清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年6月パリ日記その4 パリの夜

<<   作成日時 : 2016/06/18 20:20   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

 さて、ユーロサトリはテロに遭うこともなく無事昨日終了しました。でも、来場者が思いの外少なかったんですが、それはテロ対策で、各国で需要が高まり、関係各社が当局の調達と頻繁に接触しているため、ショーに来る時間がなかったということです。出展企業でも、ブースを縮小したり、社長が忙しくてこれないところもあったようです。

 現在、友人のドラ・トーザンもサッカーの取材で、パリに戻ってきておりました。彼女も一昨日まで、マルセイユにいっていたりしたのですが、タイミングが合えば一緒にご飯でも食べようという話になって、昨日彼女の妹と一緒にお茶をした後(といっても彼女らは白ワインでしたが)。

  で、ブノワに行ってきました。ここは1912年創業の老舗のビストロです。といってもドアにはレストランと書いてあります。結構敷居の高い高級なビストロは少なくないのですが、ビストロとレストランの明確な違いというのはどこにあるんだろう?ここはパリの中心部のシャトレあたりの近くということもあり、ビジネスの接待やら出版関係者もよく利用するらしいです。

 
画像

店内はこんな感じ。二階席でした。

画像

突き出しはグジェールです。中身の無いシュークリームみたいなものです。

画像

ワインはブルゴーニュの赤。銘柄はオーソリティーのドラに決めてもらいました。

画像

ドラは前菜に川エビのスープ。オマールのスープに似ていますが、ちょっと違った味わいです。


画像

ぼくの前菜はエスカルゴ。この時期だし、ダイエット中でもあるので、白アスパラガスにしようと思ったら、ドラがエスカルゴにしろと。自分もつまみたかったらしい(笑

画像

 ドラご本人。この店に来るのは久しぶりだっったそうです。

画像

ドラのメインは、子牛のレバーのソテー。だけど普通のより分厚い。まるでステーキみたい。

画像
 
ぼくのメインはリド・ヴォー。日本ではあまり食べられませんから。リド・ヴォーだけじゃなくてフォアグラや鶏にとさか、パスタまで入っておりました。

画像

ふたりともお腹がいっぱいになったのでフロマージュやデザートはパス。ぼくはダブルエスプレッソ。

画像

店の外見。入った時はまだ7時台で明るかったのですが、10時をすぎて日が落ちておりました。ブノワはかのアラン・デユカス氏の傘下となって、現在東京にも支店があるそうです。

画像
DSC07590.jpg" width="360" height="240" class="up-image" alt="画像" title="画像を等倍で表示します" />
セーヌ川の水位もだいぶ下がりました。といっても普段よりもまだずいぶん高いんですが。先週は川沿いの一段地上より低い道路(よくアクション映画のカーチェイスに使用されております)が冠水して、現在整備中問のこと。
画像

連日曇り、雨続きだったのですが、一昨日から晴天が増えて、月も見えました。

画像

ドラの友人のジェラート屋。非常に美味しいと大絶賛。

画像

そんなに美味しいのなら、と、彼女と別れてから、店に戻ってキャラメル味を注文。花びらのような盛り付けも美しいですが、味も塩が効いていて、大変繊細で美味でした。


ドラの最新刊が今月22日に発売になります。

パリジェンヌ流 美しい人生の秘密
宝島社
ドラ・トーザン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パリジェンヌ流 美しい人生の秘密 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ちっっっ!!

セレブ気取りかよ

もっと緊迫したぱりのシーンが読みたかったけど

一応、三宿だとかにもニラミが利くのね

それでいい気になってはミイラ取りだけど
aaa
2016/06/18 21:09
まあ、僻まない(笑
前のブログにはもっと高い店の話も載せてますし、

実際のところ同じレベルの東京の店だったら2倍ぐらいかかるし、パリの普通のカフェで前菜、メイン頼んで、ワインを1〜2杯も飲めば4〜5千円ぐらい取られます。実は高店のほうがコストパフォマンスは高いです。

ぼくは普段仕事以外で酒を飲みに行きませんし。例えば月に10回居酒屋にいって毎回3千円使うなら、それなりのレストランに2回行きますね。
おねいちゃんのいる店に飲みに行くこともありません。馬鹿らしくて(笑

ぼくの場合、ビジネスもやっていますのでこのテの店に慣れておくのも仕事の一部です。銀座で飲むよりもこういう店に行くほうが、遥かに役に立ちます。舛添さんと違って自分のカネですしね。
キヨタニ
2016/06/18 22:52
エスカルゴ以外は食べてみたいです(^^)。特に最初のグジェール(見た目は固そうな気もしますが、実際はどうなのでしょう?)と最後のジェラートなんて、見るからに美味しそうだし。ところで先日のリンクスIFVですが、同軸機銃が3銃身になっているとのことでしたが、ガトリング式なのでしょうか?
KU
2016/06/19 06:59
>グジェール
基本クリームの入っていないシュークリームみたいなもので、チーズ味です。フランスの突き出しではポピュラーです。いきなり炭水化物とるのは最近は抵抗がありますが。

リンクスの同軸はガトリングガンではなく、加熱したらバレルを回して替えるというものだそうです。
キヨタニ
2016/06/19 07:25
なんだかんだ言ってもパリは美食の都なんですね。
東京も東京で食えないものはないくらいにバラエティが豊富なんですが、本場との差は否定できません。
もっとも、日本人の舌に合わせて作ってくれてるものもあるので現地で食べると意外と美味しくないものもあるそうです。
それにしてもフランス語は相変わらず読めないなぁ・・・
八王子の白豚
2016/06/19 08:23
>>バレルを回して替える

イメージ的には、旧海軍の25ミリ三連装機銃やボフォースの40ミリ四連装機銃のように、一つ撃ち尽くしたら次の銃身で撃つ感じでしょうか?
KU
2016/06/19 09:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年6月パリ日記その4 パリの夜 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる