清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 邦人救出へ自衛隊活用=戦争ごっこが好きなアレな首相、法整備に意欲

<<   作成日時 : 2015/02/01 14:47   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 5

>安倍晋三首相は29日午後の衆院予算委員会で、過激組織「イスラム国」による日本人人
質事件を踏まえ、自衛隊による在外邦人救出を可能とする法整備に意欲を表明した。

邦人救出へ自衛隊活用=首相、法整備に意欲―衆院予算委
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000123-jij-pol

まあ、例によって「美しい政治信条」が先走りした発言です。

その手の作戦を行う、あるいはしないという判断をする海外インテリジェンス、特に軍事インテリジェンス能力が皆無の状態であり、その整備が必要ですがアレ安倍首相に果たしてその認識があるかといえば怪しいでしょう。防衛駐在官少し増やしたから情報強化はOK程度の認識でしかないでしょう。

そもそも衛生関連は過剰な法的な制限で手脚を縛られている状態です。
そんな現状で作戦を行えば、死傷者は他国の何倍も出るでしょう。
それは本来死ななくていい人間が死に、手脚や目を失う必要がない人間が手脚や目を失うことになる、そういうことです。


この手の作戦に投入されるのはまず特殊部隊でしょう。
現状特殊部隊にしても投射能力がありません。特殊部隊用の航空部隊もありません。ソレらしいヘリ部隊は木更津にありますが、あくまでモドキです。前から申し上げておりますが、どうせオスプレイを導入するならば3〜4機、特殊作戦用のCV-22を入れるべきでした。ところが導入されるのは通常型、それも数が多いので陸自の予算を圧迫しています。

AAV7やらオスプレイやらの高価な玩具を買うならば、特殊部隊の能力を向上させるための投資をしたり、部隊の規模の拡大を行うべきでしょう。新しい玩具を買って既存の予算が大幅に圧迫されるよりも、その方がよほど抑止の面でも有用です。

それに特戦群を過度に秘密にしすぎです。もっとPKOなど海外任務に投入する、他国との共同訓練に参加させて経験を積ませるべきです。

安倍首相の回りには首相の「思い」を具現化するための知識と経験をもった部下が、あまりいないんじゃないでしょうか。

そもそも「たかが民間人」のエコノミストやテレビ番組こコメントで逆切れして、フェイスブックで罵倒したり、噛み付くような「切れやすいオジサン」が自衛隊の最高指揮官として、対テロ作戦を冷静に指揮できるんでしょうかね。これもまた大きな問題です。


 
■東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
補正予算は「平成の臨時軍事費特別会計」だ
防衛費は、補正を含めると5兆円の大台を突破
http://toyokeizai.net/articles/-/58914
P-1哨戒機の対英輸出計画は「画餅」である
武器輸出で華々しい成果を狙い過ぎ
http://toyokeizai.net/articles/-/58317


C-2輸送機の輸出構想は、「画に描いた餅」
事実を踏まえない空虚な政策は止めるべき
http://toyokeizai.net/articles/-/56949

■Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【外務省にインテリジェンス能力なし】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 1〜
http://japan-indepth.jp/?p=14718
【ヨルダンの諜報能力はイスラエル並】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 2
http://japan-indepth.jp/?p=14721
【日本は対外諜報機関を創設せよ!】〜イスラム国・邦人人質対策は児戯 3〜
http://japan-indepth.jp/?p=14724
【自衛隊の戦力は大きく弱体化する】〜安倍政権の無邪気な兵器”大人買い“〜
http://japan-indepth.jp/?p=13619

 ぼくが主筆をつとめている東京防衛航空宇宙時評/Tokyo D&A Reviewに以下の記事を寄稿しております。

日本航空、三菱航空機とMRJ導入の正式契約を締結
http://www.tokyo-dar.com/news/1125/
エアバスヘリコプターズ、ヘリエキスポでX4を発表へ
http://www.tokyo-dar.com/news/1123/
エアバスヘリと川重、陸自UH-Xに新機種「X-9」を提案へ
http://www.tokyo-dar.com/news/1109/
防衛省、平成27年度予算案にAAV7 30輌の調達費を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1101/
防衛省、平成27年度予算案にV-22 5機の調達費を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1104/
防衛省、平成27年度予算案にグローバルホークの取得費の一部を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1097/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様へ

初代特殊作戦群長A氏によれば、駐屯は習志野でなく、木更津を要望していたらしい。理由は空輸に利便性があるからです。また、専用の航空機・ヘリを保有しなかったことに対して不満を持っていたらしい?
定年7年前、セミリタイアした理由について自分の憶測でお話しするのをお許しください。
予算をつけない、訓練の方法に上層部が横ヤリが入る、専用のヘリが配備されない、要員の選抜に将官クラスが干渉する。特殊部隊の重要性について内局や陸幕が無理解、内局の防衛官僚や将官クラスから目をつけられていた等失望して退官したと推測されます。
1佐で特殊部隊の指揮官になる方が仕事についていけないとかのヘタレや根性なしは考えられません。政治的・人事的な圧力があったと考えるのが常識的だと思います。
以前、私事でA氏に相談したことがあります。1佐以上の上級幹部を罵詈雑言の如く貶していました。故に大本営と揉めたのではないかと想像します。
初代特殊作戦群長とは同郷で母校=高校の先輩、幹部自衛官の先輩ですので気になります。
以前にも中・小隊長の器で、団長とか連・群長には不適というコメントありました。特殊部隊は政治的ミッションを行い、敵地で活動します。 演習や競技会の評価のための訓練では通用しません。 過酷で困難なことは覚悟で志願します。
今の公務員化した自衛隊で死ぬ覚悟のある隊員は果たして何人いるのでしょうか?
元キャプテン
2015/02/01 17:41
清谷様へ

特殊作戦群の訓練公開はテロの抑止力になるのでしょうか?警察の特殊部隊SATでも同様の目的で訓練を公開しています。 創隊して10年経ちます。ノウハウも軌道に乗っているでしょう。一部公開してもいいのではないでしょうか。訓練予算をつけ、外国の特殊部隊に武者修行するのもいいのではないでしょうか?人脈やスキルを培い、国益になります。また、定期的にSATと合同訓練の必要性があるでしょう。
元キャプテン
2015/02/01 19:28
海外での救出作戦について考察
政治・外交・法律は除いて純軍事的な分野に限定します。足については航続距離の長いヘリ、隠密裏に接近できる改造した潜水艦や潜水艇が必要です。
目については、偵察衛星や無人機を用い、テロリストや人質の居場所を正確に把握することです。
頭については諜報員やスパイによる情報分析手については、隠密に奇襲してテロリストを制圧できる戦闘技術です。情報もアナログからデジタルまでフルに活用します。厳重に保全しなければなりません。味方部隊にもスパイが潜んでいるかもしれません。手、足、目、頭が有機的に機能してこそ救出作戦が成功します。
アメリカですら、35年前イランで失敗しました。
我が最高司令官たる総理は威勢や感情で救出作戦が出来ると思いでしょうか。法律さえ作ればいい問題ではありません。基盤整備や訓練つまりハードとソフトがないと絵に描いた餅です。首相官邸のブレーンの方はそういう軍事的知識を持っている方はいないと思います。アメリカの大統領ですら、将軍クラスの補佐官がいます。
元将官の補佐官が必要ではないでしょうか。ちなみに歴代の内調情報衛星センター室長は情報本部長を歴任した方です。
意思決定を容易にする参謀も必要です。
元キャプテン
2015/02/01 21:57
今から特戦群をどうこうするっていっても無理なものは無理でしょう。
ミリヲタ達が自慢しているように特戦群がSEALSやデルタフォース以上の精鋭部隊だったとしても、実績が無ければ妄想レベルを出ない話です。
仮に後藤氏や湯川氏を救出に向かったとしても、同様の作戦を質・量ともに優れた米軍が失敗している事実を鑑みると下手を打てば特戦群が現地で全滅しかねません。
日本政府・自衛隊にとって許容できるものではないでしょう。
そもそもこんなことを今頃議論すること自体正真正銘平和ボケ国家であることの証明でしょうね。
他国は冷戦期から取り組んでいるテーマだってのになぁ・・・
八王子の白豚
2015/02/03 22:23
維新の党が自衛隊の邦人救出による法改正に反対、理由は能力や基盤がないから。維新の党の先生方はまともな判断します。法律より、現状を知ることが大事ではないでしょうか?
集団的自衛権の行使でも同様ではないでしょうか?
法律を作る、憲法9条を変えれば、何でもできると思うのは間違っています。連合※労働組合ではありませんには、ROE、指揮通信、兵站、装備・補給品の規格等の壁があります。政治家の先生方は御理解しているのでしょうか?
元キャプテン
2015/02/04 17:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
邦人救出へ自衛隊活用=戦争ごっこが好きなアレな首相、法整備に意欲 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる