清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 共産党、しんぶん赤旗の防衛記事の劣化 

<<   作成日時 : 2015/03/17 11:43   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 22

共産党の機関紙、しんぶん赤旗の記事です。

主張 15年度軍事予算案 国を危うくする異常な拡大だ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-03-15/2015031501_05_1.html

> 15年度の軍事費は一般会計計上分でも4兆9801億円に上りますが、「東日本大震災復興特別会計」計上分の329億円を加えると、総額は5兆130億円に達します。当初予算ベースで文字通り初の5兆円超えであり、02年度の4兆9560億円という過去最高額を13年ぶりに更新することになります。異常な軍事突出です。

 これは分析不足の記事です。防衛省の「隠れ予算」は「東日本大震災復興特別会計」だけではなく、本年度補正予算もあります。その額を加えれば、あかはたの主張より額よりも実際の防衛費は更に膨らみます。それを何故指摘しないのでしょうか。

 ぼくが既に東洋経済オンラインに記事を書いているように、本来来年度予算に計上される装甲車輌やら、政府専用機などの予算が本年度の防衛省補正予算で要求されております。

補正予算は「平成の臨時軍事費特別会計」だ
http://toyokeizai.net/articles/-/58914

 本年度の防衛省補正予算は2110億円です。本来為替の変動や災害出動など不測の事態や急な支出を手当する予算です。
 ですが、ご案内のように概算要求で要求し、政府予算で減らされた装甲車輌など、本来本予算で買うべき「玩具」を「経済対策(災害復旧・復興加速化など災害・危機管理への対応)」とか、「自衛隊の安定的な運用体制の確保」とかの屁理屈をつけて買っているわけです。

 言わば被災者を喰い物にして、本来被災者救済に使うべき予算を「軍隊」が掠め取っているわけです。何故この事実を指摘しないのでしょうか。

 そして「東日本大震災復興特別会計」報道も「しんぶん赤旗」の記事は既に東京新聞が報道しており、その後追いに過ぎません。かつての同紙であれば1月の段階で「東日本大震災復興特別会計」や「補正予算」が隠れ防衛費だと報道していたでしょう。
また共産党がそのような追求を国会でもっとおこなっていたでしょう。

 
> “日本版海兵隊”の創設は、最新鋭のF35戦闘機(6機1032億円)や無人偵察機グローバルホーク(一部構成品154億円)の調達などとも合わせ、周辺諸国との軍事緊張を高め、東アジアの平和の環境づくりに逆行するものであり、中止すべきです。

 上記のようにこのパラグラフでは続いて、F−35の調達と水陸両用部隊の話をごっちゃにして非難しています。批判すべきはむしろオスプレイ、AAV7、グローバルホークともにまともな調査もしないで、調達したことにあります。つまりまともな手続きもしないで、思いつきで高価な装備を調達していることにあります。
 が、このパラグラフは味噌もクソも一緒にしたアジテーションになっています。

以下のパラグラフも同様です。

>防衛省の外局として新設を計画している「防衛装備庁」は武器の輸出や国際共同開発・生産への参加の推進が大きな狙いであり、安倍政権が強行した「武器輸出禁止原則」の廃止に基づくものです。


装備調達庁の設立は装備調達の効率化が最大の目的であり、武器輸出の促進はそのため方策ですが、そのことが抜けてこれまたアジテーションになっています。

>自衛隊の作戦行動の迅速化を図るため、防衛省内部部局の運用企画局をなくし、部隊運用に関する業務を統合幕僚監部に一元化するなどの計画は、憲法が規定するシビリアンコントロール(文民統制)の支柱となってきた「文官統制」の撤廃が狙いです。自衛隊を「海外で戦争する軍隊」にしていく危険な動きは許されません。

 文民統制にしてもありがちな左翼のステレオタプの批判です。本来問題なのは政治の防衛省の予算や人事の監視が不十分であり、これまで警察官僚が警察と自衛隊という暴力装置を牛耳るような「官僚独裁」がまかりと通ってきたことじゃないでしょうか。
 そこをスルーして「官僚独裁」を是とするような主張は極めて珍妙であり、安っぽい陰謀論のような主張になっております。

 実質的に共産党の情報機関である「あかはた」の取材・分析能力が低下しており、観念左翼のレッテル貼り、ただのアカ新聞となっているように思えます。
 率直に申し上げて便所の落書きレベルです。
 これでは党員=信者しか購読しないし、発行部数が下がるのもむべなるかな、です。

 先の選挙で共産党が躍進したのは、別に共産党が優れたいたわけでなく、アレ首相率いる自民党、そして大同小異の野党に対する批判が票になっただけでしょう。
 こんな与太記事を書いていては、人心は掴めないし、次の選挙でボロ負けする可能性もあるでしょう。
 より議席をとりたいならば、理性的な政府批判を、論拠をもって行うべきです。単なる悪口、ステレオタプの陰謀論ではまともな有権者からは相手にされません。


 産経新聞を初めとする保守メディアも劣化が激しいですが、あかはたも大概なものです。保守メディアの劣化が激しい現在こそ、あかはたには理性的な政権批判、特に防衛面の批判やスクープが期待されているはずです。

以下の記事を寄稿しました。

東洋経済オンライン
中国がスーダンの武器産業を支援する理由
急激に勃興する武器輸出大国の秘密とは?
http://toyokeizai.net/articles/-/62626

日本の武器輸出戦略には致命的な弱点がある
国際見本市で中小企業を積極支援するべき
http://toyokeizai.net/articles/-/62456?cx_click_topnews=article_header

Japan in Depth
【日本の「文民統制」は「官僚統制」】〜政治が軍を統制しない国、日本 1
http://japan-indepth.jp/?p=16012

アブダビのIDEX 2015、IWAに関しては東京防衛航空宇宙時評でレポートしていきます。
http://www.tokyo-dar.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年末の衆院選では比例区にて共産党に投票しました。必ずしも共産党が掲げる政策に賛同しているわけではありませんが、他の与野党は何処も大同小異だし、我が道を行くという意味に於いては多少なりとも当てになるかな、と期待しました。しかしまぁ、今回の記事についての感想は相も変わらずの共産党の軍事音痴ぶりというか、とにかく軍隊=悪、というステレオタイプから何ら抜け出せていないんだな、というのが分かっただけでしょうか。同じく昨年に横田でオスプレイ反対を叫んだ件について共産党に質問のメールを送りましたが、未だに無回答です(自衛隊機や米軍機が事故を起こすと危険ダーと大騒ぎするけど、民間機の場合は何も言わない。これは職業差別では?という趣旨の内容です)。自分達に都合の悪いことをガン無視するという意味では、他の与野党と何ら変わりませんね。
KU
2015/03/17 13:00
お邪魔します。
「宗教の歴史は堕落の歴史」と言いますが、イデオロギーの歴史も「堕落の歴史」と言えるかも知れません。宗教の場合、宗祖は答えを得るために考え抜きますが、一旦答えが出てしまうと後に続く者は考えなくなっていきます。イデオロギーも後になればなるだけ考えなくなっていくのかも知れません。思えば明治維新は尊皇イデオロギーで生まれははずですが、明治以降山崎闇斎や浅見絅斎といった尊皇イデオロギーの立役者は顧みられる事はありませんでしたし、資本主義においてもプロテスタント的禁欲は黎明期の一時のものだったのかも知れません。
ブロガー(志望)
2015/03/17 22:04
一見すると調べて書いているように見える記事ですが、確かにこれは「許されません」や「中止すべきです」の部分を言いたいが為に書いているだけの感情が先に立った記事ですね。
書いた記者の意図が透けて見えてきます。
「周辺諸国との軍事緊張を高め・・」云々はむしろおたくら中南海の住人にそれ言ったら?レベルの意見ですね。
全体的にプロ市民の壁新聞レベルで驚きました。
これでお金を取って売ってるとは・・・
競馬場の予想屋のほうがよっぽどしっかりしてますよ?
八王子の白豚
2015/03/17 23:31
私には貴方も同じレベルに見えますよ。
仔細な問題に何故そういきり立っているのか理解できません。
本質的には日本の軍事費の過小さこそ咎めるべきでしょ。それと仔細な問題何ですが政府専用機や南極観測船、基地対策費、沖縄支援(辺野古移転等)は軍事費から除外すべきでしょうね。
?
2015/03/18 07:43
このような記事の劣化の根本的な原因は、「物事を深く調べる」という能力が衰えたからではないでしょうか?左派右派双方とも。

あと、結論先にありきというのも良くないと思います。

ハインツ
2015/03/18 11:59
>仔細な問題
>日本の軍事費の過小さこそ咎めるべき

本来防衛費で要求するべき予算を別立てで要求するのが些細な問題ですか。
かつての大日本帝国やソ連のような末期を迎えることが国益だと思ってらっしゃるようです。

例えば防衛予算を増やすためにいきなり消費税を30%にしても大賛成するのでしょう。それとも自分が負担するのだけは嫌でしょうか。

そういう方には何を言っても無駄でしょう。





キヨタニ
2015/03/18 12:09
仔細な問題でしょ、予算はちゃんと国会の承認を得ているんですよ。
それから私は消費税増税賛成派なんですけどね。
勿論福祉や無駄な教育費は少々切り詰めるべきだと思って居ますよ。確か教員給与は本来より10%上げられていますね。また生徒定員も少なすぎです。
それに私立大学への補助金も大幅にカットすべきでしょ。
国防費10兆円を確保する為に2%程度の消費税アップは問題無いでしょ。今回の3%増での景気後退も無事乗り切った事だし。
?
2015/03/18 14:30
>例えば防衛予算を増やすためにいきなり消費税を30%にしても大賛成するのでしょう。それとも自分が負担するのだけは嫌でしょうか。
>そういう方には何を言っても無駄でしょう。

きよたき先生、ストローマン論法はやめましょう
典型的な詭弁のテクニックで、正直申し上げてあなたはこれを多用しすぎです
フェアに否定するスタンスを先生には貫いて欲しいと私は愚考します
モロコシ二世
2015/03/18 21:45
詭弁でも何でもありません。

>本質的には日本の軍事費の過小さこそ咎めるべきでしょ。

本質ではありません。
本論の本質は赤旗の調査能力の劣化であり、防衛費は防衛予算として要求すべきだということですよ。

この手の人達は軍備にカネがかかることを実感して分かっていません。まして自分が負担するという意識がありません。
ですから多少極端なことを申し上げたけですよ。

消費税がたった三%上がっただけでも大騒ぎですよ。防衛費を3倍にするとして約2兆円がいります。それを消費税で賄うならば何%でしょうか。

軍備増強にはカネがかかります。無理な軍備を増やせば大日本帝国やソ連のように国が崩壊します。

例えば国防のために消費税を欧米並みの20%にあげたらどうなるでしょうかね。消費は落ち込み、税収も落ち込むでしょう。であれば税金をあてにできませんから、国債を発行することになるでしょう。今の何倍も国債の発行が行えるでしょうか。
軍備の拡張が国の財政の崩壊を招いて、むしろ国防の弱体を招くのではないでしょうか。

そもそも防衛費以外にそれを潜り込ませることが些細なこというのは常識が麻痺しています。であれば防衛費に社会保障費で支払う予算を混ぜて、国会がそれを承認すればOKということでしょう。いくらでも防衛予算の何倍もの補正予算を組んで国の借金を雪だるま式に増やしても何の問題もないと。
昭和の軍隊が何をしたのか。その「些細なこと」を繰り返して馬鹿な戦争を起こし、ボロ負けしたわけです。少しは歴史を勉強されてはどうでしょうか。
まあ、いくら言っても無駄でしょうからこれ以上は申しませんが。先軍政治がすくならば北朝鮮でも亡命されてはいかがでしょうか。あの国ならば国民が飢えても核ミサイルを開発していますよ。そのような国で餓死されるならば本望でしょう。
キヨタニ
2015/03/18 22:35
>>オスプレイ、AAV7、グローバルホーク
この辺りはツッコミどころ満載なんですけどね。軍事知識が無いのは、共産党だけに限った話ではないですが。
マリンロイヤル
2015/03/18 23:10
>自衛隊の作戦行動の迅速化を図るため、防衛省内部部局の運用企画局をなくし、部隊運用に関する業務を統合幕僚監部に一元化するなどの計画は、憲法が規定するシビリアンコントロール(文民統制)の支柱となってきた「文官統制」の撤廃が狙いです。自衛隊を「海外で戦争する軍隊」にしていく危険な動きは許されません。

「自衛隊を「海外で戦争する軍隊」にしていく危険な動きは許されません。」という主張は全くいただけないが、それ以外は尤もだと思うが。

文民たる防衛大臣が、防衛公務員をコントロールするには、内局vs各幕のように組織間で相互牽制させるのが一番である。

そもそも、法令による統制を官僚独裁というのなら、法治国家が成り立たないのではないか。
真の愛国者ゆりか
2015/03/19 01:01
>政府専用機や南極観測船、基地対策費、沖縄支援(辺野古移転等)は軍事費から除外すべきでしょうね。

政府専用機→空自の航学や航空幹候で希望者や戦闘機不適合だった人達が操縦し、他の搭乗員も空自所属ですが防衛費から外す場合、人員や所管官庁はどこにするのですか?

南極観測船→建造費は文科省ですよ。もし文科省管轄にした場合、船員の民間委託は非現実的ですしどうするのですか?

基地対策費・沖縄支援(辺野古移転等)→防衛省以外から拠出できるような根拠は有りますか?
T
2015/03/19 17:16
それがなんで自衛隊予算でなされるかが理解できないんですが、例えば文科省予算で人件費・整備費等を負担すべきでしょ。
?
2015/03/19 18:38
『しらせ』についてです。

文科省作製のものです。
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2014/01/10/1343220_12.pdf

ここを見る限り人件費以外は概ね出ているようです。
人件費も出せば良いとは思いますが、多く見積もっても3億程度でしょう。
ポストや乗員育成等を考えると海自も許容できる金額とも取れますが。
また、文科省にしても海賊対策の武器携行、全員日本人乗員、ノウハウ等考えると海自への委託は合理的では無いでしょうか?
基地対策費に関しては自衛隊の予算というより防衛省の予算でしょう。
この二つは分けて考えるべきだと思います。
T
2015/03/20 18:13
運用を統幕に一元化することは文民統制から逸脱したことにはなりません。運用は制服の専権事項では?
実際問題、内局の官僚に軍事的知識や部隊運用のノウハウはゼロです。
軍令=運用は制服、軍政=文官に役割分担すべきです。その方が二重行政が解消され、行政コストが安くなります。
シビリアン・コントロールとは政治家のコントロールを意味しますが、残念ながら文民統制ではなく、官僚統制なのが実情です。
問題点である予算の流用ですが、シビリアン・コントロールが機能していない証拠でしょう。与野党の政治家が軍事に疎い、勉強不足なのでしょう。その方が問題なのでは?
野党にも元自衛官を秘書や政党職員として雇用し、防衛政策のブレーンにすれば、防衛省・自衛隊にとって抑止力となり、いい加減な仕事はできないのではないでしょうか?
元キャプテン
2015/03/21 16:02
再びお邪魔します。
 国防費というだけで「侵略への道」と決めつける連中がいます。その連中に「どこの国や地域を侵略するのか?」と聞いても「この平和の敵め!」と罵られるだけです。となれば「後でこっそり」「他に紛れ込ませる」といった手段を用いてでも国防費を確保する事は、国防の”大義”に適うと考える人間も出てくるのはと思います。尤も「主観で対象を自己と同一視する」という点ではどちらも「同じ穴の狢」ですが。この国には「国を自己と同一視する」連中と、「平和や人権を自己と同一視する」連中がいますが、どちらも本当に愛しているのは「肥大した自分自身」でしかないのです。
ブロガー(志望)
2015/03/21 20:30
ブロガー 志願者 様へ

大変申し訳ございませんが、自分が無教養であるので、わかりやすくコメントしていただけませんでしょうか? 哲学的で理解が難しく感じます。
確かに安全保障・軍事は世間が正しく理解していないことは異論はありません。退官しても防衛のことを解説しても理解していただくことは難しいのが現状です。硬い、難しい!こんなもんですかね! このような現状は現役・退官した自衛官が説明責任を果たさない、情報公開を怠っていることに責任の一旦があります。
故に退官した自衛官はジャーナリスト、教員、政治家・秘書になり、防衛政策に対し物を言う又はチエックすべきであると主張しています。自閉隊 このことが問題の本質ではないでしょうかと自分は思います。
元キャプテン
2015/03/22 11:30
清谷様へ

防衛費の話題で、高校時代の社会科教師がソ連の崩壊 まぁ冷戦の崩壊についてこんなお話しました。
軍備にGDPに10%以上費やすのは狂気の沙汰で経済や財政は破綻する。冷戦はソ連の軍拡でアメリカに負けた。会社経営で言えば体力がないのに無理な設備投資や事業展開して倒産したことと同じ。GDPの5%、兵力は人口の1%以内に納めるのが適切である。軍備は何も生産しないから! 北朝鮮の例を挙げるとアフリカ並みの経済力で核兵器、弾道ミサイル、100万の兵力を維持できるはずがありません。人口2000万人の内、労働人口を70%として1400万人その内常備軍100万人、労働者の10%は軍人・兵士です。日本に対比すると労働人口推定8000万人、常備兵力800万人となります。24万人の人件費2兆円として人件費だけで60〜70兆円になり、現在の国家予算の大半を占めます。装備や維持費を含めると軽く100兆円を越えます。財政破綻し、ギリシャや北朝鮮のようになります。800万人を生産・サービスもないものに振り分けたら、生産力が落ち、他の産業が人手不足になります。 持論を言うならば現在の24万人でも余剰です。働かねぇバブルのおっさんやクズを整理解雇すべきでしょう。法律では可能新規装備の開発・調達は凍結し近代化改修で十分、兵力12万人、予算3兆円で済みます。国境が陸続きのドイツでさえ兵力は10万台です。兵力を半減しても攻めてくる国はありません。国防はオッサンを介護する、ハコモノ土建屋行政にあらず
元キャプテン
2015/03/22 11:58
元キャプテン様、申し訳ありませんが訳あって敢えて抽象的な書き方をしています。ストレートに書くと物議を醸すかも知れないので。

 北朝鮮に関して言えばあれは「戦時体制」で、半島を赤化統一するまでは「戦時体制」を解除できないのでしょう。後あの国は朝鮮労働党が「国」で、朝鮮半島の北半分は「占領地」ではないかと思っています。
ブロガー(志望)
2015/03/24 22:49
ブロガー様へ

後半の朝鮮半島北部は占領地・・・ とはどういう意味でしょうか?教えてください。
もしかして、朝鮮半島南部の韓国を占領地と勘違いしたのでは?
北側は南側を米国の傀儡と罵っていますからね。仮に在韓米軍が撤退しても北朝鮮の国力では戦争はできないでしょう。物資不足、兵器の質の劣悪さ、支援国が存在しない。北の若き将軍様もそこまでアホではないでしょう。戦争は自爆行為であると一番わかっているのは金一族と北朝鮮指導部ですから。
元キャプテン
2015/03/25 12:21
元キャプテン様、言葉足らずでした。
 通常の国は「国民の生命・財産を守るもの」ですが、北朝鮮という国は「特定のイデオロギーを実践するためのもの」であり、民衆は「そのための道具」でしかありません。「道具」に過ぎなければ、それが使えないとなればさっさと捨てるでしょう。前にどこかで「北朝鮮(首脳部)は、北朝鮮(の民衆)を食い潰した暁には韓国を乗っ取るつもり」というのを読んだ記憶がありますし(だいぶ前の事のようですが)、旧陸軍の中にも「日本列島が滅びても、天皇を担いで大陸で戦い続ける」事を考えていた人もいたと聞いています。

 後北朝鮮は「瀬戸際外交」というか「戦争やるやる詐欺」を繰り返してきましたが、それも「またか」といった感じで飽きられてきました。となればそれを一層エスカレートさせねばならず、その事によって事態が(北朝鮮が)制御不可能になる可能性は否定できないように思われます。ヒトラー外交がズデーテンラント併合をきっかけに綻びた様に。
ブロガー(志望)
2015/03/29 16:20
★?様

軍拡、防衛費増大して期待できる利益はあるのでしょうか?
軍備は何もサービス・利益はもたらしません。空港や高速道路の方が利益を生みます。
教育や福祉を削ることを主張していますが、教育は先行投資で人材を育成します。福祉はセーフィティ・ネットで生活の安定を図ります。
国債残高1000兆円、人口減でGDP、税収、財政が縮小します。軍備に廻せる金を捻出することは困難極まりありません。兵力も少子化で確保は難しいでしょう。
あなたが防衛官僚として、防衛費2倍を財務省の主計官にどのようにしたら説得できるか?自分が財務省の主計官だったら相手しませんし、財務大臣が防衛大臣へ ふざけるな!と怒鳴るでしょう。
中学生の与太話だったら、あっそうで済みますが、大人の会話だったら常識を疑います。
持論として兵力半減の12万、防衛費2兆〜3兆で十分です。ドイツやフランスという陸続きの大陸国家ですら日本より兵力少ないです。日本に上陸し、占領できる国はアメリカ以外存在しません。
ほとんど車を運転しない方が自動車保険にあれこれオプションを付け、保険料支払いのためガソリンや車検をけちるようなものです。それって車持っている意味ないですよね!
元キャプテン
2015/03/31 06:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
共産党、しんぶん赤旗の防衛記事の劣化  清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる