清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝間和代「じゃがいもを入れない方が美味しいカレー」とリフレ主張

<<   作成日時 : 2015/02/20 14:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 15

>ネットで検索、「業務用のカレーにジャガイモ入りのものが少なく、家庭用でジャガイモが入るようになったのは、基本的には日本だけで、しかも、1900年前後くらいから」と報告している。


勝間和代「じゃがいもを入れない方がカレーは美味しい。入れるの日本だけ」

http://www.j-cast.com/tv/2015/02/18228195.html

 偏見かもしれないけど、この人があまり味覚にこだわるようには思えないのですが。

 それはさておき、ジャガイモをカレーに入れるのは日本だけというのは間違いです。
 インドでも英国でも、UAEでも、フランスでも、南アフリカでもジャガイの入りのカレーは作っています。昔ロンドンに住んでいたころに近くにグルカ料理の店があって、ここでもジャガイモ入りのカレーを出しておりました。

 仮に本場インド(あるいはパキスタンなど)は昔はやらなかったかもしれませんが、ジャガイモという美味しくて栄養があって安くて便利な食材を使ってみたくなるのは人情でしょう。トルコ料理だってトマトは欠かせない食材ですが、当然昔は存在していませんでした。
 また我が国でも肉じゃがという料理があります。オリジンが外国の食材を取り込むことは世界的に行なわれております。であればカレーにジャガイモもあるのでは、と思うのが普通でしょう。
 そのような想像力が勝間氏には欠けているのでしょう。
 
 また日本にあるインド人が経営しているインド料理の店に入ればジャガイモ入りのカレーを出す店は多々あることがわかります。であればそれが日本のインド料理店だけのものか、それともインドやパキスタンでも行なわれているのではないかと疑問を持つのが普通でしょう。
 勝間氏は内外でインド料理のレストランに入ったことがないのでしょう。彼女が普段どういう食生活を送られているのか大変気になります。


 別に喰い物のことをあれこれ知っていることが偉いとは申しませんが、外国人と商売する人間であれば、ビジネスでも食事の話はあれこれ役に立ちます。食事中は政治と宗教の話はしないという約束事がありますが、喰い物の話は一番ポピュラーなトピックです。
 つまり国際的な仕事をするビジネスパーソンであれば、ある程度食に関して知識を持っていたほうが有利です。
 例えばトマトやジャガイモのなかった時代のヨーロッパの食生活の話などすると結構盛り上がったりします。
 また英国人に君らは昔は緑茶を飲んでいたよね、という話をすると大抵の英国人はびっくりします。そこから紅茶やコーヒーの話になるとこれまたもりあがります。また相手の国の文化を知っているということで、一目置かれたりします。少なくともある程度の教養のありそうなやつだと思ってくれます(実際は別でもですが)。ビジネスでは相手に認められ、できれば精神的優位にたつことが肝要で、雑学的な食や歴史、科学などの知識は結構役に立つものです。中でも食の話は一番身近な話ですからツカミとしては便利です。

 ハンバーガー、日本式カレー、ラーメン、牛丼とかばかり食べて、あまり食事に無頓着な人は、あまり仕事で成功も、出世はしないでしょう。
 

 勝間氏はご自分の知らないことをチラッとネットで調べただけで、「日本だけです!」と断言しちゃったわけですが、情報のプロにしてはネットの検索能力が低いのではないでしょうか。
 少なくとも、このトピックは勝間氏が食文化に明るくなく、想像力・類推力に欠け、またネットの検索能力もアレじゃないかと自己宣伝したようなものになっております。

 ご本業の方では、子分の上念司氏とともに「インフレになって物価さえ上がれば景気が良くなる。」とご主張されているリフレ派のようですが、これもジャガイモ入りカレーと同じようなレベルでのご主張じゃないでしょうかね?

 上念氏ともども人おふたりとも主張は、意見は聞かず、唯我独尊的なものが多いように思えます。上念氏の場合さらに相手を論破してやったとか、子供っぽいところがあって残念です。

 ああ、カレーとジャガイモから見えてくる真実もあるようです。


参考までに。


ジャガイモのきた道―文明・飢饉・戦争 (岩波新書)
岩波書店
山本 紀夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジャガイモのきた道―文明・飢饉・戦争 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書)
中央公論新社
伊藤 章治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



じゃがいもが世界を救った―ポテトの文化史
青土社
ラリー ザッカーマン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by じゃがいもが世界を救った―ポテトの文化史 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
>偏見かもしれないけど
分析批評じゃなくて、いつも偏見の感想文しか書いてないですから、いちいち断らなくても大丈夫ですよ
わかってますから。
 
2015/02/20 14:56
自分の家では、南瓜をカレーの具にしたりしています。ちょっと変わっていますが!
あと、インドのカレーと日本のカレーは全くと言っていいほど味が違います。インドのカレーはナンを付けて食べるのがメジャーです。また、水っぽく、香辛料がきついです。
自分はボンカレーのレトルトが好みです。100円前後、ボイルだけで手間暇かかりません。味も悪くありません。
家では、きりたんぽカレーという変わった料理ですが、結構いけます。きりたんぽグラタンも結構美味しいですよ。きりたんぽもイタリアンのリゾットに似ていますのでイタ飯とコラボします。郷土料理と外国料理のコラボも面白いですよ!年寄りはいい顔しませんが!
元キャプテン
2015/02/20 15:27
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASFK1303E_U3A310C1000000/

まあ目くじらたてる程の話しかいなw
隱行の術
2015/02/20 15:52
駐屯地で出るカレーをついつい食べ過ぎ、駆け足・筋トレに励む今日この頃…

個人的な話で恐縮ですが、ジャガイモより肉の量を気にしてしまう~_~;
ハインツ
2015/02/20 20:40
ジャガイモを入れないカレーのほうが美味しい、ですか・・・
そんなこと無いと思うんですけどね〜
荷崩れしたジャガイモの食感がルゥに混ざるのがお気に召さないようですが、それを美味しいと感じる私などは勝間さんのご説に「だったらスープカレー食べりゃあいいじゃん」と思ってしまいます。

もっとも、美味しいは人それぞれ。
自説を真理のように喧伝するのはいかがと思うところです。
私も気をつけようっと。
八王子の白豚
2015/02/20 21:53
清谷様

食文化を含めて現地の文化に精通しているとビジネスの話もスムーズに進むことがあるのは、ご指摘のとおりです。そういう視点のジャーナリストは少ないように感じますね。
ブリンデン
2015/02/21 01:25
まあ、勝間氏は公認会計士でしたが、研修の単位が足りなくて協会から資格停止処分を喰らってましたからね(公認会計士は3年で120単位の研修を受ける事が義務付けられています)。その後、自主廃業した様ですが。
忙しくて研修も受けられないのにカレーを調べる暇はあるのか、と思ったら、やはりちゃんとは調べてないと言うことのようですね。
まあ彼女は所謂ジョブホッパーですし、経済学のフォーマルなトレーニングを受けた事があるわけでも無いので、彼女の経済に関する意見は話半分位に聞いておくのが良いのでは無いでしょうか。
X
2015/02/21 03:23
リフレ派の処方箋は、途中までは正しいと思いますが、経済成長にはイノベーションが必要で、そのネタ元は軍事研究でしょう。ここにカネを入れない限り、イノベーションなんか起きない。ただ金融緩和やら財政出動で吹かしまくっても、吹かした分が上がるだけで何も起きない。そういう結末に終わるのでは、と危惧します。
マリンロイヤル
2015/02/21 07:17
ちょ……カレーごときでそんなに言わなくても…
勝間氏は私も嫌いだけど、メルマガ抜粋のネタから人格非難など清谷先生とは思えない低劣さですよ……
彼女の経済評論に異を唱えるなら、チェリーピックや藁人形論法を使わず、あくまで真正面から意見する清谷先生でいて欲しいです。
花坊
2015/02/21 07:31
食べ物で地域創生!

自分の田舎では、バター餅と秋田のワン子というお土産があります。
1 バター餅はバター飴を参考に餅をバター味にする。開発したのは、ばぁさんです。別名、ババ餅とも言われています。商標登録され、スーパーでも販売されています。2 秋田のワン子はクッキーに秋田犬の肉球を加え、女性向けの商品です。美味しいより、可愛い!量は少ないが、おまけとして秋田犬の携帯ストラップが付いています。袋も丈夫で小物入れや化粧品入れにも使えます。開発者は若いギャルらしい? ばぁさんとギャルが商品開発しています。
地域の名産・名物から地方創生・地域起こしという手段もあるのではないでしょうか?
人間最初に考えるのは食べ物です。食べ物をどうアレンジしていくか。
元キャプテン
2015/02/21 19:49
>カレーごときでそんなに言わなくても…

まあ、多少そういう気もしないではないのですが、この件は一事が万事ですよ。ちょっとネットでググって、「○○はありません!」と断言するのは彼女のスタイルでしょう。これに知性を感じますか? 本業でもお遊びのブログでも情報に対する接し方、処理の仕方は同じです。

勉強はできるが、広い意味での教養をまったく感じない人です。悪い意味で学級委員長的な感じ。それがこういう言動の端々にでてきていると思います。

彼女の著作を読んでいても本業の知識さえあえればいいんでしょ、という視野の狭さとスタンスが見え隠れしているような気がします。悪い意味でアメリカ的です。 ところが何の仕事をしていても、広義の教養は必要です。特に経済を語るならば尚更です。
キヨタニ
2015/02/22 03:18
スレ違いで申し訳ありませんが・・・・

>自衛隊、海外で紛争後の治安維持・・・法制化へ

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150222-OYT1T50002.html

いよいよと言いますか、来るべきものが来たと言いますか。一通り、記事を読んだ感想は、万一、自衛官が引き金を引くような事態をまったく想定していないのか、ということでしょうか。単に関連法が出来ますよ、良かったですね、で終わりなのか?と。ま、およそ陸自の現状に全く関心がないから書けるのでしょうけど。他所の国では当たり前な個人用の無線機やら暗視装置の数が圧倒的に足りないとか、小型のUAVやUGVさえもろくに装備していないとか、そうした視点も・・・・期待するだけムダなのでしょうが欲しかった。最も法制化するにあたり、アレ総理、じゃなかった、安倍総理も、そうした視点をお持ちなのかな、という一抹の不安は拭えませんけどね。正直、オスプレイなんてオモチャを買っている場合じゃないですよね。
KU
2015/02/22 09:55
>彼女の著作を読んでいても本業の知識さえあえればいいんでしょ、という視野の狭さとスタンスが見え隠れ
うーん、正直、個人的には勝間氏の本業の知識こそに一番の疑問を感じます。それに比べればむしろ、まだ彼女の教養のレベルの方が上かなと。
勝間氏のキャリアのスタートは公認会計士ですが、その監査法人の在籍年数の短さから見て、主査等は殆ど経験しておらず、会計士としての実践的知識と経験を積む機会はなかっただろうと思います。その後のトレーダーとかコンサルも、長くて6年程度、殆どは3年以内です。
本当に知識や経験を必要とする仕事であれば、通常、3年なんてやっと勝手がわかって一人で動けるようになる段階で、時間的にどうやっても本質的理解まで達するような経験を積む事は不可能です。6年でも、漸く組織・業界内外にポジションを確保し人脈を作り、自分で案件、仕事を作り進められる段階で、そこで辞めてしまったら意味が有りません。
どっちかと言うと、本業が無い永遠の受験生で、全部、教科書を学級委員長的に綺麗に纏めただけ的な印象を個人的には受けます。
X
2015/02/22 12:55
お邪魔します。

>「じゃがいもを入れない方がカレーは美味しい。入れるの日本だけ」

 これは「じゃがいもを入れない方がカレーは美味しい(と思う)。」だけなら大した問題ではなかったのではと思われます(何なら入れたカレーと入れないカレーを作って食べ比べてもらえば良い)。そこで「入れるのは日本だけ」と言ってしまったから、「外国でもじゃがいも入りのカレーを見たけど」と言われたらアウトになってしまうわけです。「基本」と言っても「基本とそうでないものの違いは何か?」の問題になってしまいますし。

 イスラム教では飲酒は「教義で」禁止ですが、イスラム教徒の中には(こっそり?)飲んでいる人もいるでしょう。だからといって例えばイスラム教徒でない日本人がイスラム教徒に対して酒を出し、「イスラム教徒の中にも飲んでいる人がいるではないか。」と言っていいのでしょうか。カレー(のレシピ)に「教義」というか「国際標準」というか「デファクトスタンダード(事実上の標準)」があるとは自分は寡聞にして知りません。
ブロガー(志望)
2015/02/22 15:09
お疲れ様です。
>ああ、カレーとジャガイモから見えてくる真実もあるようです。
↑、
昔の人は「一時が万事」とよくぞ言ったものです。
私は一般人なので、世界の情勢の本質を知りたいときは、手に入る情報はとりあえずなんでも出します。それが、その対象を作ってきたもの、作っているもの、これから作るもの、であるわけで。で、対象の行動、発言(人間の場合)等が、その時点での本質等を現すこととなる。それが雑談程度でも。
だから、まぁ、ウリが居た外国では「***ごとき」ではないことを理解して居る者が”極普通”であった。
まぁ、20歳以上であれば、そのくらいわからないほうがいかれている。
unimaro
2015/02/26 23:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
勝間和代「じゃがいもを入れない方が美味しいカレー」とリフレ主張 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる