清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 陸自の戦車は機銃が必要ではないらしい。

<<   作成日時 : 2015/02/14 13:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 35

 陸自は戦車に機銃は必ずしも必要ない、と思っているらしいです。

http://www.tokyo-dar.com/news/1135/

 来年度防衛省政府予算案は陸海空自衛隊ともMINMI、74式、12.7ミリ機銃をいずれも要求しておりません。

 のみならず、要求している10式戦車用の同軸用の74式機銃、車長用の12.7ミリ機銃は発注しようか、どうしようかという状態です。戦車には機銃は必ずしも必要ない、ということでしょうか。

 常識的に考えればこれは極めて異常なことです。これが概算要求でも大概ですが、政府予算で戦車の備品が決まっていない=調達単価、予算が決まっていない、というのです。
 政府予算案としては極めていい加減で、納税者と国会を舐めているとしか思えません。

 この件は大臣会見でも質問したのですが、記者クラブの皆さんはご興味がなかったようです。


 住友重機が納品していた機銃に問題があった件では、岩田陸幕長は記者会見でぼくの質問に答える形で、これらの機銃には改修が行なわれており、問題は解決したと述べています。また住友重機も問題は解決したと自社サイトで報告書を出しております。

 であれば何故機銃が調達されないのか。陸幕のみならず、海空自まで機銃の調達をただの一丁も行なわないのでしょうか。しかもぼくが現場の複数の隊員に聞いた話ではMINIMIは未だに89式の弾倉を使用することができないそうです。使用すると事故が起こるからです。

 情況証拠を組み合わせる限り、住友重機の機銃の問題は解決していないのではないでしょう。そのように推測できます。
 恐らくは来年度予算、および本年度補正予算で行なわれる装甲車輛用の機銃は発注せず、余剰の機銃を搭載しようと思っていたのではないでしょうか。
 ところが、それをわざわざ公言すると財務省とのやりとりが面倒くさくなるから黙っていよう、そのような事情があるのではないでしょうか。
 12.7ミリ機銃は後継が云々と防衛省は言っておりますが、だからといって本来調達すべき数の機銃を調達しなくていいわけではありません。

 防衛省は住友重機の機銃にまだ問題があるのであれば、公表すべきです。


 愛国心の塊である産経新聞あたりはこのようなことは率先して報道して欲しいものです。自衛隊の装備に不備があるならば、国防上大問題です。それともぼくの考える愛国心と、産経新聞の考える愛国心は異なるのでしょうか。
 自衛隊を褒め称え、持ち上げるだけが愛国心じゃないでしょう。


 
■東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
補正予算は「平成の臨時軍事費特別会計」だ
防衛費は、補正を含めると5兆円の大台を突破
http://toyokeizai.net/articles/-/58914
P-1哨戒機の対英輸出計画は「画餅」である
武器輸出で華々しい成果を狙い過ぎ
http://toyokeizai.net/articles/-/58317


C-2輸送機の輸出構想は、「画に描いた餅」
事実を踏まえない空虚な政策は止めるべき
http://toyokeizai.net/articles/-/56949

■Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【外務省にインテリジェンス能力なし】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 1〜
http://japan-indepth.jp/?p=14718
【ヨルダンの諜報能力はイスラエル並】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 2
http://japan-indepth.jp/?p=14721
【日本は対外諜報機関を創設せよ!】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 3〜
http://japan-indepth.jp/?p=14724
【自衛隊の戦力は大きく弱体化する】〜安倍政権の無邪気な兵器”大人買い“〜
http://japan-indepth.jp/?p=13619

 ぼくが主筆をつとめている東京防衛航空宇宙時評/Tokyo D&A Reviewに以下の記事を寄稿しております。

日本航空、三菱航空機とMRJ導入の正式契約を締結
http://www.tokyo-dar.com/news/1125/
エアバスヘリコプターズ、ヘリエキスポでX4を発表へ
http://www.tokyo-dar.com/news/1123/
エアバスヘリと川重、陸自UH-Xに新機種「X-9」を提案へ
http://www.tokyo-dar.com/news/1109/
防衛省、平成27年度予算案にAAV7 30輌の調達費を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1101/
防衛省、平成27年度予算案にV-22 5機の調達費を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1104/
防衛省、平成27年度予算案にグローバルホークの取得費の一部を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1097/










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(35件)

内 容 ニックネーム/日時
機銃調達なし?これってあり得ませんよ!
銃身の損耗等の検査=技術検査、対弾寿命、で損耗更新の見込数が算出されます。それが調達・補給の所要見積になります。予算の限度や装備の配備の優先順というフィルターはあり、調達・補給の所要量とは必ずしもイコールにはなりませんが、必ず損耗更新があります。
戦車や装甲車云々の問題ではありません。形あるものは必ず壊れますから!
調達・補給の仕事の経験をした人間から言わせれば あり得ない話です。他の現役隊員に聞いても 私と同じ答えが返ってきますが。
廃品になった機銃を新しい装備品に付け替えすればいいと安易な考えは小学生以下の仕事では?
機銃が調達しないということが事実であれば、悪い例えでは車は購入するが、下着は買いませんという話と等しいですよ!ここまで予算が圧迫しているのでしょうか? 事故が起きた時誰が責任とるのでしょうか?
堕ちるところまで堕ちて末期ですわ!禁治産者の金の使い方ですわ。民事再生法適用して銀行=財務省の経営指導が必要ですわ。OBとして呆れています。
元キャプテン
2015/02/14 14:17
追記
愛国心云々

はっきりいって愛国心という言葉は好きではありません。
問題点を無視する、現実逃避することはいかがなものでしょうか?
産経新聞さんのやっていることは、野生の猿や猪に餌付けしているようなものですよ。自分から餌を確保しないで、他人に依存する。むしろ、ダメにしています。
赤旗や三宅さんは自衛隊の健全化に貢献しているのではないでしょうか?
裸の自衛隊、ここが変だよ自衛隊、宣戦布告そういう批判本が自衛隊の精強化に繋がるのではないでしょうか。
清谷さんは、自衛隊側から見ればウザイ、余計なお節介を言う オッサンみたいな存在でしょう!甘い言葉で褒め殺ししてくれる優しいオジサンが好きなのでしょうが、それは児童のレベルまでです。 国家の安全に関わることは厳しい目でチェックしないと!
自衛官出身のジャーナリストを養成することは、専門的視点でチェックできます。防衛省もハッタリかませません。清谷さん、退官した自衛官を弟子にしてジャーナリストとして育てることを提案します。
元キャプテン
2015/02/14 15:09
えっ
既存の製品の改修は済んでる
新規調達するには生産ラインの見直し及び検査体制の検証が必要ってことでしょ
大臣会見の記事をかなり前に拝見してたけど大臣の答弁でそんくらい理解できてたが、物分かりの悪い質問者だなあと思ってたが
隱行の術
2015/02/14 16:19
銃砲の製造はローテクなので、今まで怠けていた企業の製造品質が突然良くなるはずがないですよ。陸幕長はウソを言っているというか、天下り先の心配してるだけじゃないですか。装備を良くするなら輸入しか無いはずです。
マリンロイヤル
2015/02/14 17:40
この事象は、機動戦闘車にも通じるものがありますね。要するに陸自は実弾訓練をあまりしていないので、砲身や銃身は損耗しないし、砲弾や銃弾は余っているのでしょう。だから機動戦闘車は74式戦車の砲弾を活用するため、105ミリ砲になったのでしょうね。実弾訓練不足(ひいては砲身や銃身の検証不足)というのが問題の本質ではないでしょうか。ということは訓練計画がなってないということになるのではないでしょうか。
BNSF
2015/02/14 21:19
機銃の品質問題についての疑問点?

多分、中央調達の区分だと思うが、地方防衛局の職員の監督検査や完成検査はどうだったのか知りたいです。製造ラインに行程管理のチエックのため、監督官が常駐しています。また、出荷前に検査官が発射テストして性能検査します。データの改竄、チエック漏れ等があれば、官側にも責任があるのでは? 怠慢であれば、背任行為で懲戒処分だけでなく弁済責任が発生することもあり得ます。住友重機の怠慢ではなく、官側の怠慢も問題ではないでしょうか?
つまり、試験官がカンニングを見て見ぬふりしていたということです。このことは薬害エイズの血液製剤と似た構造ではないでしょうか? 監督官や検査官も馴れ合い、OBの圧力があったのではないでしょうか?
元キャプテン
2015/02/14 22:30
烈火ウラン焼夷弾の代わりに、
列架レーザービームレフレクタ採用/民間はミラーレス流行り故?
巳蛙
2015/02/15 15:03
使える装備はまた使うというだけの話ではないでしょうか?

清谷先生の主張ではまだ使える戦車を廃棄して、新型戦車を調達しているのでしょう?その戦車に付いていた機銃をまた使うだけの話ではないですか?

それとも清谷先生は、戦車は使えるが機銃は使えるはずが無いといわれるのでしょうか?
PON
2015/02/15 16:04
元キャプテン氏
検査体制の見直し通達等に目を通して書いてますか?
隱行の術
2015/02/15 16:38
>戦車は使えるが機銃は使えるはずが無いといわれるのでしょうか?

何がいいたいのか全く分かりません。
問題のキモは政府予算案にもかかわらず、機銃を調達するか否かがきまっていなことなんですけども。
キヨタニ
2015/02/15 16:59
隠行の術様へ
質問
検査体制の通達読んでますか?
答え
通達を読むことができません。退官しましたから。知る術はありませんし、現在知る理由はありませんが・・ 検査官業務をした経験論と会計法上のことで意見を申しました。内容はどんなものか?どのように変わったのか知りません。 しかし、企業も問題があるが、チェックする官側=防衛省側も問題あり、どっちもどっちだと思います。
元キャプテン
2015/02/15 20:32

>問題のキモは政府予算案にもかかわらず、機銃を調達するか否かがきまっていなことなんですけども。

えっ、予算処置が無ければ今年は見送りで決定ですよ
で、逆に機銃の予備も余剰も無いほうが問題じゃ無いですかね
まあ検証後、補正予算になるかもしれんけど
隱行の術
2015/02/15 20:41
★BNSF様へ
90%同意、10%異論ありです。異論の部分ですが、訓練計画がなっていないの部分ですが 射撃の場合は弾薬の配分・割当n射撃訓練の回数が自ずと決まります。地域住民対策等の環境も要因です。
訓練は補給の要因が大きいです。
原因は1 官と民の癒着 ※天下り含む
2 熟練工の退職で技術の伝承がなされていなかった。3 実験・検証の不備4 官側のアクシテンドに関する情報共有のまずさが推察されます。
命の安全に関わる問題ですので、原因を明確にして対策を取ることは言うまでもありませんが
元キャプテン
2015/02/15 20:55
こういうとこで見れるんですけど・・・元キャプテンさんw
http://www.mod.go.jp/epco/
製造企業による製品試験結果の改ざん等事案を踏まえた中央調達に係る監督・検査実施要領の見直しについて(お知らせ) NEW
・製造企業による製品試験結果の改ざん等事案を踏まえた中央調達に係る監督・検査実施要領の見直しについて
・中央調達に係る標準品質証拠監督・完成検査実施要領について(通達)
・中央調達に係る標準品質証拠監督・完成検査実施要領の解説について(通知)の全部改正について(通知)
隱行の術
2015/02/15 22:27
「機関銃」の問題点は検査じゃなくて、本当に「造れない」ところですよ。キチンと検査したら納入できるモノが無くなってしまう。ローテク製品は知験の蓄積が重要で、今まで怠けていた企業が急に出来るわけがない。M2なんて戦前からあるんだから、1982年じゃなくもっと以前からラ国して研鑽を積んでおくべきでした。62式を造ってロクな改良もせず放置したり、産業育成の失敗例ですね。
マリンロイヤル
2015/02/16 18:11
隠行の術様へ

丁寧なお知らせに感謝します。申し訳ございませんが、退官しましたし、現在の本業とは関係性も必要性もありません。
検査体制について述べたのは過去の現役の話をしただけです。
以前も主張しましたが、官側も問題があり、そういうことがないように対策を構ずるのが肝要かと思います。勝手なことを言って気を悪くしないでください。
元キャプテン
2015/02/16 19:46
>以前も主張しましたが、官側も問題があり、そういうことがないように対策を構ずるのが肝要かと思います。

ですから検査体制の見直し等は行われている、ということです
検査体制の見直し等が行われていなければおっしゃる通りでしょう
しかし行われているならば元キャプテンさんの主張は過空虚な喚きに他なりません
隱行の術
2015/02/16 21:11
欠陥が解消していないからその機銃を調達しない、しかし乗せる予定だった戦車等は調達する。
すっきりしない話ですね・・・
そもそも10式戦車は機銃が載ってはじめて完成品なのでは?
完成品を納入しないのはメーカーも嫌でしょうし、不完全な装備を支給される隊員も迷惑でしょうし・・・
ミニミの件も然りです。
仮にそうだとしたら有事に89式を使う自衛隊員が米兵からM16の弾倉を借りられないということになります。
これからPKO・PKFに参加するのであればこういった小さいことから規格を合わせるようにしないと、行った先で邪魔者扱いされることも考えるべきでしょうね。
八王子の白豚
2015/02/16 21:54
隠行の術様

さっきから述べているとおり、検査業務から離れているし、退官したので知る術もないと申しているでしょう。会社側だけの落ち度ではないでしょう。官側でも落ち度があるから通達が出たか?見直した?その辺は定かではないが。見直し したから 徹底できるとは限らないのでは?人間のやることは必ず漏れやミスはあります。あったから、問題が発生したのではないでしょうか?
元キャプテン
2015/02/16 23:29
>さっきから述べているとおり、検査業務から離れているし、退官したので知る術もないと申しているでしょう。

別に中の人であったからと言ってる訳ではないのですがね
まあこの事件がどのような影響を及ぼしたかはネットを漁るだけでも上記のHPで出てくるんです
変化を知らず一年前の情報だけでフリーズした状態のコメントを自分がしてしまったら暫くロムるね
隱行の術
2015/02/17 15:08
ゴミみたいな機動棺桶74式戦車を廃棄して、そこに付いてる機銃を10式にリサイクルしてんでしょう
今まで配備されてたんだから、寿命はちゃんと残ってるはずなんで
たま
2015/02/17 16:26
時代遅れの機動棺桶74式戦車を廃棄して、そこに付いてる機銃を10式にリサイクルしてんでしょう
今まで配備されてたんだから、寿命はちゃんと残ってるはずなんで
たま
2015/02/17 16:28
隠行の術さんへ
あなた何を主張したいのですか? 私はただあなたの質問に正直に答えただけですよ。自分の知識に優越感浸りたいだけですか? 自分の意見は正確とは言い難いが、的はずれではありません。変化といいますが、根本は変わっていないのでは?企業の場合は劇的変化はあり得ますが、公務員の場合は劇的変化というのは考えにくいのでは常識から考えて?
内容は確認していないので、正確なことは言えませんが。
あなた、言葉選んで使ったら!喧嘩腰に感じて不愉快です。
元キャプテン
2015/02/17 16:52
>自分の知識に優越感浸りたいだけですか? 自分の意見は正確とは言い難いが、的はずれではありません。変化といいますが、根本は変わっていないのでは?企業の場合は劇的変化はあり得ますが、公務員の場合は劇的変化というのは考えにくいのでは常識から考えて?
>内容は確認していないので、正確なことは言えませんが。
>あなた、言葉選んで使ったら!喧嘩腰に感じて不愉快です。

元キャプテンさんの文章って自分の知識の優越感に浸っていて不愉快に感じるのよねえ
でまあ内容も確認せずコメントするあたりインテリジェンス以前の人物、情報軽視も甚だしく自分の考えに耽溺しとるだけに映る
まあこういうコメンテーターにはなりたくはなく、何かをコメントする時は情報の更新を怠りなく行ってからすることが重要
隱行の術
2015/02/17 20:07
隠行の術さんへ
インテリジェンス、情報の本質について

ただの情報資料・知識の羅列・列挙は情報・インテリジェンスではありません。得た情報資料を色々な角度から関連・分析・解釈をして ○○だ、△△だろう・かもしれないのが情報です。最新式に更新しなければ情報資料の価値がさがるのは反論ありません。しかし、官側の検査体制・実態は情報資料の一部にしか過ぎません。解りやすい例を挙げると
・年収300万
・自宅周辺は狭い道路
・駐車上は狭い・同乗者はほとんどいない
・小柄な体・通勤に使用
上記は情報資料になります。経済ー年収
サイズー体格、駐車場
環境ー自宅付近の道路
利用ー個人、通勤
求められる要素小型で安い
結論いわゆるインテリジェンスは軽自動の保有が望ましい。
知識や情報は武器にはなることは論ずるまでもございません。組み合わせ、取捨選択をしてこそ生きたものになるのでは。 検査はあくまでも契約行為の途中段階にしかすぎません。
防衛上の問題、契約上の問題、企業の問題、政治的な問題、技術的な問題、訓練上の問題、補給上の問題 総合的に分析しないとこの問題の本質はわからないと思います。あなたの主張は木を見て森を見ずに等しい行為です。
元キャプテン
2015/02/17 22:25
防衛省自衛隊の検査体制は、ある意味シッカリしてますよ。だって、キチンと検査したら合格しないのが分かってるから、手抜きも改竄も黙認してたんですから。調達しなければ、検査も無いので検査体制をウンヌンされる事も無いんです、今回の調達中止はそういう事ですよ。
マリンロイヤル
2015/02/17 23:54
元キャプテン氏
インテリジェンスとは何か、について書いてる訳ではないのでインテリジェンスについて語られても何について反論したいんだこの人は?になるだけなんですがw
ということで本質を見誤った反論をしている時点で元キャプテン氏にはインテリジェンスは無い、そしてそれ以前に情報を収集するつもりが薄いということ
隱行の術
2015/02/18 00:51
>戦車には機銃は必ずしも必要ない、ということで>しょうか。

シリアでは市街戦での戦訓により機銃を取り外して行動することもあるようです。(使用の機会がない)


通りすがり
2015/02/18 22:25
隠行の術様へ

本質を誤った反論

それは貴方自身のことを言っているのでは?
自分の知人で知識がある、知っているからインテリだ!俺は優秀だ!と自慢する方とそっくりですね。その知人は視野狭窄、枝葉末節な思考の傾向ですよ。周囲から反感を買い、実績はポカばっかり。知識はあっても知恵がない。分析力、論理力、創造力が欠如しています。料理に例えると食材は高級で品質が良いが、調理法が成っていないのでまずくなる。食材を活かされていない。
問題の原因・背景は複数・複雑なんですよ!
貴方、ひとつの事象に拘っているので、本質が見えないのでは?自分はその部分を反論しているのですよ!情報の正確性を強調していますが、ネットや新聞だけではわかりませんよ。実際、経験・体験しないと真の情報が得られないのではないでしょうか?故にジャーナリスト・記者は現地に足を運んで取材するのではないでしょうか?
医者だって、患者の問診、触診、検査してみないと診断できないのでは?
また、当事者や経験者になってみないとわからないことがあるのでは?
簡単にインテリジエンスとか知性という言葉を発しない方が良いですよ。
また、言葉を選ぶというのは、対人関係や社会生活の上で大事なことではないでしょうか。 貴方は大部損していると思いますよ!
元キャプテン
2015/02/20 19:06
元キャプテン氏
情報収集軽視はインテリジェンス以前の問題と言ってるのですよw
それを情報収集がインテリジェンスだと私が言ってるとあなたは決めつけてるw
見誤っている以外のなんだと言うのでしょう
隱行の術
2015/02/22 04:26
だいたいにして元キャプテン氏が語られる私像ほど大それた事を申し述べた覚えも無いんだがw
隱行の術
2015/02/22 06:00
隠行の術様

情報収集の重要性は否定していません。
問題は、取捨選択と繋ぎ合わせることつまりそれがインテリジェンスではないでしょうか?情報資料で使えれのは10%もないでしょう。
使える情報資料を関係軸、時間軸に整理して情報にするのでは。情報源ですが、大本営発表のアナウンスを鵜呑みにするのはいかがなものですかね?当事者や経験者に取材するのは、真の情報を得るためではないでしょうか。官庁や企業は悪い情報は隠す習性があります。情報操作します。
ただ、集めればいいという問題ではないでしょうか?
元キャプテン
2015/02/22 09:15
>使える情報資料を関係軸、時間軸に整理して情報にするのでは。情報源ですが、大本営発表のアナウンスを鵜呑みにするのはいかがなものですかね?

ですから見てから批評したら如何ですか?と此方は言ってるだけなんですがね
退官した元キャプテン氏は退官したら調べようもありませんとフリーズしていて当然、何か言われるのは不愉快だって言ってるだけ
元から外の人である私でも上げたサイト程度ぐらいは拾ってこれるのに
隱行の術
2015/02/22 13:15
隠行の術

あなたも知識だけの人ですね。知識だけあっても思考力、分析力、判断力、想像力が足りない方なんでしょう。これだけ説明しても納得しないの? 国語力が問題なのか?理解力が問題なのか?性格が問題なのか?知りませんが、社会生活を送る上で言葉を選んで使った方が良いですよ!あなた損しますよ!本当に!
元キャプテン
2015/02/25 22:47
全文お返ししますねw
元キャプテン氏
隱行の術
2015/02/26 13:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
陸自の戦車は機銃が必要ではないらしい。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる