清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛隊が邦人輸送訓練 輸送防護車「ブッシュマスター」というおもちゃを買えば、邦人輸送が可能という幻想

<<   作成日時 : 2015/12/19 13:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 23

自衛隊が邦人輸送訓練 輸送防護車「ブッシュマスター」公開
2015.12.17 23:16更新 産経フォト
http://www.sankei.com/photo/story/news/151217/sty1512170020-n1.html


>訓練には約180人の陸上自衛隊員らが参加した。邦人が外国の日本大使館に取り残されたとの想定で、輸送防護車に乗せて安全な空港まで運ぶ一連の流れを確認した。輸送中に仕掛けられた即席爆破装置(IED)や暴徒への対処訓練なども非公開で行われた。.


 ブッシュマスターは今まで4輌、来年度で更に4輌要求されていますが、これだけでは役に立ちません。

 で、こういう記事も書いております。

陸自が導入した輸送防護車は使えない
机上の空論では済まない邦人救出の現場
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015100200004.html



これらを護衛する陸自の車輌は耐地雷構造を持たない軽装甲機動車やら、地雷の威力をむしろ拡大して損害を大きくする96式装甲車ですからね。そしてすでに執拗にご案内しているように、自衛隊の衛生は極めて後進的で、現実を見ておらず、実戦での対処は不可能です。

 自衛官は死ね、ということでしょうか。


 また耐地雷装甲車といっても触雷して無傷では済みません。
 損傷車輌を動かす回収車、修理車輌、、負傷者を運ぶ装甲野戦救急車も必要ですが、これらはすべて耐地雷構造を保つ必要がありますが、自衛隊では全く導入していません。また長距離を移動するには物資を運ぶトラック型、タンクローリーなども必要です。
 更に妊婦や子供、病人はブッシュマスターのシートには座れないでしょう。どうするのでしょうか。


 しかも写真に写っているように、ブッシュマスターのルーフに装備されているのは5.56ミリのミニミです。7.62ミリ弾を使用している武装勢力と撃ち合えば撃ち負けます。せめて全周的に防楯を装備したターレットを採用するべきです。
 本来ならばRWSおよび、12.7ミリ、あるいは7.62ミリ機銃の、防護盾を備えた有人ターレットを装備するべきところです。


 よく左翼が「お花畑」と批判する人たちがよくいますが、彼らが自衛隊の「お花畑」状態を批判しないのは本当に不思議です。
それどころか誰からも頼まれてもいないのに誠心誠意、自衛隊がいかに正しいか擁護をします。
 自覚のない、自分はリアリストだと信じ込んでいる自称軍事通の「お花畑」の方が観念左翼よりもはるかに深刻な病だと思いますが。

 平和っていいですね・・・




strong>Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23226
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23242
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その3〜
http://japan-indepth.jp/?p=23254
【仏同時テロ:中東独裁国家への歴史的介入が原因】〜難民急増の深層 その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23079
【仏同時テロ:無自覚な“文明的暴力”を批判せよ】〜難民急増の深層 その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23082
【わざわざ旧式兵器を新たに調達する陸自】〜国内企業のライセンス生産守る為?〜
http://japan-indepth.jp/?p=22467

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
フランスは原発テロの悪夢にうなされている
自爆覚悟のテロは、防ぐのが難しい
http://toyokeizai.net/articles/-/93096
高額な早期警戒機が日本では「欠陥機」だった
周波数帯をまともに使えない大矛盾
http://toyokeizai.net/articles/-/88753

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
イスラム国がトヨタのランドクルーザーを使う理由
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015110200004.html
陸自が導入した輸送防護車は使えない
机上の空論では済まない邦人救出の現場
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015100200004.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
よく巷で自衛隊を過大評価する人を見かけますし、書店でもこんなに強いぞ、自衛隊!というタイトルの本も見かけます。 自称愛国者の方々はなんでヨイッショするんですか?別に防衛省・自衛隊から仕事やお金を貰っている義理はありません。摩訶不思議です。別に軍隊に応援団は必要ありません。そんなにリスペクトするなら入隊するばいいし、入隊条件に満たないなら政治家になって防衛政策を変えたらいいのではないでしょうか。失礼しました。口だけ大将のチキンにそんな根性と行動力がないか!
私や清谷さんにとって自衛隊応援団は法敵ですからね。討論にもなりません。あと関係ない話題ですが、東大日本震災で露呈した問題の改善を主張した市ヶ谷の若手幕僚が地方に飛ばされた話ですが、失望して制服脱いだ方もいるのではないでしょうか? 官僚主義の体質も東電と同じ穴のムジナです。隊員の間でも東電の官僚体質を批難する方もいますが、自分のことを棚に上げて言うなよな!と思います。パージされた幕僚の行方・身の振り方について教えてください。
元キャプテン
2015/12/19 15:26
自衛隊の使ってる車両が戦時下で役に立たたないという事を、政府自ら認めているのと同じなんですよね。
そして同乗した民間人が負傷したら、ファーストエイドは自衛隊員の仕事です。
しかし医師法の制限と貧弱な備品では、助かる命も助からない。
そもそも数が足りなかったら、結局自衛隊の装甲化車両に乗せるしかない。
本気のフリしてもバレバレですから。
爆買いでアピールしてもバレバレですから。
本気のフリは、お腹一杯です。
張り子の虎にウンザリ
2015/12/19 15:34
テレ東からです。⬇

新部隊創設へ“最強”装甲車 導入の狙い

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/newsl/post_103123

テレビ欄で見つけた時は、思わず吹き出しそうになりました。“最強”って・・・。たぶん、担当記者が陸自側から聞かされたのかどうかは知りませんが、これでは産経のことを笑えませんね。

それと

銃撃戦を想定、大都市の部隊に自動小銃・・・警察庁

http://www.yomiuri.co.jp/national/20151218-OYT1T50121.html

ここで出てくる「機動性の高い小型防弾車」とは何なのでしょう。特型警備車より小さいともなると、サンドキャットクラスの車両でしょうかね。或いはランクルのようなSUVベースとか?
KU
2015/12/19 16:44
相変わらず批判しかしないのですね

何事もまず第一歩だ無ければ何も始まらないでしょうに
それとも、すべてを一度に揃えてしまわなければ納得できないのでしょうか?

もしそうしたとしても「拙速だ、現実を見よ」批判するのでしょうけど

前例もあることですし
PON
2015/12/19 18:51
ダメな素人仕事を褒めろと。
まあ、そこまでして自衛官を殺したり、不倶にしたいんですかね。何か自衛隊に恨みでも?
キヨタニ
2015/12/19 21:17
PON
清谷 様へ

横からしゃしゃり出て失礼します。
釈迦に説法ですが、自己満足、パフォーマンスだけでは仕事とは言えないと思うんですよ! たかが装甲車と言えども命懸かっていますからね。真剣に考えなければなりません。確かに予算、技術、パワーバランス、時間等の制約はあります。
それは軍用品だけでなく、民生品にも同じことが言えるのではないでしょうか?
清谷さんの仕事 ジャーナリストや輸入代理店でも結果と行動があって、取引先から信頼があって仕事があるのではないでしょうか?
確かにお役所仕事なのは否めないところもありますし、制約されたものもあります。そういう条件で真剣に考えることが肝要ではないでしょうか?批判は文句と同じように捉える方もいますが、批判とは具体的な問題点を指摘し、改善の方法を述べることだと思います。文句は何でも反対、自分の考えなし。
確かに批判されれば気持ちいいものではないのが本音です。遊びではないんですよ。清谷さんは自己満足で仕事するな!ということを主張したかったのではないでしょうか?

元キャプテン
2015/12/19 22:45
PONさん
>>何事もまず第一歩
しかし、紛争地で陸自が邦人輸送なんて、もっとも可能性の低い任務じゃないですか。そんな事にかまけてる場合じゃないでしょう。
マリンロイヤル
2015/12/20 07:00
自衛隊に必用なのは、路外走行に優れたキャタピラ式の歩兵戦闘車と、路上走行に優れた対地雷防護車でしょう。
貧弱で中途半端な96式装甲車と軽装甲機動車の調達は止めて、それらに切り替えるべきです。
政府には自衛隊の全ての車両が、国内での市民避難に使われうるという自覚がないんでしょう。
防弾チョッキも、戦闘損耗したり、避難民に着させる場合もあるのだから、隊員分以上に保有してなきゃおかしい。
自衛隊員への人命軽視は、市民への人命軽視に直結しかねない。
助けなきゃいけないのは、一部の在外邦人だけじゃなく、1億人の国民全部なんです。
専守防衛を貫く限り、本土での地上戦の可能性はゼロにはなりませんから。
戦地と化した地域から、100万人の住民をどう避難させるのか?
起こりうる現実から目を背ける続けると、原発の二の舞になりかねません。
張り子の虎にウンザリ
2015/12/20 11:07
>新小銃の情報公開請求した人ひとが、防衛省から送られてきた画像をアップ!

http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/46312817.html

SCAR-Hをベースにしているように見えますけどレールシステムも採用してありますね。ただ7.62ミリバージョンの方は相変わらず、弱装弾なんですね・・・。生産を何処のメーカーが担当するかも気になりますが、未だに89式小銃すら行き渡っていないのに、この新型小銃はいったい何十年掛けて配備していくのやら。
KU
2015/12/20 11:18
清谷さんの言うように邦人救助の装備はシステムで揃えるものなのでしょう。
防衛省がそれを踏まえて今回の車両を調達したのなら、確かに「最初の一歩」と言えるでしょう。
でも当局が清谷さんの言うシステム化の話を今までしたことがありましたっけ。
こんなの概要を示すくらいなら別に防衛機密とかじゃないんだし、普通に納税者に説明すればいい。
それをなーんも言わんと単品で車両を調達するということは、
よほど納税者を舐めているのか単に何も考えていないのか、あるいはその両方か。
きらきら星
2015/12/20 12:42
張り子の虎にウンザリ様へ

住民避難確かに課題になるでしょう。図上演習の想定では、住民の避難は完了しているというのが謳い文句になっています。有事になれば避難輸送に割ける人手と車両はないでしょう。そこは警察や行政の領分となり、国民保護法の範疇になるでしょう。
しかし、福島の原発事故では避難区域でも人は住んでいたんですよ。寝たきりとその介護をしていた方が・ 全員避難とはあり得ません。 また、指揮所では格納容器が破損し、撤退命令が出た場合の図上演習も実施した話も聞きました。ヘリの降着地の選定、車両の見積・ルート、優先順位など それでも限界があります。 想定しても、不可能なこともあります。
元キャプテン
2015/12/20 15:02
戦場となった地域から、逃げられない、逃げ遅れた、そういった市民に待っているのは、自然災害より無慈悲な苦しみです。
一瞬での死すら、慈悲深いと思えるほどに。
人間の与えうる仕打ちには、どんな自然災害も及びません。
市民が避難を終えないと、空爆も砲撃も使えません。
歩兵は後退する事を許されずに盾となり、弾薬を湯水のごとく撒き散らして敵を食い止め続けるしかない。
しかし弾薬もボディアーマーも限られた現状で、どこまでそれを続けられるのか。
装甲車は貧弱、歩兵戦闘車は北国にしかない。
これでは敵を突破して助けて回る事も難しい。
市民が、自衛隊員が、どれだけ死ぬか。
考えるだけで恐ろしい。
考えるだけで恐ろしい。
張り子の虎にウンザリ
2015/12/20 21:08
お邪魔します。
 普通の車は道路やガソリンスタンドといった使うための環境が整備されていますので、買ってくれば直ぐに使う事ができます。もしかしたらそういった感覚で捉えていて、「車とドライバーさえあれば事足りる」というかあたかも「救急車による患者の搬送」のように考えているのかも知れません。戦場・紛争地帯といった「使うための環境(及び安全)が無い状況」というものが想像できないのでしょう(使うための環境があるのなら民用車両で十分)。
ブロガー(志望)
2015/12/20 22:58
これはこれで必要なんでしょうけど、もっと要らない物(オスプレイ)を買うお金を回せば沢山買えたんじゃないんですかね?
いかなる調査をして96式装輪装甲車がああいう形状になったのか分かりませんが、あれを開発する段階で形状を工夫していれば買わなくてよかった物に思います。
陸自の調達には大体こういう話が出るものが多いですね。
KUさんのコメントに出てきた新小銃もSCAR買ったら済む話ですし・・・
八王子の白豚
2015/12/20 23:46
>>八王子の白豚様。

コメント有難うございます。アレはどう見てもSCAR-Hのパクリにしか見えませんやね。どうもやることなすこと、明後日すぎる気がします。手段(装備の取得)が目的化している組織だから仕方ないと言えばそれまでですが。オスプレイも導入の必要性は全く論議されず、ひたすら「危険か危険ではないか」という点しかクローズアップされなかったような。大手マスコミも専門誌も誰一人、導入の必要性を正面切って取り上げず、単に陸自が導入しますー、で終わりですものね。そんなにヨイショしてどうするんでしょ?
KU
2015/12/21 08:41
擁護派は「米軍だってイラクアフガンでIEDにひどい目に遭わされて慌てMRAP計画を立ち上げたんだ!
陸自が泥縄の調達をやって何が悪い!」
くらいの事は言いそう。米軍がわざわざ血を流して得た戦訓が何年も前から絶賛公表中だってのに、
泥縄な部分まで真似せんでもええわ。
きらきら星
2015/12/21 10:58
清谷さんへ
 更に妊婦や子供、病人はブッシュマスターのシートには座れないでしょう。どうするのでしょうか。
じゃあどうするんですか?批判するだけでは困ります。
EX
2015/12/21 18:10
>清谷さんへ

WEBRONZAの記事は読みましたか?
タダのブログだけ読んで批判されても困ります。
キヨタニ
2015/12/21 19:23
自力で逃げられない民間人の非難の為にも、
装甲救急車が必要なんだろうと。
陸自に必要な装備が与えられていれば、
別枠で買い物する必要なんてないのに。
デタラメな買い物をし、削るべきでない部分で補填する。
結局、人命軽視は人命軽視を誘発し、
どんどん被害を拡大させるんですね。
何も起こらないと祈るしかない。
張子の虎にウンザリ
2015/12/21 19:51
お金払ってあなたの記事読まないと批判する権利はないんですね。
悪いけど理解できません。
普通は1つの記事でも理解できるように書くんですけどね。もっと知りたかったら金払えですか、だったら初めからそう書いといてくださいな。
EX
2015/12/23 12:31
>EXさま
みっともないですよ。
あなた、有料の記事どころか、ここの過去の記事すらまともに見てないですよね?
貧相なネット民に、情報はタダって感覚が浸透しちゃってますし。
ネットの弊害。
クレクレ病。
情報はタダじゃないんですよ。
記事はタダじゃないんですよ。
新聞もテレビも金かかってるんですよ。
専門誌も金かけて作ってるんですよ。
半端な知識を並び立て、ソースを出せと聞き入れない。
総理をヨイショしてるのは、そんな輩ばっかり。
自分で勉強しないから、表面でしか判断できない。
張子の虎にウンザリ
2015/12/24 07:16
EX様へ

情報を得るには金も必要ですが、足=労力と 人=信頼も必要です。記事だって交通費、時間、体力、協力者があって成り立ちます。金がなければ図書館で調べる、現地に赴く等の努力がいります。
ネットは情報資料の手段のひとつであります。あなたは手段を目的と勘違いしていませんか?あと関係ありませんが、パソコンができるから仕事ができると勘違いする輩もいます。私はパソコンは電卓、タイプの延長線であり、仕事道具の一種です。仕事は相手がいて成り立ちますからね。パソコンは判断できませんからね。自分の頭で判断するしかありません。
元キャプテン
2015/12/24 20:32
KUさん、私も写真見ましたが新小銃、ありゃ出来の悪いパクリですね。
FNに頭を下げてライセンスすれば品質は確保できたかもしれないのに・・・(価格はお察しで)
89式でもいいから豊和にたくさん作らせてさっさと64式を更新させるほうが優先順位が上に思えます。
89式が一流の小銃かは別問題ですがね。
八王子の白豚
2015/12/30 00:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛隊が邦人輸送訓練 輸送防護車「ブッシュマスター」というおもちゃを買えば、邦人輸送が可能という幻想 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる