清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 取らぬ狸の皮算用 株屋の見識の限界 経済効果8兆円超。「国産ステルス戦闘機」関連株を狙え

<<   作成日時 : 2015/07/01 15:43   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 7

経済効果8兆円超。「国産ステルス戦闘機」関連株を狙え
河合達憲  カブドットコム証券チーフストラテジスト
ライブドア・ニュース  2015年6月30日
http://news.livedoor.com/article/detail/10292070/

>「政府は国産ステルス戦闘機・F3の開発に乗り出す方針です。純国産は戦後初で、防衛省はそのための予算として5000億〜8000億円を見込んでいます。しかし、それはあくまで当初に投じるお金で、かなりのレバレッジ(テコの力)が効いた経済効果が期待されているのです」

>「航空機産業の裾野は広い。100機のF3が生産された場合、このプロジェクトには1100社以上が参画し、その結果として24万人の雇用機会が創出され、8兆3000億円もの経済効果が得られます」(河合氏)

>(三菱重工は)国産旅客機MRJが今秋にも初飛行を予定しており、飛行機作りはお手の物。国産戦闘機の開発でも中心的な役割を果たすのは必至」(河合氏)



 カブドットコム証券チーフストラテジスト、河合達憲氏の分析だそうです。同氏は日本で数少ない証券専攻修士号のマスター称号を有する。毎週火曜20時のオンラインセミナーは満員御礼の大人気。大阪国際大学で講師登壇中、だそうです。

 率直に申し上げて2ちゃんの国産兵器原理主義者とか、産経新聞並みの分析力です。カブドットコム証券チーフストラテジストの分析力ってこんなものですか。そこら中学生でもできる分析、いや願望でしょう。これでカネをとれるならば随分と甘い商売です。


 まずF3の開発自体が行われるかどうか微妙です。巨額の開発予算を現在の防衛予算のレベルで組めるかというと、かなり厳しいでしょう。これからオスプレイ、グローバルホーク、F−35A、P−1、C-2などの金食い虫(調達だけじゃなくて維持費も)も本格化します。
しかもたかだか5000億〜8000億円ではロシアのT-50より少なく、まともな戦闘機は開発できません。まあ我が国はそれでもF-1とかF-2とか作っちゃいましたけども。

 国際共同開発に流れる可能性は決して低くはないと思います。

 それに日本の戦闘機生産基盤は失われつつあります。経験あるベンダーは倒産や事業整理、その他の理由で撤退しているとところが多く、三菱重工にしてもF-35では単なるアッセンブリーです。
戦闘機の生産やめておいて、10年も20年も間を開けて、パッと生産体制ができると信じるのは楽観を通り越しております。

 三菱重工にしても自社の航空ビジネスの主力であるMRJに人、物、カネを投入せざるを得ません。MRJは更なるバリエーションの開発など費用がかかるでしょうし、売れたら売れたで生産能力の拡大が必要です。儲かるかどうか怪しい戦闘機プロジェクトに主契約社として名乗りをあげるかどうかも怪しいのではないでしょうか。

 そして何より、開発予算も含めれば諸外国の何倍も高くなるであろう新型戦闘機を開発するのでしょうか。防衛省では装備庁もつくられ、今後装備調達はコスト意識が強く求められるようになるでしょう。

 河合氏の「分析」は、分析というより白日夢ではないでしょうか。
 こういう「分析」を元に投資を行うと後でひどい目にあうのではないでしょうか。

 ぶっちゃけた話、場外馬券売り場の近くで露店を開いている予想屋のおっちゃんやらおばちゃんの話を聞いた方がマシじゃないでしょうかね。彼らの方ががよほどその道のプロでしょう。

 ぼくが投資家ならこういう与太話はまず信じません。河合氏の他の業界の分析もなんだか想像がつきそうです。こういう人を信じて投資をする人が多いのであれば、随分と罪作りな商売です。




span style=font-size:larger>東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
自衛官を国際貢献で犬死にさせていいのか
海外派遣の前に考えるべきこと(下)

http://toyokeizai.net/articles/-/73521
<自衛隊員の命は、ここまで軽視されている
海外派遣の前に考えるべきこと(上)

http://toyokeizai.net/articles/-/73492
川崎重工は「世界のヘリメーカー」になれるか
http://toyokeizai.net/articles/-/73114
「国際軍事見本市」が、日本の国防力を高める
日本での初開催イベントの意義は大きい
http://toyokeizai.net/articles/-/71866
防衛省の装備調達は、これから大きく変わる
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/70516
日本の防衛産業は鎖国から開国へシフトする
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/70529
防衛省装備調達に欠落している"大事なもの"
兵器調達の際に「時間」「総額」の概念がない
http://toyokeizai.net/articles/-/69177


WEBRONZAに以下の記事を寄稿しました。
オーサさんに聞く「マンガ」の魅力と不思議(上)
初めて読んだ高橋留美子先生の『らんま1/2』に自分で色を付けました
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015060400004.html
北欧女子オーサさんに聞く「マンガ」の魅力(下)
「日本語がお上手ですね」と毎回聞かれると……
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015060400005.html

Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました
【少女漫画男性主人公に異変アリ】〜ガチムチ、オタク、キモメンらがモッテモテ!〜
http://japan-indepth.jp/?p=18452
【お粗末な自衛隊の「衛生」装備】〜チュニジアでテロにあった女性医官は「特別」なのか?〜
http://japan-indepth.jp/?p=17323
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 1】〜陸幕広報は取材拒否〜
http://japan-indepth.jp/?p=17056
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 2】〜中谷防衛大臣の答弁に違和感〜
http://japan-indepth.jp/?p=17059

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
いやもう、なんと言うか・・・・読み進めていくうち、頭痛が痛くなってきました。三菱にしても、MRJが作れるんだから高性能な戦闘機も直ぐに作れる、みたいなノリですものね。それを言うなら、ボンバルディアやエンブラエル(それらのメーカー名をご存知かはともかくw)も今頃、欧米に負けない高性能な戦闘機を自主開発しているハズですが。川崎にしても、潜水艦や飛行機を作っているとはいえ、それらは全売り上げの何%か分かっていて書いているの?と突っ込みたくなりましたが。武器輸出三原則が緩和されたとはいえ、ドイツのようにネームバリューのある装備品はほぼ皆無な状況なのに、海外メーカーと何ら比較することもなく、ただ勇ましい進軍ラッパだけ吹いている分析屋さんって・・・・・
KU
2015/07/01 18:13
>予算として5000億〜8000億円を見込んでいます。しかし、それはあくまで当初に投じるお金で、かなりのレバレッジ(テコの力)が効いた経済効果
>8兆3000億円もの経済効果が得られます」(河合氏)

乗数効果10倍超!?
90年代以降の我が国の公共投資の乗数効果はへたをすれば1を下回ると言われているのに。
まあ、与太話の類ですな。
X
2015/07/01 22:19
 証券会社のアナリストやストラテジストとかの言うことを信じていたら、カネ儲けはできません。実際に株式投資をやった経験から、確実に言えます。自分で情報を集め、判断しなければ、株でゲインを得ることは不可能です。
英知の人・エイチマン
2015/07/01 23:47
プロといってもその分野に精通した訳ではないので情報収集は出来ても分析はアレですからね。
餅は餅屋
2015/07/02 00:47
お邪魔します。
 紀藤弁護士の本の中に「『自分は負けた事が無い』という弁護士がいる。素人が聞けば凄いと思うだろうが、同業者からすれば『勝てる案件しかやっていないのだろう』と思うし、依頼者よりも自分の勝ち負けを優先する弁護士が、依頼者にとって良い弁護士とは思えない。」といった事が書いてありました。今回のエントリーで取り上げられた件も「(己の無知にすら無自覚であろう)素人相手の発言」と思われます。軍事を知らなくても投資を多少知っていれば、「世界の兵器産業の動向」ぐらいは調べるのではないかと。
 兵器は基本的には付加・効用価値を生まない「消耗品」です。しかも戦闘機とかは高騰が著しく、往年の戦艦のような「消耗できない消耗品」になりつつあるように思われます(F15:約1,200、F22:200未満)。「零戦再び」かも知れませんが、そこに入っていける「余地」があるか大いに疑問です。
ブロガー(志望)
2015/07/04 21:39
まあ、今まで軍事について何の関心も持ってない人が金の匂いを嗅ぎ付けて記事にしたってとこでしょう。
キヨタニさんが突っ込む価値は無い内容ですね。
八王子の白豚
2015/07/05 23:23
清谷様が以前、記事の中で取り上げていた会社の株が高騰しているので、売らずに持っておけばよかったと後悔しています。
ひゃっはー
2015/07/19 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
取らぬ狸の皮算用 株屋の見識の限界 経済効果8兆円超。「国産ステルス戦闘機」関連株を狙え 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる