清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年6月パリ日記その3 ユーロサトリ 兵士の安全とコンバットメディック 注意!グロい画像あり!

<<   作成日時 : 2016/06/17 06:05   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

 近年、歩兵用ヘルメットにバイザーや、フェイスガードを装着して、兵士の顔面及び目の負傷を減らそうというトレンドが進んでおります。で、そのようなヘルメットセットの展示も増えております。

画像


画像


画像


画像

 最後の写真は仏陸軍の先進歩兵システム FELINの最新型のものです。英軍も同様にフルフェイス型を採用します。考えてみれば頭部は一番人体の上だし、交戦中はこれまた一番露出する部位です。ですから損傷が多いのは昔からです。故にヘルメットが導入されたわけですが、顔面の防護はおざなりだったわけです。
 ですが、目は再生がきかないし、口腔部の損傷、特に歯や顎がまるごと破壊されれば、修復は非常に困難ですし、手足を失うよりも生活に支障をきたします。
 無論これらのブロテクターで小銃弾などの直撃による損害を防ぐことはできないでしょうが、至近弾や破片による損傷を減少させることができるでしょう。


 またコンバットメディックにおいてはより実践に近い訓練用キットも必要です。

画像


画像


画像

これらはフランスの業者が扱っているメディック用訓練機材です。

画像


画像


画像



画像

 これらは米陸軍のパビリオンに展示されていた訓練キットです。シリコン製で、触感までリアルです。まるでオリエント工業のお人形さんみたいです(笑

 各国ともこういう機材を導入して、いざというときに備えているわけです。我が国の場合ですが、戦争がないから、国内用のファーストエイド・キットは止血帯と包帯が一個づつで、訓練もろくにしておらず、メディックも法律で手足を縛られている状態ですが、自衛隊の衛生関係者は危機感が欠如しています。

 こういう装備を導入はおろか、もまとも調査すらもしていません。


 現代のコンバットメディックでは損傷を極力減らすことを主としています。ですから個人装備の開発にも大きくメディックが関わってきています。
 ところが陸自の衛生部も衛生学校もまるでそんな研究をしていません。何しろ衛生学校には研究用はもちろん、警備用のボディアーマーすら1着もありません。
 こんなことだから、衛生部も、ヘルメットと、「ボディアーマーを装着しているので、負傷するのは手足だけです」などというマヌケなことを平気で言うわけです。
 仕事はサボっておいてそれでいて、違法な酒宴を行ってナースや秘書にお酌を強要するというセクハラ、パワハラを行っていたわけです。ぼくの記事が出てから、流石にこの手の宴会はなくなったようですが、陸幕は事実をまともに調査しようともせずに、無かったことにしていますから、まあ同罪です。その程度の自浄作用のない組織ということになります。

 隊員の生命や身体を守ることよりも、ナースの尻を触ったり、組織防衛にご熱心なようです。
 現場の隊員こそいい面の皮です。


ユーロサトリ2016のの記事は東京防衛航空宇宙時評で。
http://www.tokyo-dar.com/

an style=font-size:larger>Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
陸自装備の兵器調達センスは80年遅れ その1
http://japan-indepth.jp/?p=27766
陸自装備の兵器調達センスは80年遅れ その2
http://japan-indepth.jp/?p=27771
陸自装備の兵器調達センスは80年遅れ その3
http://japan-indepth.jp/?p=27775

オスプレイを政治利用する新聞の不見識 その1
http://japan-indepth.jp/?p=27338
オスプレイを政治利用する新聞の不見識 その2
http://japan-indepth.jp/?p=27346
オスプレイを政治利用する新聞の不見識 その3
http://japan-indepth.jp/?p=27351
陸自の兵器開発は半世紀遅れ その1
http://japan-indepth.jp/?p=27107
陸自の兵器開発は半世紀遅れ その2
http://japan-indepth.jp/?p=27114

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
東芝、国から迫られた「賠償金12億円」の顛末
防衛事業をやり続ける必要があるのか
http://toyokeizai.net/articles/-/111619
  




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様へ

ここまで批難しても変えようとしないのは馬鹿以下です。 ほっといて痛い目に逢わないとわかりません。子供や犬でも叱れば直します。しかし、彼らは子供・犬以下です。
私もOBとして、このザマは恥ずかしいです。模擬試験のない受験生、試合のない運動部、お客様のいない商店、競合相手のいないメーカ 不適切な表現ですが、不良・おちこぼれの集まるボンクラ高校みたいなものです。親や教師が何度も説教しても更生しようともしません。 まぁ橋本徹みたいな劇薬がないと組織改革は無理ですわ。橋本さんには防衛大臣になっていただきたいと思います。
元キャプテン
2016/06/17 13:43
清谷様

関係のない話題ですが、17日に高級幹部=将官級の人事が発令されました。現・岩田陸幕長は退官、後任に岡部北方総監が着任します。デスラー総統もとい岩田閣下が統幕長就任は確実だと踏んでいましたが、やはり先輩であるクレージイ泉の 教範事件、北海道の実弾誤射事件が響いたのではないでしょうか。
しかし、北方総監の陸幕長就任ですが、例の実弾誤射事件があり、まだ事故解明が不十分な状態で、昇格? 摩可不思議です。
清谷さんが御指摘のやはり、影で男の醜い嫉妬や足の引っ張り合いはあるんでしょうね。男はメンツの塊で、偉い人はその傾向が顕著ですからね。
私も現役時代に上役のメンツに振り回され、上司のメンツ>組織の利益ですから。まぁピラミッドの官僚制の社会ですから。だから子幕僚はおべんちゃらのスキルが求められます。
元キャプテン
2016/06/18 08:54
>韓国、「ヘリの花」海上作戦ヘリコプターを欧州と共同開発へ

http://s.japanese.joins.com/article/077/217077.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|top_news

こちらも本来なら、今ごろエアバス製の新型ヘリをベースにしたUH-Xを派生型も含めて開発していただろうに。川崎さんには改めて呆れます。

>韓国陸軍が軍需品輸送用ドローンを実戦配備へ・・・最大20sの軍需品を積載!

http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/47806589.html

ホント、陸自ではUAVをはじめとしたドローンの導入が進みませんね。まさか、導入が進まないのは「事故でも起こすと、またマスコミに叩かれたりと後処理が面倒だから」なんて理由じゃないですよね?

KU
2016/06/18 14:27
この戦場衛生に関する出展、陸自の衛生学校関係者は見に来ていなかったんですか?
見に来ていて今の状態ならやる気の欠落でしょうし、見にきてすらいないのであれば職業上の向上心の欠落ですね。
これでは給料ドロボーと言われても文句言えないでしょう。
八王子の白豚
2016/06/19 08:11
八王子の白豚様へ

給料ドロボーなんて甘すぎる!国賊・非国民ですよ!
見に来るわけないでしょう。何を期待しているんですか! そういう意識があれば、くだらないことやらないですよ!
この体たらくに求めるのは余程のアホです。
八王子の白豚さんの会社で衛生学校みたいなことしていると クビどころか会社倒産です。それだけ危機感がない・学習能力のない集団なんですよ!
元キャプテン
2016/06/19 19:54
元キャプテンさん

相変わらずお怒りのテンションがMAXですね。
個人的にはこれだけ戦場医療の不備を各方面から指摘されていれば少しは変化があるんじゃないかと期待していたんですがね。
まあ、それができる組織なら今頃もっと現実に即した組織に生まれ変われていますよね。

それにしてもFELINもそうですが先進歩兵装備ってかつての西洋騎士の甲冑を思わせる外観になってきましたね。
あれって重すぎて着ると自力では動けなかったそうですが、現代歩兵はどうなっちゃうんでしょうね?
まあ、パワーアシスト装置とかを装着して力士並みに重くなった装備を身に着けて動くことになるんでしょうけど・・・
八王子の白豚
2016/06/21 23:32
八王子の白豚様

私はふと思っていたのですが、インナーサークルというか引きこもりが諸悪の根元なんですよ!
子供であれ、何であれ、他人と関わる・交流することにより学び、成長するんですよ。
具体的に他業種への出向・修行と他業界の人材の採用ですね。やはり人事教育です。自衛隊は顧客がいない、競争相手がいない、結果・説明責任がない。故に荒れる。問題の根元はそこ何です。
社会の荒波に揉まれて、痛い目にあうのも勉強だと思います。
元キャプテン
2016/06/22 23:10
それにしてもミーハーな感想ですが、上2枚の写真のヘルメット、スターウォーズのボバ・フェットやジャンゴ・フェットみたいでカッコイイ!って思ったのは私だけ?
八王子の白豚
2016/07/09 07:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年6月パリ日記その3 ユーロサトリ 兵士の安全とコンバットメディック 注意!グロい画像あり! 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる