清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 陸幕広報室は誠実に仕事をしているか 大臣記者会見での問答

<<   作成日時 : 2015/03/31 19:37   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 1 / コメント 23

以下は本日の防衛省大臣定例会見におけるぼくと中谷大臣のやりとりです。
どうも陸幕広報室は控えめにみても事実とは異なることを大臣に「ご説明」しているようです。
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2015/03/31.html

Q:陸自の「個人携行救急品」に関してお尋ねしたいのですが、現在の陸自の「個人衛生救急品」は、国内用のものは、包帯とか止血剤とかだけなのです。大臣が現役の頃と大して変わらないと思うのですけれども、諸外国のものと著しく劣っているのですが、こういった現状を大臣はどのようにお考えでしょうか。これで十分とお考えでしょうか。

A:私が現役だった頃は、そのような真空パックのようなものではなくて、数段進歩をしておりますし、中に入っているものも数が増えてきているというふうに思います。米軍の個人携帯と比較してみましても、1点だけ、眼球の保護具が入っていないというだけで、その他の用具は、ほぼ米陸軍並になってきております。また、海兵隊と比べればまだまだ不足したものがございますが、これにつきまして今、国外に派遣される隊員につきましては、その携行具に加えて、チェストシート、止血ガーゼ、人工呼吸用シート、手袋、はさみを装備をした個人携行を予定しております。これらに比べて部隊の展開時、これには方面衛生隊及び師団、旅団内の衛生科部隊、これが「野外医療セット」を装備して活動しておりますので、この個人の応急処置をした後、衛生科の隊員が受傷者を後送の上、さらなる救護処置を施すということでございますし、医官についても、「医官用医療のう」を装備しておりまして、その必要に応える態勢はとっております。

Q:大臣、ちょっと誤解があるようなのですが、個人衛生キットの内容は、今おっしゃった中でこれが全部そうなのですが、国内用に関しては、この2つだけなのですね。つまり、ケース以外は包帯と止血剤(止血帯の誤り)だけなのです。これだと銃創とか火傷には対応できない、つまり実戦を想定していないように思えるのですが。また、この全体のPKO用の海外用のものに関しても、米軍に比して著しく内容が劣っているのですが、全く同じというのは、認識がいかがかと思うのですが、いかがでしょうか。

A:その比較は、国内用と国外用ということで、国外に派遣される場合は、その8項目が入ったものでございますが、国内用は、3種類ということですが、有事のときは、フルで装備をするというふうに聞いております。

Q:例えば、急にフルで装備をしても、全く普段訓練をしていなければ使えないかと思うのですが、いかがでしょうか。

A:そのものにおいて、現状、もう一回確認をいたしておきますが、訓練はしているということです。

Q:フル装備に関して、PKO用のやつと同じものを国内の隊員にもしているということになりますか。

A:それは確認はしてみたいと思いますが、PKOの際は、フルで装備しますが、一般の隊員が、それを平時から訓練しているかについては、もう一度確認をいたしたいと思います。

Q:長くなって恐縮なのですが、実は、この件に関して取材を申し込みまして、陸幕に申し込んだのですが、直接、担当の方に「取材をさせない」と。つまりインタビューできないというふうに言われまして、おかしいのではないかと。それで、こういうものですから特に防衛秘でもないでしょうし、そこで陸幕長の会見のときに伺ったら、陸幕長が「善処しなさい」というふうに広報室に指示をしたのですが、その後も広報室の対応は変わらず、それでしょうがなく、一問一答という形で取材をさせていただいたのですが、そのあと、「どなたの権限で取材ができないのですか、それを教えてください」と言って、メールを送り、電話をし、FAXも何度も送ったのですけれども、3か月くらい連絡ないんですよ。ということは、陸幕の広報室は、陸幕長の指示に従わなくてもよろしいというのか。もしくは、陸幕長の「善処せよ」というのが、都合の悪い質問とか取材は無視しろと。どちらかとしか考えられないのですが、大臣、どうお考えになりますでしょうか。

A:それは、広報の状況はもう一度確認をしなければならないと思いますが、できるだけ、国民の皆様方にも、こういった点においては、広報に努めるべきではあると私は思っております。

Q:では、この件に関しては、陸幕の広報から書面で回答をいただけるというふうに考えてよろしいですか。

A:訓練の中身とか、自衛隊の能力を公表することにおいて、陸自は陸自なりの判断をお持ちだと思いますが、ご指摘された点においては、一般隊員がそういった点において、対応できる能力を持つべきであるというような趣旨ではないかと思っておりますので、それは、おっしゃるとおりでございますので、ご指摘いただいた件、引き続き検討してまいりたいと思います。

Q:問題なのは、3ヶ月にわたって回答を黙殺する、質問を黙殺するという陸幕の態度なのですが、陸幕長がそういう命令、「善処しろ」と言っているのにもかかわらず3ヶ月にわたって黙殺しているという、こういう上の者の命令を下の者が聞かないという、そういうことが陸上自衛隊の中では普通に行われているのではないでしょうか、もしかすると。そうしか考えられないのですけれども、これについてどうお考えですか。

A:私なりに意見を聞いておきたいと思います。ご指摘いただいた隊員がそういうものに習熟をすべきであるということは、ご指摘いただいた点、大変ありがたいと思っております。



本日発売の週刊朝日に上記の「個人衛生携行品」などに関するコメントをしております。


週刊朝日 2015年 4/10 号 [雑誌]
朝日新聞出版
2015-03-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊朝日 2015年 4/10 号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





以下の記事を寄稿しました。

東洋経済オンライン
自衛官の「命の値段」は、米軍用犬以下なのか
実戦の備えがないため派兵どころではない
http://toyokeizai.net/articles/-/63496

中国がスーダンの武器産業を支援する理由
急激に勃興する武器輸出大国の秘密とは?
http://toyokeizai.net/articles/-/62626

日本の武器輸出戦略には致命的な弱点がある
国際見本市で中小企業を積極支援するべき
http://toyokeizai.net/articles/-/62456?cx_click_topnews=article_header

Japan in Depth
【日本の「文民統制」は「官僚統制」】〜政治が軍を統制しない国、日本 1
http://japan-indepth.jp/?p=16012

アブダビのIDEX 2015、IWAに関しては東京防衛航空宇宙時評でレポートしていきます。
http://www.tokyo-dar.com/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
陸幕広報室長、松永康則1佐の見識 嫌な質問からバックレていいのだ
 さて「個人携行衛生品」に関する陸幕広報室の対応が不誠実であることを問題とし、岩田陸幕長、中谷大臣に質しました。  以下は大臣会見のやりとりです。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2015/04/18 12:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様へ

Q1 国内用と 海外・PKO用を区分する理由や必要性は理解できません。国内用は軽傷で、海外用は重傷?それは常識から考えてナンセンスでしょう。予算の関係だと思いますが。確かに平時からフル装備で訓練しないと能力を発揮できないことは自明の理だと思いますが。あと医療法や医師法の関係かな?

Q2 3ヶ月も回答がないというのは、陸幕長の指示があるにも係わらず
サボタージュ?と捉われてもおかしいと思います。ガバナンスの観点で問題だと思います。お役所仕事と言われればそれまでですが。清谷さん、他の官公庁や企業でこのような対応は実際あるのでしょうか? 陸幕広報室の対応は防衛大臣や陸幕長に恥をかかせている行為だと個人的に思います。陸幕長の命令・指示に従わないことは規律の維持の観点で黙認できないのでは?

広告代理店で働いてた経験のある清谷さんにとって釈迦に説法ですが、広報とは信頼を得る、組織のイメージをアップさせるのが仕事です。3ヶ月も音沙汰なしというのは、上記の目的から仕事をしていないと判断されるのではないでしょうか?それともフリーは相手にしないという上から目線な態度?やばいことがあるから?が考えられます。 自分は信頼は情報公開に始まると思います。自分の胸を開かない限り、相手も胸を開くはずがありません。秘密は自衛隊の専売特許ではありません。民間企業も秘密はあります。
国家予算=税金で購入していますので 説明責任はあります。自分が現役の頃から体質は変わっていないでしょう。自分の知人の2佐は、自衛隊には説明責任は関係なしと力説していました。やはり、お客のいない商店か?
元キャプテン
2015/03/31 23:10
相変わらず、変わっていませんね、以前の業界は?
よく隊舎に飾っている地域との一体化や国民との信頼構築という言葉は念仏みたいです。口先で信頼を得られるほど世の中甘くないですよ。情報公開や説明責任という概念がないでしょう。確かに防衛秘密というものがあります。秘密が存在するのはどこの官庁・企業も同じでは? 病院では、手術の件数、ガンの5年生存率、平均入院日数をホームページで公開しています。手術の映像を公開しています。医療は信頼があって成り立っていますから。学校でも生徒や保護者から評価され、ホームページで公開されています。個人的には軍事情報は国民で共有されるべきでしょう。国家予算=税金で購入していますので。
元キャプテン
2015/04/01 06:50
身も蓋も無い話になりますが、陸自には部外者の質問に「回答しなければならない」規則はありませんし、
回答しなかった場合の罰則規定もありません。
だから陸幕長が清谷さんに善処しますと言っても広報室が動くとは限らない。
「清谷氏の◯◯と言う質問に対して陸幕広報室は◯◯日までに回答せよ」
といった具体的な指示でもない限り「ただ今関係部隊に照会中」でいくらでも引き延ばせる。
それに対して陸幕長が早くしろとハッパをかけるかといえば、この場合かけないでしょうね。
「ふむ。照会中ならしゃあないな。まあ引き続き『善処』するように」「はっ、『善処』ですね。承知しました」でオシマイでしょう。
月並みですが、けっきょく有権者納税者が安全保障に対して公式見解を鵜呑みにせず、自分の頭で色々考えるしかないんですよ。
きらきら星
2015/04/01 11:42
1、国内向けと海外遠征向けの医療用品は異なる
2、海外向けの医療用品は米軍のそれに近いものをそろえてる
3、海外向けの医療用品で、相応の訓練を行っている

って事ですね
訓練はちゃんとやってるけど、医師法の問題で対処できない事がある、みたいな事は中の人も言ってますし、法改正が待たれますね
改正されれば自ずと医療体制が拡充されるでしょう

まあ、取材申請に返事がない、ってのはまあ良くある事なのでは無いでしょうか
相手方組織や相手方担当者との間に信頼関係が醸成されてないと、何事もスムーズにはいかないんでしょうね
対応義務が無い以上は、面倒事を後回しにしたり無視したりは民間でも当たり前ですからねぇ
生こぶ茶
2015/04/01 17:46
提灯持ちを信頼関係とは言わんでしょう。
公式発表を追認するだけの記事なんざ、書いてる人間の頭蓋骨の中身が空っぽだと言ってるようなもんですよ。
きらきら星
2015/04/01 19:27
大変お疲れ様です。
返事しない、ってことが「当たり前にあること」だと、認識してしまっていること、事態が「異常」では?
帰国後、そのような「日本式常識」が多々目に付き、「恐ろしい社会にいるなぁ、、気をつけねば!(どうきをつけるんだよww)」などと思って毎日を過ごしています。
東南アジアのスラム人たちや香港まひあの上の方の奴らの方がよほど理解しあえます、容認するかどうかは別として。
unimaro
2015/04/01 22:41
この話は前からキヨタニさんが指摘してきたことですよね、陸幕は産経とかが聞いたことには誠意ある回答って奴をしてくれるんでしょうけどフリーのジャーナリストは揚げ足を取ったり批判記事しか書かないから答えなくていいや、と考えているのでしょうか?
批判もある意味応援なんだと思えば自ずと対応が変わると思うんですけどね〜
ま、自閉隊だから無理かな・・・・
八王子の白豚
2015/04/02 00:15
対応出来なくなる秘孔を突かれたのでしょう(笑)
マリンロイヤル
2015/04/02 17:34
自衛隊の業務処理、仕事の姿勢はとても大人の対応とは思えません。たちかぜ事件が証明しています。石破先生の著書である試合のない運動部、お客様のいない商店、圧力団体なし、自閉隊と揶揄しています。また、世間では大人の幼稚園、中年介護施設、与太郎更正施設と揶揄しています。
現役の頃、ある企業の営業マンから、官側=自衛隊の対応について苦言を言われたことが度々ありました。回答が遅い、敬語がまともに使えない、ビジネスマナーがなっていない。横柄で上から目線で、不愉快に感じたという苦情がありました。
じゃ〜どうすればよいのか? 外部人材を登用・採用する方法です。現在の26歳までを30歳まで引き上げる。社会人枠を設け、35歳までとする。純粋培養より、組織を活性化させます。階級や給与は前職の待遇・地位を考慮します。 硬直した組織・人事を見直す必要があります。
元キャプテン
2015/04/04 11:09
みずほ銀行やJR北海道も不祥事や大事故をやらかす前に、色々な予兆がありましたもんね。この事例が、まさにその予兆なのかもしれませんけど。
ひゃっはー
2015/04/04 19:06
自衛隊は足下がお留守なのですね・・・
寒気がします
消費税増税反対
2015/04/04 21:30
長くなって済みませんが、連投失礼します。


報道関係者からの質問で申せば、たとえば、腐った鶏肉で作ったチキンナゲットを販売した日本マク
ドナルド、学習している児童・生徒の名簿が社外
流出したベネッセコーポレーション、これら2つの会社が、メディアが納得できる回答をしないで、
真相を明かさない(たとえば、質問から3ヶ月
たっても回答しない、またその時点でも回答する
かどうかの体制なのかどうかもわからない。)
だったら、両社の株価はどうなっていたでしょうか。また、両社の顧客たちは、どういう消費行動をとったでしょうか。両社とも、行政機関の介入は
ありましたが、ことの事実・詳細が明らかになり
ましたが、その後の株価、業績とも、目を覆うような状況となっております。
ケロ山
2015/04/05 11:40
また、参議院外交防衛委員会に遅刻した片山さつき委員長(参議院議員)は、涙を流して遅れた理由
の説明と謝罪を記者会見で行いました。片山さつきと言えば、経歴はいまさら必要がなのですが、元旧大蔵省のキャリア官僚で、主計局では、防衛担当の主計官として、防衛予算の許可・不許可、各部門への予算の割り振りを行っていた方です。
当時の防衛庁からは、制服組を始め、担当者が
「ご説明」に大蔵省に足を運んだのですが、実質的な防衛庁のカウンターパートは、次官でした。
(役人のレベル的な話ですね。)
ケロ山
2015/04/05 11:42
こういう表現は嫌なのですが(ものごとをわかりやすくするために敢えて書きますが)、僻地の地方自治体の最低レベルの職能クラスの一公務員でも、その身分は、法律により厚く保証されています。いわんや片山さつき氏です。彼女には、それプラス、強大な権限を国家から与えられていました。
彼女は今回涙を流しました。政治家にとって選挙がいかに恐いかが分かります。かれらは、政治家であり続けようとすれば、一定時間後に『審判』を国民から「選挙」というかたちで受けます。
ケロ山
2015/04/05 11:44
さて今度は上西小百合衆院議員です。「維新の党」と「大阪維新の会」は4月4日に、上西百合子氏を除籍処分することと決めました。(読売新聞の報道によります。)

街中でのテレビ局記者の質問に対し、「質問は事務所を通してください。」とテレビカメラに答えた上西氏でしたが、橋下徹氏はそれについて、「本人自身の行動についての質問なので、本人がその場で答えるべきことだ。」と批判していました。結局上西は、報道機関・国民が納得できる説明はしませんでしたし、事実を明らかにしませんでした。除名処分をもって上西氏は、「議員は辞職せずに、今後、独自に政治活動を行なう」と述べています。
週刊文春が4月2日発売号で報じてから、2日後にこの動きです。
言うまでもなく、彼女には『審判』を受ける日が来ます。
政治家は、選挙で落ちれば「タダの人」となってしまいます。
ケロ山
2015/04/05 11:48
翻って清谷氏ですが、陸幕広報室は、3ヶ月以上、清谷氏の質問・要望に対して、一切回答していないそうです。想像するに、「沈黙は金」なのでしょうか?上記に挙げた、2つの企業、2人の個人だった場合、『沈黙』という不作為とった場合、どうなっていたでしょうかね?

自分達が勤めている組織は、「親方日の丸」だから
株価の業績の検証も無いので、大船に乗った気分なのでしょうか。また、公務員法で身分が手厚く守られているので、『政治家なんか恐くない』でもあるのでしょうか。
ケロ山
2015/04/05 11:50
個人衛生キットに目を落としますと、清谷氏は発表した問題があるとするならなば、「公務員法で厚く保証された日本の公務員たる地位」を一切粗忖度しない、人民解放軍の兵や過激派武装集団が放った弾丸が、容赦なく自衛官の肉体を貫いた場合、彼と同僚は、現場で応急処置が取れない可能性が大です。市ヶ谷に居る幹部職員の不作為は、紛争地域に派遣される現場の自衛官に血によってあがなわれかもしれません。
ケロ山
2015/04/05 11:52
前の大戦のときはどうだったでしょうか。軍部は情報をひた隠しに隠し、御用メディアが「大本営発表」に基づく、勇ましい報道をし続けました。「親方日の丸」ですが、2発の原子爆弾にはかないませんでした。あれほど勇ましかった「愛国報道」のあとに全国民が聞かされたのは、『玉音放送』でした。

(終)
ケロ山
2015/04/05 11:53
ケロ山様へ

おっしゃる通り、身分保障は弱体化します。一例を申すと、現役時代にこんなこと抜かす輩いました。
遊んでても給料貰えるからよ!存在することが存在理由だ。40代の上級陸曹で、隠居モード 仕事は若い衆に丸投げ、しまいには年寄りに働かせる気か!と逆ギレされる。無駄な行事や作業に人手を差し出すと自衛隊の人件費はタダだからよ!これ、本当の話です。こんなザマで戦争どころか試合にも勝てません! 産経新聞社を筆頭に自衛隊マンセーなマスコミは知っているか知らないか、わかりませんがそんなことは問題視しません。石破先生の著書で試合のない運動部=戦争サークルと主張する根拠です。また、芸は身を助けるという諺がありますが、自衛隊の場合は芸は身を滅ぼします。仕事のできる人間は丸投げされ、過労死寸前です。自分の先輩=3佐は3ヶ月休みなし、平均睡眠時間2〜3時間、 1割の仕事ができる層が90%の成果を占めています。アメリカのGDPみたいなものです。 はっきり言えば北朝鮮人民軍と同じ穴のムジナです。
元キャプテン
2015/04/05 20:57
ネットのミリタリーオタクの反応は「取材の仕方が悪い!」「大臣に対する態度が悪い!」「だから質問に答えなくても当然!」みたいな感じで、恐ろしい。公務員なのに。

軍事ジャーナリスト清谷信一「日本のファーストエイドキットが貧弱なことを取材しようとしたら拒否された」
http://togetter.com/li/804482



ちなみに擁護的な意見。

https://twitter.com/Panda_51/status/584617694701420544
「清谷さんは機械的に列挙してるので大きな差があるように見えますが、陸自の国外用セットとIFAKUの差って、経鼻エアウェイの有無を除けば、気胸の緊急脱気ができるかと、末梢静脈路を確保できるかだけで、どちらも現行法で一般人がやるのは厳しそうなんですよね」

https://twitter.com/Panda_51/status/584621962359627776
「ちなみに、末梢静脈路確保や気管挿管など「特定行為」は、平時は医者の電話指導下でないと出来ませんが、311直後に「通信事情等の問題から医師の具体的指示が得られない場合」は現場判断でOKという見解が出てますので、武力攻撃事態でもそういう見解出してもらえばOKな気がします」
taffy
2015/04/06 06:16
陸幕は嘘をついてます。
現役ですが、国内用セットの
訓練したのは教育隊で一回ぐらいです。部隊でやった記憶はありません。訓練用に予算がないという理由だと思います。もちろんすっかり忘れてしまいました。職種によっても違うのかもしれませんが、全隊員が定期的に訓練すべきです。米陸軍に研修にいったのですが、その部隊では、毎月救急法を訓練してます。
陸幕の嘘
2015/04/12 13:13
〉陸幕は嘘をついてます。

ぼくもそう思います。
キヨタニ
2015/04/13 21:57
陸幕の嘘さんへ
自分も元同業者でした。滅菌パック又は真空パックした救急包帯は知っていますが、問題の国内セットや海外用セットの内容がわかりません?
確かに救急法検定というのは有名無実化、形骸化しています。戦争を想定してませんから。よく言えば設備投資、悪く言えばハコモノに熱心、被服や衛生用品にはあまり重要視していない体質です。釈迦に説法ですが迷彩シャツの支給はよくて2〜3着でしょう。大半は厚生センターの売店で自費購入する。ブラック企業みたいなものです。北朝鮮人民軍をバカにする資格はありません。こういう些細なことは大手マスコミは報道しません。あなたも現役で、バレたら立場は悪くなります。しかし、問題意識を感じていることはリスペクトします。中には思考停止し、平穏無事に定年を迎えたいこと流れ主義・保身だけのオッサンもいます。思考停止の方々をリストラできればいいのですが、公務員の身分保障でクビにはできない。組織の弱体化・腐敗に繋がると思います。
元キャプテン
2015/04/13 23:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
陸幕広報室は誠実に仕事をしているか 大臣記者会見での問答 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる