清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年5月アンマン日記その3 

<<   作成日時 : 2016/05/13 05:10   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

ヨルダン軍特殊部隊のブースの火器の展示と、見学する中国武力警察の将校。
画像

ヨルダン軍特殊部隊航空旅団のMH-60L。自衛隊では特殊部隊専用の航空団は未だにないのに。第一ヘリ団にはパートタイムのヘリ部隊があるだけ。特殊部隊を軽視している証左。

画像

トルコ、アセルサン社の海軍用RWS。

画像

SOFEX参加デリゲーションを示す国旗。今回は日の丸もはいっています。

画像

ヨルダンのKADDBが開発した重APCアル・ダウサ。ベースはセンチュリオン戦車。

画像

本日の夕食も一昨日はいったレストラン、Reem Al Bawadi.まずは塩味のヨーグルトドリンク、アイラン。
画像

クレソンのサラダ、ラムのレバー、シシケバブ、名前は失念したが、ヨーグルトをかけてローストしたラムをご飯に載せて、ヨーグルとソースをかけた料理。

画像

デザートはプディングのようなモハラビ、そしてトルココーヒー。

画像

例によってスイカは店のおごり。二人分でしめて、35ディナール、約五千円ほど。

画像

アラブ諸国では食べきれないほどのパンが供され、残ると廃棄されます。これはもっとたいないと思う日本人にはちょっと抵抗があって厳しい感じです。文化の違いといってはそれまでなんですが、貧しい国でこれですから。


画像

隣の席は試験明けの大学生のコンパ。

画像

なんか、本邦のバブル時代を彷彿するようなファッションだけど、当然アルコールはなし、なので7UPやコーラで乾杯。ただし、喫煙率は高し(含む水タバコ)。食事中も喫煙多し。

画像

店内の様子。

画像

こちらもレストラン内部なんですが、冬はこの室内を使うそうです。でも夏場は使わず、野外の席だけで営業するとのこと。土地代の高い東京じゃ無理でしょう。

画像

店の外見。アラブの古い砦を模しています。


 
an style=font-size:larger>Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
陸自装備の兵器調達センスは80年遅れ その1
http://japan-indepth.jp/?p=27766
陸自装備の兵器調達センスは80年遅れ その2
http://japan-indepth.jp/?p=27771
陸自装備の兵器調達センスは80年遅れ その3
http://japan-indepth.jp/?p=27775

オスプレイを政治利用する新聞の不見識 その1
http://japan-indepth.jp/?p=27338
オスプレイを政治利用する新聞の不見識 その2
http://japan-indepth.jp/?p=27346
オスプレイを政治利用する新聞の不見識 その3
http://japan-indepth.jp/?p=27351
陸自の兵器開発は半世紀遅れ その1
http://japan-indepth.jp/?p=27107
陸自の兵器開発は半世紀遅れ その2
http://japan-indepth.jp/?p=27114

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
東芝、国から迫られた「賠償金12億円」の顛末
防衛事業をやり続ける必要があるのか
http://toyokeizai.net/articles/-/111619

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
センチュリオン改造の重APCですが、アチザリットとは違い、車体の前から乗降するようになっているんですね。パワーパックとの位置関係が関係しているのでしょうか?

>60L・・・UAVやネットワーク化もですが、ヨルダンのような決して国家予算が潤沢でない国でさえ(予算が潤沢でないから、とも言えそうですが)、あれこれ遣り繰りして、これだけの装備を整えているんですものね。陸海空自衛隊の予算も大幅に削った方が、少しは工夫するようになるのでは?と考えてしまいます。
KU
2016/05/13 07:08
中国人はどこにでも現れますね。
マリンロイヤル
2016/05/13 12:02
良くも悪くも中国の軍・公安関係者は自分たちがまだトップランナーではないことを自覚しているんですね、どこかの誰かさんに見習ってほしい姿勢ですよ。
「アホみたいに優れた技術で生まれた国産兵器」とか言ってる前に89式小銃や9ミリ機関拳銃辺りをこの場に出してみたらどうだ?って思いますね。
おそらく笑いものになるか無視されるかのどちらかでしょう。ミロクとかのスポーツ散弾銃の方がまだ目を引いてくれますよ。少なくとも銃の分野ではですがね。
豊和が開発してるらしい新小銃のプロトタイプとかでも展示して反応を見ればいいのに、とも思います。
八王子の白豚
2016/05/14 09:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年5月アンマン日記その3  清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる