清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS UNMI SSにおける自衛隊の活動について

<<   作成日時 : 2016/10/31 14:03   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

統合幕僚監部が作成した「UNMI SSにおける自衛隊の活動について」という資料を入手したので公開します。
画像


画像


画像


画像


画像


画像

画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ケニアが撤退を決めたようですね(笑)南スーダンの隣国が撤退するというのは重大じゃないでしょうか。
マリンロイヤル
2016/11/04 19:26
周辺を政情不安な国々に囲まれたりとかそれらの国々から武装勢力が流入してたりとか、はっきり言ってひと頃のアフガンやイラク同様じゃないですか。
強大なアメリカ軍などが駐屯してない分状況はより悪いと言えるでしょう。
そんなところに戦闘を前提としてない自衛隊を居させていいんですか?
八王子の白豚
2016/11/06 08:01
八王子の白豚様

20年間の自衛隊で飯を食ってきた、元将校=幹部隊員、過去軍事のプロとして言わせていただきます。 駆け付け警護したら、ほぼ間違いなく ブラックホークダウンの世界になります。20年以上昔、アメリカのレンジャー連隊やデルタフォースという精鋭部隊が反政府勢力の親分を捕まえるため、出動! しかしゲリラや民兵に囲まれ死傷者続出。武器が流れ、民兵は重武装しています。自衛隊の貧弱な装備、非現実的な交戦規定、貧弱な医療体制 こりゃ東京パラリンピック出場だ! ちなみに私の現役時代の先輩でカンボジアのPKOに参加し、総選挙でポル・ポト派の残党が武装蜂起した情勢で、死を覚悟し、帰国後ストレス障害で入院しました。
ブラックホークダウンの映画に話を戻すと、新兵時代の小隊長=現2佐 がこんなこと言っていました。カンボジアでブラックホークダウンみたいな武装して殴り込みしたら、隊員は棺で帰国、遺族は 訴訟、国会は紛糾、内閣総辞職だ!
だから私は駆け付け警護は中学生が大学受験に挑むのと同じだという根拠は上記にあります。したがって現在の防衛大臣は軍事オタクのおばさんにしか過ぎない。
元キャプテン
2016/11/07 18:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
UNMI SSにおける自衛隊の活動について 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる