清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 徴兵制は未来永劫ありえないか

<<   作成日時 : 2015/07/31 18:17   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 21

首相「絶対」「断じて」「いささかも」断言連発の理由
2015年7月31日 朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/ASH7Z53QFH7ZUTFK00S.html?_requesturl=articles%2FASH7Z53QFH7ZUTFK00S.html

>「絶対にない」「断じてない」「いささかもない」――。安倍晋三首相が安全保障関連法案の参院審議で、こんな断定調を増やしている。法案に対する世論の不安を払拭(ふっしょく)するためとみられるが、「断定」の根拠はというと、いま一つはっきりしない。

>さらに森氏が徴兵制を取り上げ、「子育て中のお母さんと話すと、『徴兵制になるんじゃないの』という声を聞く」とただすと、首相は「徴兵制の導入は全くあり得ない。今後も合憲になる余地は全くない。子どもたちが兵隊にとられる徴兵制が敷かれることは断じてない」と繰り返した。首相は「政権が代わっても導入はあり得ない」と言い切ったが、民主党幹部は「長年の憲法解釈を変更し、歴代内閣が使えないとしてきた集団的自衛権の行使を認めたのは首相で説得力がない」と指摘する。

>そもそも、長年の憲法解釈を一内閣の閣議決定で変更したのは首相自身だ。その首相が、いくら将来のことを「絶対にない」「今後もない」などと明言しても説得力に欠ける。


 日本国憲法に徴兵制に関する具体的な記述はなく、これは「安倍政権の憲法解釈」に過ぎず、時代が変わると困ったことになるのではないでしょうか。
 「自分の解釈=憲法」と言っているようなものです。
テレビで国会でのやりとりを見ておりましたが、まるで徴兵制をやっている国は民主国家ではない、といっているような感じを受けました。

 以前も徴兵制に関して書いた時に、未来永劫徴兵制が必要なとは言えないと書きましたが、当ブログ転載先のBLOGOSの記事では、そんなことはありえない、というコメントが多数ありました。それは極めて近視的であり、歴史的な視点が欠如しております。

 実際問題として、10年先ですら技術の予測は難しいのが現実です。それができるならば皆大金持ちです。
 確かに現在の軍隊、特に先進国では顕著ですが、装備の高度化が進み、「志願兵=長年務めるプロの兵士」じゃないと務まらない傾向が増えています。
 ですが、それが今後、数十年先、100年も200年も続くのかは誰にも分からないことです。ところが多くの人達は未来はあたかも現在の単純な延長であるかのように考えます。

 ですが 軍事技術も、社会も現在の延長線上や我々の想像の延長線上にあるとは限らないわけです。

 先進国を中心に志願制の国が増えたのは、ソ連崩壊後、つまりここ20年ほどのことに過ぎません。その経験を元に「未来の歴史」を予言し、断言するのは極めて危険です。

 誰がソ連の崩壊を予想できたでしょうか。また60年代の未来予測では、SSTが旅客機の主力になっていたはずですが、コンコルドは退役し、SSTは影も形もありません。
 また我々は中国やアジア、旧東欧などの安い人件費の国々と競争にさらされるようになりました。これまたソ連が存在した時代には想像することが難しかったはずです。
 フランス革命の前、欧州の人間の、誰が国民皆兵の徴兵制で戦わされる、何十万、何百万の人間が動員されると想像できたでしょうか?
 30年前に、現在のように皆が携帯電話を使い、メールやデータのやりとりをするなど誰が想像していたでしょうか?
 また第一次大戦であれだけ膨大な人命が消耗されると誰が予想したでしょうか?

 謙虚に歴史を見るば、我々の将来の予測能力は大したことがないことがわかります。
 それを自分は分かるのだというのは、誇大妄想的であり、自信過剰です。人間はそれほど賢くありません。


 徴兵制の是非はともかくとして、これは未来永劫ありえないのだ、と断言するのは政治家の資質を疑われてしかるべきです。
 そしてあたかも「民主国家は徴兵などしてはいけない」という思い込みを政治家が持つのは不見識です。自衛隊の活動範囲を広げれば徴兵制になると叫んでいる、我が子を戦場に送るなと叫んでいるおばさんたちと同じレベルということになります。
 またこれが目先の法律を通すための方便で、あとは野となれ山となれ、と思っているのであればそれも大問題です。

 安倍首相の軍事と歴史に関する見識は極めて低いと言わざるを得ません。

 それと、徴兵制を「奴隷的な苦役」であるとするならば、現在も徴兵制を行っている国々に対する侮蔑でもあります。前にも申しましたが、先進国で現在志願制でも徴兵制に戻せる国は少なくありません。また途上国では軍隊は教育機関であり、失業対策の側面をもった国も少なくありません。そして何より国を守ることを「奴隷的苦役」と言い切って宜しいわけがない。

 個人的には徴兵制は無い方がいいと思っておりますが、例えば遠い将来、未来映画の「ターミネーター」みたいな世界になれば徴兵制もやむを得ないかもしれません。
 いずれにしても20年後の世界ですら我々は正確に想像できません。そのことを認識して徴兵制の議論をするべきです。
 
 また「今回の安保法制と徴兵制をリンクして議論すること」は全くナンセンスであり、野党のセンスと見識を疑います。一方で防戦する与党の軍事的な見識も極めてお寒い限りであります。まるで場末の温泉街で、剣戟時代劇の田舎芝居を見せられているような気になります。



 東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

自衛隊は、やはり「隊員の命」を軽視している
戦闘を想定した準備はできていない<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/78310

現行の救急キットでは多くの自衛隊員が死ぬ
戦闘を想定した準備はできていない<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/78336


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
安保法制の審議で共産党の小池先生が後方地域ー兵站のリスクをイラクの戦例を基に統計で説明しました。アメリカ海兵隊のドクトリンや陸自教範ー兵站を引用し、兵站活動は戦闘行動と一体化で、兵站は安全ではないと主張しています。 元軍事の専門家として拍手します。やはり、法律論・憲法論は大事ですが、軍事的合理性から議論しないと空念仏になります。共産党だけです。軍事的合理性から攻めたのは。
小池先生はかなり勉強したと思いますし、スタッフは資料集めに苦労したと思います。また、現役・退役自衛官でも安保法制を阻止したい 方も一定数存在します。自衛官でも共産党を支持する人もいて、協力したのではないでしょうか? 集団的自衛権ー安保法制を最も反対しているのは現役隊員とその家族ではないでしょうか?当たり前ですよ、無駄な血を流したくないし、 自衛隊なんか戦争できる体制・能力はありませんから。
防衛政策は軍事的合理性で議論してもらいたいです。神学論争や言葉遊びはウンザリです。
理想として、与野党問わず退官した自衛官を防衛政策のブレーンとして雇用するのも実のある政策の実現にする方法のひとつだと思います。
元キャプテン
2015/07/31 19:14
上述の意見は本当にその通りだと自分も思うのですが、そして安倍首相の軍事に対する理解度にも相当疑問は感じているのですが、しかし現在の日本の一般国民にこのブログの記事のような「二段階上」のレベルを求めることこそがそもそも無理であるような気がします。つまり、一般的な国民の理解を「集団的自衛権→即徴兵制・戦争になる!」といった超短絡的偏見から「現在の先進国の軍隊では徴兵制はむしろマイナスになる」という一段階上へのレベルに上げるだけで精一杯なのではないか、そもそも軍事も防衛も国際情勢や我が国の状況も絶対不変なものは何もなく、状況に応じて全ては変えないといけないなどという真実は日本人の多くには受け入れることすらできないのでは、と憲法9条や平和主義への多くの人の盲目的信仰を見ていると思ってしまいます。先の戦争に負けたのだって、アメリカ人でも「日本はこうしていれば戦争に勝てた、あるいは負けなかった」という本を書いたりしている人も何人もいるように、日本と日本人は物量の差以前におかしいところが多々あったわけで、それは結局、「頭が悪いから戦争に負けた」とすら言いうるのではないかと思えます。そのくらい戦略的思考能力に乏しい日本人なのですから、問題となる点は多数出てきていても「現代の軍隊では徴兵制はない!」という認識を少しでも広めていくくらいしか日本人の軍事に対する思考のレベルをわずかでも上げていく方法はないのかもしれない…と思ってしまいます。
SNK22
2015/07/31 23:10
正直見ていて「もういい加減にしとけよ」と言いたくなるほど議論がくだらなくなっているのにウンザリしています。
この安保法制の何がまずいかって言えば「日本を守る」ためにのみ戦うことが許されている自衛隊が「アメリカ様の都合」で世界中で戦うことになる可能性があるってことですよね?
答えは2つしかないでしょ。法案自体を見直すか、憲法9条を破棄して自衛隊を国軍として諸外国と同じルールで運用すること。尤も後者は正解であっても当の自衛隊がそれをやれるのか、が問題なんですがね〜
このブログを見ていれば分かりますが、正解は厳しい道のりになるだろうし、現状維持は先々で良くないだろうしで雪隠詰まりですね。
そもそもこの話ってアレ首相が意地でも通さにゃいかんほど必要なんですかね?
八王子の白豚
2015/08/01 08:36
なぜ安倍総理が無理矢理安保法案を通す理由はわかりません。8〜9年前の第1次安倍内閣では集団的自衛権は言及してません。また日本周辺の環境もさほど変化してません。
考えられるのはアメリカの圧力、つまりネオコンが関わっているのではないでしょうか?
十字軍の遠征も背景にベネチアの商人の利権が絡んでいます。今回の安保法制の騒動もネオコンが関係しているかもしれません。国際政治は複雑怪奇ですのでボンクラの自分にはわかりませんが、わかったことは外交・軍事はアメリカの為にある。日本の国益なんぞ関係ないということがこの騒動で証明されたでしょう。安倍首相本人はは愛国者だと思い込んでいるが、言っていることとやっていることが売国者で、その認識がないことが余計質が悪い。
私は民主党政権の方がまだマシだと思いますよ!
元キャプテン
2015/08/01 17:50
何があった、ポストセブン(>_<)。

>自衛隊機動力強化 新配備の機動戦闘車タイヤ式で時速100q

http://www.news-postseven.com/archives/20150801_335737.html?PAGE=1#container

最初に見たときは、また産経による自衛隊マンセー特集記事かいな、と思ってしまいました(^^)。
「MCVや最新戦車「10式」はネットワーク機能が強化されている」・・・・たしか機動戦闘車に関しては、ネットワーク化自体、想定していないハズでわ・・・。菊地さんだし、まぁ、編集部の意向に沿う形で書かれたのでしょうけどね。にしても、ちょっと、この内容は頂けません。実質、ネットワーク化されているのは10式戦車を装備している部隊だけ(どう考えても中隊規模)。基幹連隊何たらシステムは、未だに実地試験中。いつになったら全国の部隊に行き渡るのか(そもそも、まともに使えるようになったのかすら)不明。そうした点がスッポリ抜けているのが産経とソックリなんですが。
KU
2015/08/01 19:03
あの、カネの話を誰もしていないんですけど。

同世代100〜120万人、1人200万かかるとして
2兆円から2.4兆円、自衛隊予算5兆円弱、

そのカネをどうやって出すので?また借金?
kari
2015/08/01 22:04
お邪魔します。
 結局やっている事は「論理」などでは無く、「イメージの刷り込み合い(とそれによる感情への働きかけ)」ではないかと思われます。例えば「医者はお金をガッポガッポ」「帰国子女=外国語ペラペラ」「ハーフ=美男美女かつ外国語ペラペラ」といったような。イメージはどうしても「その人の生きる時空等」に制約されますから、例えば「宗教(特に仏教)=平和」のイメージから比叡山焼討を行った信長を残虐と捉え、当時の比叡山が「多くの僧兵等を抱えた武装勢力」でもあった事など考えもしないのです。人間という生き物自体が「自分で思っている程理性では動かず、むしろ感情や本能で動く代物」とはいえ、特に日本人にその傾向が顕著ではないかと思われます(決めるのはその場の”空気”といった)。
ブロガー(志望)
2015/08/01 22:15
志願制だろうが徴兵制だろうが、予備役が存在しなければ意味は無いし、機能してるとは言えない。今の自衛隊は、戦時に拡大するための基幹部隊というより、「自衛官」を職業として生活して行くのが主目的になってしまっている。徴兵に変えたところで「任期が終わったサヨウナラ」が「徴兵期間が終わったサヨウナラ」に変わるだけで、何の意味も無い。
マリンロイヤル
2015/08/02 07:49
安倍総理って憲法改正をすると言っておきながら、実際にやってんのは憲法解釈の変更じゃないですか。そりゃあ朝日新聞からバカにされますよ。
ひゃっはー
2015/08/02 10:27
自衛隊は戦える軍隊か?
答えは否です。清谷さんが東日本大震災で問題になったことが理由でしょう。私の20年間の勤務経験でもそう思います。 実際見聞した事例ー1 自衛隊は存在することに意義がある。2 自衛隊は遊んでてもても給料貰える。クビにならない。
3 退職金の為に働く 周囲でこんなこと抜かす輩いるんですよ。これじゃ〜戦争どころか試合にも勝てない。だから自閉隊とも言える。
安倍総理はそういう実態を知っているのでしょうか?我が無敵皇軍とも思い込んでいるのでしょうか?百歩譲って戦えるのは特殊作戦群、中央即応連隊、第1空挺団、西方普通科連隊、対馬警備隊、富士教導団くらいですかね。
元キャプテン
2015/08/03 18:15
はじめまして。幾つか指摘を

安保法制 = 徴兵制 というのは論理飛躍とは言えるでしょうが、安倍総理の徴兵制に関する答弁を受けると飛躍性が薄まります。
総理は、”憲法18条の苦役を事由にして徴兵制はない”と指摘しました。反対解釈すれば18条がなければ徴兵制は可能 と言えるでしょう。そして、安保法制は解釈改憲を大前提にしています。
つまり、安保法制=解釈改憲 ⇒ 18条解釈改憲=徴兵制 という論理構造は飛躍であっても二段論法にすぎません。三段論法以下です。

次に、徴兵制はない、という概念の理解に国民含めての問題があります。おおよそ韓国で行われている国民皆兵制の徴兵制は物理的には可能性は低いでしょう。
しかし、文科省の奨学金未返済の未就業者対策として、自衛隊などの特別公務員現業の就業斡旋が提案されています。奨学金未返納者に対する社会保障の性質がありますので、義務化は可能です。もし、これが実現されたら、徴兵 という概念に合致するものです。
このような徴兵を経済徴兵を呼び、徴兵制を断念した主権国家の大きな断念事由になっていますが、知られていないようです
とある在野の戦時国際法研究者
2015/08/04 13:15
話は変わりますが、
クリュンパーシステムの我が国が予備役を含めて有事徴用を想定している、という諸外国の駐在武官諸氏の認識はあまり知られていない。
以前論壇で私というヘボな戦時国際法研究者が門外漢にも本システムを想起した兵員徴集の手法と自衛隊地方連絡処が擬似的兵役登録カードの準備について質問したところ、軍事評論家は返答もリアクションもなく話が中断されてしまったことがある
徴兵・志願の種類を問わず、ミリシアであっても、日本の自衛隊の軍制はクリュンパーシステムの中に編入する準備があるように思えてならない。
これが妄想逞しいヘボ研究者の杞憂ならば良いが、同システムを継続する合理的理由が見当たらないし、本当はそれを念頭にしているならば、それを認め、現階級の見直しで人件費の削減を実施するべきだと思う

とある在野の戦時国際法研究者
2015/08/04 13:29
連稿失礼します
自分は研究者として徴兵制を論じる場合に、徴兵が国民生活に影響することを鑑みて、分類化して評論します。
旧態依然とした”国民皆兵型の徴兵制”、”技能選抜型の徴兵”、”有事臨時徴収型徴兵”、”経済社会保障型徴兵”です。
昨今の徴兵制の議論は、あくまでも「国民皆兵型徴兵」だけを議論にしていますが、それだけで十分とは思えません。
なにも自分のように評論する必然性はないかもしれませんが、議論において齟齬を利用しえる状況であれば、その齟齬を見抜ける立場の人間が指摘することが望ましい形であろうかと思います。
とある在野の戦時国際法研究者
2015/08/04 14:09
>いずれにしても20年後の世界ですら我々は正確に想像できません。そのことを認識して徴兵制の議論をするべきです。

誠に清谷先生の仰る通りのお話なのですが、この件に関しては個人的には悲観的な見解を持っています。

日本にとって徴兵制というキーワードは、核武装と並ぶタブーな「空気」がある為に、議論すら出来ないのでは?、と考えています。

本来そのような事は拙いのですが、仮に党問わず特定の国会議員が上記の徴兵制&核武装に関して議論の必要性があるのでは?的な事を口走ったら、仮にそれが正当なものであったとしても、即座に「軍国主義者」「右翼」のレッテルを張られメディアスクラムでフルボッコにされるでしょう。

いってみれば言わせたもの勝ち、言わせたものが錦旗を掲げ正義の鉄槌を振り下ろす権利を得るタチの悪いゲームみたいなものです。

ですので個人的には一寸もう、ウンザリしていたりします。
北極28号
2015/08/04 14:09
とある在野の戦時国際法研究者様へ

はじめまして私は 幹部自衛官だった。最終階級1尉=大尉だった者です。中途退官した者です。憲法や労働法令を除き、採用の実態についてお話します。
・自衛官の大半は九州、東北、北海道の地方出身、所得や雇用の悪い地方からの出身者が多い。公務員が給与水準が高いのが理由でしょう。・住民基本台帳、募集相談員、隊員からの縁故募集からの情報を元に地本が勧誘する。
・警察官や役所の採用試験が落ちた者を拾う。
・基地や駐屯地近傍の高校からの入隊者が多い。
まぁ、こんな感じですかね。村役場や農協への就職と似ています。自衛隊だけでしょう。自宅まで勧誘する法人や官公庁は。法律的に認められているかどうかはわかりませんが常識から考えていかがなものかなぁと思います。経済格差拡大や奨学金未返済など貧困からの経済的徴兵はあり得る話だと思います。米兵は医療と教育を受けるために軍隊へ入隊します。したがって米兵は教育水準が低い。 沖縄の海兵隊員の犯罪が証左です。現役の頃、日米共同訓練でも字が読めない兵士もいました。アメリカ軍の兵士のマニュアルも絵が多いのが特徴です。反対に 将校はインテリで、 弁護士資格やMBA取得者は珍しくありません。米軍の将校は中産階級以上の家庭が多いです。自衛隊の将校と士との教育水準は差はありませんが、米軍は天と地の差ほどあります。長くなって申し訳ございません。
元キャプテン
2015/08/04 23:24
とある在野の戦時国際法の研究者様へ

徴兵は苦役?まぁ、日本では懲役と同義語なんでしょう。 仕事は苦しみは大なり小はあるのではないでしょうか?
ブラック企業なんか過労死になるまで働かされます。勤務医も連続36時間働きます。ブラック企業の社員は徴兵された兵士なのですか? 心の持ちようで苦役に感じないと苦役にははならないでしょう。何が苦痛なのかが問題でしょう。 金=給与を貰える を得るのは苦しいことにたとえられなければ


元キャプテン
2015/08/04 23:36
元キャプテンさん へ

返信いたみいります
兵役を苦役とするのは、実際の労働の中味を評価したものではなく。旧態依然とした徴兵の認識。
 苦役が苦役であるのは、そこに強制が伴うのが大前提だからこそと言えます。要は志願兵が労働実態として”辛く苦しい労働(=苦役)”であってもそれが強制されたものではないので、苦役ではない
憲法なので、必然的に強制する側が国家である場合を問題にします。
なお、苦役であっても、”国民の義務”と規定することによって徴兵制の憲法審査を逃れるのが徴兵採用国家の憲法理論です。
なお、当方は、「良心的兵役拒否」に関する研究で徴兵制を観察しているだけなので、制度論について体系的に是非を踏まえて評論することは避けます。
とある在野の戦時国際法研究者
2015/08/05 21:49
とある在野の戦時国際法の研究者様へ

御下問がございます。集団的自衛権が実現され、他国へ武力行使のため、派兵するケースとして 派遣命令を受けた自衛官が憲法違反、大義なき戦争で命令を拒否した。懲戒免職の処分を受けたとしましょう。
裁判では懲戒免職処分は妥当であるか?法律の専門家の視点で見解を伺いたいと思います。
元キャプテン
2015/08/09 18:51
再びお邪魔します。
 とある在野の戦時国際法の研究者様と元キャプテン様のやり取りを見て、「良心的兵役拒否」とは「法より優先されるものは何か」ではないかと思われます。一神教の世界では「神の命令は人の命令よりも優先」でしょうし、中国(近代以前?)では「父は子の結んだ羊を隠し、子は父の結んだ羊を隠す」でしょう。これらの国では「神もしくは血縁」といった"根幹"を否定すると社会がもたなくなる可能性があるので、認める場合もあるのではないかと思われます。日本の場合「法よりも優先されるもの」は「仲間内の和とその場の"空気"」以外に考えられません。「出すべき死刑執行命令を出さなかった法相ではなく、きちんと出した法相がクソミソ言われる。」みたいな形になるのではと思います。
ブロガー(志望)
2015/08/13 18:06
ブロガー様へ

法か倫理?法か組織の論理か?という問題なのでしょうか? 護衛艦たちかぜのいじめ裁判で国の指定代理人を勤めた3海佐※ 前職業の先輩にあたる方です一応のケースを引用します。国=防衛省からみたら組織の裏切り行為で、組織の和を乱しているとも解釈できます。もうひとつの見方は職務より良識を優先したとも解釈できます。
また映画HEROでも法・正義か国益か?というテーマです。
世の中、矛盾・葛藤が常なのでしょう。自我を保ち、折り合いをつけることが大事なのではと個人的には思います。禅問答になって申し訳ございませんでした。
元キャプテン
2015/08/13 22:59
アメリカは現在でも徴兵制を敷いていてselective service systemで調べれば徴兵制の内容はすぐに分かります。現在徴兵数が0人というだけで、大統領が命じれば、明日にでも何百万人を徴兵することは可能です。
安倍首相が徴兵制禁止の根拠として言う日本国憲法第18条は、アメリカ合衆国憲法修正第13条の直訳ですが、もちろんアメリカでは徴兵制は修正13条に違反せず合憲という連邦最高裁の判例があります。米人の前で「憲法13条で徴兵制は無理」などと言うと笑われるだけです。国際人権B規約という条約にも第8条で日本国憲法18条と同様の規則があり、世界のほとんどの国はB規約に服することを議決していますが、平気で徴兵制を敷いています。
国際法
2015/08/14 06:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
徴兵制は未来永劫ありえないか 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる