清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛隊戦闘服で談合。これって官製談合じゃないの?

<<   作成日時 : 2017/01/28 13:39   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 10

自衛隊戦闘服で談合、ユニチカに2億円課徴金
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170127-OYT1T50191.html?from=ytop_ylist

> 防衛省や防衛装備庁が発注する自衛官用の戦闘服などの入札で談合を繰り返していたと
して、公正取引委員会が、独占禁止法違反(不当な取引制限)で、大手繊維メーカーのユ
ニチカ(大阪市)に約2億円の課徴金納付を命じる方針を固めたことが分かった。


 クラレも関係していましたが課徴金納付命令は免除されました。ですが再発防止を求める排除措置命令は2社に出される方針です。


自衛隊戦闘服で談合 「クラレ&ユニチカ」ボロ儲けのカラクリ
2016年3月4日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/176502

>「戦闘服や作業服に使われる『ビニロン』と呼ばれる繊維は耐熱性に優れた特殊素材で、製造する国内メーカーはクラレとユニチカしかない。技術的な問題というよりは、この2社が防衛省にガッチリ食い込んでいるため、同業他社の参入余地がないからです。それで寡占状態が続き、いわば言い値がまかり通ってきた。ただ、クラレとユニチカが相対で談合していたとは考えにくい。縫製はアパレルメーカーに外注することが多く、その間に入る商社が価格調整の役割を担っていたのでしょう」(繊維業界関係者)


これは官製談合が疑われて然るべき話です。
何十年にも渡って、何故2社のみが供給を行ってきており、しかも世界では例のないビニロンが使用され続けてきたのか。そのビニロンは難燃性以前の問題で、脱色が激しく現場では評判が悪いものです。一部の部隊では色落ちが激しくて、茶色くなるのでマルチカム迷彩と親和性がよくなる。故にマルチカムの私物を許す部隊長がいるくらいです。

世界でビニロンの戦闘服を使っている国はぼくの知る限り我が国以外ありません。人民服はビニロン製だったからかつての人民解放軍は使っていたでしょう。それは先の戦争で迷惑欠けたお詫びとしてビニロンのライセンスが無料で中国に供与されていたからです。現在も使っているかどうかは知りませんが。


自衛隊ではビニロンの以外の繊維と他の繊維を比較したことがあるんでしょうかね?

しかも調達価格がかなり高い。別に全部外国でつくれとまではいいませんが、例えば服のデザイン、素材、縫製は別に契約するという手もあるでしょう。
例えば設計ならばミズノやアシックスなどアウトドアブランドに声をかけるのも手でしょう。
諸外国ではアウトドアブランドが軍用の被服やバックパックなど手がけています。例えばパタゴニアですが、同社は日本での「クリーン」なイメージの維持のためか、日本では紹介しておりません。


それから縫製にしても、3つとか4つロットに分けてそれぞれ入札を行えば、経験のある工場が複数維持することができるでしょう。

ブーツも問題です。精々安全靴のメーカーであるミドリ安全が戦闘ブーツを独占しているのは何故なんでしょうか?

要は二社以外の企業が参入できない、有形無形の障害を取り除けば、国内生産でもコストを下げることが可能でしょう。その努力を需品担当部署が何十年もしてこなかったのは何故なのか。

需品は正面装備のように目立たないだけに、胡乱な利権と高コスト調達の宝庫となっています。

自浄能力がないならば、国産を止めて外国で生産をすることも仕方がないでしょう。身から出たサビです。機密を守るためと称して、低性能な被服をバカ高い値段で買うぐらいならば、性能を公開しても数分の一から一桁安いコストで、海外で生産してはどうでしょうか。



朝日新聞のWEBRONZAに以下の記事を寄稿しました。
南スーダンで負傷した自衛隊員は救えるのか
戦死者、戦傷者を想定していない「軍隊」の危うさ
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2017011700001.html

続・南スーダンで負傷した自衛隊員は救えるのか
不足するキット、十分な応急処置ができない衛生兵……
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2017012000003.html

Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
自衛隊、オスプレイの空中給油能力を活用? その1

http://japan-indepth.jp/?p=32558
自衛隊、オスプレイの空中給油能力を活用? その2
http://japan-indepth.jp/?p=32583











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
海外から調達しようとすると、またぞろ「我が国固有の環境ガー」とか屁理屈を並べ立てあれこれ喚いて反対する人間がゾロゾロ出てくるのでしょうね、きっと。それに、こうした案件が出てきたならば野党も、その都度、政府や防衛省を追及すりゃ良いのに。去年は照井さんが軍研に書いた記事を元に自衛隊の医療体制を質したんだし(質問者の一人が辻元さんというのが何ともorz)。プラカードをカメラに写るように晒すだけが野党の仕事じゃないでしょうにね(>_<)。
KU
2017/01/28 14:35
調達改革は急務ですね。まず、幹部自衛官の天下りを禁止すべきでしょう。
マリンロイヤル
2017/01/28 15:50
被服の関係もそうですが、日頃自衛官達が駐屯地で食べている食品や官舎を改修する時の水回りの品なども疑ってみても良さそうですね。
防衛省の背広組でもお縄になりそうな人が結構いそうです。
八王子の白豚
2017/01/28 21:54
>防衛装備品を途上国へ 無償や安価譲渡の法整備へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170129/k10010856531000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

ふと思ったのですが仮に上手く売れたとして、その売却益はどういう扱いになるのでしょうね?防衛予算に組み込まれるのでしょうか。組み込まれるのであれば、また別の装備品を購入するのに使えるでしょうし。
KU
2017/01/29 07:53
>>天下りの禁止

そ、そんな殺生な。天下りを前提に生活設計を立てている高級幹部達はいったいどうなるの。
彼らに死ねと言うの!

死ねw
きらきら星
2017/01/29 10:33
>敵基地攻撃の議論活発化=トランプ氏就任で自主防衛強化論

http://www.afpbb.com/articles/-/3115851?act=all

「戦闘機を発進させる空母は〜」とか80年代の与野党のやり取りを見ているようで何だか・・・。にしても小野寺さんて、こうまで勇ましい人でしたっけ?大臣を経験したからではないでしょうが、勇ましい発言を並べ立てる政治家ほど信用出来ない人はいませんしね(>_<)。でも予算ばかり増やしても、気がついたら国産のアレな装備と米国から押し付けられた高価なオモチャを買うのに必死になり、稼働率が更に低下しました、なんて笑えない状況になりそうです。
KU
2017/01/29 19:30
先輩たるマリンロイヤル様へ

私は現役時代、調達に関わる仕事を長年従事した経験から 一言。
私も含めて自衛官全体として経済・経営の知識や概念が希薄で中学生並み・以下の経済の見識です。そこで 織田裕二主演の映画 県庁の星ではないがビジネスマンとして出向・修行させる。競争原理やコスト意識を持たせることです。
外部人材登用では 商社マン、銀行マン、公認会計士、税理士を幹部自衛官として採用する。
言葉だけの念仏では効果ありません。刺激のある人事が必要です。
私や先輩みたく3佐や1尉クラスのミドルオフィサーでは天下りは無理です。 最低1佐クラスでないと。ちなみに私の上司だった某1佐は いちエンジニアになり、自分の息子と変わらない年齢の上司からアゴで使われています。それが現実です。幹部自衛官なんて市場価値ないですよ。私が現役時代 大手の会社の営業マンから、あんたは所詮 土方公務員の現場監督に過ぎないと。
だってトラブルがあっても 足を運んでくるのは20代の若造社員。自衛隊の幹部なんて大企業の社員から見たら、カス扱いです。カス公務員だから仕方ないか。
元キャプテン
2017/01/30 08:35
きらきら星様

天下りを前提として生活設計をしている高級幹部は死ねというの云々・・
はい、死んでください。
甘やかすことを言わないでください。 五体満足であれば働けます。問題は頭を下げる、メンツやプライドを捨てる覚悟です。食べる為に嫌なことや嫌いな人間に頭を下げることは誰もやってます。
うちの会社で定年になったOBはタクシーの運ちゃんやスーパーのバイトしながら 嘱託で働いています。二足の草鞋ですが。以前の職場の学習塾では70歳過ぎたじいさんが講師として働き、授業4連チャンこなしていました。私の叔父は中学校の校長先生で定年になりましたが、かつての教え子が経営している学習塾で働いています。
むしろ自力で働くことは本人にとってもいいことです。
辞めても組織にしがみつくのは見苦しい。OBとして威張り散らす・圧力を掛けるのはうざい。まさに老害です。
元キャプテン
2017/01/30 16:05
>自衛隊向けF35戦闘機値下げ、日米が異例の交渉

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN15G3WE

他のオスプレイやらグローバルホークやらも、交渉すりゃあ良かったのに。F35だけ交渉出来ます、というのも何だか変ですよね。でも仮にこれで上手く交渉出来たとして、他の分野で何やら買わされそうな予感がorz
KU
2017/02/01 22:12
>トランプの外圧は日本の国防 “独立”への好機

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49060

そらま、お買い物官庁と揶揄されるくらいだしorz


<安倍首相>辞任を「覚悟」・・・南スーダン、自衛隊員死傷で

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6228921

先日の小野寺さんではありませんが、政治家の勇ましい発言ほど信用出来ないものは、ありませんよね。

KU
2017/02/02 08:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛隊戦闘服で談合。これって官製談合じゃないの? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる