清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS まるで中国共産党 劣化する安倍自民党

<<   作成日時 : 2015/06/27 15:56   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 16

沖縄の尊厳・報道の自由を威圧 放言飛んだ自民勉強会
2015年6月27日 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH6V5TZMH6VUTFK01G.html?ref=nmail

 自民党の若手って、まるで紅衛兵やヒトラー・ユーゲントみたいですね。あるいは国防婦人会。若手といってもそれなりに社会経験もお有りでしょうに、その程度で国会議員にはなれるようです。
 そこらの街宣車で喚いている特攻服着ている連中の方がよほどまともなんじゃないの。

>首相と親しく、最初の講師に選ばれた百田尚樹氏は、報道陣に公開された冒頭で「反日とか売国とか、日本をおとしめる目的で書いているとしか思えない記事が多い」とマスコミ批判を展開。議員は「そうだ!」と盛り上がった。


 恐らくぼくも「反日ジャーナリスト」のレッテルを貼られるのでしょう。何しろ防衛省や自衛隊に不利なことばかり書いておりますから。
 陸自のUAVは大震災で一度も飛べなかったとか、衛生キットがお粗末で実戦は無理とか、こういう事実を報道しても「非国民」「アカ」扱いされるのでしょう。

 メディアはすべからく現政権とその経済政策、自衛隊を礼賛する産経新聞や日経を見習え、と。

 安倍総統バンザイ! 自衛隊最強!と提灯記事を書かない輩は、刑務所にぶち込めとかそのうち言いかねないようです。この連中は。
 ぼくからみれば政権に迎合して揉み手で提灯記事を書く連中こそ「国賊」だと思いますけどね。
 

 何しろ安倍総統、主席じゃなかった、首相の意にそぐわない報道はすべて、一緒くたでアカだ、反日・非国民とでもいうのでしょう。

 戦前は朝日新聞始めメディアは政府に耳心地の良い報道を繰り返してわけですが、それで戦争が勝てたんでしょうかね?むしろメディアのチェック機能がはたらかず、やらなくていい馬鹿な戦争をして、しかもボロ負けしたんじゃなかったでしょうか。

大西英男衆院議員(東京16区) は「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番。日本を過つ企業に広告料を支払うなんてとんでもないと、経団連などに働きかけしてほしい」。

 これが単なるハゲおじさんのファンの集会で、一般人の発言ならば苦笑物でしょう。
ですが、国会議員が「勉強会」での発言です。


自民党は権力を使って言論封殺を目論んでいる、ということになります。

 長年付き合ったきたお友達の公明党と同じ体質になりつつあるわけでしょう。お友達の公明党では事実上のオーナーの批判なんぞできませんし、創価学会は言論弾圧の実績があり、また選挙違反を指摘するとその人間を羽交い締めするような団体です。ぼくは実際にその被害にあったことがあります。

 まあ、自民党にはこの手のファシズムや全体主義を礼賛するセンセイ方が大勢いらっしゃるのでしょう。ベクトルが違うだけで共産党と全く同じメンタリティです。

 このようなセンスの集団にまともに安保法制や安全保障は勿論、経済について議論し、政策を立てられるのか非常に疑わしい。

 まあ飼い主が飼い主ならば狗も狗、というところでしょう。

  経団連が献金しているのこういう人たちに献金していることになります。メディアへの広告出向よりも自民党に献金している企業に対する不買運動が起こるんじゃないでしょうかね?


span style=font-size:larger>東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
自衛官を国際貢献で犬死にさせていいのか
海外派遣の前に考えるべきこと(下)

http://toyokeizai.net/articles/-/73521
<自衛隊員の命は、ここまで軽視されている
海外派遣の前に考えるべきこと(上)

http://toyokeizai.net/articles/-/73492
川崎重工は「世界のヘリメーカー」になれるか
http://toyokeizai.net/articles/-/73114
「国際軍事見本市」が、日本の国防力を高める
日本での初開催イベントの意義は大きい
http://toyokeizai.net/articles/-/71866
防衛省の装備調達は、これから大きく変わる
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/70516
日本の防衛産業は鎖国から開国へシフトする
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/70529
防衛省装備調達に欠落している"大事なもの"
兵器調達の際に「時間」「総額」の概念がない
http://toyokeizai.net/articles/-/69177


WEBRONZAに以下の記事を寄稿しました。
オーサさんに聞く「マンガ」の魅力と不思議(上)
初めて読んだ高橋留美子先生の『らんま1/2』に自分で色を付けました
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015060400004.html
北欧女子オーサさんに聞く「マンガ」の魅力(下)
「日本語がお上手ですね」と毎回聞かれると……
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015060400005.html

Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました
【少女漫画男性主人公に異変アリ】〜ガチムチ、オタク、キモメンらがモッテモテ!〜
http://japan-indepth.jp/?p=18452
【お粗末な自衛隊の「衛生」装備】〜チュニジアでテロにあった女性医官は「特別」なのか?〜
http://japan-indepth.jp/?p=17323
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 1】〜陸幕広報は取材拒否〜
http://japan-indepth.jp/?p=17056
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 2】〜中谷防衛大臣の答弁に違和感〜
http://japan-indepth.jp/?p=17059






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
私も国賊、アカ、売国奴なんでしょうね。前の職場を足抜けしたり、批判していますからね。 元防衛官僚の柳澤氏なんか法敵で一族朗党処刑ですよ。なんせ安倍総理の家臣だった方ですからね。飼い犬が主人に歯向かいましたからね。私は安倍総理こそ売国奴だと思いますよ!アメリカの議会で安保法制を成立するとか国会の審議の前に、アメリカに媚売りたいなら日本国籍捨ててアメリカに亡命したらいかがですか? 総理大臣の仕事は国益よりもアメリカのご機嫌取りやおべんちゃらなんでしょうか!この総理は日本を売り飛ばすんでしょう。経営者であれば背任罪で取締役会か株主総会で解任されますが・・・
安倍総理以下自民党の先生方は社会科ー歴史に関する学習能力はゼロなんでしょう。なんか太平洋戦争前のバスに乗り遅れるな、日独伊三国同盟、それに似た空気になりました。日本人は忘れやすい民族なんですかね?
元キャプテン
2015/06/27 18:31
とはいっても沖縄の新聞は結構偏った報道をしてますからね〜、百田氏が言ってることも肯けてしまうところがあります。
まあ、極論ではありますが。
ただ、政治家までこれに「そうだそうだ」とやってしまうのはいただけないですね・・・
八王子の白豚
2015/06/28 01:11
日本人一億総ネトウヨ化まったなしですね

2015/06/28 20:31
マスゴミの反日売国に対抗するのに、与党議員が言論弾圧で行くってんだから、どちらも日本にとって有害です。
マリンロイヤル
2015/06/28 22:28
自由で民主主義の自由民主党なら、言論には言論で対抗するべきでしょう。この若手のセンセイ方は、そんなことも知らんのですか。
ひゃっはー
2015/06/29 11:11
>ひゃっはー
>2015/06/29 11:11
 自由民主党の若手センセイ方の言論の自由にはとんと気づかないひゃっはー氏。
 私的な勉強会での私的な発言で、それもただの自由意見です。党の公的な会合での、公的な発言と同一視してはいけません。言論の自由は議員先生にも、あなたやマスコミに対してと同様にあるのですよ。
 むしろ問題なのは公然と盗聴を行ったマスコミであり(議員や行政機関、捜査機関がそれを行った場合を考えよう)、言論の自由を履き違えて無思考でマスコミのただの感情的な反発に踊らされてしまう情報弱者の皆さんです。
 立法措置としてマスコミを規制する法案を検討する行動なら厳しく断罪されるべきですが、合法的に敵対マスコミに対抗する手段を検討する分には、報道の自由の観点からも言論の自由の観点からも、何ら問題はありません。知らず知らずにマスコミを無条件で保護されるべき特権機関と勘違いしている輩が多すぎて困ります。言論の自由には言論の責任が伴います。その責任とは社会における法的・経済的責任であって、良心的報道の努力などの観念論ではありません。
あっひゃー
2015/06/29 15:28
清谷様へ

この種の問題は清谷さんも含めてジャーナリズムに対する侮辱、宣戦布告と捉えていいのでしょうか?清谷さん自身も聞き捨てならぬ問題だと思います。映画 連合艦隊司令長官 山本 五十六 から無謀な戦争を引き起こしたのは大本営の軍事官僚だけでなく、批判しなかったジャーナリストにも責任の一旦はあると思います。権力や特定団体と迎合するのは報道ではありません。広報・プロパガンダです。共産主義国家ではありません。日本では・・
マスメディアの仕事はチェック・批判です。故に第4の権力と言われ、ペンは剣より強しという諺があります。
政治家だけでなく、どの仕事も批判されるリスクはあります。世間の目ですが、ろくでなしのことをすると後で痛い目に逢います。それが抑止力となり、組織や個人の健全性を保ちます。それが社会というものなんだと思いますがね!
元キャプテン
2015/06/29 21:41
お疲れ様です。
実際にもうやってますよねぇ?
電通がほぼ仕切って、肝心なところでメディアの意のままにさせて、、、。
で、
汐留め本社内にCIAがあるとか。
unimaro
2015/06/29 23:31
お邪魔します。
 「頼むよ」「できない」「そこを何とか」「しょうがないなあ」でやってきたであろう政治家達にとって、「沖縄問題」は「沖縄が折れさえすれば解決する問題」であり(補助金等でしてやっているつもり?)、今の沖縄は「ゴネ続ける事で日本国内の”和”を乱す”悪”」とでも思っているのでしょう(”悪”だから「懲らしめろ」という発想になる?)。(たとえ正しい・正しくないを別にしても)「折れない」のにはそれなりの理由や必然性があるのではないかと考える、もっと言えば「自分達とは異なる考え方や感じ方がある」という事すら考えられないわけで(自分の延長でしか他者を見られない?)。
 日本は「和を以て貴しとなす」国ですから「和を乱し、摩擦を生じさせる」と見なされた言論は「存在」すら認められないのです。しかも「教義」とかと違って「一義的に明らか」にはされていないわけで。
ブロガー(志望)
2015/06/29 23:34
あっひゃー様へ
経団連に働きかけることは違法ではない、というあなたの主張はわからないでもないのですが、私の主張は変わりません。
>公然と盗聴
コレどうやってやったんですか(笑) 自民党本部で「公然と盗聴」をやっていたのなら、どうして誰も止めに入らなかったんですか?
ひゃっはー
2015/06/30 08:49
>ひゃっはー
>2015/06/30 08:49
こんなの拾いました
https://twitter.com/diofighter/status/614694211837820929/photo/1
脇の甘さと言う一点で木原稔氏が青年局長の役職を解任されても当然だとは思いますが、
本来こういう手法で入手した情報は公然とした批判には絶対に使用できないものです。「一部の若手議員の間では〜」などとソースも相手もぼかして使うような小ネタにはなるでしょうが、指名で公然と非難するなら、そっちの方が余程断罪されるべき重大事件です。
あっひゃー
2015/06/30 14:14
日経オンラインより先走る人間がいたとは・・・・

>経済効果8兆円超。「国産ステルス戦闘機」関連株を狙え

http://hbol.jp/47430

F-3を開発するのは既に決定済み、みたいな話になっているし・・・・。防衛関連企業の実情を本当に把握しているのでしょうか、この人は。せめて、「これからは航空機関連企業が狙い目ですよ」、くらいにしとけば良いのに。

KU
2015/06/30 19:45
清谷様へ

自民党の勉強会における問題発言ではありませんが、防衛省・各幕の広報からマスコミに仕事を発注するな!と圧力を掛けられたことがありますか?
自称防衛省から最も嫌われるジャーナリストにノミネートされていますので。場合によって情報保全隊から監視対象になっているかもしれません。
本当のことや的を得た指摘する人間の言葉は耳が痛いのですが、それは浪花節です。
5兆円の国家予算を使っているのでチェックされ、説明責任を求められるのは当然です。安全保障を担う機関です。しかし、日本年金機構・旧社会保険庁と同じく競合する相手もいません。国民は選択肢はありませんが・・・
反戦団体は宗教団体と同じく感情論・観念論でしか発言しません。政策論争できる団体はありません。じゃ〜どうするのか? ジャーナリスト、元自衛官、弁護士、公認会計士、国際政治学者をメンバーとする圧力団体が必要です。 チェックと批判が仕事の質と組織の健全化になります。良いクレーマーです。エゴ丸出しのクレーマーは恐喝しているチンピラと変わりません。
元キャプテン
2015/07/01 17:57
清氏「戦前は朝日新聞始めメディアは政府に耳心地の良い報道を繰り返したわけですが 」
・これは朝日新聞と同じ責任転化の見方では? 
当時、軍部が戦争を早期終結しようとしたのに、朝日が「勝っているのに何だ!」として、戦争終結しようとした軍に対し、朝日は「勝っているのに軍が戦争を止めようとしているぞ!」という記事を書き、国民に軍を批判させ、戦争継続を図ったというのは、当時を知る方々が書いています。
自分が戦争継続先導をしておきながら、負けると全て軍部の所為にして自分は平和主義者を装う。最低の輩ですよね、朝日は。
●作家の田辺聖子さんが書いている。「朝日の記事は毎日より勇ましゅうて派手で威勢が良かった。みんな朝日読んでたら気い大きゅうなる」  《元木昌彦著抜粋》
●朝日は紙面だけで戦争を煽ったわけではない。満洲事変に関する講演会や映画上映を頻繁に行ったのである。特派員による満洲事変報告演説会は東日本で70回、映画班によるニュース映画により1千万人の観衆が訪れた。

●さらに、軍に物資や資金を提供する企画も実施し、直接軍を支援したのである。読者に対しては慰問金募集も呼び掛け、短期間に巨額の慰問金を集めた。 《安田将三 石橋孝太郎 「朝日新聞の戦争責任」》

軍部は「早期終結」したかったのにさぞ、迷惑だったでしょうね。

朝日新聞の本質は、世間を大きな紛争に巻き込み、それに拠って「内容を知りたがる国民に新聞を一部でも多く売りたい」という簡単な「商売利益至上主義」でしょう。

清氏「ベクトルが違うだけで共産党と全く同じメンタリティです。」
・朝日も同じだと思います。

清谷氏の軍事評は素晴らしいものと思いますが、政府や他に対するご批判の内容は、朝日や東洋も同様だと思いますよ。清谷氏の各意見は真っ当だと思います。朝日に関する気遣いは別として。
たむたむ
2015/07/03 00:39
たむたむさんへ
コメントを読ましていただいた感想を述べさせていただきます。
コメントした内容は日米開戦70周記念映画 連合艦隊司令官山本五十六と描かれている内容と同じだなぁと感じました。公開した年は東日本大震災ー福島第一原発事故と同じです。原発事故も原子力政策の敗戦とも解釈できるでしょう。神州不滅の日本は負けるはずはない=日本の原発は事故は起きない、安全だ!という大本営発表なんですね。山本長官が若い新聞記者に自分の目で世界を見て、判断しなさいという台詞は印象的でした。為政者は情報を隠蔽したり、操作します。正しい情報を発信するのがジャーナリストの仕事でしょう。
清谷さんが自衛隊賛美提灯記事を書かないのはジャーナリストとしての意地とプライドでしょう。ペンは剣より強いですから。
元キャプテン
2015/07/03 23:31
清谷先生のおっしゃる
清谷先生はジャーナリストの鏡
2015/08/01 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
まるで中国共産党 劣化する安倍自民党 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる