清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS トルコ軍楽隊・メフテル、表参道をパレード。

<<   作成日時 : 2015/06/06 21:22   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


昨日はトルコの軍楽隊メフテルと海上自衛隊東京音楽隊のジョイントコンサートがありましたが、本日、原宿の表参道でメフテルのパレードが行なわれました。

画像


メフテルは世界最古の軍楽隊であり、軍の攻城、野戦、海戦など作戦中の士気の鼓舞は勿論、平時には宮殿などでのセレモニーなどでも活躍してきました。

オスマントルコのヨーロッパ侵攻の影響もあり、ポーランド、オーストリアなどがトルコに倣って軍楽隊を編成、これにプロシアやフランスなども続きました。
つまり西洋式の軍楽隊の元となったわけです。


画像

またメフテルの音楽はモーツアルトやベートーヴェンなどの作曲家にも与えました。そもそも多くの西洋楽器のルーツはオスマントルコを経由し、あるいはオスマントルコオリジンだったりします。

画像

しかしオスマン帝国末期1826年、皇帝マフムト2世によって帝国の歩兵部隊イェニチェリが廃止されるにともなって、その管轄下にあったメフテルも廃止され、1831年に西洋式の楽隊が編成されました。

1914年一時復活するも1935年、当時の国防大臣是界・アバイドゥンによって本来の役目に合っていないという理由でまたも廃止されました。

そしてその後、1953年に参謀本部の指示によって改めてメフテルが再興するされました。
画像

メフテルが長年廃されたのは、オスマントルコ時代と決別し、近代国家を作らなければならないトルコ共和国では古いオスマントルコ時代の風習を一新したいという思いがあったからでしょう。ですが共和国の基盤も盤石となり、その自信がかつてのオスマントルコ時代の伝統を復活させたのでしょう。

ただ楽曲は譜面がなく、伝承音楽だったので約90年近くの空白期間が長くなり、膨大なレパートリーが失われてしまったそうです。このため再建されてから作曲されたレパートリーも多いそうです。

画像


親善訪問で訪れたトルコ海軍のフリゲイトのクルーたちもパレードに参加しました。

画像


画像

パレード終了後、ボル(金管)の奏者が「スターウォーズ」の帝国のテーマをサラッと吹いておりました。





WEBRONZAに以下の記事を寄稿しました。
オーサさんに聞く「マンガ」の魅力と不思議(上)
初めて読んだ高橋留美子先生の『らんま1/2』に自分で色を付けました

http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015060400004.html

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

「国際軍事見本市」が、日本の国防力を高める
日本での初開催イベントの意義は大きい

http://toyokeizai.net/articles/-/71866
防衛省の装備調達は、これから大きく変わる
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/70516
日本の防衛産業は鎖国から開国へシフトする
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/70529
防衛省装備調達に欠落している"大事なもの"
兵器調達の際に「時間」「総額」の概念がない
http://toyokeizai.net/articles/-/69177

防衛省「パワードスーツ」構想は濫費である
新たに開発する必要がない理由<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/68330
「パワードスーツ」の前に防衛省がすべきこと
新たに開発する必要がない理由<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/68341

投資8000億円!新戦車は陸自弱体化への道
粛々と進む10式戦車調達の問題点<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/66868
文民統制の放棄!なぜ「空母」が生まれたか
護衛艦「いずも」は、護衛能力のない被護衛艦
http://toyokeizai.net/articles/-/64841
自衛官の「命の値段」は、米軍用犬以下なのか
実戦の備えがないため派兵どころではない
http://toyokeizai.net/articles/-/63496

strong>Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました

【少女漫画男性主人公に異変アリ】〜ガチムチ、オタク、キモメンらがモッテモテ!〜
http://japan-indepth.jp/?p=18452
【お粗末な自衛隊の「衛生」装備】〜チュニジアでテロにあった女性医官は「特別」なのか?〜
http://japan-indepth.jp/?p=17323
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 1】〜陸幕広報は取材拒否〜
http://japan-indepth.jp/?p=17056
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 2】〜中谷防衛大臣の答弁に違和感〜
http://japan-indepth.jp/?p=17059




東京防衛航空宇宙時評で以下の記事を掲載しました。


キーマンに聞く 堀地徹防衛省装備政策課長(その1)
http://www.tokyo-dar.com/sfeature/1562/
キーマンに聞く 堀地徹防衛省装備政策課長(その2)
http://www.tokyo-dar.com/news/1566/
タレス、航空機搭載型AEWシステム「CERBERUS」を、MAST ASIAに出展
http://www.tokyo-dar.com/news/1556/
BMTグループ、MAST ASIAに高速揚陸艇の模型を出展
http://www.tokyo-dar.com/news/1547/
JMUディフェンス・システムズ、MAST ASIAで水陸両用車を発表
http://www.tokyo-dar.com/news/1542/



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様

軍楽隊に興味があるので、事前にわかっていれば出かけたのですが残念です。

昨日の海自音楽隊との共演も含めて、是非、聞きたかったところです。
ブリンデン
2015/06/06 21:30
メフテルはなかなかに激動の歴史を積み重ねてきた組織なんですね、失われてしまった曲があるそうで残念です。
やはり技術は使わないと失われてしまうと考えるとバカ高い国産装備を調達することの意義を感じるところですが、しっかりとした開発と査定が行われていないように思えるのが残念です。
八王子の白豚
2015/06/07 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
トルコ軍楽隊・メフテル、表参道をパレード。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる