清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 英国防省、哨戒機をP-8に決定。

<<   作成日時 : 2015/11/24 17:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 16

昨日テロの安否確認のメールを出したパリ11区の常宿から、スタッフは全員無事だったが、宿泊客からテロの被害者が出たとの連絡がありました。
 イタリア人の女性で、当日テロが会ったコンサートで、肩を撃たれたそうです。

 先週は軍事、セキュリティの見本市、ミリポールがパリで開催されておりました。ほぼ毎回これには行っているのですが、今回は色々な理由で参加を見送りました。通例であれば、その前の週にパリの取引先に顔を出して、土日は11区の中心にふらふらしたり、カフェで原稿を書いたりしていることが多いので、ぼくもテロに遭った可能性もあるでしょう。


 さて、本題です。

>空軍に米ボーイング社のP8哨戒機を9機導入するとした。日本が売り込みを図っていた川崎重工業のP1哨戒機には触れなかった。

http://www.sankei.com/world/news/151124/wor1511240016-n1.html

まあ、P-1の採用は流石にありませんよ。本命になるはずがない。
市ヶ谷や霞が関の中の人達も冷めていましたから。

P−1どんがらだけ買って、中身は適当に作ってくれでしょう。
10機程度のシステムを作るなって非効率です。英国防省は、それはキャンセルしたニムロッドMR4で高い授業料を払っております。
しかも機体もエンジンも専用でただでさえ、調達&運用コストが高い。その上メーカーは地球の裏側で、輸出の経験もなお事実上国営企業です。サポートも怪しい代物で、エンジンに関してはまともに試験運用もしていなくて、信頼性が低く、4発だからコストも高い。流石にこんなものは買いませんよ。
P-1のドンガラを買うなら、他のもっと調達&運用コストの安い機体を選びますよ。

C-2の民間転用機なんて、もっと筋が悪い。いまから滞空・型式証明を取るとなると、開発同時進行に較べて何倍もコストがかかります。そんなカネをだして川重が投資をするものですか。やるやる詐欺です。

特攻を美化するのような、歪んだ民族意識をお持ちのネトウヨの皆さんは「我が国の優れた哨戒機や輸送機は一旦輸出が可能となれば引く手あまた」なんて夢想しているようですが、それは白日夢です。まあ、現実を見ない人たちは楽しくでいいですねえ。


対潜哨戒機のキモはシステムです。
結局は米軍との総合運用能力の確保と、アップグレードを勘案してことでしょう。P-8ならば米海軍が適宜、アップグレードを行うのでそれに乗っかればよろしい。たかだか10機前後のアップグレードを自前でやるにはコスト高でしょう。

英対潜哨戒機としてはサーブやL3、エアバスなどが廉価な製品を売り込んでおりました。近年英国が国防費を抑制してきたからです。が、お高いP-8を選んだのは最近ロシアの脅威が叫ばれて、それに空軍も乗っかった、というところもあるでしょう。

>核兵器を搭載する原子力潜水艦4隻について少なくとも310億ポンド(約5兆8千億円)を投じて更新する計画を示した。

未だに核抑止力を、こんな大金かけて維持する必要があるんでしょうかね。個人的には疑問に感じます。どうも英国は国防費増大の方向に行きそうで、BAEシステムズを筆頭に国内メーカーはホッとしているのですが、そんなことよりも教育とか、もっと経済成長に資する投資に回した方がよろしいような気がします。


Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23226
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23242
【海上自衛隊、空母を持つ野望】〜マンガ「空母いぶき」のリアリティ その3〜
http://japan-indepth.jp/?p=23254
【仏同時テロ:中東独裁国家への歴史的介入が原因】〜難民急増の深層 その1〜
http://japan-indepth.jp/?p=23079
【仏同時テロ:無自覚な“文明的暴力”を批判せよ】〜難民急増の深層 その2〜
http://japan-indepth.jp/?p=23082
【わざわざ旧式兵器を新たに調達する陸自】〜国内企業のライセンス生産守る為?〜
http://japan-indepth.jp/?p=22467

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
フランスは原発テロの悪夢にうなされている
自爆覚悟のテロは、防ぐのが難しい
http://toyokeizai.net/articles/-/93096
高額な早期警戒機が日本では「欠陥機」だった
周波数帯をまともに使えない大矛盾
http://toyokeizai.net/articles/-/88753

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
イスラム国がトヨタのランドクルーザーを使う理由
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015110200004.html
陸自が導入した輸送防護車は使えない
机上の空論では済まない邦人救出の現場
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015100200004.html










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様

英国が採用したP-8ですが、私は従来のP-3Cとは運用構想が違う機体だと理解しております。

そうなると英国もアメリカと同様にニムロッドとは違う運用を考えているのでしょうか。
ブリンデン
2015/11/24 17:33
単に米軍に右に倣えをするだけでしょう。流石にトリトンまで一緒に買わないでしょうが。

ニムロッドMR4は非常に筋が悪い話でした。そもそも調達数が少ない上に、機体が既存機の改良ですから、輸出もできない。システムは半分が米国製でした。それが調達数が減ったために、一機あたりの開発費や調達費が更に膨らむという悪循環でした。
自国メーカーへの公共事業的な意味合いが強いプロジェクトだったわけですが、それにしてもコストが高すぎた。もって他山の石、とすべきです。

キヨタニ
2015/11/24 18:17
そもそも、メーカーたる川崎重工側にやる気はあったのでしょうかね。蒸し返すようで何ですが、UH-Xの件もあることですし。何だか、一部の人達(輸出肯定派および否定派関係なく)は輸出が解禁されたから、明日から日本製の兵器がバカスカ売れるような幻想、もとい妄想を未だに抱いているように思えますので。

それと、昨日、世界の艦船最新号が届いたので早速、見ましたが27DDGや新型SSに混ざって例の3,000トン型DXのCGが3つ載っておりました(試案その3、として、三菱重工が発表したコンセプトモデルがありました)。他にはズムウォルト級のように主砲の砲身も格納できる、いかにも近未来の戦闘艦を彷彿させるCGもありました。しかし現実問題としてある程度、数を揃える必要もあるでしょうし、個人的には三菱案が一番、安上がりな印象を受けたのですが。
KU
2015/11/24 18:39
軍用機の民生用で儲けられるんなら、
アメリカがとうの昔からやっているでしょう。
求められる能力が完全に別物で、共用は利きません。
空自の海外での輸送任務も、C−130だから機体を維持できるんであって、
C−2を遠い国で維持して飛ばし続けるのは、物理的に難しいでしょう。
C−2が十分に行き渡った後でも、遠い国の任務ではC−130が使われ続けると思います。
将来遠洋で哨戒機を飛ばす事になっても、P−8ではなくP−3が使われますよ。
張子の虎にウンザリ
2015/11/24 20:17
P−1とP−8を間違えて書き込んだかも、
間違えてたらスイマセン。
張子の虎にウンザリ
2015/11/24 20:23
ニムロッドMR4は、当初はそこそこの数だったのですが、開発費高騰に伴って減らされつづけ、新造をせず、古い機体の再利用したために、交換用に作った翼が取り付かなかったり(hand made ゆえの誤差が原因だそうで)、様々な失敗を重ねて、破綻したプロジェクトです。

清谷さんのおっしゃる通りもともと数が少なかった上に、(変なところで変な決断をしたり)マネジメントの失敗を重ねたようです。

#持って他山の石とすべし、ですね。

また、P-8はASW作戦中も高高度にとどまる考え方を採用していますが、P-1は必ずしも高高度ASW志向ではなさそうなので、逆にそれが一部英国ミリオタから注目されていました。ニムロッドと同じ4発機なこともよくコメントされていました。

が、ニムロットMR4も高高度ASW志向だったようで、P-8の考え方は英国にとって違和感はないそうです。

日本なら40−60機を整備するので、独自開発もやってよかったと思いますが、やり方(ASWキットの性能不足)や、「国産エンジンを使わんがため」としか思えない4発化により、飛行性能を少し改善して、維持費をひどく悪化させるなど、バランスを欠いていると、私も思います。

でも、もうここまで開発してしまったので、なんとかよくしていってほしいですね。。。P8のシステムをどんどん輸入しても良いので。。。
ドナルド
2015/11/24 22:59
特攻を美化するネトウヨ(笑)wwww
バカにされて当然ですな

2015/11/24 23:06
やはりP‐1はダメでしたか。
英軍もそこはさすがにしっかり考えたようですね。
逆に採用されたら川重は迷惑だったのでは?
八王子の白豚
2015/11/24 23:38
清谷様

ご教授、ありがとうございます。海外でも無理な(無駄でしょうか)開発計画は存在するのですね。
ブリンデン
2015/11/24 23:42
川崎が機動戦闘車を空輸して、C−2への疑念を晴らしてくれる日が来る事を祈ります。
張子の虎にウンザリ
2015/11/25 20:32
C130のASWバージョンになるかと思ってました。

タイフーンを買ってくれないのに英国がP-1を採用する義理はないですなる
ペンウッド卿
2015/11/26 09:12
輸出といえば

>豪の潜水艦開発 日本選定の場合は技術移転

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151126/k10010320751000.html

何だか、政府(というよりアレ総理)はやたらと鼻息が荒いようですが、肝心要のメーカー側の本音を取材をしようとするメディアが皆無というのが、何とも不思議であります。ま、軍事ネタは数字にならないのでしょうけどね。だからSu-24とSu-27の写真を取り違えたり「爆撃機」と堂々と書いてみたり。そうした場合でも海外の通信社の発表を鵜呑みにせずに、一応は国内の専門誌やら専門家に確認しようとは思わないのでしょうかね。
KU
2015/11/26 22:14
あれ総理は知識も聞く耳も持っていないんでしょう。
兵器って電球が大量に使われているんですよ。
専用品を開発しないと使えなくなる事態が続出しますよ。
ヘタすると機材一式がパァ。
電球が使えなくなったら予算不足と実害で地獄絵図になるでしょうね。
張り子の虎にウンザリ
2015/11/27 15:20
>野心隠さぬ安倍政権・・・来年度に盛り込む「対中開戦」準備予算

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10881636/

>>「『かが』を造るほか、同型艦をもう1隻建造する予定です」・・・・いったい何処から、聞いてきた話なのやら。内容を一通り読みましたが、AAVやオスプレイみたいに揚陸艦に積める兵器を買うから、海自もこうしたいに違いない!みたいな話になっていて頭痛がしてきました。ま、こうした媒体は始めに結論ありきで書くのでしょうけどね。
KU
2015/11/28 17:24
キヨタニ氏の文章が悪すぎ!もっといい文章を書けないのですか?内容を読む段階から下品極まりない書き方です! 
注意マン
2015/11/29 13:19
下品かどうかは取り方によるでしょう。
ぼくはあなたのためにブログを書いているわけではないので、嫌ならよまなければいいだけの話でしょう。
キヨタニ
2015/11/29 13:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
英国防省、哨戒機をP-8に決定。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる