略- 米軍の強みを生かせるようになる。」

と趣旨を述べ。

「西太平洋の安全とアクセスを保証するアメリカの戦略の要となるのは、日本の接近阻止・領域拒否(A2・AD)戦略への投資」如何であり。

「特に新鋭対潜哨戒機への(日本の)投資は、米国の中東-インド洋における前方展開を継続するサポートにもなる。」
と結んでいます。

米国にとって安全保障の「空白地帯」である中東-インド洋間において、(緊縮財政の)米国の世界戦略を補完する日本への期待は極めて大きい。

逆に、はしなくも言えば、安倍総理の願いを他所に、P-1対潜哨戒機がパリで第3国から引き合いがあろうが、なかろうが。

日本の資源拠出と集団的自衛権による自衛隊の海外派遣で「米軍の目」になってくれ、米国の財政負担が軽減されればよし、とも読み取れます。

今回の不具合で、P-1機の信頼性が揺らいだことだけは、米国は少し心配になったかもしれません。
yakozen888
2017/06/28 19:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
パリはP-1哨戒機を買うか? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる