清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ノーベル賞】権威に弱く、自分で優れたものを優れていると言えないのが日本人の弱み

<<   作成日時 : 2015/10/06 16:48   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 6

ノーベル賞:「泥にまみれる」…大村さんミクロの大仕事
http://mainichi.jp/feature/news/20151006k0000m040040000c.html

 受賞した方は大した業績を残されたのだと思います。

 ですが、なんで日本人って、ノーベル賞に弱いんでしょうね。それまで見向きもしなかったのに、ノーベル賞を受賞するとカネや太鼓叩いて大騒ぎする。
 これは科学技術に限らず、他の分野などでも同じです。映画でも外国の映画賞をとるととたんに見に行く人が増える。

 アカデミズムでも外国で認められると、それまで異端と言われていても、急に日本でも認められるようになります。

 まあ、日本の勲章は欲しくないけど、ノーベル賞は欲しいと浅ましい受賞に向けての営業に熱心だった某作家の先生もおいででしたね。

 白人様の偉い人達が「権威」がすごいと認めてくれないと、すごいと認められない。
 これは一種の権威主義です。

 これは女子高生やOLがヴィトンのバッグを欲しがるのと同じです。

 誰かが優れている、銘品だと保証してくれないと不安でしょうがない。
 一旦お墨付きがつくと、本当に優れているかどうかなんぞ気にもしないで大枚を叩いたりします。

 ですが、優れていはいるが無名の新人を発掘することはできません。


 つまりそれは自分で考えない。自分で評価ができない、ということです。
 それは信念も、自分中のものさしもなく、確固たる信念もないということです。

 既に21世紀なって久しいわけですが、もう少し自己、あるいは自分のスタイルを持つべきじゃないでしょうかね。

 特に作家やクリエーター、アカデミズムという、本来そのような資質がとても重要な分野の業界ですら、この手の権威主義がはびこっているのは極めて悲しい現実です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
違わぬ意識
ホントだ、マジ ...続きを見る
IP Biz Forces 9.0
2015/10/08 03:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「連隊長は何と言ったんだ」「師団長は何を言ったんだ」
頭の悪い人に限って、これしか言わないんですよね。まあ、ここのコメ欄にも「そのソースは信用しない」しか言わない脳死状態の人がたまにいますけど(笑)
ひゃっはー
2015/10/06 19:49
まったく異論はありませんが、そうせんことにはメディアはネタに困るじゃありませんか。まあ、光る石ころをダイヤモンドなどと売りつけられた人たちがかわいそうでしかたないです。何か真珠もマヨネーズで簡単にできるとか昔TVでやってましたよ。
正論はスリランカ
2015/10/06 20:10
まあ、いいじゃないですか。
ペリーに無理矢理開国されて以来、凄いことをした人を評価する基準を外国に置くようになった上に、敗戦でその傾向がますます強くなっちゃったんだし。
ところで某作家の先生ってM上H樹氏ですかね?(笑)
八王子の白豚
2015/10/07 22:05
お邪魔します。
 「能力や業績による序列化」と「共同体(ムラ)の秩序」がぶつかるからかも知れません。例えば「親が子供を、出来の良しあしで愛する愛さないを決める」といった事はすべき事ではありませんので。ノーベル賞とかは「あれはあくまで"外"が決めた事」なので「共同体(ムラ)の秩序」とぶつからずに済むのではないかと思われます。後マスコミとかは「愚痴的に何をやったか、それにどういう意味があるか」なんかよりも「何か凄いという"イメージ"」の方を消費しているのでしょう。
ブロガー(志望)
2015/10/07 23:07
全くもって仰る通りで、それ故に国内の権威に疑問を持って、一番最初に動こうとするイノベーターは国内からも叩かれる訳です。

スポーツで言えば野茂英雄さんはその典型例でした。彼がドジャースに行く時のバッシングっぷりは、メディア様も参戦してそりゃ酷いものでしたよ。

http://www.nomo-baseball.jp/MLB/

http://masaka2.jugem.jp/?eid=599

今でこそ、メジャー挑戦は当たり前になりましたけど、正直彼がいなかったら、松井さんやイチロー選手はメジャーに行けなかったのではないか?と思わずにはいられません。

逆に、権威なにそれ?なガチの実力勝負となると、個人的には漫画が代表選手なのではないか、と思っています。仮に漫画で手塚賞とか権威のある賞を受賞された作家さんだとしても、読者アンケートが「つまらない」と判決を出してしまったら、どんな権威でも直ぐに打ち切られる、というある意味究極のグローバルスタンダードの世界がそこにはあります。そういう意味では今でも現役で生き残っているゴルゴやこち亀はやはりすごい訳です。

また、これは断言して良いと思いますが、仮にコミケで凄い漫画が描ける作家さんは、3回凄い作品が連続で世に出たら、間違い無く編集者の目に留まります。それ位青田買いの場として、鎬を削る場として機能している訳です。壮絶な世界でもありますが。
北極28号
2015/10/08 11:02
今回の物理学賞は戸塚氏の代理受賞だと思うし、医学生理学賞は近年この分野が革新的な発展を為してない事の結果でしか過ぎないと思いますよ。
正直自然免疫で審良氏が受賞できなかった理由が理解できないんですけどね。
?
2015/10/08 20:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ノーベル賞】権威に弱く、自分で優れたものを優れていると言えないのが日本人の弱み 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる