清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS トルコ軍楽隊来日、海上自衛隊東京音楽隊と共演

<<   作成日時 : 2015/06/06 11:38   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨日日本トルコの友好125周年を祝して、墨田区のすみだトリフォニーホールにおいてトルコの伝統的な軍楽隊、トルコ・オスマン軍楽隊『メフテル』(MEHTER)と海上自衛隊東京音楽隊の共演が行なわれました。

画像


第一部は海上自衛隊 東京音楽隊で、お約束の「行進曲 軍艦」(いわゆる軍艦マーチ)他、4曲を演奏。「琉球幻想曲」ではピアノ・ソロ、「ふるさと」では、かの三宅由佳莉三等海曹が歌いました。

画像


画像


第二部ではオスマン・トルコ軍楽隊、メフテルが「プレウヴネ行進曲」「征服の行進曲」など9曲を披露。その中には日本の「さくら」も含まれ、日本語による合唱が行なわれました。

画像


画像


画像


第三部ではメフテルと東京音楽隊の共演で、我が国ではCMやドラマでも使用された「ジェスディン・デデン」「メフテル行進曲」「突撃行進曲」が演奏されました。

画像


画像


画像


おみやげに観客全員にCDを配るなど太っ腹で大感激でした。メフテルは過去、トルコで何度も実演を見ましたが東京で、しかも海自の音楽隊との共演を見られるとは思ってもおりませんでした。メフテルに関してはまた稿を改めで書きます。



WEBRONZAに以下の記事を寄稿しました。
オーサさんに聞く「マンガ」の魅力と不思議(上)
初めて読んだ高橋留美子先生の『らんま1/2』に自分で色を付けました

http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015060400004.html

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

「国際軍事見本市」が、日本の国防力を高める
日本での初開催イベントの意義は大きい

http://toyokeizai.net/articles/-/71866
防衛省の装備調達は、これから大きく変わる
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/70516
日本の防衛産業は鎖国から開国へシフトする
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/70529
防衛省装備調達に欠落している"大事なもの"
兵器調達の際に「時間」「総額」の概念がない
http://toyokeizai.net/articles/-/69177

防衛省「パワードスーツ」構想は濫費である
新たに開発する必要がない理由<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/68330
「パワードスーツ」の前に防衛省がすべきこと
新たに開発する必要がない理由<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/68341

投資8000億円!新戦車は陸自弱体化への道
粛々と進む10式戦車調達の問題点<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/66868
文民統制の放棄!なぜ「空母」が生まれたか
護衛艦「いずも」は、護衛能力のない被護衛艦
http://toyokeizai.net/articles/-/64841
自衛官の「命の値段」は、米軍用犬以下なのか
実戦の備えがないため派兵どころではない
http://toyokeizai.net/articles/-/63496

strong>Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました

【少女漫画男性主人公に異変アリ】〜ガチムチ、オタク、キモメンらがモッテモテ!〜
http://japan-indepth.jp/?p=18452
【お粗末な自衛隊の「衛生」装備】〜チュニジアでテロにあった女性医官は「特別」なのか?〜
http://japan-indepth.jp/?p=17323
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 1】〜陸幕広報は取材拒否〜
http://japan-indepth.jp/?p=17056
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 2】〜中谷防衛大臣の答弁に違和感〜
http://japan-indepth.jp/?p=17059




東京防衛航空宇宙時評で以下の記事を掲載しました。


キーマンに聞く 堀地徹防衛省装備政策課長(その1)
http://www.tokyo-dar.com/sfeature/1562/
キーマンに聞く 堀地徹防衛省装備政策課長(その2)
http://www.tokyo-dar.com/news/1566/
タレス、航空機搭載型AEWシステム「CERBERUS」を、MAST ASIAに出展
http://www.tokyo-dar.com/news/1556/
BMTグループ、MAST ASIAに高速揚陸艇の模型を出展
http://www.tokyo-dar.com/news/1547/
JMUディフェンス・システムズ、MAST ASIAで水陸両用車を発表
http://www.tokyo-dar.com/news/1542/










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
他国の軍楽隊とコラボしてのコンサートですか、自衛隊の音楽隊のレベルは結構高いそうですから観に行った観客の方々は楽しめたのでしょうね〜
八王子の白豚
2015/06/07 22:48
歌のお姉さんのゆかりちゃんは映画ノダメカンビターノの主役を演じた上野樹里に似ています。特にショートヘアーが・・・ 歌も美しいが顔も美人です。レコード会社からの引き抜きとかあるのではないでしょうか? やはりアーティストの世界は競争が激しく、浮き沈みがあります。公務員の方がリスクが少ないから。音楽科は60歳定年で一般の自衛官より5年〜7年長く在籍できます。行政職、教師、警察官と同じ定年の年齢です。生涯所得が一般の自衛官より上回っています。芸能界デビューしなくても人並みの生活はできますからね。仮に喉が壊れても定年まで働けますからね。育児・介護は別として。
本音としては自衛隊の音楽隊では彼女の力量は発揮できる環境ではないし、もったいないと思います。
彼女の真意はわかりませんが・・
元キャプテン
2015/06/09 17:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
トルコ軍楽隊来日、海上自衛隊東京音楽隊と共演 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる