清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 産経大本営発表 陸自アパッチ、贔屓の引き倒し

<<   作成日時 : 2015/12/25 10:25   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 21

陸自の対戦車ヘリ「AH64D」 フル装備最強機、高額すぎて調達は10機のみ…
産経新聞 2015年12月23日(水)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00000526-san-pol

>陸自は当初、高い戦闘力と機動力をほこるAH64Dを62機調達する予定だったが、実際には10機の取得で打ち止めとなった。縮小傾向にある防衛費の中では高価な対戦ヘリを毎年数機しか調達できず、単価が60億円規模から100億円超に高騰。さらに、米国でのAH64Dの生産が終了したことなどが理由だった。

>調達にこそ失敗した感はあるが、その攻撃力は侮れない。特に近年では、中国の脅威が高まる島嶼(とうしょ)部の防衛力として、再評価されつつある。陸自幹部は「万一の時に上陸する敵に壊滅的なダメージを与えることができる。AH64Dを配備し、にらみを利かせるだけで抑止力になる」と指摘する。



 この記事はぼくが東洋経済オンラインに書いた記事と対極にあるといってよいでしょう。


アパッチ攻撃ヘリの調達、なぜ頓挫?
問われる陸自の当事者能力
http://toyokeizai.net/articles/-/51971

富士重勝訴でも晴れない防衛調達費の不透明
防衛省の調達システムは問題が多すぎる

http://toyokeizai.net/articles/-/97503


 防衛省・自衛隊はすべて正しい、「たまに」間違いを犯しても、それは意味があることなのだ、と強弁しているに過ぎません。
産経新聞がお嫌いな隣国のメディアのウリナラマンセー的な記事どこが違うんでしょうか。


 この記事は、あたかも価格が高騰したのは外的な理由で、防衛省や自衛隊が予期しない誤算だった(だから陸自は悪くない)、と弁護しているように見えます。

 
 本当に価格が高騰したのか?どの段階で、初期費用を償却するのかは外部には分かりません。「高騰」は初期費用を載せたからという可能性もあります。よくやる手は、空自のUh-60Jもそうですが、はじめは安く単価を出しておき、後から上げるという「オリンピック商法」です。UH-60Jは最終的に単価は三倍以上になっていました。
 アパッチにおいても同じことが行われた可能性があります。

 そもそも国産しての調達単価が高いことも、AH-64E型に移行することも陸幕は知っていました。知らなかったというならばその辺りの軍オタよりも知識がなかった、ということになります。
 
 お高い攻撃ヘリを単なる組み立て生産することで、値段を2〜3倍にわざわざ釣り上げたのは陸幕です。これがほとんどのコンポーネントを国産化するであれば、技術移転とか、有事の増産(これもイリュージョンですが)とか一応の言い訳も効くでしょう。
 ですが部材はほとんど輸入、ガンプラの組み立てのようなものです。技術移転も戦時の増産もありえません。
 そう、アパッチを調達したかったならば輸入すればよかったわけです。唯一のメリットは天下り先の確保だけです。それは国、そして納税者の利益ではありません。

 富士重工に仕事をおとして、天下りをしようなんてケチなことを考えなければ良かったわけです。
 新聞はこういうところを指摘するのが仕事ではありませんか。


>AH64Dの生産が終了したことなどが理由だった。


 これも事実ではありません。
 ぼくはボーイング社に確認しましたが、同社は陸自のために生産と部品の供給を行うと言っていました。ただユーザーが日本だけになるならば高くはなりますよね。
 常識的に考えれば導入したD型は将来E型にアップグレードする、あるいは逐次近代化を米軍に準じておこなうことを前提に調達すべきだったのですが、それを考えていなかった。調達してから、一定期間毎にアップグレードで金がかかると大騒ぎし始めたわけです。
 実際中の人に聞くと、逐次のアップグレードにカネがかかり、またその対応が自衛隊の調達では難しいというのが調達中止の理由だそうです。米軍は部品の管理などはボーイングに丸投げですがそれができません。

 
 ところが韓国や台湾、インドはなどは最近最新型のE型を導入しました。陸幕装備部はこれらの軍隊の調達担当部署に比べて無能だった、というわけです。産経新聞は口が裂けてもそんなことはいえないでしょうけども。更に申せば既にアパッチを運用している英国のE型の導入を決めています。
 E型は更に高価なはずですが、韓国や台湾って我が国よりも防衛費って潤沢でしたったけ?

 しかも陸自のAH-64Dは本機のキモである、ネットワーク機能を自らデチューンしております。このため米軍との共同作戦もできません。まあ、米軍もそんなことは求めていなかったということでしょうが、ならば攻撃ヘリ、本当に必要だったの?という話にもなるでしょう。
 自ら格を下げたモンキーモデルにして、それが米軍や他国の調達  単価の何倍も高い。あんたら馬鹿ですか?といわれても仕方ないでしょう。

 産経新聞は防衛費を増やせというのでしょうが、こんな準禁治産者みたいな人達に大幅に予算増やしたらどんなふうにカネを使うか容易に想像できるでしょう。

 しかもこの失敗を反省することなく、今度はオスプレイの大人買いです。
 OH-1でも同様の失敗をしましたよね。無駄にゴージャスで単価の高いヘリを作って、260機ぐらい買うはずが、34機で調達中止。

 常識や経済観念を疑われて当然でしょう。
 もっともオスプレイは軍事音痴のアレ首相が政治決断で押し付けた、という話もあります。ですが、馬鹿な最高司令官が世迷い言を押し付けるならば、それに抗議するのがプロフェッショナルを自称する制服組のお仕事ではありますまいか?


>調達にこそ失敗した感はあるが、その攻撃力は侮れない。


 さすが産経の面目躍如のヨイショです。
 いえいえ、調達に失敗した段階で「欠陥兵器」ですよ。わずか13機しかなく、このため平均して稼働できるのは3〜4機でしょう。一個飛行隊の3割程度。しかもネットワーク機能も限定的。これが「脅威」になるんでしょうね。産経新聞的には。

 「再評価」しているのは産経新聞とか一部の自衛隊無双的な愛国を金儲けのネタにしている自称「保守の論客」たちぐらいでしょう。まともな軍事知識を持った人間ならばそんなヨタを飛ばしません。

 「万一の時に上陸する敵に壊滅的なダメージを与えることができる。AH64Dを配備し、にらみを利かせるだけで抑止力になる」
まあ、実際にこんなことを言う自衛官もいるでしょうね。日本語のマニア向けの軍事雑すら読んでいなくて、愛読書はアサヒ芸能だったりする人たち。

 センスが旧軍の無能な作戦参謀並みです。こんな連中が作戦立てれば、勝てる戦でも負け戦になるでしょうし、無駄死、犬死を強要させられる現場の部隊こそいい迷惑です。

 で、陸自のD型を持ち上げているわけですが、先述のようにD型が生産中止なわけですから、今後のコンポーネントや整備もできなくなり、陸自のアパッチ部隊は立ち枯れすることになりますが、そんなものが脅威になりますか?
 そして攻撃ヘリのマジョリティでるAH−1Sは旧式化が進み相対的に能力が低下、予算がないから部品も枯渇して稼働率が落ちています。すべてのAH-1Sをかき集めてもAH-64Dの一個飛行隊にもかなわないでしょう。そんな不良資産を大金かけて維持する必要が果たして本当にあるのか?


陸自「攻撃ヘリ部隊」は、自滅の危機にある
オスプレイ大量調達の前に見直すべきこと

http://toyokeizai.net/articles/-/84832

 自分たちが常に正しいというのは組織としてはタテマエ上、主張しなければならないのかもしれません。
 ですが、「外の人」である産経新聞は中立的な立場から現実を見て、分析して報道すべきじゃないでしょうか。
 当局に問題あればそれを指摘し、是正を促すのがメディアの仕事ではないでしょうか。
 こういう記事は重度の糖尿病患者に「あなたは健康体です、お酒も甘いものもどうぞ存分に召し上がってください」といっているようなものです。それを真に受けると足を切断したり、目が見えなくなったり、人工透析のお世話になったりすことになりますけどもね。
 これを善意でやっているのか、悪意でやっているのかはあたしゃ、知りませんけどね。

 またいい歳したおっさん。おばさんの、リテラシーの低い「自称愛国者」が真に受けたりするわけですから、罪が重い。

 

 いつも申し上げておりますが、こういう韓国の新聞のような大政翼賛的な記事は防衛省のカネで発行しているPR雑誌、MAMORでやるべきで、新聞の看板で書くべきことじゃないでしょう。こういう胡乱な記事を書き続けることがメディアとしての信頼性を自ら削っていく行為だとおもうのですがねえ。
 陸自の攻撃ヘリは果たしてどうあるべきか。自衛隊をヨイショすることが新聞の仕事じゃないでしょう。



strong>東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
富士重勝訴でも晴れない防衛調達費の不透明
防衛省の調達システムは問題が多すぎる
http://toyokeizai.net/articles/-/97503

フランスは原発テロの悪夢にうなされている
自爆覚悟のテロは、防ぐのが難しい
http://toyokeizai.net/articles/-/93096
高額な早期警戒機が日本では「欠陥機」だった
周波数帯をまともに使えない大矛盾
http://toyokeizai.net/articles/-/88753

Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23226
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23242
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その3〜
http://japan-indepth.jp/?p=23254
【仏同時テロ:中東独裁国家への歴史的介入が原因】〜難民急増の深層 その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23079
【仏同時テロ:無自覚な“文明的暴力”を批判せよ】〜難民急増の深層 その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23082
【わざわざ旧式兵器を新たに調達する陸自】〜国内企業のライセンス生産守る為?〜
http://japan-indepth.jp/?p=22467

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
イスラム国がトヨタのランドクルーザーを使う理由
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015110200004.html
陸自が導入した輸送防護車は使えない
机上の空論では済まない邦人救出の現場
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015100200004.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
陸自はもう収集がつかない所まで来てしまっています。
数が揃わないまま種類を増やし、
統一できないから穴埋めでまた種類を増やす。
まるで物が捨てられないゴミ屋敷。
どんどん増えて、どんどん維持しにくくなって、
どんどん収集がつかなくなる。
ムチャクチャな調達をしておいて、末端には稼働率を下げるなと恫喝する。
何年待っても来る気配がない部品は数知れず。
仕方なくポケットマネーで部品を調達してる所もあるらしいですよ。
結局、最後の頼みは隊員のポケットマネーなんですね。
部隊や隊員に自費でコピー機とパソコンを購入させ、
莫大な借金を背負わせた反省が何も生かされていませんね。
張子の虎にウンザリ
2015/12/25 11:56
しかしまぁ、この産経の連載もよく続きますよね。単に各幕の担当者から聞いた話を検証もせず、ひたすらヨイショし誉めちぎるだけで、記事が出来るのだから尊敬しますわ。次回はいったい、何をヨイショするのやら。それに誉めるのは自由ですが、例え問題点があろうと矮小化するというのは、報道機関として恥ずかしくないのでしょうかね。ま、恥ずかしくないから税金を無駄遣いしている組織を何ら追及することなく誉めちぎれるのでしょうけど。
KU
2015/12/25 22:32
25日の夜、産経新聞の子会社であるフジテレビのBSで失敗の本質が放映されました。旧日本軍の敗退、バブルの崩壊をケーススタディとして組織運営、情報、意思決定、リーダシップについてキッコーマンの会長、榊原元財務官、折木元統幕長が語り合う番組でした。そこで折木さんは情報と情報資料とは違う。情報資料を整理・分析・評価したのが情報である。情報は継続性が不可欠! 産経新聞の記者はイロハのイができないのでしょうか?
新聞記者は物書きではなく、情報分析のプロでは? なんか高校生の新聞部がまともな記事書けそうな気がします。だって大手新聞記者になるのだって早稲田や慶応クラスの大学出てるんでしょう。決してパッパラパーではありませんよ。私なんか田舎の普通高校しか出てないんですよ!尉官クラス ・過去形のぺーぺーですよ。それでもある程度、情報分析できますよ!
子会社でも先の敗戦を総括してます。ジャーナリストの端くれとして恥ずかしくないのかなぁ?
元キャプテン
2015/12/25 22:33
張り子の虎にウンザリ様へ

私、初耳ですが、自費で部品・パソコン・コピー機を購入させ、借金を負わせたという話、本当ですか?
20年くらい勤務しましたが、噂でも聞いたことありません。私が無知だったかもしれませんが。そのことが事実だったら、会計実地検査で露呈しませんか。書類と実態が照合しませんよ。入札・契約してませんから、管理簿と契約書類一致しません。刑事責任が問われなくてもマスコミが騒ぐし、関係者は処分されているのでは?
事実だとすれば、国営ブラック企業で、北朝鮮人民軍と同じ穴のムジナですよ。はぁ〜、事務機器や部品を自己で調達、GDP世界3位の軍隊ですか!他の国の軍人から馬鹿にされますよ! 北朝鮮を馬鹿にする資格はないわ!
昔の職場を批判するのは本心では嫌ですが、このザマでは批判したくなりますよ!でも、末端の現場は責任はありません!上がアホ、無能、無知。大日本帝国陸海軍から進歩ないなぁ!
元キャプテン
2015/12/25 22:51
産経新聞がそのような記事を載せるのは、記者の分析能力が低いからでも、ましてや自衛隊をヨイショしたいからでもないと思う。

そのような記事を書いたほうが「売れる」と産経新聞の経営陣が分析しているからだ。

新聞は読者のレベルを現すのである。

国会議員が国民のレベルを現すのと同じである。

つまり、見て見て自衛隊は強いのよ、世界一なのよ、と思っている読者が、その意に沿った記事を好んで読んでいるだけのことだと思うが。
真の愛国者ゆりか
2015/12/26 00:39
昔、週刊オブイェクトのJSFも似たようなこと言ってましたね。
産経はアマチュア軍事研究家と同じレベルなのか…
抑止力になるって
2015/12/26 16:40
アメリカは台湾にAH-64Eを売却しても、最新鋭の戦闘機や潜水艦は絶対に売らないでしょ。つまり、AH-64は持っていても中国を刺激しない兵器なんですよ。要するに陸自のAH-64Dもその程度の兵器だということです。まあ産経には何を言っても無駄でしょうけれど。
ひゃっはー
2015/12/26 20:41
元キャプテン様

私は普通科中隊で10年ほど勤務しておりましたが、
中隊本部や連隊本部で命ぜられた陸曹の方々は、PCを自費購入させられていましたね。
PCを持っているという理由で事務所勤務をさせられた方もいたくらいです。
平成18年くらいに私物PCの一掃を図るために緊急調達がかけられて、それからは私物PC=悪みたいに180度変わりましたが。
通りすがり
2015/12/26 22:15
事務所費も記念行事や夏祭りの模擬売店の売上、親睦会費を流用していましたね。
これも会計検査院検査で引っかかりそうになってから辞めさせられたみたいですが。
通りすがり
2015/12/26 22:24
アパッチ検討時の最新の戦争はコソボ空爆で、2機墜落してその後は参戦していません。米軍が最新の戦訓を教えてくれるはずもなく、陸自はどの程度ツッ込んで研究したものやら。
マリンロイヤル
2015/12/27 06:31
通りすがり
2015/12/26 22:15様

確かに例のイージス艦情報漏洩事件が起きるまでは陸自は私物パソコン天国でしたね。
私物パソコン、私物USB、私物プリンターエトセトラなんでも有りの世界でした。
その割に大した情報漏洩が起きなかったのは今にして思えば不思議です。
あと今現在圧倒的に不足しているのは官品プリンターと官品シュレッダー。特に後者。
「期限切れ文書は処分!」と親の仇みたいに言ってるくせに、処分するための手段が全く足らない。
きらきら星
2015/12/27 08:32
ひゃっはーさんが指摘したように攻撃ヘリの軍事的な価値は冷戦時と比べて低下しています。
だからこそ高い買い物にならないように慎重な選定が求められたはずなんですが、単純に「アパッチ欲しいなぁ」で調達を決めた感じがしますね。
キヨタニさんが以前指摘したカールグスタフM3の件といい、買うことを決める・実際に買うのタイミングの取り方が泣けてくる位に下手糞ですね。
冷戦期にP3C・AH1Sを大人買いしてソ連の太平洋進出と北海道上陸を諦めさせたようなセンスは現在の調達本部には無いんでしょうか?
ここ20年は国防上の「失われた20年」になりかねないくらいに迷走しています。
八王子の白豚
2015/12/27 15:51
お邪魔します。

 ひょっとしたら「攻撃ヘリ=空飛ぶ戦車」と思っているのかもしれません。戦車や往年の戦艦がそうであったように、攻撃力・防御力・機動力のバランスの取れた兵器が使い勝手や費用対効果に優れ、そうでない兵器はそれが使い勝手や費用対効果に現れます。攻撃ヘリは機動力を突出させた兵器であり、その役割は味方の戦車(戦闘車両)や歩兵を支援する支援兵器に留まります。コストは戦車以上の高級兵器で、役割は支援兵器ですから、実は費用対効果はあまり良くないのかも知れません。

 攻撃ヘリは「地続きの大陸で、直接なだれ込んでくる敵戦闘車両を、味方の歩兵や戦闘車両と連携して叩く」ための兵器と思われます。日本のような島国であれば、敵の戦車よりも(陸兵や陸上兵器を積んだ)輸送船を叩くべきではないかと思われます。となれば必要なのは「地対艦ミサイルの最終誘導能力」なのでは。
ブロガー(志望)
2015/12/27 18:34
ネットの発言には、真偽不明のたんなる噂話がたくさん含まれているので、
私の話を含め、多くの書き込みの真実は、個々の情報収集能力を駆使して確かめましょう。
真偽が確かめられない限り、ネットの雑多な書き込みは、あくまで噂話でしかありません。
噂を肯定すれば問題となり、
真実を否定すれば、後々問題になりかねない。
噂の真偽が公式に発表される事はないでしょう。
真実は闇の中。
張子の虎にウンザリ
2015/12/27 19:25
通りすがり様へ
ご教示に感謝いたします。
演習や恒常業務に私物を使う、またその費用を捻出するため不適切な方法を取る。やはり、悪しき組織文化と予算の使い方なんでしょう。
何かを得るには何かを捨てる。これ当たり前なんですよ!
わかりやすい例えだとキャバクラで遊びたい。そのためにはパチンコを止める。
退官して、再就職して自分のコスト意識や経済的センスのなさを身に染みました。
自衛官全てではありませんが、やはり経済観念のなさがこの問題を引き起こしている気がします。故に防大に経営学科新設、幹部の民間企業への修行、外部人材の登用を提言しています。親方日の丸だから、自衛隊は生産やサービスはないから、経済は考えなくてもいいと主張する方もいます。思考停止というもので、資源=時間・人・物・金をどのように配分するかが経営であり、政策だと思います。清谷さんのこのブログは防衛経済研究所という名称ですが、軍事は経済なくして語れません。つまり、兵隊バカになるなよな!と清谷さんはそこを訴えたいのではないでしょうか?清谷さん、見当違いだったらごめんなさい。
元キャプテン
2015/12/27 19:26
何時になったら、ロングボウをガーディアンに改修するなりガーディアンその物を輸入したりといった動きが出てくるのでしょうか。攻撃ヘリにもネットワーク化にも衛生関連にもカネは掛けない。でも10式戦車(要求時は3両だったのが6両に増えていましたが、何があったのやら)や機動戦闘車にはカネを掛けると。アンバランスにも程がありすぎます。

それと東京新聞の記事ですが⬇

自民、政府に日本版CIA提言へ 16年サミット控え

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015122701000903.html

新組織が発足したばかりなのに・・・。仮に出来たとしても、また警察官僚が仕切ることになるのでしょうか?あと、先日に話題になった銃器対策部隊に小銃を配備するという話ですが、一昨日発売の週刊文春に日本国内にイスラム国関係者が2名潜伏しているというスクープ記事内にて、M4を配備するという話が載っておりました。警察庁が公表せずとも、どこからとなく漏れるものなんですね。
KU
2015/12/27 20:06
攻撃ヘリについて考察してみました。戦車と比較として・・利点は遠距離火力を発揮しやすい。地形を克服しやすい。
欠点は継続的な火力が発揮しにくい。天候に左右される。防護力が乏しい。
パイロットの養成にコストがかかる。
攻撃ヘリが飛べるのは航空優勢確保、対空火力の脅威がない、天候が良好が条件です。
果たして投資しただけのリターンは疑問です。プレデター等の無人機、96式APMS、MLRSでも対機甲・対人火力が発揮できます。
また、航空優勢を確保が前提であるので、強力な空軍力がなければなりません。故に攻撃ヘリを集中・機動的に運用できるのは米軍くらいなものです。
1機が100億とすれば90式や10式戦車が約10両0、1コ戦車連隊以上です。しかし、日本は戦車を減らす方針です。10機程度では戦力なりません。戦闘機を買った方が有効です。
以上のことから攻撃ヘリの調達・整備は軍事的合理性・メリットはないというのが私の見解です。今後は対戦車ヘリコプター隊を削減・統合し、アパッチを第3国へ売却すべきです。
元キャプテン
2015/12/27 22:47
人民解放軍の南海艦隊には海軍陸戦旅団が2コ所属しているので、台湾がそれに対抗してAH-64Eを購入するのは、わからないでもない。しかし、いくらなんでもその陸戦旅団が尖閣や沖縄に上陸してくることはないでしょう。それでも防衛省は、たった13機のAH-64Dのために、大枚をはたいたわけですか。
ひゃっはー
2015/12/28 20:37
湾岸戦争でもアパッチによる友軍相撃が起こっていましたけど、ネットワーク機能を有していない陸自のアパッチも同じことをやらかす可能性があるんじゃないのでしょうか。
ひゃっはー
2015/12/29 22:09
そもそも島嶼防衛に使える、と言う前提だと攻撃ヘリの出番ってそんなにありますかね?
空からの火力投射っていう見方ならレシプロの軽攻撃機でも良いように思いますが・・・
まあ、その前に国宝になっちゃったアパッチでもポンコツ化したコブラでも海自のヘリ空母に載せてもらえるようにするべきでしょうけどね。
八王子の白豚
2015/12/30 00:30
おまけに人民解放軍は習近平の大号令のもと、建軍以来の大改革を遂行中なんですよね。だったら、それが終わるまでの間は日本に攻めてくるわけがないでしょう。なら、アパッチはイギリスや韓国に売却しても構わんと思うのですが、それをやろうとすると「バカ」どもがあーだのこーだの駄々をこね始めるんでしょうねえ。
ひゃっはー
2015/12/30 15:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
産経大本営発表 陸自アパッチ、贔屓の引き倒し 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる