清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛省衛生改革 人のせいにするのはやめましょうや、中村ゆきつぐさん

<<   作成日時 : 2016/02/18 19:49   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 11

戦傷医療構築 朝日新聞改善しろと認めてくれるの?
2016年01月11日 中村ゆきつぐのブログ 現場の声を国政へ
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dannapapa/4563363

この人の非常に残念なのは、自衛隊の衛生体制の不備の理由を外部に求めるところです。

>悪いけどそんなこと10年以上前のイラク派遣から現場で問題を共有していましたよ。前のブログ(“リスクを言うならまずここから見直せ  あまりにお粗末自衛隊の医療体制” 民間の厳しい意見に拍手!)に書いたように、自衛隊が戦闘地域で活動するという法律がなかったり、反対するマスコミたちがいっぱいいたからこの問題放置されていただけですよ。Willにも書いていたようにまだ会議したばかりでしょう。実戦運用に現場への周知徹底がまだ追いつけていないだけなんですよ。


問題点をはるか昔から認識していたと、ご自慢なさるならば、なんで声をあげなかったのでしょうか。

衛生の不備を新聞やメディアのせいにしていますが、朝日新聞が自衛隊の衛生についてあれこれ書いていましたか?だれもそんなことを書いてやしませんよ。

小泉内閣の時の有事法制で戦時に野戦病院も開けるようになりましたが、だれが文句言いました。?
また誰か文句をいえばあなたは黙って下をむているんですか?


結局衛生の問題がクローズアップされてきたのは、手前味噌ですが、ぼくがファースト・エイド・キットに関して記事を書き始め、それが安保法制とシンクロしてきたからでしょう。その後に防衛省の検討委員会の佐々木座長、そしてこの朝日の谷田さんの記事がでて、随分と防衛省側の認識も変わってきたわけです。
この一連の動きで陸幕上層部もあれこれ考えて、衛生では左遷された人もでてきていますよね。

ぼくだって、こんな防衛省に嫌われる記事を書くより、「火の出る玩具」の記事を書いている方が楽で楽しいですよ。

また防衛省の提灯記事書いている方がはるかに楽にお金儲けができます。
取材も楽だし、あれこれ裏をとったりする必要もありません。全部広報の喜ぶ話を書いていればいい。防衛省の広報と鍔迫り合いをして神経をすり減らすこともないでしょうし、防衛省や、アタマの悪い偏狭な国粋主義者が本をどんどん買ってくれるから儲かりますよ。

でもそれは主義に反するから、やらないわけです。


医療には素人のぼくがクソ勉強したり、取材して記事を書いていきたわけです、ぶっちゃけた話、原稿料よりも取材にかけたコストのほうが遥かに高く、お金のことだけで考えればペイする仕事じゃなかったです。でも誰かがやらないとと思ったから続けてきたわけです。

その間、あなた方防衛省の衛生のOBや現役の方々は何をしてきたのでしょうか。
ろくなことをしてことなったから、佐々木先生がWILLで前代未聞の批判記事を書いたわけでしょう。


問題は昔から把握していた。

それは新聞記者が書かなかったことが週刊誌などで政治的な問題などが話題になった時に言うセリフです。俺はしっていたよと。それは自慢になる話ではなく、知っていて何もアクションをおこさなかったということであり、自慢できる話じゃありません。知っていて何も知らなかったのであれば、今後自衛官が戦闘任務で失わなくていいはずだった生命や手足を失った場合、その原因を作ったのは、中村さんたちということになります。

中村さんは、ぼくがファーストエイドキットに関して書いた時、日本国内では戦争は起こらないからいいのだという趣旨のことをブログで書いておられました。であれば、そもそも自衛隊は必要ないということです。
国内で戦闘が起こらないならば、10式戦車や機動戦闘車なんぞという玩具は必要ないでしょう。
衛生を無視して、戦車とか日の出る玩具を買って遊ぶのは、サバイバルゲームと同じでごっこです。

国内で戦争も紛争も起こりえないのであれば、そもそも自衛隊、いらないでしょう。仰っていることは左翼や朝日新聞と同じですが、自覚はありませんか。


朝日新聞や左翼よりも自衛隊、ことに衛生関係者の頭の中が問題だったんじゃないでしょうか。
中村さんがイラクに派遣された以降も、自衛隊衛生の「お花畑」状態が続いているわけです。

安保法制議論がなされている間も防衛省のOBも現役も、衛生関係者はまともな議論もしないで、自作自演のコンサートをやったり、違法な宴会を駐屯地理髪店で行って、ナースや秘書を宴会コンパニオンとして使役して尻をなでたりしていたわけです。
衛生学校の人達に無理やり休日を取らせて、前衛生学校長の退職パーティの使役したりしてたわけですね。学校の職員は偉い人他の奴隷ですか?一体どこのブラック企業ですかい?


こんな公私混同をする連中がまともな仕事ができますか?
こういうことにOBは何故黙っているのでしょうか。

恥を知っていたらこんなことはできないでしょう。
それで、衛生部は改革しますデタラメをデスラー総統じゃなくて、岩田陸幕長に説明して騙したわけでしょう。で、陸幕長はそれを真に受けて内部向けの雑誌で記事を書いちゃった。それを件の佐々木先生からダメ出しされたわけですが、そら岩田幕長は怒るでしょう。

自分たちのダメなのを、メディアや他人のせいにしてはいけません。政治家になろうかという人ならば尚更でしょう。


“リスクを言うならまずここから見直せ  あまりにお粗末自衛隊の医療体制” 民間の厳しい意見に拍手!
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dannapapa/4498829


>それこそイラク派遣の時も被害者がでた時の訓練などはあまりオープンにはできませんでした。非戦闘地域でなぜそんな訓練が必用なんだと難癖をつけられる恐れがあったからです。今回の安保法案国会審議思い出しましょう。あれだけ自衛隊が危険にさらされていたでしょうと志井さんに突っ込まれていましたよね。(イラク派遣自衛隊員の自殺 ストレスは当然ありますが、それを改善するための建設的議論を)

>つまり、「文民統制」が厳しかった当時、想定はしても発することはできないように指導されていた残りが今も続いているのです。発言しなかった腰抜け「医官」はその命令をしっかり守っていただけです。



ここでも悪のは外部のせいにしていますが、衛生学校をやめて東大にいった徳野先生とか、やる気のある人間をいじめたり、妨害して失望させて追い出してきたのは自衛隊の衛生の主流派でしょう。
あなた方はそれに声をあげましたか?


>「文民統制」が厳しかった当時、想定はしても発することはできないように指導されていた残りが今も続いているのです。発言しなかった腰抜け「医官」はその命令をしっかり守っていただけです。

中村さんは文民統制の難たるかを理解しているのでしょうか。この文を読むと、まともな戦傷衛生を行うためには文民統制を放棄しないといけないかのように受け取れます。
ですが、実際は我が国よりはるかにまともな文民統制を行っている米軍や英軍の方がまともな衛生体制をもっています。


>今回の過激な佐々木先生の座長なんかも、防衛省がやっと本気になった、つまり有事を想定するようになったということだと思っています。もしかすると自民党が呼んだ憲法学者と同じ状況かもしれませんが。

これもまたズレています。防衛省が検討委員会でも本気になっていないから佐々木先生が怒って記事を書いたわけでしょう。防衛省が本気になって対処を始めたならばこんな記事は出ていません。こんな茶番で騙されるのは自衛隊大好きで偏愛している、程度の悪い軍オタぐらいですよ。

この記事が出たから、防衛省内部でも問題になって、9月以降検討会は開かれておらず、年度内に出るはずだった提言をまとめることもできないわけでしょう。


>今回の法律ができるまで、周りが熟するまでじっと耐えていたというのが実状です。今回の会議に出ていた医官もいままで発することを許されなかった歴史がすこし続いているだけです。
>会議で医官が自分から発しなかったのは、何度も書きますが文民統制の残りです。



これまた他人のせいという言い訳。
文民統制がそれほど嫌いならば独裁国家にでも移住すればよろしい。
百歩譲ってそうだとして、これから防衛省の衛生は内部から大きく変わるのですか?不法な宴会でナースや秘書の尻を撫でている連中にできるんでしょうかね?

ここでも文民統制を誤解しているとしか思えません。ご主張が正しいのであれあば軍事独裁国家にならないとまともな戦場医療の体制は構築できないことにります。

改革ができなかったのは、防衛省・自衛隊衛生関係者の事なかれ主義、それに日本医師会と激突することを恐れてきたからでしょう。
率直に申し上げれば、プロファイルとしての矜持と当事者意識かけ、臆病だった。
そういうことでしょう。

ですから、衛生学校には研究用のボディアーマーは1着もなく、衛生部は「ボディアーマー着ているから、怪我するのは手足だけ」とか、出来もしないのに有事には国内用のファースト・エイド・キットをPKO用と同様に充実させるとか、間抜けたことを抜け抜けといえるわけです。

ぼくは陸自のファースト・エイド・キットに含まれている止血帯を批判しました。それは米軍のものが、戦訓を取りいれて、先端が赤く塗っているにもかかわらず、これを地の黒いままとし、止血時間を書くタグが白、だったのをわざわざカーキにしていることでした。米軍が先端を赤くしたのはとっさの時に、先端部がわからなくなり、止血が遅れることが多かったからです。白いタグをカーキにしたのは目立たないためでしょうが、思いつきレベルです。
いざというときに不便でしょう。なぜ米軍がカーキにしなかったのか、リサーチもしていないでしょう。
これは特殊な仕様にすると、競争入札から本命の業者以外の入札を防げるからでしょう。そのように書いたら、その後止血帯は米軍仕様のものが導入されたようです。



結局問題を提議し、変革を促してきたのは、ぼくや佐々木先生、谷田さんのような外部の人間です。
結果として随分と処分や更迭があったと聞き及んでおりますが、それは仕方のない事でしょう。本当のことしかかいていないもんね。市ヶ谷あたりでは「キヨタニの野郎、ぶっ殺してやる」とか物騒なことを仰っておられる方もおいでと仄聞しておりますが、外部が指摘しないと、腐った組織は変わらないでしょう。


OB含めて衛生の人たちが改革のために何をやってきたというのでしょうか。

まずは何もやって来なかった過去と現状を自己批判することです。
平たく言えば現実を見ましょう、現実を変える勇気をもちましょう。そういうことです。

現役の人間は立場上、あれこれ言えなことも重々承知しております。

ですから中村さんのような志があるOBがもっと発言するなり、働きかけるなりするべきでしょう。
OBといっても違法なセクハラ宴会で、業者や関係者を接待して利権をむざぼっているOBもおりますから、
中村さんはこういう連中をぜひとも告発するなり、批判するなりして欲しいものです。
無論それには妨害があるでしょうが、めげずに改革を行って欲しいものです。


先日書いた関連ブログです。
自衛隊の衛生の総本山、三宿駐屯地の病巣
http://kiyotani.at.webry.info/201602/article_5.html



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
防衛補正予算1966億円の買い物リストを検証
ヘリ、装甲車などの装備を買おうとしている
http://toyokeizai.net/articles/-/100679

富士重勝訴でも晴れない防衛調達費の不透明
防衛省の調達システムは問題が多すぎる
http://toyokeizai.net/articles/-/97503
フランスは原発テロの悪夢にうなされている
自爆覚悟のテロは、防ぐのが難しい
http://toyokeizai.net/articles/-/93096
高額な早期警戒機が日本では「欠陥機」だった
周波数帯をまともに使えない大矛盾
http://toyokeizai.net/articles/-/88753


朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
イスラム国がトヨタのランドクルーザーを使う理由
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015110200004.html
陸自が導入した輸送防護車は使えない
机上の空論では済まない邦人救出の現場
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015100200004.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
私はOBとしてある投稿版の相談のボランティアをしています。後輩又はその家族・彼女からの隊内の悩みについてですが。あと元部下ともメールで連絡しあい、経験上のアドバイスをしています。私のできることはここまでで、仕事もあるし、資金力もありません。でも探せばあるんですよ。要はやる気があるかないかです。体制や体質は変わりませんが、メンタルの不調の緩和ができればそれはそれでいいのではないでしょうか? 私も現役時代、業務の改善をしました。制度や法律を改正するのでなく、枠の中で創意工夫しました。権限はなかったのでやれることはやりました。些細なことですが。清谷さん、現役の隊員でも枠組みや権限の中で改善している方も存在することを理解してください。ビリギャルの塾の先生の名言をパクると、ダメな隊員はいません!ダメな指揮官がいるだけです!
元キャプテン
2016/02/18 20:26
自衛官だけでなく、常識やモラルに反したことをすれば批判されます。ビジネスだったらイメージダウンになり、契約破棄とか不買になり倒産します。
、世間では卑下されているイメージのよくない職業で働いている方は他人や環境の責にしていません。自衛官だけじゃないですか?精神年齢が幼いですからね。全部ではありませんが。まぁ左翼の責にすれば気が済むでしょう。
陸幕や衛生学校で清谷さんを恨む人に聞きますが、自分の胸に当てて振るまいを思い出したらどうでしょうか?
清谷さん、上記の輩が仕事を妨害したり、脅迫したりすることが予想されますが、どう対応されますでしょうか? 告訴とか損害賠償を請求とか?
元キャプテン
2016/02/18 22:51
清谷さんの記事が出始めてから、急に止血帯CATの先端が赤い(RedTipモデル)が現場に支給し始めた。これ、いかにも改革をしたかに見えるけれど、とんでもない!今のCATはG7(第7世代)と明記された大幅に改造されたものが最新型 CATはG7になって頑丈になり教育の負担が大幅に軽減された。現場の隊員にまわってきたのは売れ残った第6世代のRedTipモデルというわけか。どこまで世間知らず過ぎるのだろう?あきれるばかり。
現場隊員の声
2016/02/18 22:59
ちなみにCATのG7モデルの白いタグはグレーになりました。
現場の声
2016/02/18 23:01
聞けば聞くほど呆れるとしか言いようがありませんね。しかも自分達の無責任ぶりを棚に上げて問題を指摘した人間を逆恨みするとか、どこまで曲がっているのやら。にしても、清谷さんも気をつけてくださいね、酒の席などで気勢を上げるだけならともかく、何処にも跳ねっ返りな人間は一定数いますから。

それと⬇

>海上自衛隊 哨戒機でベトナム訪問 防衛協力強化

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160218/k10010413411000.html

これを機会に、エアバスでもBAEシステムズでもタレスでも結構ですから、中古装備を再生して輸出する合弁会社を立ち上げて欲しいですね。で、最初の輸出先はベトナムで。少なくとも、フィリピンよりはいろいろ頼りになりそうですし。
KU
2016/02/19 12:38
この人のブログには、たしか昔は御自身の写真を掲載していたのに、いつの間にか削除されていますね。こんなバカなことを言っていたら、そりゃあ穴があったら入りたくもなるでしょう。それで政治家になんか、なれるわけがない。
ひゃっはー
2016/02/19 19:21
すみません。
左上のボタンをクリックしたら、写真が出てきました。事前の確認が不十分でした。
ひゃっはー
2016/02/19 20:09
中村先生殿

結論からあなたは黙って病人の治療だけしてなさい。
あなたは軍事や政治のセンスはありませんから。
だって行動と結果が伴っていないでしょう。そういう方が政治家になって世の中変えようとすることがおこがましい。
軍事や政治のことはいいから、あなたの受け持ちの患者さんや地域医療のことだけ心配しなさい。あなたは荷が重いから。
元キャプテン
2016/02/19 22:41
中村さんが言う文民統制があるから発言しなかった、改革に取り組めなかったっていうのはちょっと違うと思います。
この問題は文民統制の方向性が間違っていたから今に至るまで放置されていた訳ですよね。
それを会議等で指摘していくのが制服・背広問わず防衛医療に携わる者の使命でしょう。
中村さんはそれをしてこなかった。
大方発言して干されてご自分の地位を失うのが怖かった訳ですかね。
なら偉そうにブログで語るのは見苦しいので止めた方がいいでしょう。
むしろ政治家なら党の上部にこの問題を取り上げさせて、いかに政府が偉そうに言っても現場レベルでそれができる状態じゃない事を指摘して安保法制の実行面での不備を話題にすべきでしょう。
八王子の白豚
2016/02/20 12:26
シビリアンコントロールとは?政治主導であり、行政府として首相・防衛大臣が統治する。いわゆるコーポレート・ガバナンスである。
立法府=国会議員として法律・予算または防衛問題を審査・議論する。いわゆるチェック機能を有するものです。
官僚は政策いわゆる法律・予算の観点から政治家に物申すこと。
将官は軍事いわゆる作戦・運用の観点から政治家に物申すこと。総括すると政治>軍事である。
中村先生の主張することはシビリアン・コントロール以前の話で、内部で議論する段階で政治家に判断を仰ぐ前段階。だって現場レベルのまともな議論しなかったわけだ。それをシビリアンコントロールにすり替えるのは田母神さんの論文騒動と同じレベルだと同じです。会議での意見、建白書なり行動していない。行動もしていない人間が信頼も評価もされないでしょう。まだシールズの大学生や安保法案に反対活動した元2曹の方が立派です。彼らは行動しましたから。
清谷さんは行動しないチキンは信用しないといっていわけです。
元キャプテン
2016/02/21 03:38
お邪魔します。

「妊娠を謝罪して反省文を書け」職場のマタハラ、驚きの実態
http://joshi-spa.jp/460136

 この問題は自衛隊やその衛生部門「だけ」の問題ではなく、山本七平氏が言うように日本人が「生命としての人間を尊重しない」のではないかと思えます(自分流に言えば「神が無く、人間関係「しか」無い日本人は、目の前の人間・直接の人間関係で認められない人間なんぞに価値を認めない」)。近い将来自衛隊員が戦闘で負傷したら、その自衛官は「反省文」を書かされるのではないかとも思えてきます。
ブロガー(志望)
2016/02/22 23:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
防衛省衛生改革 人のせいにするのはやめましょうや、中村ゆきつぐさん 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる