清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS インド向けにUS-2は売れるか?

<<   作成日時 : 2015/03/04 14:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

 インドへのUS-2の輸出を巡る読売新聞と朝日新聞の記事を紹介します。

>インド国防省は26日、海上自衛隊の救難飛行艇「US2」
を日本から購入する方針を固めた。

>28日にも防衛調達委員会を開き、正式決定するとみられる。複数の同省高官が明らか
にした。

インド、海自の救難飛行艇購入へ…ロシア製退け
2015年02月27日 03時00分 読売新聞 【ニューデリー=石田浩之】


http://www.yomiuri.co.jp/world/20150226-OYT1T50195.html?from=ytop_main1

すぐにでもインドがUS-2を導入するような記事となっています。
で、朝日の記事は、以下のように異なった報道をしています。

>インド国防省は2月28日、防衛装備品の調達を審査する委員会を開き、日本から新明
和工業(本社・兵庫県宝塚市)の救難飛行艇US2を導入する方針を採るかどうか本格的
な検討に入った。同日は結論が出なかったが、国防省は前向きな姿勢だ。

>パリカル国防相は28日の会合後、朝日新聞などに「US2以上に我々の要求を満たす
提案はない」と語る一方、「費用対効果の検討が必要だ」と述べた。次は3月に同委員会
を開く。

>ただ、日印間の立場の相違も大きいとみられ、インド国防省が導入の意思を固めたとし
ても、輸出が実現するかどうか、不透明な要素もある。

>US2は1機約130億円。日印間で2013年5月に合同作業部会を設置した後も、
インド側は価格面でロシア製機などとの比較検討を続けてきたとみられ、価格は課題とな
る。インドは4年前に導入を決めたフランスの戦闘機「ラファール」でも交渉は難航して
いる。

>日本が機体の輸出を目指すのに対し、インド側は、日本政府との水面下のやりと
りでは、インド国内での共同生産を求めている。「製造ノウハウの吸収が狙い」(経団連
関係者)とみられる。インドがあくまで国内での組み立てや部品製造を求めれば、交渉に
入っても難航しそうだ。防衛省の担当者は「まだ価格や生産方法など何も決まっていない」
と慎重な見方だ。「インドは簡単な相手ではない。交渉にはハードルが多い」とみている。


インド、日本から飛行艇導入検討 海自も使用のUS2
2015年3月1日09時12分 朝日新聞デジタル 貫洞欣寛=ニューデリー、今野忍

http://digital.asahi.com/articles/ASH2X4J3HH2XUHBI00W.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH2X4J3HH2XUHBI00W

 朝日の記事を読めば、交渉はまだ始まったばかり、導入されるかどうかは分からかないよ、と書いています。

 ぼくはこの件に関しては朝日の記事を信用します。読売の記事は願望に過ぎません、また既に採用を決定したかのような見出しは読者をミスリードします。対して朝日の記事は、導入までに横たわる問題や、フランスのラファール戦闘機の例を出し、インドへの兵器売り込みの難しさを述べています。ふたつの記事を比較すればどちらがより深い取材を行い、冷静にかかれているか一目瞭然でしょう(まあ、こういうことを書くとお前は朝日の肩を持つのか、アカかといったコメンが自称「国士」やら「愛国者」から多く寄せられますが)。

 インドへの売り込みは大変です。ぼくも海外の、インドへの売り込みを行ったメーカーの連中と話すと、彼らは一様に辟易したといいます。朝令暮改は当たり前で、決まったことが簡単にひっくり返される。南アのデネル社は6年ほどをかけて自走榴弾砲のコンペを勝ち抜いたのですが、それがあっさりキャンセルになりました。その間多くのトライアルを行い、多額の費用を掛けていました。ですが、インドの市場は大きいから多くのメーカーが参入したがるのです。
 ラファールだって決まってから値段の交渉などで未だに導入が決定されたとは言えません。このまま流れる可能性は小さくありません。

 その辺りの事情を我が国のアレ首相は知っているのか、怪しいと思います。
 読売や産経の「愛国・大本営発表」的記事ばかりを読んでいるなら判断を誤るでしょう。


 実際問題として候補に上がったロシアのベリコフの機体が外されるのは当たり前です。あれはカスピ海とか黒海とか比較的静かな水面での運用を考えており、インド洋やら太平洋やらの外洋での運用には向いていません。特にジェットエンジンですから塩水をかぶりながらの運用で稼働率を維持するのは難しいでしょう。ですから外されて当たり前です。

 さて、一方のUS-2ですが、一機120〜130億円という最新の戦闘機並の値段がまず問題です。インドも無限に予算があるわけではありません。

 またオフセットも問題です。インドはオフセット、特に技術移転の直接オフセットを要求します。おそらく整備工場は当たり前で、一定コンポーネント内製化を要求するでしょう。ですが、それをやるとただでさえ二年に一機の「手作り」であるUS-2のコストは更に上がるでしょう。また新明和が持っている職人技的な技術を正確に伝えることはかなり難しい。精々組み立てがいいところです。
 しかもインドの技術レベルは中国と較べてかなり低いので、完成機の能力は怪しくなるでしょう。おそらく日本製と同じ性能は出ない。
 何しろ、戦車にしろ戦闘機にしろ、20年も20年も開発を続けて、まともなものができません。メンツでどうにか採用しても、実用になっているとは言いがたいレベルです。


 更に付け加えればインド軍の整備も杜撰で、インド軍の航空機の稼働率は固定翼機にしても、ヘリにして6割程度に過ぎません。これは官僚主義と現場の整備能力の不足が原因です。 

 また機体の損失も中国軍並に多いという事実があります。
 飛行艇の操縦、運用には極めて高度な技術が要ります。海自ですらUS-1をかなり事故などで失っておりますが、インド軍がUS-2、しかも信頼性の怪しいローカルメイドを使用するならば、事故続出という可能性が極めて高いでしょう。
 そうなると日印間で責任の押し付け合いが始まるでしょう。何しろインド人が自分の間違いや能力の不足を簡単に認めるわけがありません。

 人間生きるに際して、前向きな姿勢や時に果敢に物事にチャレンジする心を持つことは必要ですが、それは現実を無視していいということではありません。
 
 率直に申し上げればUS-2の売り込みは成功しません。仮にインドで採用されても、面倒事に巻き込まれるだけで、利益が全部飛ぶような事態になりかねません。
 
 ぼくはそもそも新明和が飛行艇から手を引き、航空事業をどこかに売却して、本業であるトラックの昇降機などに専念するほうが宜しいのではないかと思います。そうやって日本の航空産業を集約化していかないと国際的なビジネスの市場に参入することは難しいでしょう。

 願望とか、政権に阿ることを優先した新聞記事を無批判に読むと事実が分からなくなります。まあ、産経、読売に書いてあること、政府の発表は全部事実だと思っている人たちには何を言っても無駄だとは承知しておりますが。


アブダビのIDEX 2015に関しては東京防衛航空宇宙時評でレポートしていきます。
http://www.tokyo-dar.com/



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
何だ、やっぱり売れてなかったんですか(笑)
マリンロイヤル
2015/03/04 19:52
確かに今までの例を見る限りはインドが完成品を買って満足するとは思えないので、ライセンス生産など自前でやろうとするでしょうね〜

となると日本のUS−2はそんなに壊れないのにインドのは事故続出、どうなってんだ!となるのは分かります。
ブランドイメージを損ねてまで海外への販売実績を作るべきか微妙なところですね。
そんなに数が要る機種じゃないでしょうから買ってもらう努力をするべきでしょうし、メンテナンスの指導などもしっかりやらないといかんでしょうからこりゃ大変ですね・・・

八王子の白豚
2015/03/04 22:24
お疲れ様です。
これほどインド人を的確に捉えている記述も、日本では珍しいです。
しかも「人から聞いた」だけのご様子で。
だがしかし!
そのインド人をも負かすサウジー♪
unimaro
2015/03/04 23:12
お久しぶりです、チャイカです。

>率直に申し上げればUS-2の売り込みは成功しません。仮にインドで採用されても、面倒事に巻き込まれるだけで、利益が全部飛ぶような事態になりかねません。

確かにインドはタフな相手で、生半可な事が通じないのは、その通りです。
しかし、武器の輸出入は政治でも有りますから、経済的利益を有る程度犠牲にせざるを得ない場面もあるのではないでしょうか?
政治として考えるなら、日本国とインドとの間に安全保障協力に関する共同宣言が、08年10月22日に署名されていますから、協力関係を深めるにはUS-2の案件は重要かと思いますが。

また、代替手段のある戦闘機や戦車、火砲の類と異なり、現在、外洋で活動できる大型飛行艇はUS-2しか有りません。
何だかんだ言って交渉が難航して困るのは、インドの方が大きいのではないでしょうか?

チャイカ
2015/03/05 06:33
売るなら、整備付きで。どうしても、欲しいといわせよう。
21世紀の防人
2015/03/05 12:49
お邪魔します。

 飛行艇は技術や用途がかなり「特殊」であり、かつこれから需要が大幅に伸びるとは考え難いものです。それどころかオズプレイのようなティルトローター機に用途の一部が奪われる可能性すらあります。ですからもし導入するのであれば、出来合いのそれを導入して要員の育成や運用の確立にヒト・モノ・カネを集中するのが費用対効果の点では好ましいと思われます。しかし政治的にはより広く恩恵を施さねば理解と協力を得られないのでしょう。

>まあ、こういうことを書くとお前は朝日の肩を持つのか、アカかといったコメンが自称「国士」やら「愛国者」から多く寄せられますが

 「事実(の積み重ね)」よりも「(読売や産経は愛国、朝日は売国といった)イメージ」を優先させているのでしょう。思えば

・トルコとの戦車のエンジン 折り合いがつかずお流れ?
・オーストラリアへの潜水艦 オーストラリアで「やっぱり国産」での声が台頭?

ですが、「イメージが何よりも大切」な人達には「アフター」すらどうでも良いようで(もう別の”イメージ”に移行?)。
ブロガー(志望)
2015/03/05 22:32
読売・産経のいい加減さと朝日の度重なる捏造ではどちらの方が国益を害する記事を書いているか、ですね。
少なくとも、新聞が持つべき大事な部分では読売・産経の方が朝日よりは真面目に真実を求める記事を書いていると思います。

産経・読売がなければ朝日の慰安婦捏造は覆されなかったでしょう。読・産のいい加減さは朝日の捏造より被害は遥かに軽いものと思います。

新聞や政府の言う事は、全てが正しい事は無く、全てが間違いという事でもありません。

物の単なる利益話のいい加減さと、国、或は国民全体にかかる不利益の捏造記事とでは、後者の方が遥かに信用できない、或はしてはならない媒体と当方は考えます。

基本は、多分、氏も同じだと思いますが、出来るだけ多くのものを読み、それらから自分で「これはどれが一番正しいか、或は真実に近いか」を見極める事が必要と云う事でしょう。

本筋(US2)のお題から外れてしまいました。(失礼!

US2のインドとの在り様は、氏の説明がとても分りやすく、為になりました。
ゴトク
2015/03/05 23:36
国士を自称する輩が実際に居るのですか?
まだ見た事も聞いた事も無いのですが。
勿論右翼や保守主義を自称する輩は大勢居ますし。
私はネトウヨを自称していますが(^o^)
?
2015/03/06 21:45
ゴトクさんみたいな意識高いネトウヨが一番たちが悪いわ。
自分語りはいいから。

2015/03/07 14:04
再びお邪魔します。

ふと思ったのですがインド人は商売が上手いのだろうか?
 経営コンサルタントの大前研一氏が「ロシア人は高学歴の人間は多いが商売は下手、中国人の方がはるかに上手い。」といった事を言っていたのを思い出しました。日本にとってUS-2は「どうしても売らなければいけない、売らないと存続すら危うい。」物でも無いのにあれこれ要求するものどうなのかなと思って。尤も支持者等向けの目先の利益を欲しがる日本の政治家がターゲットかも知れませんが。後「インドは経済発展の前に民主化してしまったので、貧しい民衆は10年20年先の事よりも明日のパンを求め、政治家もそれに応じざるを得ない。」といった事も書いていましたが、「明日のパン」に直接は繋がらない軍事関連(目の前の紛争等を除いて)もまた難しいのかなとも。
ブロガー(志望)
2015/03/07 21:21
東洋経済のP1の記事拝見しました。

塩分でジェットエンジンにダメージって、P3Cのターボプロップもジェットエンジンの一種ですが・・・
まさか清谷さんは軍事ジャーナリストなのにレシプロとターボプロップの区別がついていないんですか??
米国製のソノブイを使ってるなんてどこからたんですか?非公開の軍事機密だと思うんですが
果てはニムロッドを延命させようなんて書いてますが、それをやろうとして失敗したから買おうという話になってるんですけど・・・

2015/03/07 22:19
まあ、インドの方相手だと、日本人はまず話すこと自体に難渋しますからね。
独特のアクセントと物凄い早口で、まず何を言ってるのか聞き取ることに苦労します。しかも一方的に言いたいことを10分ぐらいまくし立てられたあげく、よーく聞いていると殆ど中身のある事を言っていない・・・という事も良くあります。インド人には優秀で真面目な人が多いのですが、コミュニケーションの仕方自体が日本人とは大きく異なるのです。アメリカとも違いますね。交渉の前提となるコミュニケーションの確立で、まず日本企業の方は苦労されるのでは無いでしょうか。
外資系、特に金融やヨーロッパ系企業だとインド人だらけなので、最近では日本人でもそうした企業で働いている人はインド人と接触する機会も増えています。インド、イタリア、イスラエル・・・Iで始まる国は、日本人にとっては大変な人が多いです。
X
2015/03/08 00:01
あさんのような典型的なネトサヨも読んでるのですね。ここでは清谷氏の話を元に自由に自分の感想や話を述べるところとお見受けするので、ネトサヨの方がよくするレッテル張りとちんけな文言は控えた方が良いかと思います。

清谷氏の話もゴトクさんや元キャプさんなどの話も参考になります。




こうた
2015/03/10 00:54
こうたさんこそネトウヨの方がよくするレッテル張りとちんけな文言は控えた方が良いかと思いますが。
>こうた
2015/03/10 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
インド向けにUS-2は売れるか? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる