清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 小林製薬のマーケティング

<<   作成日時 : 2016/12/25 16:49   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

さて、師走は忘年会やらクリスマスパーティやらでお酒を飲む機会が増えます。
ぼくはたいしてお酒が強くないので、体調が悪いとワインを一杯飲んだ程度で、その日のうちに二日酔いのような頭痛がおきます。そこで役に立つのがこの薬です。


【第2類医薬品】アルピタン 6包
小林製薬
2016-10-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【第2類医薬品】アルピタン 6包 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




実はこの薬、成分は漢方薬の五苓散です。

小林製薬のアルピタンのページです。
http://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/2016/160928_02/
>アルコールなどによる頭痛を抑える、漢方処方のアルコール頭痛対策薬が新発売

>年末年始が近づくにつれ、忘年会や新年会といった場でお酒を飲む機会が増える方は多いと考えられますが、生活者の中には、飲酒によるアルコールが原因で頭が痛くなってしまう方がいます。

>弊社生活者調査によると、20-69歳男女の中で、月1回以上飲酒で頭痛が起こることがある方は、約10人に1人で、762万人にものぼることがわかりました。また、飲酒前の予防策として「特になし」に次いで、「ウコン配合ドリンク」「水分を多く摂る」が上位にあがり、頭痛が起こった後の対処法としては、「水分を多く摂る」「睡眠」「市販の鎮痛薬」が上位にあがり、さまざまな対処法を試みている実態がわかりました。その一方で、これらの対処法に対し、約7割の方が満足できていないことが明らかになりました。

>そこでこの度、漢方処方「五苓散(ごれいさん)」の働きでアルコールなどによる頭痛を抑える、アルコール頭痛対策薬「アルピタン」を新発売いたします。

>本製品の発売により、アルコール頭痛対策薬という新たな市場を創造してまいります。









アルピタンは6包で1,080円(税込み)五苓散(ごれいさん)料エキス 2.3g

対してツムラの五苓散は24包で、希望小売価格は:3,780円(税込)
乾燥エキス1.4gを含有。
http://www.tsumura.co.jp/products/ippan/019/index_s.html

ツムラの五苓散だと2包で、概ねアルピタンの1包分です。
アルピタンの方がお得、ということになります。

小林製薬のマーケティングは秀逸です。

まず、アルピタンのというネーミングで、飲酒による頭痛を抑えることを前面に押し出しました。
既存の競合製品はそのようなことを謳っていません。
そしてツムラや他の漢方メーカーは、五苓散にそのような効能があることを積極的に謳っていません。

ツムラのHPの効能は以下の通りです。
>体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:
水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹注)のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔



そして6包で、1080円という手頃な値段で値段で、ちょっと試してみようというハードルを下げています。しかも1回ぶんの含有量が高い。当初ぼくはツムラのものを1包飲んでいましたが、余りきかず、2包飲むと効果がかなり実感できました。

更にコンビニなどて手軽に手に入ることも販路を大きく拡大しました。

仮に小林製薬が五苓散の名前そのものでツムラなどと同じようなパッケージ、販売して、頭痛に効くと書いてもあまり売れなかったでしょう。
漢方では後発になるので、ブランド力がないし、ドラッグストアや薬局の棚をとるのは至難の技だったでしょう。

ところが酒の酔に効くとなれば話は別です。
パッケージもそれに特化しています。
ですから、普段漢方薬に馴染みのないお客でも手に取ってくれるでしょう。
しかも実は先行品よりも実質的にお安い。


つまり、既に既存の製品があり成熟していると思われていた製品でも、売り方、流通方法、ネーミング、パッケージ、用途のアピール、プライシングなどを工夫すれば、後発でも十分に勝負できるというわけです。

こういう例を普段から分析していると自分の商売にとっても大変役にたちます。また商売をやっていない方でも、あれこれ頭の体操になるかと思います。


日経で連載中の高田賢三の「私の履歴書」が面白い。同性愛者であることを「私の履歴書」で述べたのは彼が最初じゃないでしょうか。欧州のデザーイナーではゲイ、バイセクシュアル多いです。でないと出世しないとも。
その昔、パリで友人に誘われて逝ったギャラリーのパーティで彼をみたのですが、会社を乗っ取られた直後だったせいかオーラも感じられず、普通のおじさんにしか見えなかった。友人から「あれがケンゾーよ」と教えられびっくりした記憶があります。



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
「駆け付け警護」は自衛官の命を軽視しすぎだ
http://toyokeizai.net/articles/-/146208


駆けつけ警護に関してJapan In Depth に以下の記事を寄稿しております。

自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その1 情報編
http://japan-indepth.jp/?p=31070
自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その2 火力編
http://japan-indepth.jp/?p=31120
自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない。その3防御力編 前編
http://japan-indepth.jp/?p=31185
自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その4防御力編 後編
http://japan-indepth.jp/?p=31379
自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その5戦傷救護編
http://japan-indepth.jp/?p=31436









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様

ビジネスは工夫すれば儲かるんですね。地元の温泉施設で温泉とプチ漫画喫茶をコラボしたものがあります。オプションでソフトドリンクとソフトクリーム飲み・食べ放題。客は漫画に熱中し、長居をし、入浴だけでなく 漫画を読み漁り、ソフトやジュースを飲む。それが付加価値=サービスになり、他の温泉施設との差別化を図っているわけです。支配人は30代の若い方で、施設の運営を根本から変えました。スタッフからは田舎だから、年寄りなんか漫画読まないし、若い連中来るわけないだろ?とネガティブな意見ばかりですが、結果は遠方から客は来るし、年寄りは漫画を読むし、リピーターを獲得しています。ジュースの自販機やアイスの冷凍庫を撤去し、コストダウンにも努めています。
田舎の無名な温泉でも、営業努力や工夫をすれば客は増えます。
敵は何か?ライバル施設でなく、過去の既成概念の固着、 やりたくない言い訳、改善したくない面倒くささではないでしょうか?
私の知り合いの経営者の方は会社を長く生きる手段として 絶えず変化する。旧態依然やガラバゴスは市場から退場させられると仰っていました。
廃れた温泉街やシャッター通りの商店街は過去のノスタルジーにしがみつき、他人や環境の責にします。私から言わせれば甘えんなよ!ですよ。
元キャプテン
2016/12/25 17:35
ご存じでしょうが、小林製薬の商品はネーミングが「そのまんまじゃん!」と突っ込みたくなるものばかりです。
まあ、おかげで何に効くか相当なバカじゃない限り分かるんですけどね。
例えば「ナイシトール」は内臓脂肪を減らす効果があったり、「ブレスケア」は胃で溶けて胃から出てくる口臭を抑えたり、「ガスピタン」は腸内のガス発生を抑える、といった具合です。
あ、私はいずれも買って使ったことがあります。
「ナイシトール」は微妙ですが、後のはソコソコ効いてると思いますよ。
八王子の白豚
2016/12/25 19:26
なるほど。なら小林製薬の株を買おう。
ひゃっはー
2017/01/01 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
小林製薬のマーケティング 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる