清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 産経新聞杉本大本営発表 オスプレイを絶賛中

<<   作成日時 : 2015/05/29 19:32   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 10

【防衛最前線】
(30)垂直離着陸輸送機V22オスプレイ 「飛行機+ヘリ」の強み、離島防衛や救急患者輸送に活躍期待
http://www.sankei.com/premium/news/150529/prm1505290001-n1.html

まず機体の利点云々の前に、巨額の投資に見合うリターンがあるか、また陸自の予算にその余裕があるか、オスプレイの維持はヘリよりも圧倒的に高いわけですが、今後数十年にわたってその維持費を払っていけるのか。新聞ならばそのことを検証しましょうや。


防衛省は今の中期防で17機、約3600億円を掛けると明言しています。単純計算すると年に900億円ずつかかります。対して陸自のヘリ調達予算は年に250〜350億円程度、つまりヘリ予算の3倍の予算を投じるわけです。

その予算はどこから出てくるのでしょうか。念の為に申しておくと陸自は魔法を使えるわけではありません。そして内局の担当者も大臣も陸自の何の予算を削るかも明言しておりません。

人件費は削れませんから、訓練費、燃料費、既存装備の維持装備費、弾薬調達費、需品などが大幅に削られることになるでしょう。つまり、陸自の戦力は大きくそがれることになります。

無論この毎年900億円はその年に支払われるわけではなく、後年度負担で、5年分割で支払われることになりますですから次期中期防でも予算が圧迫されることになります。

リボ払いで買い物しまくったサラリーマンみたいなものです。

因みに既存のAH-1Sなど整備予算が足りずに稼働率が大幅に落ちています。恐らく半分も行っていないでしょう。どうするんでしょうね?

それに人員はどうするんでしょうかね?
内局に聞いたら、17機で約300名の隊員が必要です。それをどうやって捻出するんでしょうかね?恐らく大幅増員は無理ですから、既存の航空隊から引きぬくのでしょうが、それまたヘリ部隊の戦力ダウンになりかねません。加えて陸自ではAAV7の部隊の人員も必要です。これまた300人ほど必要です。恐らくこれも既存部隊から引き抜いて来るのでしょう。それで引きぬかれた方の部隊は回るんでしょうかね?


>固定翼機とヘリの長所を生かし、短所を解消したのが、陸上自衛隊が導入を計画する垂直離着陸輸送機V22オスプレイだ。陸自は平成30年度までに17機購入する。

ですが飛行特性にしてもメリットばかりではありません。
固定翼機よりも速度が遅く、ヘリよりも空中機動能力が劣ります。
しかもヘリと異なりまともな対地攻撃武装ができない、またなまじ速度が速いので攻撃ヘリが随伴できない。つまり敵性地域でヘリボーンを行えば、ヘリよりも被撃墜率は何倍も高くなるでしょう。

果たして、メリットとデメリットを調査し勘案したのでしょうか。

まともな評価もしないでオスプレイ導入を政治決定した安倍政権〜 1〜2
兵器は子供の玩具ではない
http://japan-indepth.jp/?p=2962
http://japan-indepth.jp/?p=2967


その辺りのメリット、デメリットを正しく把握し、きちんと運用構想があればいいのですが、まともな技術調査も運用の構想もありません。

内局の予算担当者も大臣も「何機買うのか分かりません、買ってから考えます」と答えております。それはすなわち、部隊編成の構想も運用の構想も存在しないことを意味しております。

そんな行き当たりばったりの買い物に数千億円、兆円単位のLCCをぶちこむことを決定したわけです。

恐らくオスプレイ導入によって陸自の戦力は大きく弱体化され、より装備があるだけの「博物館」化が進むことになります。当然ネットワーク化、情報化なども割りを食います。

防衛省はまともに水陸両用作戦のリサーチなんぞしてきませんでした。規模や運用が参考になるであろう英海兵隊に人間を送って調べ始めたのは今年になってからです。
あれこれ買い物をする前に、普通規模も装備も全く次元の違う米海兵隊よりも、欧州などの、より規模や運用の近い部隊を研究したくなるのが人情でしょう。

 陸自は殆どまともに水陸両用戦および、部隊編成にカネと人を使って研究しておりません。
とてもプロの仕業とは思えません。それならば高い金をかけて養成した将校など必要なく、2ちゃんあたりで巣食っている程度の悪い兵器フェチにボランティアでやらせた方が人件費もかかりませんよ。
 実際に多数の自衛隊の将校と話していると、自分の使っている装備以外には無関心な人が多く、軍事研究ですら読んでいない人間がものすごく多いのには驚かされます。外国の軍隊の将校と英語で離すほうがよほど話が通じます(例外はいますが、そういう人はあまり出世しません)。

さすが情報軽視の帝国陸軍の正当な後継者です。
「断じて行えば鬼神も之を避く」なのでしょう。まあ、それで前の戦争もボロ負けしたわけですけども。
つまり見よう見まねで、米海兵隊の劣化コピーを作ればいいや、と思っていたわけです。

AAV7にして南西諸島で運用試験をおこなったことは唯一度もございません。

とても軍事のプロとして、まじめに仕事をしているようには到底思えません。



予算のことを考えずに新型兵器を導入すれば軍が強化できると考えるのは戦前の「少年倶楽部」あたりの読者発想であり、21世紀の「社会の木鐸」が記事で描くことではないでしょう。


> 横田基地は住宅地に囲まれており、CVは特殊部隊の作戦に用いられるため、事故率はMVの約3倍とされる。MVもハワイで事故を起こしたため、沖縄県の翁長雄志知事は「オスプレイ配備は県民からすると到底容認できない」と語気を強めた。

> しかし、自衛隊がオスプレイ活用のモデルと位置付ける米海兵隊のMVは、飛行10万時間当たりの事故率が1・93回(24年4月現在)。海兵隊航空機の平均2・45回を下回っている。ただひたすら危険性を騒ぎ立てているのでは、オスプレイ導入の意義は見えてこない。


要はここがいいたいだけでしょう。であればそこにフォーカスすべきです。
事故率が低いのと、軍事的に有用な話は全く別な次元の話です。


新聞が装備調達で、カネの話ができないのは異様です。
予算や兵站に目をつぶり、ひたすら当局を礼賛するのはもっと異様です。それは防衛省からカネを貰ってつくっている御用雑誌、MAMORでやればいいことで、報道機関でやることではないでしょう。



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

防衛省の装備調達は、これから大きく変わる
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/70516
日本の防衛産業は鎖国から開国へシフトする
キーマンの防衛省装備政策課長に聞く<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/70529
防衛省装備調達に欠落している"大事なもの"
兵器調達の際に「時間」「総額」の概念がない
http://toyokeizai.net/articles/-/69177

防衛省「パワードスーツ」構想は濫費である
新たに開発する必要がない理由<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/68330
「パワードスーツ」の前に防衛省がすべきこと
新たに開発する必要がない理由<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/68341

投資8000億円!新戦車は陸自弱体化への道
粛々と進む10式戦車調達の問題点<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/66868
文民統制の放棄!なぜ「空母」が生まれたか
護衛艦「いずも」は、護衛能力のない被護衛艦
http://toyokeizai.net/articles/-/64841
自衛官の「命の値段」は、米軍用犬以下なのか
実戦の備えがないため派兵どころではない
http://toyokeizai.net/articles/-/63496

strong>Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました

【少女漫画男性主人公に異変アリ】〜ガチムチ、オタク、キモメンらがモッテモテ!〜
http://japan-indepth.jp/?p=18452
【お粗末な自衛隊の「衛生」装備】〜チュニジアでテロにあった女性医官は「特別」なのか?〜
http://japan-indepth.jp/?p=17323
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 1】〜陸幕広報は取材拒否〜
http://japan-indepth.jp/?p=17056
【陸自ファーストエイド・キットが貧弱な件 2】〜中谷防衛大臣の答弁に違和感〜
http://japan-indepth.jp/?p=17059




東京防衛航空宇宙時評で以下の記事を掲載しました。


キーマンに聞く 堀地徹防衛省装備政策課長(その1)
http://www.tokyo-dar.com/sfeature/1562/
キーマンに聞く 堀地徹防衛省装備政策課長(その2)
http://www.tokyo-dar.com/news/1566/
タレス、航空機搭載型AEWシステム「CERBERUS」を、MAST ASIAに出展
http://www.tokyo-dar.com/news/1556/
BMTグループ、MAST ASIAに高速揚陸艇の模型を出展
http://www.tokyo-dar.com/news/1547/
JMUディフェンス・システムズ、MAST ASIAで水陸両用車を発表
http://www.tokyo-dar.com/news/1542/
ECAグループ、MAST ASIAに無人機雷処理システムを出展
http://www.tokyo-dar.com/news/1550/






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
陸自は徳島なんぞにオール電化の駐屯地をわざわざ作って、何をやろうとしているんでしょうかね。敵が徳島に攻め込んでくるとでも思っているんでしょうか。そんな状態で防衛予算を増やせと言われても片腹痛いですわ。
まあ、よその県には駐屯地があるのに、なんで徳島には無いんだ、とかいうしょーもない理由で作ったんでしょうけれど。
ひゃっはー
2015/05/29 21:51
こんないい加減な調達を毎年、毎年行っているというのに、与野党やマスコミの誰一人、追及しようとしないのは何とも不思議であります。野党や一般マスコミが騒ぎ立てるてしたら、それらの装備を運用中に事故が発生したときだけですかね(「あたご」の事故の時のように)。あとは何を買おうが、それの導入が原因で他の予算や人員が削られたり不足しようが、関心も無ければ気にもしない。くどいようで何ですが、それらの原資は税金ですよね。何でこうも、無関心でいられるのでしょうか?
KU
2015/05/29 22:08
陸幕防衛部の情報通信・研究課や研究本部は装備体系や運用構想を考えているのでしょうか? 例えばショッピングモールが進出する際、地域の人口、交通量、平均所得、ゴミの排出量をリサーチして決定します。工場も同様です。部隊の見通し、年間調達、人員の確保のメド、廃止する事業・部隊など素人が考えてもわかりますが・・
つまり大本営たる陸幕は素人のガキの使い以下の仕事しかしていないんだ!パッパラパーのギャルの脳みそ程度ですか・・それじゃ富士重工から訴えられるわ!大本営の参謀達を民間企業の営業部隊へ修行だな!
お金やコストのことを勉強しないとだめだなぁ!
元キャプテン
2015/05/29 22:14
部隊のネットワーク化を進めるのならば、同時にサイバー戦の研究も少しずつでいいから、やっておかないとだめでしょう。
10式戦車内のディスプレイにある日突然、金日成や金正日の映像が映ったらどうするんですか。
ひゃっはー
2015/05/29 23:39
清谷様へ

軍事研究を読まない将校

自分は陸士・3曹時代から読んでいました。将校=幹部時代は市ヶ谷レーダーサイトや契約装備品を集中的に読んでいました。人事と装備品について情報収集していました。
佐藤守元空将のブログで日本の将校の教養のなさ・不勉強に嘆いていました。オベンチャラやゴマ摺りの勉強には専念していますが・・
試合のない運動部、お客様のいない商店ですのでモチベーションが沸いたり、維持するのは難しい業界で、だらけるのは自然の流れではないでしょうか?
元キャプテン
2015/05/30 08:58
>>軍事研究ですら読んでいない人間がものすごく多いのには驚かされます。

昔、勤務した部隊に、軍事研究と世界の艦船が直近3年分ぐらい置いてありましたが、ほとんど新品同様でした(笑)
マリンロイヤル
2015/05/30 09:12
本当に産経は愛国新聞だから都合のいい話しか載せませんね
ミリオタにとっても産経は愛読紙ですからもっとクオリティの高い記事を書いてどうぞ

2015/05/30 17:18
>自衛隊オスプレイ導入 真に議論すべきだったこと

http://trafficnews.jp/post/40555/

たまたま、ニュースサイトにて見つけました。大手マスコミも、ただ徒に危険性ばかり煽らないで、こうした記事を書く人が一人くらいいても良いと思うのですが。でも数字ばかり気にしている所ばかりでしょうら、当てにはなりませんね。
KU
2015/05/30 19:47
産経新聞には桐生悠々のようなジャーナリストはおらん、ということですね。「産経新聞の盲目的自衛隊礼賛報道を嗤ふ」といったところでしょうか。
ひゃっはー
2015/05/30 20:26
お邪魔します。
 かつてUNIXワークステーションが台頭し、今は無きサンマイクロシステムズは「PCは時代遅れ、これからはワークステーションの時代」とか言っていましたが、その後PCの性能が向上し、PCにLinuxとかをインストールすれば、ワークステーションとおおよそ同じような事ができるようになりました(無論PCの性能がワークステーションのそれを凌いだわけではないですが)。
 ティルトローター機には「可能性」はありますが、一方ヘリ等の能力向上で活躍の場を狭められる可能性もあります。シコルスキー社が二重反転ローターでトルクを相殺し、推進用ローターを供える事でより高速なヘリを聞いています。ですからそのあたりは慎重に見極める必要があるのではないかと思います。
ブロガー(志望)
2015/06/02 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
産経新聞杉本大本営発表 オスプレイを絶賛中 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる