清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は軽装甲機動車を持ち上げる産経新聞の杉本康士記者の見識を疑う

<<   作成日時 : 2015/03/30 10:39   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 15

【防衛最前線】(22)
軽装甲機動車 愛称「ラブ」 「治安維持」「邦人救出」自衛隊海外派遣の強い味方
http://www.sankei.com/politics/news/150327/plt1503270001-n1.html

>イラクに派遣された際は7.62ミリ小銃弾に耐えられるよう改装した。

軍オタ的には、正面装甲は12.7ミリに耐えられるじゃなかったっけ。ネット上の自称技本の人間と称する輩の言を真に受けて。
ぜひとも杉本記者、これは一体どういうことですか?」と産経新聞に抗議しないと(棒読)。


そういえば産経の過去の記事で12.7ミリ弾に耐えられると書いていた記事もありましたったけ。

杉本記者は防弾ガラスの変更のことを、装甲の変更と勘違いしているのでしょう。

 軽装甲機動車の装甲のレベルに関しては諸説あります。以前は技本の人間が5.56ミリ弾までは耐えられるとか仰っておりましたが。中の人達は結構皆さんバラバラなことをおっしゃいます。これは秘扱いになっているからでしょう。

 いろいろ調べたのですが、極めて信頼の置ける関係者によると陸自の要求は7.62ミリのカラシニコフ弾(7.62×39mm)に耐えられるというものだったらしいです。
 ですが7.62ミリNATO弾(7.62x51mm )やソ連系の7.62mm×54Rまでに耐えられることは要求さていませんでした。その関係者によると多分OKとは言っておりましたが、防げない可能性があります。

 7.62ミリのカラシニコフ弾には耐えられるけど、7.62ミリNATO弾(7.62x51mm )やソ連系の7.62mm×54R弾に対しては怪しい、というところでしょう。これは実際に撃ってみないと分かりません。そのような試験を陸自や技本が行ったかは不明ですが、要求してないものは試験していない可能性があります。

 しかしこんなことを「秘」扱いして意味無いでしょう。装甲の厚さをみれば概ねの防御力は想概ね像できますから。だいたいどこの国でも、この種の装甲車輌の装甲はレベル1程度で、それに増加装甲をつけるの普通です。

 ところが自衛隊は指揮官レベルも含めて、隊員に対して教えていません。ですから現場では、いざ突撃という時に、大丈夫かな、蜂の巣なるかなと、ドキドキものです。ですから現場ではまともな戦術行動を取れない可能性があります。

 陸自は軽装甲機動車をAPCとして多用していますが、こんな奇特な「軍隊」は陸自だけでしょう。今更あれこれ書きませんが、サイスが小さいなど多くの不便があり、事実上機械化歩兵のメリットを放棄しています。予算を減らし、人間を減らすためでしょうが、あまりに内向きな理由です。

 本来この種の軽装甲車輌はパトロールとか連絡、対戦車などの任務に使用します。

>安倍晋三政権が目指す安全保障法制の整備が実現すれば、自衛隊は海外でより危険な任務に従事する可能性がある。政府は国連平和維持活動(PKO)や人道復興支援で、新た
に治安維持や停戦監視も行えるようにする方針だ。これまでの施設整備や選挙監視を中心
とした活動とは異なり、散発的な襲撃に遭わないとはかぎらない。

>陸上自衛隊のは、こうした任務には欠かせない装備といえる。


 ところが軽装甲機動車はこの手の任務には失格な車輌です。構想が80年代のシロモノであり、イラク派遣で多少手が加えられても現在の戦闘に使用するのは不十分です。

 まず防御力が弱い。ご案内のように装甲のレベルはNATO規格のレベル1程度で、増加装甲もスポールライナーもない。計画ではスポールライナーを装備する案もあったのですが、コストが上がるので却下されました。
 近年他国ではこの種の任務の軽装甲車輌の装甲レベルはレベル2〜4です。軽装甲機動車は車体下部は恐らく、破片型手榴弾に耐えられればいいところでしょう。対戦車地雷やIEDは勿論、対人地雷でも結構剣呑な被害を受ける可能性があります。敢えて死体と不具者の山を築きたいというならば何も申しませんが。

 また不整地走行能力が極めて低いため、舗装道路上以外では事実上使い物になりません。これではPKOなどで使用するのには向いていません。

 有り体に言えば、軽装甲機動車は警察などの治安維持向けの装甲車です。こんなものを軍用装甲車と称するのは羊頭狗肉のたぐいです。しかも冗長性がないから近代化してエンジンの強化や、防御力の強化もおぼつきません。

 こんなものを買うならば、諸外国で作っているランクルベースの装甲車を買ってきたほうが余程マシです。値段も3分の1程度です。


 軽装甲機動車は空自も基地警備で使用していますが、車体の特性を考えれば、これは正解です。空軍基地には対した不整地はありませんから。


>政府は25年1月のアルジェリア人質事件を受け、緊急時に在外邦人の陸上輸送
を可能とするよう自衛隊法を改正したが、LAVを現地に持ち込んで邦人を輸送すること
を想定している。現地の車両を借りて輸送を行う場合も、防衛省は「軽装甲機動車で前を
先導する、あるいは後ろを護衛し、借り受けた車両を挟むような形で対応する」(幹部)
と説明している。


 恐らくはこの間買ったMRAPを護衛するというのでしょうが、IEDや地雷で被害続出でしょうね。隊員なんぞは使い捨てだと思っているのでしょう。
 アフガンやイラクなど実戦を経験した部隊をキチンと調べればこんな与太は言えません。「軍事研究」すら読まず、アサヒ芸能くらいしか読まない幹部がいいそうなセリフです。

 老婆心ながら杉本記者は世情に疎い自衛官のいうこと(特に広報室経由の公式見解)を鵜呑みにするのではなく、世界の軍隊の現状を取材し、彼らの言がどの程度信用できるか検証すべきです。
 いつも言うことですが、我々ブンヤはまず疑うことが商売です。ところが杉本記者は信じるところから始まっています。これでは赤旗や聖教新聞など特定の宗教を信仰する団体の機関紙の記者と同じです。

 産経新聞の自衛隊の記事を書く記者には、軍事知識と取材対象を疑う能力は必要とされていないようです。

以下の記事を寄稿しました。

東洋経済オンライン
自衛官の「命の値段」は、米軍用犬以下なのか
実戦の備えがないため派兵どころではない
http://toyokeizai.net/articles/-/63496

中国がスーダンの武器産業を支援する理由
急激に勃興する武器輸出大国の秘密とは?
http://toyokeizai.net/articles/-/62626

日本の武器輸出戦略には致命的な弱点がある
国際見本市で中小企業を積極支援するべき
http://toyokeizai.net/articles/-/62456?cx_click_topnews=article_header

Japan in Depth
【日本の「文民統制」は「官僚統制」】〜政治が軍を統制しない国、日本 1
http://japan-indepth.jp/?p=16012

アブダビのIDEX 2015、IWAに関しては東京防衛航空宇宙時評でレポートしていきます。
http://www.tokyo-dar.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様へ

軍事ジャーナリストや防衛省担当記者は元自衛官が適任でしょう。軍事的見識は問題ないでしょう!広報にとっては、ハッタリは通用しません。逆に自衛隊の精強化・健全化に繋がります。ある自分の同期は退官後、軍事ジャーナリストを志しています。理由は上記と防衛問題を世間に発信するためです。
清谷さんに提案ですが、元自衛官を弟子にし、軍事ジャーナリストとして育成するのはどうでしょうか? 防衛省にとって脅威になります。蛇の道は蛇です。その方が隊員の利益と幸福になります。
以前、地元で地方防衛局主催の防衛セミナーで防衛研究所の研究員や地本部長と弾道ミサイル防衛の費用対効果や北朝鮮の軍事力の過大評価について議論しました。地方防衛局の役人や地本の職員はとんでもない奴が来たと思っていたと思います。多分、二度と開催しないでしょう。このように専門的な知識・経験がある人間をジャーナリストとして育成することは仕事の質を高めます。 ちなみに雑誌軍事研究は陸士の頃から定期購読していました。先輩の陸曹から、オタクとか陸士が読むのは早い、幹部になってから読めと馬鹿にされました。給料貰っているからプロの軍人でしょう。私は当然だと思います。先輩方は大人の特選街、パチンコ必勝法を読み、やはりプロ意識の欠けるサークルでした。石破先生の試合のない運動部でした。競技会や検閲でいい評価を得る。実際はそれが訓練の目的?だそうです。そりゃ目的でなくて、手段だろ!履き違えるなよ!
元キャプテン
2015/03/30 13:46
全部ブッシュマスターに代えるべきでしょう。
マリンロイヤル
2015/03/30 17:36
お疲れ様です。
写真見たのですが、素人の疑問です。
正面のエンジン前部のガラリ部分を撃たれたら?
あそこ冷却部分ですよね?だから空気流入口になっているのでは?ならば中は、、、
ウリはど素人ですのでよくわかりませんが、普通の素人は、普通にそのように疑問に思うと思います。
unimaro
2015/03/30 18:08
清谷様へお願い
ボランティアで現役自衛官の人権相談をしています。そこで海自厚木基地の女性1尉が部下をパワハラ・虐待しています。それだけでなく、部下に名誉毀損の慰謝料を100万円請求しています。被害者の部下は精神的ショックで自殺未遂や精神科で治療を受けています。日刊ゲンダイや東京新聞でも取り上げられています。詳細は同業の小西誠氏が事務局を務めている自衛官・米兵人権ホットラインを参照してください。取材して記事にするなり、大臣への記者会見で質問してください。
ここからは、私の独り言です。この事案は到底黙認できません。元同業者、元幹部自衛官として許せません。たちかぜ事件を忘れたのでしょうか?全く学習効果がありません。例の愚かな1尉は天に唾を吐く行為というか自爆テロです。まだ三下のチンピラの方が賢いです。パワハラの被害回避のため横須賀に転属している隊員に任意の家宅捜査がありましたが、横須賀地方総監部はその隊員を擁護し、大弁護団を結成する構えです。厚木の航空集団司令部はヤグザ女を擁護しています。艦艇=横須賀対航空=厚木の対立構造になっているらしい。大本営の海幕はガキの使い以下で放置プレイですわ! 横須賀地方総監部はたちかぜ事件の教訓から、ましになりました。その部分は評価に値します。 この問題は緊急性が高く、尊厳に関わる問題です。組織の骨幹に関わる問題で、自衛艦隊司令官や航空集団司令官の辞任では済まされない問題ではないでしょうか。たちかぜ裁判で高い授業料を払いました。全く学習効果がありません。若者が入らない、まともな隊員は去る、人手不足で事故は起きる。海自の上層部のみなさん、危機感感じているんでしょうか? この行為は背信行為、利敵行為ではないでしょうか!
元キャプテン
2015/03/30 19:27
>正面のエンジン前部のガラリ部分
その通りです。被弾に弱く、構造上の弱点です。
>パワハラ・虐待
こういう問題は実は難しいのですよ。

双方に言い分がありますから、それが0:10なのか、3:7なのか第三者がわかりづらい。わかったふりをして片方を叩くのが、メディア・スクラムです。これが加害者が被害者を殺害したとかであれば、わかりやすいのですが。ですから扱うのは非常に慎重を要します。またぼくが被害者するとそれがまた当局を刺激したりして余計に状況が悪くなる場合もあります。
かなり周辺取材を行なわないと書けない案件です。

キヨタニ
2015/03/30 19:57
アフガニスタン軍が使用している装甲車にすらも、IEDを起爆する電波を妨害するアンテナが付いてますよ。軽装甲っていつの時代のどこの国の装甲車なんですか。
ひゃっはー
2015/03/30 22:24
清谷様へ

メール相談で被害者が賠償要求され、今から死ぬ!とか自宅に警察が家宅捜索されたと訴えています。例の馬鹿女は被害者を精神的に追い詰め、パワハラを隠蔽したり、職場では部下の携帯を取り上げたり、部外に相談すると刑事告発・民事訴訟すると恫喝しています。これはたちかぜ事件のクズ2曹と変わりません。厚木辺りで取材すればわかるのでは? 確かに政策や予算も大事でしょう。しかし、緊急的な問題で人権に関わります。被害者はますます増えます。実際、自殺未遂が起きています。清谷さんは税務署長や図書司書を追い詰めたと聞いています。清谷さんの執念深さで取材してください。お願いします。
元キャプテン
2015/03/30 22:33
まあ、軽装甲機動車は一見して96式装甲車より軽便で高機動車より防御力あるのでとても使い勝手が良く見えるんですけどね・・・
でも大体実戦に投入するとこの手の兵器って評価が暴落するんですよね〜
例えば映画「ブラックホーク・ダウン」で描かれたようなゲリラや民兵がAKやRPGをバカスカ撃ってくるような状況で、この車両が生き残れるとは思えないのですがね。
89式装甲戦闘車の大規模調達を諦めた時点で陸自普通科の装甲化は夢と終わった訳ですか・・・
こんな心許ないソフトスキンでPKOの任務に就かされる隊員には同情の念を禁じえません。
八王子の白豚
2015/03/31 00:18
産経記事に対する反論が推測に依存しすぎているように感じます
機密に指定されてる防御力なんて一民間人に、しかもあの清谷信一に漏らすわけがないのですから、もっと別の角度から否定すべきでは無いでしょうか
例えば車格、例えばタレット、例えばタイヤサイズ、例えば重量バランス、そもそもコマツが作ってる事wとか

>>いつも言うことですが、我々ブンヤはまず疑うことが商売です

ブンヤに限らずリテラシーの基本ですね
あえて申せば、あらゆるメディア、あらゆるジャーナリストは皆うそつきです
信頼できる者など誰もいない
分析ならまだしも、ファクトを平然と捏造する者も多いでしょう
特に軍事関係のなどニュース市場が小さく、軍事という特性上再検証がしにくいですから、トンデモな理屈をこねてる記事が沢山ありますね


unimaroさん
>正面のエンジン前部のガラリ部分

ここは奥で屈曲していて、弾丸が入っても当然ですがエンジン室内の中身には直撃しないようになっています
うろ覚えですが、私の記憶では下方に曲げてあったような気がします
マザーグース
2015/03/31 01:22
LAVのタイヤは、冬道でかなり滑ります。交通事故を起こす危険性はかなり大きいです。

部隊の陸曹の方々も、官品タイヤに不安を感じております。
ハインツ
2015/03/31 13:10
>>マザーグース様
情報有難うございます。しかし更に疑問はふくらみました、、、では冷却用空気も弾丸と同じ方向に行くので、ラジエターを冷やさないのでは?などと素人愚考など、、、
戦車みたいに前方ではない位置につければいいのに、、とも思ったり、、、
ぐでぐですみません♪
unimaro
2015/04/01 22:29
何度もすみません。
今思い出しなのですが、
エンジンブロックが頑丈なので乗車位置より前方がいい、だがラジエターは弱いので前面に置けない。なので、エンジンと乗車位置の間にラジエターを置いて、横から空気流入口を設けた「なんか」があったとかすかに記憶しています。随分昔のことだったかも、、
unimaro
2015/04/02 09:06
yahooの10式の記事から来たが、
この清谷という自称評論家は知識がたりない。非常に中途半端だ。
10式より90式の近代化が云々とか発言してたが、90式は車体が幅広なので、道路の関係で九州の戦車部隊には配備が不可能だったのだ。
それで74式の後継でわざわざ新しく開発したのだ。
先月やっと大分県玖珠町の戦車部隊に老朽化した74式の代わりに10式が配備されたのだ。

半端な軍事的知識で適当な発言をされては非常に困る。
ロック
2015/04/19 16:32
ロック様

>90式は車体が幅広なので、道路の関係で九州の戦車部隊には配備が不可能

これは事実ですか?

事実であれば、米軍からの増援部隊は、九州に全く入れないことを意味します。M1は当然として、M2ブラッドレーも90式より幅が広いです。

私はそのような話しは聞いたことがありません。

ドナルド
2015/04/19 18:34
ロック様

もう一つ補足すると、中国軍の96式や99式戦車は、幅が日本の90式より広いです。仮想的が九州で作戦できないのなら、とても安心ということになります。

当然ですが、実際にはそうではないわけです。

「半端な軍事的知識で適当な発言」と清谷さんを批判するからには、真っ当な軍事知識で適切な発言をするように気をつけられてはいかがでしょうか?

10式に反対する清谷さんのコメントに、私は必ずしも賛成ではありませんが(*)、しっかりした取材と相当な知識蓄積をおもちなことは間違いないと思います。

個人的には、清谷さんレベルの知識をもつ軍事評論家が国内に10人は必要で、そこで色々と論争をしてもらい、それを我々一般人が横から見ることで、知識をもらったり、各々の意見に賛成・反対するというのが、正しい姿かと思っています。残り9人について、1-2人は心当たりがありますが、全然足りないのが現状かと。。

*私は10式を新規開発しても、90式を製造し続け適宜近代化をしても、長期的に見たらあまり総コストに違いは無いのではないか?という立場です。そもそも生産数が少ないので量産効果は限定的だし、開発陣の能力維持も必要ですから。。。(今後、戦車開発をやめるなら、この限りではありませんが)


ドナルド
2015/04/19 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
今度は軽装甲機動車を持ち上げる産経新聞の杉本康士記者の見識を疑う 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる