清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 落書き常習犯を現行犯逮捕

<<   作成日時 : 2016/12/07 12:05   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 8

月曜日の夕方、会社の入っているビルのトイレで、落書きの常習犯の高校生を現行犯逮捕しました。


これがその落書き。
画像


くぅうだらねぇ、没個性な落書きしやがって。ていうか、あんちゃん、お前さんどうみても童貞だろう(笑




トイレの入り口に入ると黒い服を着た、挙動不審な若者がおりました。
トイレは前が小便器、奥に個室が並んでいて、L字型に配列されおり、彼は一番手前の個室のところに佇んでいたのですが、通常奥の方から利用する人が多いので、それも何か怪しいと思いました。他には誰もおりませんでした。


で、様子を見るためもあって一番奥の個室に入って使用しているフリをして、ペーパーをカラカラと音を立てて引きました。すると、彼が入ったと思しきドアが開く音がしました。わずか一分ほどであり、水を流す音もしませんでした。ますます怪しいと思っていたら、こちらに足音が近づいて、きてドアの前で止まって、キュッキュという音がしたので、ドアを空けたら案の定、あんちゃんが落書きをしておりました。

すかさずペンを持っていない方の手首を捕まえて確保。便所の外に連れ出しました。すると彼は手を振りほどいてにげだしたのですが、通行人の方が取り押さえてくれました。
「こら、キリキリ歩かんかい!」と現実に言ったのは初めてです(笑

で、警備室に連行。
警備員に聞くとこの数ヶ月、連続して落書きがあり、このあんちゃんが挙動不審で疑っていたそうです。17歳の高校生だそうです。
ぼくは警備員に警察をよび、親にも連絡をするように頼みました。

これが可愛い女子高生が、ついでき心で、なんて話ならお説教だけでで放免したのですが、むくつけき男子高校生ですからね(笑

しかも常習犯です。手口が悪質です。まず誰もいなことを確かめて、誰かが入ってきて、自分の個室から出てきて、人が入った個室のドアに落書きをするわけです。
ぼくの入ったのは一番奥です(多くの人が人間の心理として奥の個室に入ります)。そこで落書きをすれば、仮にそとから人が入ってきても彼が落書きをしている現場は見えません。
中の人が、気がついてもズボンをおろして用を足していれば、即座には何の行動も取れません。

かなり計画した悪質なやり方です。

で、親を呼ぶといったら、「それだけは勘弁してください」と。

君は世の中を舐めているだろう、一番やってほしくないことならぜひとも呼ばないとねえ、といいました。

本当は「親に知られたくない?だったら指の一本も置いていくか、あぁ!!」とか言ってみたかったのですが、流石にいい大人だし脱法行為になるので止めておきました(笑

こういう愉快犯的な輩はスリルが大好きなわけです。じゃなければ個室内に落書きをするでしょう。見つかる可能性が小さくないのに行うのは、自分は頭がよくて、捕まらないという自信があったからでしょう。

ところが、世の中はあまくなく、ワナをかけるハンターキラーみたいな、意地の悪いおじさんがいたりするわけです。
管理組合の方も、悪質だということで警察をよび、事情聴取と現場検証の後署に連れていき、その後親御さんが引き取りにきたそうです。

まあ、彼も自分が思っているほど賢くもないし、世の中、舐めると痛い目に遭うということを学べたことだと思います。これがいい歳をした大人で、40代とか50代でやったら、その後の人生結構ダメージが大きいでしょう。
後の人生の教訓として活かして欲しいものです。



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
「駆け付け警護」は自衛官の命を軽視しすぎだ
http://toyokeizai.net/articles/-/146208


駆けつけ警護に関してJapan In Depth に以下の記事を寄稿しております。

自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その1 情報編
http://japan-indepth.jp/?p=31070
自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その2 火力編
http://japan-indepth.jp/?p=31120
自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない。その3防御力編 前編
http://japan-indepth.jp/?p=31185
自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その4防御力編 後編
http://japan-indepth.jp/?p=31379
自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その5戦傷救護編
http://japan-indepth.jp/?p=31436














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様

私も高校生の頃、公衆便所に落書きしていたヤンチャ坊主でした。もっと過激な落書きしていました。落書きはお説教で済みますが・・ 清谷さんのお膝元 千葉大学医学部の学生が実習の打ち上げで強姦! さすがに、これは見過ごせないでしょう!それも指導者たる若い医師も加担。早稲田のルーズリーフ、慶応の強姦サークル、医学部の打ち上げ強姦、なぜインテリは強姦に走るのでしょうか? 強姦は脳みそ筋肉、体力バカの体育会系の得意技かと思いき、先生になる方々で ある意味聖人君主を求められますからね。強姦は粗暴・粗野・無教養の人間がやるという方程式は成り立たないことが証明されました。
逮捕されなかったら、どうなっていたのでしょうか?患者を強姦していたかもしれません。
私の先輩で一見キモイオヤジですが、女子高生をナンパしてホテルへ連れ込んでいます。青少年保護条例違反ですが、 強姦はしていません。若い衆、しょぼくれたおっさんでもナンバ成功しているぞ!ナンパの勉強しろ!頭いいんだから!
元キャプテン
2016/12/07 16:10
素朴な疑問ですが、正直、落書きしてたのが元KAT-TUNの田中聖みたいなヤツでもおなじ事できましたか?
NetrightHunter
2016/12/07 21:15
ぼくが負けるケンカするわけないでしょう。
キヨタニ
2016/12/07 23:07
よりによって、清谷さんの所でやるとは何とも不届き千万!どうせ書くなら、もっとリアリティを追及しないと!(>_<)。


>関西大 「軍事研究」研究者が申請を禁止

http://mainichi.jp/articles/20161208/k00/00m/040/081000c

ま、参加しようがしまいが個々の大学が判断されることですしね・・・


>航空・海上・陸上自衛隊 現在の装備と実力

https://dot.asahi.com/aera/2016120600170.html

ま〜た産経か、と思ったらAERAだったでござるorz 朝日が、ここまでヨイショするなんて珍しいですよね。
KU
2016/12/08 06:49
>海自多用途ヘリの迷走

http://eiji.txt-nifty.com/

オスプレイに関しては、「あれほど」危険性を追求なされた共産党が、こと今回の多用途ヘリの調達については無反応というのが、何とも理解出来ないのですが。にしても海自は、どうするつもりなのでしょうね。ガラガラポンしてNFH-90やS-92に替えるのでしょうか?
KU
2016/12/08 13:02
正直なご回答ありがとうございます。
NetrightHunter
2016/12/08 15:37
清谷様

最近、インテリ層の強姦が流行っていますが。慶応や千葉大医学部・・

強姦というと、無学・無教養・粗野・粗暴な人間が犯す者と相場が決まっていましたが、最近はインテリ層で、将来 先生と尊敬される方がねぇ? 体育会系の専売特許と思われ、勝利の褒美として行われますが、そちらは脳みそ筋肉と化して、思考より行動が優先されます。単細胞ですが。インテリ層は 戦略的思考ができ、メリットとデメリットを天秤に掛けることができます。
なぜ、短絡的な犯行に及ぶのか私には理解できません。オツムの足りないチンピラじゃあるまいし。 医学部受験で勉強しすぎて脳みそ硬くなり、脳みそ筋肉になったんでしょうか? 筋肉バカとガリ勉バカは本質は同じなんでしょうか?
私の古巣の職場みたいですね。トップ=CGS出の高級幹部はガリ勉バカ、 末端=底辺高校、ボンクラ大出身の陸曹・陸士は筋肉バカ。ガリ勉バカと筋肉バカが融合する社会なんだなぁと思いました。
元キャプテン
2016/12/09 07:46
世の中を舐めまくったクソガキにキツ〜い一撃を食らわせましたね、流石です。
ガキんちょ相手に大人げないという意見もあるでしょうけど、最近のガキ共は性質が悪いのが多いですからこれで良いと思いますよ。
八王子の白豚
2016/12/11 00:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
落書き常習犯を現行犯逮捕 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる