清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 「戦車と大砲減らすと国が危ない!」、2ちゃんねるの軍オタレベルの産経新聞の記事

<<   作成日時 : 2015/02/15 11:42   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 17

>陸上自衛隊の戦車と火砲の大幅な削減が進められている。一昨年末の新たな防衛大綱と中期防衛力整備計画により決まったものだ。
 だが、これで有事に即応できるのか、という不安と懸念がくすぶり続けている。防衛費は3年連続で増えるものの、肝心の防衛力が弱体化するという奇妙な事態が生じている。

陸自火力の大幅削減は危うい 中静敬一郎
2015.1.31 産経新聞

http://www.sankei.com/column/news/150131/clm1501310007-n1.html

 中国が空海軍力を増強している現在でも、海空自の予算を増やさず、戦力差を拡大しろと主張しているんでしょうか。
それとも陸自の予算はそのままで海空自の予算を増やせ、防衛予算を青天井で増やせというのでしょうか。予算には限りがあります。北朝鮮の先軍政治宜しくすべてを軍事に注ぎ込みわけにはいきません。
 そのことを産経新聞は理解できないのか、できないフリをしているのでしょう。

 『軍事費増=唯一の正義』、というのは極めて幼稚です。


>一方で周辺国の火力は、中国(火砲8320門、戦車6840両)が示すように質量とも日本を凌駕(りょうが)している。しかも中国の着上陸侵攻能力の強化は顕著だ。

 で、その戦車や火砲が全部日本に上陸してくるんでしょうか。国境の長い中国が国境に貼り付けてある兵力を全部我が国侵略のために振り向けると信じているのでしょうか。仮にそうしたくても、それらを運搬する手段はありません。存在しない脅威に備えよと。
 また中国の戦車や火砲が近代化されているのはごく一部の部隊であり、多くの部隊は旧式装備のままです。


 まず特科ですが、問題なのは質の方です。
 観測用のヘリはOH-1がダメになりましたが更新されず、導入されたFFOSは性能、信頼度不足で価格も高く、普及はしませんでした。
 しかも人民解放軍が既に導入している、精密誘導砲弾とその誘導システム、ネットワーク化も大きく遅れており、システムは普及せず、未だに紙の地図と、音声無線が頼りです。
 現状ヘレン・ケラーのようなボクサーというのが、陸自特科の現状です。しかも最大射程で射つ訓練も殆どない。練度の方も疑われてしかるべきです。総火演の「富士山撃ち」なんぞを自慢している場合じゃないでしょう。

 にもかかわらず、大金かけて島嶼防衛にも不向きな重たい自走砲を開発しようなどとと画策してます。当事者意識が欠落しています。
 火砲の数を減らして、C4ISRの近代化、島嶼防衛で使用できる軽量砲などをの導入を行いうべきでしょう。それが特科の実質的な戦力アップになります。
 中静敬一郎記者の認識では特科は旧軍の砲兵と同じようなものでいいと思っているのでしょう。であれば、認識が70年ぐらい遅れています。

 戦車も同じです。数を減らして、近代化でしのげば良いものをわざわざ必要性の低い新型戦車を大金かけて導入し、まだ使える戦車をこれまた大金をかけて廃棄する予定です。しかも機甲科の戦力維持のために74式戦車とどっこいどっこいの中途半端な機動戦闘車を導入することで、実質戦車の数を300両+機動戦闘車200両=500両で維持です。
 機甲科の政治力維持のために税金をドブに捨てたようなものです。

 それならばまだ74式戦車を含めて戦車400輛の方が、まだカネが掛かりませんでした。またゲリラ・コマンドウ対処にも余程有用です。

 しかもこんな無駄遣いをするから、歩兵戦闘車やAPC、指揮通信車などの近代化や更新もままならず、当然ネットワークも未整備です。10式戦車だけネットワーク化してどうするのでしょうかね?戦車に随伴できる歩兵戦闘車は70両もなく、採用以来マトモな近代化もされず、稼働率も落ちております。
 ついでに弾薬や燃料を運ぶトラックも不足、特科同様にUAVなどISRアセットも殆どありません。 

 戦車だけで戦争できると思っているのでしょうか。それでは2ちゃんねるに巣食う程度の悪い戦車フェチの人たちと同じレベルです。



>砲一筋で経験を積んできた相当数の野戦特科隊員が違う職種への転換を余儀なくされた。現場の動揺と不安は小さくなく、説得が幾晩も続けられたという。

 仰っていることは情緒論とノスタルジー、浪花節です。
 戦車が登場した時に、騎兵を減らしたり、戦車向けの転換訓練強要するのは騎兵のプライドを損なうものだというようなものです。
 あるいは蒸気機関車から電気機関車になると釜炊きの仕事がなくなる、だから電気機関車導入するなと主張するようなものです。

 中静敬一郎記者は、どこの国でも限られた予算を有効に使うために、数を減らして質を高めるということや、状況の変化に応じて、海空陸の戦力バランスを変えるこという変化が理解できないのでしょう。

 全て自分の脳内で信じているカビの生えた「あるべき国防」を実現しないと気がすまないのでしょう。ですが、それをやれば巨額の防衛費が必要であり、しかもそれは金をドブに捨てるようなものです。中静敬一郎記者の主張は末期のソ連軍みたいになれ、ということです。

 
 こういうことを書くと、保身第一の自衛隊の偉い人達や、純朴だけど騙されやすいので新興宗教に入信するタイプの、愛国心だけは強い読者には受けるのでしょう。
 ですが、それが国益になるかといえばならないでしょう。前の戦争も朝日新聞などが、そのような当局と世論に迎合して夜郎自大の戦争を起こしてボロ負けしました。その轍を踏みたいようにしか思えません。
 
 中静敬一郎記者はてっきり元気だけはいい駆け出しの記者と思っていたら、論説委員も経験している偉い人でした。驚きました。 

 産経の立ち位置は「保守」でしょうが、現状維持を金科玉条化する動脈硬化的な主張が政治的な「保守」じゃないでしょう。最近の「保守」の劣化、観念左翼化は日本の大きな問題だと思います。


 
 
■東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
補正予算は「平成の臨時軍事費特別会計」だ
防衛費は、補正を含めると5兆円の大台を突破
http://toyokeizai.net/articles/-/58914
P-1哨戒機の対英輸出計画は「画餅」である
武器輸出で華々しい成果を狙い過ぎ
http://toyokeizai.net/articles/-/58317


C-2輸送機の輸出構想は、「画に描いた餅」
事実を踏まえない空虚な政策は止めるべき
http://toyokeizai.net/articles/-/56949

■Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【外務省にインテリジェンス能力なし】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 1〜
http://japan-indepth.jp/?p=14718
【ヨルダンの諜報能力はイスラエル並】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 2
http://japan-indepth.jp/?p=14721
【日本は対外諜報機関を創設せよ!】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 3〜
http://japan-indepth.jp/?p=14724
【自衛隊の戦力は大きく弱体化する】〜安倍政権の無邪気な兵器”大人買い“〜
http://japan-indepth.jp/?p=13619

 ぼくが主筆をつとめている東京防衛航空宇宙時評/Tokyo D&A Reviewに以下の記事を寄稿しております。

日本航空、三菱航空機とMRJ導入の正式契約を締結
http://www.tokyo-dar.com/news/1125/
エアバスヘリコプターズ、ヘリエキスポでX4を発表へ
http://www.tokyo-dar.com/news/1123/
エアバスヘリと川重、陸自UH-Xに新機種「X-9」を提案へ
http://www.tokyo-dar.com/news/1109/
防衛省、平成27年度予算案にAAV7 30輌の調達費を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1101/
防衛省、平成27年度予算案にV-22 5機の調達費を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1104/
防衛省、平成27年度予算案にグローバルホークの取得費の一部を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1097/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
戦闘力=火力×機動力×防護力×情報通信力×兵たん力と自分はそう思います。大日本帝国陸海軍から進歩がないなぁ!情報軽視、兵たん軽視 反動と言う名の先祖帰りです。
産経の記者はもしかして兵隊さんは普通科=歩兵、特科=砲兵 、機甲=騎兵だけだと思っているのでしょうか?軍隊の戦闘部隊の兵力と後方部隊の兵力は3対7 または 4対6がスタンダードです。
登山も同じでクライマーとシエルパどちらが多いかと言うとシエルパですよ。シエルパがいないとクライマーは山を踏破できません。
元キャプテン
2015/02/15 12:06
情報見積又は情勢見積

中国が攻めてくる? なんか原子力ムラの原発止めたら原始時代に戻る? そんな与太話通用するなんて、知性を疑います。中国の侵攻よりも東南海大震災や首都直下大震災の方が現実味がありますし、脅威度が高いですが・・
情報見積の前段階として敵と我の戦力分析します。圧倒的に優位 10倍以上の戦力比でないと侵攻しません。また海を渡るということは制空権・制海権を獲得しなければなりません。また、動員や集結は秘匿できません。つまり、奇襲は逆立ちしてもできません。 バランス・シートから考えてもマイナスしかならず、軍事侵攻は愚の骨頂です。
自分が中国の国家首席だったら、サイバー攻撃でインフラを破壊し、経済的打撃を加えるか、潜水艦でタンカーを通商破壊しますが・・
その方が費用対効果がいいし、犠牲が少ないですから。
元キャプテン
2015/02/15 12:22
清谷様へ

自衛隊のリストラクチャー・近代化について、清谷さんが考える優先順位を御教示ください。
自分の考える近代化の優先順位1 陸海空の統合的指揮システム ※通信含む
2 夜間戦闘能力の向上
暗視装置の充実
3 特殊部隊の拡大 専門の航空隊含む
4 近接航空支援、FAC・前線航空管制官が総監部に常駐
5 艦隊の統廃合

元キャプテン
2015/02/15 14:48
貴方は中静氏の記事に反対意見を持つのは予測済みです。だが、あれは面白い記事ですよ。

清谷氏は何時もシビリアンコントロールについて五月蝿いですね。空母を「護衛艦」と読んだり、飛行機を補正予算で買ったりすると、詐欺だ、モラルハザードだ云々と騒いている。必ず「欲しいなら正面勝負や」の態勢を取っている。正直、これらは何処の国でもやっているの政治戦術で、各国にも自分の流儀がある。例えば英国も軽空母をThrough-Deck Cruiserと呼ぶ事で承認させた事件が有る。詐欺だと言えばまあそうでしょうけど、一般の範疇に超えていない。

ですが、こう言う戦術的な物じゃなく、戦略的な物に成ると清谷氏は静かですね。

中静氏の記事の肝は防衛力の低減が防衛省自身が密かに認めていると言う事です。これは白書の文字の変化から看取られます。曾て、所要防衛力時代でのっ防衛力約束は「通常戦力による局地戦以下」でした。基盤防衛力に成ると、あれは「限定的かつ小規模な侵略」に下げた。だが、当時は1%GNP枠の開始の同期なので、一応議論した上で出した結論とも言える。ですが、この後は自衛隊に色々な新任務を与えた(例えば、BMD防御とか)。もっとも、サービス拡張するなら、予算を増やさなければ成らないですが、誰もそうしたく有りませんので、此れ以降は侵略への対応力がこの都度低下させる。そしてこれも防衛大綱に密かに認めているが、多く宣伝しない。

これで、いいのですが。シビリアンコントロールと言えたでしょうが?国民はただ毎回サービスの幅を拡張するだけを聞いて、捨てた部分はあまり書きされていない。万が一問題に成ったら、「ほら、白書のFine Printに警告したぞ」に成るでしょう。
香港からの客人
2015/02/15 20:53
中静氏の記事はこれを引っ張りだしている。本質と言えば戦車や大砲より、この任務の低下に疑問を出しているではないでしょうが?

これこそ、日本国民で議論するべきです。『軍事費増=唯一の正義』じゃありませんが、選択肢の一つです。事情を分からせて、選択肢を与えるこそシビリアンコントロールではないでしょうが?

例えば、現在の予算で侵略を防げない。そうしたいなら、予算のx%増やす必要が有ります。どうしても現在の予算でやりくりなら、以下何れを放棄せねば成りません。BMD、離島の防衛、国際貢献。全てしたく無ければ、侵略への防御を削るしか有りません。まあ、確かに蓋然性が低いし、やり過ごす可能性も有るです。如何でしょう。

小さな手段を議論するより有意義ではないでしょうが?
香港からの客人
2015/02/15 20:53
お邪魔します。

 自分には「実際の強さ」ではなく「強そうな”イメージ”」を求めているように思えます。漫画『北斗の拳』に関して漫画家のいしかわじゅんが「あの(ムキムキの)筋肉の付き方はボディビルのそれ」と言っていたのを聞いた事があります(実際の格闘家の筋肉の付き方は内側から膨れ上がるような感じ?)。「戦車や大砲をずらっと並べる」というのも「ムキムキマッチョ」と同じ「知識等が無くてもイメージで捉えられる”強さ”」ではないかと(それが無いと不安に耐えられない?)。「医者はお金をガッピガッポ」「ハーフ=美男美女または外国語ペラペラ」というのにも似てるように思えます。後「中国の狙い・目的は何か、日本の占領なのか」という問題もあると思います。尖閣・南沙及び西沙諸島とかを見る限りでは「海洋権益の拡大及びシーレーンを押える事で日本等を締め上げる」のように思えるのですが。
ブロガー(志望)
2015/02/15 21:55
2ちゃんねるに巣くっている程度の悪い戦車フェチの人たち>

そんなにミリタリー好きなら自衛隊に入ればいいのに…
ハインツ
2015/02/15 21:58
憲法とか解釈とか改正とか恒久法とかの前に
防衛記念章のメダルをきちんとデザインしたり
作業帽をピアノ線の必要の無い野球帽タイプに変えたり
ポケットナイフや革手袋をちゃんと支給したり
迷彩服のズボンに裾絞りを付けたり
ズボンにボタンではなくファスナーにしたり
作業服扱いでなく戦闘服に変えアイロン掛けを廃止させたり
そちらの方が先ではありませんかねA〇Eさん?
即応予備自衛官
2015/02/15 22:18
職種転換について

現役の頃、職種転換した方は存在しました。
しかし、そんなに深刻に受け止めてなかったですよ。
人事の選択に職種か勤務地か?があります。職種を優先すれば自ずと遠方へ人事異動になります。勤務地を優先すれば職種を変えなければならない。一般隊員に組織改編をどうのこうのすることができない。職種を変えたら、教育があるのでさほど問題はないでしょう。また、同じ職種でも司令部、補給処、地本、業務隊と共通部隊へ異動もあるので、必ずしも職種に直結する仕事を定年までするわけではありません。 職種転換しても、本人が決断したので適応能力はあります。
元キャプテン
2015/02/16 08:05
まあ、見た目の火力が減るのは問題かもしれませんが、全体として有事を想定して実用的な整備がなされているのであれば気にするものでもないでしょう。
もっとも、装軌式の自走砲は99式があるのにまた新規開発ですか?ちょっと常軌を逸してますね・・・
むしろ火砲じゃないですけど買っちゃったMLRSの活用方法とかを考えたほうが良くないですか?
八王子の白豚
2015/02/16 22:42
清谷様及び投稿者の皆様へ

以前にも質問しましたが、なぜ産経新聞社は防衛省・自衛隊の提灯記事を書いたり、褒め殺しまがいのことをするのでしょうか?御教示お願いします。
防衛産業は理解できますよ。仕事貰えますから。一般新聞社は防衛省・自衛隊にゴマ摺っても売り上げや発行部数は伸びませんよ。取材の便宜は図ってくれますが・・
また、マスメディアとして公平中立の原則から考えていかがなものでしょうか? 赤旗や聖教新聞は政党の機関誌ですので、政党の宣伝ですよ。大手の新聞社が特定の団体・組織に肩入れするのはジャーナリストの資質として疑問と違和感を覚えます。
マスコミが国家権力の味方をするのは、民主主義国家と言えないのでは? 私はそう思います。
元キャプテン
2015/02/17 11:24
 軍事戦略や技術の展開によっては、将来徴兵制が再び価値を持つ時代が来るかも知れないなら、近い将来日本防衛の上で戦車や野砲の価値が再浮上する可能性はもっと大きいと思います。
英知の人・エイチマン
2015/02/17 23:32
海空重視は結構ですが、海空自も大概ですよ。火砲定数に含まれてない120迫の増強とC4ISRの近代化が、島嶼防衛には効果的なのではないですか。
マリンロイヤル
2015/02/18 00:13
にもかかわらず、大金かけて島嶼防衛にも不向きな重たい自走砲を開発しようなどとと画策してます。当事者意識が欠落しています。
 火砲の数を減らして、C4ISRの近代化、島嶼防衛で使用できる軽量砲などをの導入を行いうべきでしょう。それが特科の実質的な戦力アップになります。


上記についていくつか
軽量砲…120mm迫撃砲で十分まにあっています。
C4ISRの近代化…火力戦闘車でも醍醐味の部分のはずです。
島嶼防衛にも不向きな重たい自走砲…そもそも長射程の自走砲を島嶼防衛に用いても能力が過剰です。対砲レーダによる従来自走砲の陳腐化への対策が火力戦闘車のコンセプトですので的外れな、批判です。
通りすがり
2015/02/18 22:22
再びお邪魔します。

 日本のマスコミの多くはサヨクなので、専ら「自衛隊=平和の敵」といった言説を提供してきました。それは「いざとなったら自衛隊に頼りたい」と思う人達のニーズを満たすものではありません。そこで「強いぞ我らの自衛隊」という言説を提供する者が現れたのではないかと思われます。

 オリンピック等では海外の専門誌は冷静な予想をし、それは割と当たっていると聞いた事があります。一方日本のマスコミはあたかも日本が勝ちまくるがのように言いまくり、そうならないと「夢・感動をありがとう」で締めくくります。それは”商売”にはなるのでしょうが、日本スポーツのレベルアップには繋がりません。尤も「金メダルを多く獲る事が国にとってどんな意味があるのか」という問題がありますが。
ブロガー(志望)
2015/02/18 22:31
ブロガー様へ

ご意見ありがとうございます。空気やイメージで強い。なんかウルトラマンの世界みたいな感じですね。
スポーツの負けることは、まぁ悔しさと選手・監督のクビだけですが、軍隊の負け 戦争に敗れるのは、死を意味するだけでなく、植民地や属国を意味します。スボーツに命のやり取りはありません。 勝つにはどうするか? 負けた戦を研究し、戦訓を確立する。つまり、戦史です。戦争映画はある意味、戦史の教材としてよいかと思います。
元キャプテン
2015/02/19 13:29
そもそもマスメディアが公平中立であると思ってるのが間違い
購買層の求めるモノを与えるのがマスメディアというもの
隱行の術
2015/02/19 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
「戦車と大砲減らすと国が危ない!」、2ちゃんねるの軍オタレベルの産経新聞の記事 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる