清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐野史郎×大貫妙子 フレンチ音楽

<<   作成日時 : 2015/03/13 14:25   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

 一昨日ドイツから帰ってきたのですが、昨日はヤマハ銀座コンサートサロンで行なわれた佐野史郎、大貫妙子両氏のトークショー、『「音座銀座スペシャル」フレンチ音楽の盛り合わせ』に行ってきました。
 ぼくは10代の頃から大貫さんのファンで、20代の頃何度かお目にかかったことがありますが、相変わらずお綺麗でした。

 佐野さんは学生時代に大貫さんの所属していたシュガーベイブのファンで、ライブによく言ってた話から始まりました。シュガーベイブの解散ライブはその当日、大入りだったのでマネージャーがメンバーにはからず、勝手に翌日も「解散ライブ」をやることを決めたそうです。で、楽屋に帰ってきてその話を聞いた山下達郎氏が激怒したそうです。このため結局二回の解散ライブが行なわれ、佐野氏は解散ライブを二回とも見ていたそうです。

 また、佐野さんと大貫さんはかつて、渋谷のライブハウス、ジャンジャン(劇場も兼)で結構すれ違っていたそうです。当時大貫さんは佐野さんのことは知らなかったそうですが。


 話は主にピエール・バルーやジェーン・バーキンなど60〜70年代のフレンチポップスの話だったのですが、フォーク・クルセダーズや美輪明宏氏の「ヨイトマケ唄」とかまで脱線したりももした。まあ、美輪明宏氏もシャンソンを歌っておりましたから、無関係じゃなんですが。

 大貫さんたち日本のアーティストがピエール・バルーを日本に呼んで、一緒に仕事をしたら良くも悪くもフランス的で、結構めんどくさいオジサンだったり、佐野さんもピエール・バルーのライブで朗読したことがあったけども、ピエールが疲れたとかいって、リハの途中で帰った話とかなども披露。

 友人が昔ピエール・バルーの息子と結婚していたのですが、彼女から聞いたのですが、ピエール・バルーは95年、AV監督の中野孝雄氏がパリ行った女相撲の興行がえらくお気に入りだったとか。

 トークショーでは日本とフランスの音楽の親和性などにも話が及びました。
 料理にしても、映画、文学などで日本とフランスの親和性は極めて高い。それが両思いとなっているというようなお話です。

 意外だったのは大貫さんの「ピーターラビットと私」という曲が、LIOという80年代のフランスアイドル(ぼくはフランスの松田聖子と呼んでおりますが)にインスパイアされて、坂本龍一氏にこんなアレンジで、と頼んでできた曲だそうです。

 LIOの曲(Les brunes comptent pas pour des prunes)はその昔NHKのテレビフランス語講座で紹介され、ぼくはそれで知って結構聴いておりました。その当時は広告業界にいて、会社が当時オープンする「日比谷シャンテ」のオープニング広告に関わっておりまして、そのイメージガールの選定で、ぼくはリストに当時のNHKのテレビフランス語講座に出演していたジュリー・ドレフュス嬢を入れたのですが、それが通って彼女がキャンペーンガールに選ばれました。後に彼女はキル・ビルに出演したりしていました。

曲 Les brunes comptent pas pour des prunes
https://www.youtube.com/watch?v=hkHF0xvQOok

 ぼくは彼女には会ったことがないのですが、その後30代の時、ロンドン・パリ間の飛行機に乗っていた時、たまたま隣が日本語が流暢なフランスの外交官だったのですが、四方山ばなしをしていたら、彼が東京赴任時代、ジュリー・ドレフュス嬢の親御さんに頼まれ、彼女の後見人をしていたという話を聞きました。
 彼女の次の代のフランス語講座に出演していたドラ・トーザンとも、彼女がNHKに出る直前に知り合って未だに親交が続いております。

 何だかんだとぼくもフランスとは縁が深いような気がします。
 20代の頃に毎年何度もフランスに行くような仕事をするようになるとは思っておりませんでしたが、人生どこでどうなるか分かりません。
 佐野さんと大貫さんに上記のような共通点があったなんて意外でした。


 それから大貫さんといえば、お父様が特攻隊の生き残りで、機体の不調で自爆できず、帰ってきたらとんでもない扱いを受けたことを著作として残しております。軍事に興味のある方はぜひご一読をお勧めします。特に大本営産経新聞の報道を鵜呑みにするような方にはお勧めです。


特攻隊振武寮──証言:帰還兵は地獄を見た──
講談社
大貫 健一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 特攻隊振武寮──証言:帰還兵は地獄を見た── の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




大貫妙子 デビュー40周年 アニバーサリーブック
河出書房新社
大貫 妙子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大貫妙子 デビュー40周年 アニバーサリーブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







Pop Model
Ze Records
2011-04-04
Lio

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Pop Model の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Des Fleurs Pour Un Cameleon
Ze Records France
2006-05-16
Lio

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Des Fleurs Pour Un Cameleon の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



大貫妙子 ライブラリー
EMIミュージック・ジャパン
2003-10-29
大貫妙子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大貫妙子 ライブラリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Cliche
BMG JAPAN
2008-01-23
大貫妙子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Cliche の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに特攻で機体の不調で引き返してくると「何でそのまま自爆しないんだ」など死ぬ前提の対応だったらしいですね、酷い話です。

佐野さんと言えばあの「冬彦さん」で知られますが、とても演技の巧い俳優さんで多趣味な方なのは知っていましたが、本当に色々なところに顔を出している方なんですね〜
まだまだ知らない顔がたくさんある方なのだと思えてきました。
八王子の白豚
2015/03/14 08:51
特攻は、出撃した人達の精神に敬意を表するのは良いですが、軍事的には無能の証です。出撃させた側の人達は、作戦が思い付かないなら将校として無能なんだから、軍人を辞めるか2等兵に戻るべきです。
マリンロイヤル
2015/03/15 21:58
お邪魔します。

 自分は山本七平氏が書いていた「気概演技」というのを思い出しました。

気慨誇示の演技‐山本七平の著作を語り継ぐブログ
<http://blog.goo.ne.jp/flymetothemoon_2005/e/d517542af132bb4427f154ec500a888c>

にわりとうまくまとまっていますが

>どんなにやる気がなくても、臆病でも、全身に緊張感をみなぎらせ、静脈を浮き立たせて大声を出し、機械人形のようになることが「気慨のあるヤツ」だった。

>芝居がかった大言壮語とゼスチャー、無謀かつ無意味な私物命令と反論を封じる罵詈讒謗の連続だ。

 これらが今の日本でも見かけられる事が非常に残念です。
ブロガー(志望)
2015/03/15 22:36
こんばんは
私もトークライブ行きましたが、楽しかったですね〜。サイン会もあってびっくりしましたが、20年以上ぶりにお話できて嬉しいイベントでした。
トーク内容は私の大好きなピエール・バルーで始まった点もなんとも嬉しかったです。話題には出ませんでしたが、ミカドとか Cathy Claret なんかはどうなんでしょうね?
大貫さんのお父様、本も出されていたとは知りませんでした。是非読んでみたいと思います。
音楽の話題から特攻の話題へ ですね。
(今夜のBlue Noteのライブ最高でした!)
Ymoymo
2015/03/16 22:47
ジュリー・ドレフュスさん 知的で日本人受けする美人さんでしたね。大ファンでした。
追記
2015/03/16 22:50
>サイン会

サイン会、あったんですか!
時差ボケもあって多少ボーとしていたので、聞いていませんでした。残念。
キヨタニ
2015/03/17 10:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐野史郎×大貫妙子 フレンチ音楽 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる