清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 公安独裁に迎合する産経新聞

<<   作成日時 : 2015/02/06 12:52   >>

ナイス ブログ気持玉 100 / トラックバック 0 / コメント 13

日本の「情報のプロ」たちは対外情報機関の創設には賛成だが、外務省主導ではなく、首相直属の組織を提案する。

>元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏も「外務省の領事部や中東アフリカ局に、邦人保護で活躍できる人材がおらず、今回の事件では事実上何もできなかった。首相直属の対外情報機関を作らない限り、国際テロに対峙することなどできない」と語る。

 初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏は「『外交一元化』の名のもと、重要情報は外務省テロ対策で対外情報機関の創設も 「首相直属」で情報収集
2015.02.05 ZAKZAK

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150205/plt1502051830002-n1.htm


 賢明な読者諸氏は既にお気づきでしょうが、この記事にコメントを寄せている『日本の情報のプロ』はおふた方とも公安 畑の出身です。
です。

 穿った見方をすれば、この記事は公安関係者が、対外情報機関までその手に収めようという世論操作の一貫に見えなくもありません。

 特に公安警察官僚は既に強大すぎる権力を持っています。それに関してメディアも政治家も極めて無頓着です。警察は勿論、もう一つの暴力装置である防衛省の事務次官に公安警察官僚がなっても何の不思議も感じません。また地方警察はすべて警察庁に支配されています。
 内閣情報調査室(内調)もまた公安警察の縄張りです。政治家、マスコミはこれらに何の危機感ももっていない。国民も然りです。

 フランスもこういう傾向がありますが、我が国はそれより上です。現在の我が国が民主国家、あるいは法治国家としてかなりいびつ、率直に申し上げて奇形であると思います。


 かつて警察が共産党の盗聴をおこなっていたことを時の政府は認めましたが、警察庁は認めませんでした。つまり公安警察官僚は政府に従うつもりはありません。
  また警察がいくら違法行為をこない、あるいは冤罪を犯しても、警察が反省することはありません。
 メディアも政治も警察には手が出せないからです。警察に逆らうと「江戸の仇を長崎で討つ」ような徹底的な意趣返しをされることがわかっているからです。

 そのような組織が対外情報機関まで手に入れたらどんなことになるでしょうか。ただでさえ警察国家である我が国の状況は更に悪くなるでしょう。
 そんなことになるならば、現状の情弱国家であるほうがまだ何百倍もマシです。

 文民統制、即ち国民の付託を受けた政治家が暴力装置を管理することですが、文民統制が必要なのは自衛隊よりもむしろ警察庁の方でしょう。

> 「国民を守る」という、国家として当然の責務を果たすための態勢を整えなければなら
ない。


 対外情報機関の設立は現状、「国家としての責務を守る」のではなく、「警察官僚の権力拡大の道具」に使われる可能性が大です。

 さて、産経新聞はこのようなことを知ってか知らずか、無邪気に公安警察のお先棒を担いでいるように見えます。権力におもねることがメディアの仕事ではないでしょうに。
 


 
■東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
補正予算は「平成の臨時軍事費特別会計」だ
防衛費は、補正を含めると5兆円の大台を突破
http://toyokeizai.net/articles/-/58914
P-1哨戒機の対英輸出計画は「画餅」である
武器輸出で華々しい成果を狙い過ぎ
http://toyokeizai.net/articles/-/58317


C-2輸送機の輸出構想は、「画に描いた餅」
事実を踏まえない空虚な政策は止めるべき
http://toyokeizai.net/articles/-/56949

■Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【外務省にインテリジェンス能力なし】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 1〜
http://japan-indepth.jp/?p=14718
【ヨルダンの諜報能力はイスラエル並】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 2
http://japan-indepth.jp/?p=14721
【日本は対外諜報機関を創設せよ!】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 3〜
http://japan-indepth.jp/?p=14724
【自衛隊の戦力は大きく弱体化する】〜安倍政権の無邪気な兵器”大人買い“〜
http://japan-indepth.jp/?p=13619

 ぼくが主筆をつとめている東京防衛航空宇宙時評/Tokyo D&A Reviewに以下の記事を寄稿しております。

日本航空、三菱航空機とMRJ導入の正式契約を締結
http://www.tokyo-dar.com/news/1125/
エアバスヘリコプターズ、ヘリエキスポでX4を発表へ
http://www.tokyo-dar.com/news/1123/
エアバスヘリと川重、陸自UH-Xに新機種「X-9」を提案へ
http://www.tokyo-dar.com/news/1109/
防衛省、平成27年度予算案にAAV7 30輌の調達費を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1101/
防衛省、平成27年度予算案にV-22 5機の調達費を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1104/
防衛省、平成27年度予算案にグローバルホークの取得費の一部を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1097/







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 100
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
7割同意。3割?ですね。
外務筋の調査能力の無さはかねてより言われていますが、警察はICPO、公安等、外務よりは調査力がありそうなので、こちらから拡充した方が調査力は早められそうと思います。

ただ、氏が言っているように、「警察がいくら違法行為をこない、あるいは冤罪を犯しても、警察が反省することはありません。」
これには全く同感です。

以前、(1999年)徳島で起こった三笠自衛官変死事件では、三笠自衛官が検視により、ほぼ死亡状態であったにも係わらず(近所の証言者達言では暴走族が走っていたと証言があった)、その状態で欄干から5メートルもジャンプして自殺した、と異常な判定をし、しかも検察や裁判官もその異常な警察判定をそのまま認め、本来であれば、殺人事件として捜査しなければならない事案を、どういうカラクリか、徳島警察、検察、裁判官達は、三笠自衛官変死事件を自殺扱いにして結審してしまいました。

また、元北海道警本部長が全国の署長達は調査費流用などで自宅を建てたりしている。と内部告発をし、最初はマスコミも取り上げ騒がれたが、北海道止まりで全国の署長まで手を回すことは無く、事件内容に対して短期間にマスコミもこの事件を取り上げなくなってしまい、うやむやになりました。

2006年、高知で、「止まっていたスクールバスに白バイ警官が運転を誤り衝突した」、と多くの目撃証言があったにも拘らず、「スクールバス運転手が安全運転を怠った」として有罪にし、刑務所に入れました。
これも交通事故鑑定で警察の内容は捏造と判断されましたが、検察、裁判官いずれも先の三笠事件と同じく、検察、裁判官までが検視鑑定を無視して、本来、無実の人間を刑務所に入れたのです。

この事は検察、裁判官までも警察の手の中に握られている証拠と言えましょう。
なので期待したいが?となってしまいます。
ろく
2015/02/06 22:28
暴力装置と言いましたか?
初めまして。
2015/02/07 01:33
ドラマ踊る大捜査線や相棒でも警察権力は非常に強大であることが容易に想像できます。特定秘密保護法は警察官僚の画策・陰謀では?
警察官僚だけでなく、検察の暴走も問題ではないでしょうか。村木厚労事務官の証拠偽造、西松建設の国策捜査、ホリエモンも検察権力の横暴に危惧しています。
元キャプテン
2015/02/07 10:17
外務省が外交を独占利権化してるのはその通りだが、公安警察からの批判も結局は省庁同士の縄張り争いでしかない。首相直属組織にしてみたところで、昔の大本営政府連絡会議だの最高戦争指導会議と同様、各省部の角逐の場と化すだけだろう。各省高級幹部は政治任命にするなど、根本にメスを入れるのが先ではないか。
マリンロイヤル
2015/02/07 13:31
清谷様へ

記事と関係ないお話をすることをお許しください。
雑誌SAPIOにて同業の土井和彦氏の記事にて、自衛隊と人民解放軍が戦えば?質は自衛隊が優れている。と主張しています。井上氏はマンセー自衛隊の主張をしています。自衛隊を褒め殺しする傾向にあります。
防衛産業の営業マンは仕事ですから仕方ありません。しかし、ジャーナリストとしての資質を疑います。井上氏が褒め殺ししてまで防衛省から仕事を貰いたいのでしょうか?
その無敵自衛隊という偏った情報を発することが自衛隊を弱体化することになるのではないでしょうか?知性を求める職業人として失格ではないでしょうか?問題点や弱点に目をつぶることは隊員の血を流します。また、問題点が課題となり、努力目標になるのではないでしょうか。
清谷さんの意見をいただきたいです。
元キャプテン
2015/02/08 15:46
お邪魔します。

 相手を複数にしてお互い競わせ、牽制させる事は相手をコントロールする手法の一つです。思えばイスラム国も日本とヨルダンを結び付ける事によって自身を優位に立たせるつもりだったのかも知れません。近代以前の中国では官僚と宦官がそういう関係でした。宦官は賄賂大好きの政治腐敗の温床でしたが、明の滅亡時に無為無策の官僚を尻目に体をはったのは宦官だったとも聞いています(明側の話)。今は「与党と野党」「試験で選ばれた官僚と選挙で選ばれた議員」ではないかと思われます。

 韓非子によると「トップは決して部下に本心を見せず、術を以て部下を操る。その孤独に耐えられる事がトップの資質」だそうです。下手に好みを知られると「細身の女性を好めば無理なダイエットで体を壊す女性が続出し、勇敢さを好めば無駄に命を捨てる者が続出した」になるとも。今の日本のトップは”王様”というか「構ってちゃん」が多いので、結局は”下”に振り回されるのがオチではないかと思われます。

 同じ暴力装置でも「主権の範囲内限定で、しろと言われた事以外は原則できない」警察と「世界が舞台で、するなと言われた事(生物化学兵器の使用、捕虜の虐待及び殺害他)以外は何でもできる」軍隊とはかなり異質です。「国内の治安及び体制の維持」を目的とする公安と「対外情報活動」もかなり異質ではないかと思われます。
ブロガー(志望)
2015/02/08 18:56
菅沼氏は公安警察OBではありません。公安調査庁は法務省傘下で逮捕権もありません。
たかし
2015/02/08 19:32
>菅沼氏

ご指摘の通りです。本文を訂正させて頂きます。
ご指摘ありがとうございました。
キヨタニ
2015/02/08 19:54
どうも警察官僚の権益拡大に今回の惨殺事件が利用されているように感じられますね。

暴力装置と言う言い方で噛み付いている人がいましたが、警察だって自衛隊以上に暴力装置でしょう、冤罪をたくさん作ったにもかかわらずそれを認めず、冤罪と証明されても最低限度の謝罪すらしない組織です。
人の人生を破壊しておきながら謝罪もおざなりな組織が暴力装置と言わずして何と言えばいいのでしょうね。
八王子の白豚
2015/02/08 23:49
ろくさん。TVの洗脳かもしれませんが全く同感です。こんなの法務大臣の権限で何とかならんのでしょうかね。されとも下からの突き上げが怖いのかね。
司法死国
2015/02/09 19:23
戦中は大本営の軍事官僚、戦後は財務官僚と警察官僚
構造は変わらないですね。日本は官僚独裁国家なのでしょうか。 政治家も官僚を先生として崇めます。政治家の勉強不足なのでしょうか? 松下政経塾を巨大化した政治大学院が必要だと思います。そこでエリート教育を施せばいいのでは。また、選挙の立候補の条件としてセンター試験みたいな資格試験もあったら政治家の質も向上すると思います。
ブログとは関係ありませんが、関西補給処長・宇治駐屯地司令が先月自殺した報道がありました。清谷さんと同年代です。自分が若い3曹時代、仕事を教えてもらい世話になった方でした。当時2佐でしたが・将官が自殺するとは・・・ショックです。
若い隊員に与える影響も大です。士気が喪失します。原因はわかりませんが、駐屯地でトップでしたので誰にも相談や弱音を吐くこともできなかったと思います。 もし、仕事に関するストレスが原因ならば早期退官すれば、こういう悲劇が起こらなかったと思います。一番ショックなのは奥様等の御家族です。
将官クラスの高級幹部にもメンタルケアが必要な時代なのでしょう!
元キャプテン
2015/02/10 21:19
>記者クラブ
ひとそれぞれですね。親しい人もおりますし、情報交換をする人もいます。内心記者クラブ制に反対のひともおります。
キヨタニ
2015/02/11 18:31
儀典と国会議員の接待にしか興味を持たない外務省の無能さは遥か昔から指摘されている訳だが、なんでこのような組織に担当させるべきと主張しているのか理解できない。
?
2015/02/19 12:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
公安独裁に迎合する産経新聞 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる