清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 次期陸幕長と富士学校長は自衛隊を弱体化させる。 見苦しいのは男の嫉妬

<<   作成日時 : 2015/12/30 19:39   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 25

さて、来年の話をすると鬼が笑うといいますが、もう2日で来年ですからそんなこともないでしょう。


今年、こんな事件がありました。
2015.11.30 ビジネス・ジャーナル
自衛隊の現役大物幹部、ロシアへの機密情報漏洩に関与疑惑!警視庁が書類送検の動き

http://biz-journal.jp/2015/11/post_12666.html

>事件の概要は、東部方面総監という陸自ナンバー3の地位にあった泉一成氏が退職後、ロシア大使館付武官でロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)のスパイであったコワレフ大佐に、「普通科運用教範」と呼ばれる戦術テキストを手渡したというものだ。

>事件をめぐっては、問題となったテキストについて、隊員であれば誰でも入手できるために「秘密漏洩」ではないという陸自側の主張と、その内容が「実質的な秘密」で自衛隊法の守秘義務違反に当たるという警視庁の主張が真っ向から対立していた。同時に、この対立の背景には、官房副長官補や国家安全保障局(NSC)のポストをめぐる防衛省と警察庁の利権争いがあったとも指摘されてきた。


 教範の類いはぼくの同業者も多数持っております。見せてもらったこともありますが、別に機密や秘密にするべきところはありません。何しろ自腹でかわされる書類です。こんなものでスパイ事件とは噴飯です。
 これは陸自内部での抗争であるとぼくは見ています。

>「新聞報道では、泉元総監と現場レベルの陸自関係者が書類送検されると書かれていましたが、警視庁は、陸上自衛隊富士学校の学校長という、陸上作戦の要の将官までも書類送検する方針です」(公安担当記者)
>警視庁は、泉氏が富士学校長の関与を供述しなかった背景には、防衛省・陸自の組織的な証拠隠滅の疑いがあるとみており、見せしめの意味も込めて、富士学校長の書類送検を決めたそうです」(前出・公安担当記者)



 渡部博幸富士学校長は今月22日に辞職となっています。

陸上自衛隊の元陸将が元在日ロシア大使館付武官に内部資料を漏えいしたとされる事件で、陸自は22日、渡部博幸陸将(57)=陸上幕僚監部付=ら現役の陸上自衛官3人を戒告の懲戒処分にした。渡部陸将は同日付で依願退職した。
毎日新聞2015年12月22日

http://mainichi.jp/articles/20151223/k00/00m/040/019000c


 ぼくは渡部博幸陸将を直接知っているわけではありません。
 彼は富士学校普通科部長の後、第11旅団長に転任、その後わずか1年で富士学校長に補されています。
 彼は現状の改革に非常に熱心な人物であり、これは岩田陸幕長による改革のための大抜擢だとされています。

 一般大出の幹部でありながら早く陸将に昇進した渡部陸将を妬んだり嫉んだりする人は、あるいは改革を嫌うから彼に反感を持っている人物は陸自内の将官、幹部に少なくないようです。

 そして「デスラー総統」と揶揄される岩田陸幕長ですが任期が既に2年を超えて長期政権となっており、これまた面白くないと思っている人が多いようです。ぼくは岩田陸幕長とは意見が異なることも少なくないし、岩田陸幕長の衛生に関する認識もどうかとは思っておりますが、歴代の陸幕長では、人事も含めて大胆に改革をされている方であると認識しております。

 今回のスパイ事件は防衛省と警察庁の綱引きというような報道がなされていますが、実態は陸自内部の人事抗争のように思えます。

 改革派である岩田陸幕長や渡部陸将を快く思っていない人たち、あるいは改革を快く思っていない人たちが、渡部陸将をスキャンダルに引き込み、合わせて任命者である岩田陸幕長も引きずり降ろそうとしているように見えます。

 恐らく次期陸幕長、次期富士学校長は変革を嫌う旧守派の人物になるのではないでしょうか。

 先日亡くなった君塚元陸幕長も、ぼくは東日本大震災の指揮では批判しましたが、ぼくの個人携行衛生品に関する質問は良い質問だとおっしゃっておりました。衛生の改革には大変強い熱意をもおっておられたようです。コマツの顧問になってからは装甲野戦救急車に導入に力を注いでおられたそうです。

 また個人装備の不備にも懸念を抱いておられました。米軍のヘルメットはトカレフで撃っても、数ミリしか凹まないのに自衛隊の88式鉄帽は10センチも凹みます。また防弾ベストは3型ですら防弾性が低い。これをなんとかしようとしていたそうですが、現場は笛吹けどおどらずのようだったようです。
 しかも今時米軍や仏軍など先進国の軍隊ではヘルメットの内張りはパッド式で被弾の衝撃を大きく吸収して脳や頚椎などに対する損害を極小化しています。ところが未だに自衛隊は旧態依然です。
こんな個人装備で駆けつけ警護やれば死人、不具者が続出です。

 是非とも現役の方々は危機感をもって改革を行って欲しいものです。

 ですが、今回のスパイ事件を見るにその望みはうすそうです。割りを食うのは現場の隊員です。
これじゃ新規隊員の希望者が激減するのも宜なるかな、ですね。




Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました
【陸自は輸送防護車を使いこなせない】〜海外邦人救助に大きな懸念 その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23856
【陸自の輸送防護車、高額な調達価格】〜海外邦人救助に大きな懸念 その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23863

【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23226
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23242
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その3〜
http://japan-indepth.jp/?p=23254

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
富士重勝訴でも晴れない防衛調達費の不透明
防衛省の調達システムは問題が多すぎる
http://toyokeizai.net/articles/-/97503

フランスは原発テロの悪夢にうなされている
自爆覚悟のテロは、防ぐのが難しい
http://toyokeizai.net/articles/-/93096
高額な早期警戒機が日本では「欠陥機」だった
周波数帯をまともに使えない大矛盾
http://toyokeizai.net/articles/-/88753


朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
イスラム国がトヨタのランドクルーザーを使う理由
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015110200004.html
陸自が導入した輸送防護車は使えない
机上の空論では済まない邦人救出の現場
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015100200004.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様へ

現役の方は危機感もって改革〜云々

私の部下・後輩でも改革に取り組んでいます。現場レベルですが・・
私も現役の頃、人材育成に労力を惜しみませんでした。小隊長時代の新兵は幹部に任官し、小隊長。ドライバーの士長は職種学校の教官。 現場は後輩に託しました。
先輩としての役割は情報発信です。このブログも手段の内のひとつです。
本は出せませんでした。
君塚さんも退官後、装備品の改善に尽力していたことに驚きです。やはり、君塚さんも震災で危機感・問題意識を持っていたと思います。後輩のために尽力していたのですね。
しかし、権力争いというか男の嫉妬は女の嫉妬より醜い!そのおっさん達は自分のことしか考えていないんでしょう。まぁ敵より害を及ぼす。まぁ国賊なんでしょう。
頼むからそういう輩は去っていただきたいですね!その輩の責で去った者、精神崩壊した者もいて組織の弱体化し、本当、敵の回し者というかスパイですよ。民間では背任行為です。しかし、公務員の身分保障で首を切れない。そのことが自衛隊の最大の問題点だ!そう思いませんか?清谷さん
元キャプテン
2015/12/30 21:33
清谷様へ

君塚さんは防大入学前、今でいうパテシェの修行を1年間していました。
渡部さんは少年工科学校出身で夜学又は通信制で大学を卒業した方らしいです。2人とも苦労人です。
私の現役時代、将官でも苦労人の方もいました。炭鉱夫n防大n方面総監、陸士長n防大n副師団長、やはりオーラやカリスマ性が違います。雷も半端ではなかったが、2人共面倒見が良かったです。くだらない寝技や役人根性はありませんでした。今後、上記のようなリーダーは登場しないでしょう。今のトップは保身・責任回避・官僚主義の権化ですから。後輩も士気上がりません。
元キャプテン
2015/12/30 21:57
陸自が騒がないのに公安がやたらと動き回るのは変だと思っていましたが、そういう背景があったわけですか。ホント、男の嫉妬というのは恐いですね。それに何かしら現状を変えようとする人間が出てくると、すぐそれを潰そうとする人間も出てくるのは何処の組織も同じでしょうけど、人命に関わることに対しても同じような態度を取るともなると、陸自の病巣はかなり深いとしか言いようがありません。
KU
2015/12/31 08:12
KU様へ

仰る通り、女の腐った男の大奥の世界です。私の経験から、そう感じます。以前から主張している通り、スポーツ団体の体質と変わりません。末端ー選手・兵士はピュアですが、上層部ー理事・将軍は魑魅魍魎とした世界です。体育会系がアッサリ、ピュア、熱血なのは末端だけです。他の業界の方は自衛隊はスポ根ドラマ、熱血学園ドラマのイメージが強いですが、幻想です。私はどういう位置づけか?ピラミッドの真ん中で理事と選手の間、監督・コーチのようなものです。故に組織を客観的に観察できます。あと自衛隊のおっさんは認知症の高齢者より始末悪いですよ!ハッタリ・飲んだくれ・プライドだけ高い・キチガイ・サド 老害です。バブル期採用の癌細胞と老害というコレストロール、組織病理です。したがって外部人材の登用と老兵の隠居が必要です。
元キャプテン
2015/12/31 10:37
人民解放軍は共産党を守るための軍隊だから、部隊の中に政治将校がいるし、天安門事件の時に国民を大勢射殺したわけなんですよね。
一方、自衛隊は自らを守るための「軍」だから、裁判の時に国民に対して平気でウソをつくし、改革を志す人間を排除するし、現実を見ようせずに世間一般では通用しない理屈で動いているんですよね。自衛(閉)隊とはまさに言いえて妙だと感心してしまいます(笑)
要するに、どっちも国益や国民を守るための軍隊じゃない。敵が攻めてきた時に、こんな「軍隊」が本当に国民を守ってくれるんでしょうか。外敵から国土を守ることができるんでしょうか。ズバリやらないし、できないでしょう。薬害エイズ事件の時に、天下り先の会社を儲けさせようと非加熱製剤を使わせ続けた厚生省や、8月15日に天皇の聖断が下ってもクーデターを起こそうとした帝国陸軍の一部と同じだ。
ひゃっはー
2015/12/31 11:44
清谷様へ

組織には色々あります。会社、官公庁、宗教法人、公益法人、学校、労働組合、業界団体、職能団体、学会、スポーツ団体等、軍隊は最大の官僚組織です。弊害として縦割り、内向き、閉鎖、保身が考えられます。防衛省・自衛隊は他の組織と比較して旧態依然の度合いはどの程度でしょうか? 組織の硬直化の原因はどこにあるのでしょうか?
関係ありませんが、転職してよく職場から堅いと言われています。自分ってそんなに堅いかなぁ?と疑問に思うことがあります。現役の頃は若い衆から、柔らかい・クリエィティブだと評価されていましたが、コミニュティが変わると評価が違うのですね!もしかすると軍人・公務員だったから、堅いと先入観があるかもしれません。
元キャプテン
2015/12/31 14:51
元キャプテン様。大手マスコミも防衛省側に遠慮してか、まずこうした点をつつく所は皆無ですしね。かといって国会でも追及されないし。共産党辺りが騒げば多少は変わるのでしょうけど、オスプレイや米軍への支援は叩くけど、こうした組織の問題点にはまるで無関心だし。いっそのこと、清谷さんに大臣補佐官にでもなってもらい辣腕を振るってもらうしか(>_<)。


>陸自への最強機導入も頓挫 時代から遅れる戦闘ヘリ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-00010000-norimono-bus_all

同じ島国である英国が、多額の予算を掛けて既存のロングボウをガーディアンに改修することに触れなかったりと、いろいろ突っ込みが足らない部分もありますが、こうした記事が出ること自体が少ない中では貴重な意見かと。

最後になりましたが、来年も宜しくお願い致します。
KU
2015/12/31 16:03
 陸では、既に初級幹部の頃から出世できる者と、できない者の区別が始まり、前者は人事の上でも下駄履かされて指揮幕僚課程の選抜試験でも有利になるよう取り計らわれます。そうでない者は、一生部隊に張り付いて、ドブさらいだけの人生が待っています。なんだかんだ言っても、偉くなる人は同じ穴のムジナです。
英知の人・エイチマン
2015/12/31 18:43
KU様へ

御回答に感謝申し上げます。確かに無関心が問題ですね。
学校や病院と違って日常生活にお世話になりませんからね。
私も含むOBが情報発信や説明責任を怠っていた報いでしょう。
改革案として橋本徹氏を防衛大臣に任命して荒い組織改革をすればいいのではと思います。外部からの刺激になるし、自衛隊とも因果はありません。毒も使い用によっては薬になります。言うこと利かない官僚や将軍は退場すればいい。
大阪市役所や旧社会保険庁、旧原子力保安庁よりも酷い!
巷では自衛隊を賛美する頭の足りない輩いますが、私は賛美する理由はいまだわかりません。だって金や仕事を貰っているわけではありませんからね。そういう輩に限って、そんなに賛美するなら入隊すれば? 否、体力ねぇからとか厳しいから
口だけ大将ですよ!
元キャプテン
2015/12/31 18:59
くどいようで申し訳ありません。⬇

10式戦車、オスプレイ、水陸両用車、多用途ヘリUH60・・・陸自の最新装備を一挙公開!

http://www.sankei.com/smp/premium/news/151230/prm1512300023-s.html


・・・朝雲だって、ここまで持ち上げないですよね?にしても、相変わらず全体的にやっつけ仕事な感じ(5.56ミリ機銃「弾」なんてあるし)がしますけど。
KU
2015/12/31 19:53
清谷さんの読みどおりだとしたら、
泉氏は陸自内部の権力闘争のダシにされたってわけですね。
しかし、東方総監まで勤め上げていながら、後輩からこうもアッサリとダシ取りパックにされるとはなあ。
伝え聞く話では総監在職時には事あるごとに下の人間を怒鳴り散らしていたらしい。
退官した瞬間、一斉にソッポ向かれたんじゃないですか。
きらきら星
2015/12/31 22:07
明けましておめでとうございます。

「スパイはいきなり機密情報持ってこいなんて言わない、心理的にハードルの低い公開情報から持ってこいと言う」私も情報関係員の端くれでしたので、折に触れ聞かされました。そうすると、この泉某氏はスパイになる鳥羽口に居た事になります。だいたい、ロシアや中国の大使館関係者なんて、警察やら公安調査庁やら自衛隊までが見張ってるはずで、そんなところにノコノコ出掛けて行くとは相当マヌケな人物です。WIKIで調べた限りですが、この人物は情報部隊の経歴もあり、宮永スパイ事件と同じニオイがしますね。内部抗争云々は分かりませんが、陸自を弱体化させるんじゃなく、既に弱体化してる象徴がこの泉某氏ではないですか。
マリンロイヤル
2016/01/01 07:42
清谷様へ

この事件は自衛隊内の権力闘争の様相〜云々 果たして権力闘争だけでしょうか?
この事件は、泉氏の部下が虐められた恨みを晴らすため、ロシアのスパイとぐるになり、嵌めて検察や公安にリークしたのではないでしょうか?
今の陸幕長を更迭を狙っても教範の流失では足りません。
泉さんの部下への指導はすさまじいものがあったそうです。自分の隊長だった方も泉さんの部下でしたが、小便チビるくらい、実際チビる方もいたらしい。恨む方もいるでしょう。
元キャプテン
2016/01/01 12:22
清谷さんの記事や読者の皆様のコメントを見て敵は内にあり!です。田母神さんの著作 自衛隊の敵 を読みましたが、敵はロシア、中国、北朝鮮でもない。日本国内それも政府・防衛省の中にいると。あと警察官の友人も警察の敵はゴロツキでも過激派でもない、警察上層部にいるとおっしゃっていました。
本日は踊る大捜査線〜ファイナルを鑑賞しまして警官の友人の言葉に納得しました。
元キャプテン
2016/01/01 19:00
明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

>中国 軍の編成見直しロケット軍など創設

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160102/k10010358731000.html

第二砲兵があったはずですが、海空の核戦力も統轄するために改編したようですね。いずれにせよ、何処かの島国の軍隊より遥かにドラスティックな組織改編になることは間違いなさそうです。こうした点は評価出来るというか羨ましいというか・・・


>日本受注なるか 豪潜水艦の共同開発国 年内に選定

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160102/k10010358881000.html

政府関係者のコメントは流れてきますが、肝心の三菱や川崎といったメーカー側のコメントは全く聞こえてきませんね。マスコミも聞く気があるのか無いのか。
KU
2016/01/02 11:08
教範なんて氷山の一角では?元東方総監なら防衛警備計画やら日米共同関連の情報は頭の中に入ってるんだから。イイ気になってペラペラ喋っちゃってんじゃないの?物証は残らないけど。防衛省は問題を矮小化してる。
ABC
2016/01/02 12:44
陸自内部の暗闘にはあまり興味がありませんが、そういうことに夢中になって肝心の戦時にろくな戦略を立てられなかったのが旧陸軍じゃなかったでしたっけ?
陸自は正しく日本陸軍の後継者と言えるでしょう。
むしろ旧軍より劣化した組織とすら言えますね。
八王子の白豚
2016/01/04 01:04
八王子の白豚様
旧日本軍より劣化した組織〜
だって昭和末期から平成の始め頃、与太郎の集まりとか国立養護学校と揶揄されましたし、30年くらい昔、当時の東方総監は週刊誌に落ちこぼれが自衛隊にやってくる!との発言。
退官しましたが、私の新兵時代の班長はこんなことぼやいていました。バブルの全盛期、知的障害者同然の若者が入隊し、訓練にも仕事にならなかった。味噌糞一緒で、士気が高い優秀な隊員は幻滅して辞めた者もいる。その当時、入隊した者は上層部・老兵になり、国立養護学校n国立介護施設となっています。
私もそんなアホな先輩にコキ使われ、うんざりして去りました。本当、始末悪い連中ですよ!中には優秀でリスペクトできる先輩もいますが、少数派の部類です。
ゆとり世代がどうのこうのと言っていますが自衛隊ではゆとりなんかよりバブルの負の遺産が問題です。
そりゃ、この実態だと劣化しますよ。あと自衛隊の20代・30代は総じてまともですし、先輩よりも後輩の方がリスペクトできる方多いですよ。これは私の主観ですが・・
元キャプテン
2016/01/04 13:06
元キャプテンさん
旧陸軍が陸自より優れた組織であったとは言いませんが、かと言って劣った組織とも言えないのではないかと思います。
括れば同類でしょう。
強いて言えば旧陸軍は失敗して国を滅ぼした組織、陸自はこれから失敗する可能性がかなり高い組織、でいいんじゃないでしょうか。
ただ、あまり客観視すると今を生きる我々も当事者であり、一緒に酷い目に遭う訳ですから、失敗しないようにしてもらいたいものですね。
八王子の白豚
2016/01/05 00:50
八王子の白豚様
年末、退官してまもない先輩=3佐と飲む機会がありました。冷戦最盛期に入隊〜平成の国際貢献〜組織改編の35年間奉職しました。
先輩曰く、昔と現在を比較して現在のトップ層は統率力、指導力、責任感が昔と比べて乏しい傾向。若い方の能力・資質は30年前と比べて格段に向上したらしい。部隊の団結力・絆が低下、先輩が懸念しているのはモラルハザード、ベテラン・リーダー層の疲弊・自殺・退職だと仰っていました。そして外部人材の登用で組織を活性化した方が良い。柵の中に35年もいたら世間知らずになり、常識がずれますから。
以上35年間働き、陸士〜3曹〜3尉〜3佐を経験した先輩の所見です。
元キャプテン
2016/01/05 14:16
八王子の白豚様
追記ですが、劣化した組織でもまともで志が高い方は存在します。先輩は寝食忘れて部隊改編の設計図を引いています。同期は昔の不良債権処理をしています。目立たないし、評価もされないし、士気も上がりません。むしろそういう方が組織を支えています。
やはり、官僚主義に侵され、動脈硬化になったのでしょう。組織の新陳代謝には外部の人材を登用したり、人事・教育制度を革命的に変化させるしかないでしょう。
頭の硬い、時代遅れの守旧派の抵抗もあります。
危機感を抱いている方もいるということも忘れないでいただきたい。
元キャプテン
2016/01/05 14:43
元キャプテンさん
例を挙げていただいたことも含めて、で書いたつもりなんです。
旧陸軍も別に皆が皆無能だったりしたわけではないですし、自衛隊だってそうだとは思ってますよ。
結局日本人が運営する組織である以上、同じ失敗をする可能性が高いと思ったわけです。
八王子の白豚
2016/01/05 23:14
八王子の白豚様
疑問に思いますが、日本人はスポーツでは団体競技が強い。しかし、会社等の組織力は?。なぜなんだろう? 仮説ですが、リーダー教育が疎かで組織を正しい方向に牽引できる人材が少ない?日本人は農耕民族なので内部の和を重視する習性なのか?
軍隊も組織・コミニュティーのひとつである。組織も細胞=人間の集まりであるので癌細胞みたいな不良の人材は一定数存在する。しかし、公的機関は排除するのが難しい。課題はそこかもしれません。八王子の白豚さんは組織のあるべき姿について問題提起していただき勉強になりました。
元キャプテン
2016/01/06 19:06
元キャプテンさん
日本の歴史を振り返ってみると、一つの大きな組織が生まれる時には地すべりのような勢いで生まれますが、時間が経つと利権団体になって劣化する。
平安の藤原氏、鎌倉幕府以降の武士政権、明治以降の大日本帝国、いずれも外的要因もありますが内的要因を主にして崩壊しています。
どこの国もそうなのかも知れませんが、日本人が作る組織は一度利権団体になってしまうと後はぶっ壊れていくだけなのかも知れませんね。
八王子の白豚
2016/01/09 20:11
八王子の白豚様
組織も人間の集まりなので永久ではありません。栄枯盛衰というものでしょう。
あと経営者をしている知人曰く、変化しなければ会社は生きていけない。
これって真理ではないでしょうか。旧態依然の硬直化した組織は勝てませんからね。空気読まなくてもいいから、時代を読めるようにしましょう。
元キャプテン
2016/01/09 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
次期陸幕長と富士学校長は自衛隊を弱体化させる。 見苦しいのは男の嫉妬 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる