清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛費実質は5兆円突破、姑息な印象操作による防衛費の矮小化

<<   作成日時 : 2015/01/17 11:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

>中谷元・防衛相は十三日、二〇一五年度予算編成で防衛費が前年度比2・0%増の四兆九千八百一億円と、過去最大になることを明らかにした。一四年度補正予算案の防衛費(二千百十億円)と合計すると五兆一千九百十一億円となり、一五年度予算の概算要求額(五兆五百四十五億円)を上回る計算。政府の中期防衛力整備計画(中期防)を超えるペースで、防衛費が歯止めなく膨張している実態が鮮明になった。


>政府が一三年十二月に閣議決定した中期防では、一四〜一八年度の五年間で必要な防衛費を計二十四兆六千七百億円と見込み、経費削減などによって実際に計上する予算を二十三兆九千七百億円程度とした。安倍晋三首相は国会答弁で「中期防で五年間の(防衛)予算の総枠を決めている」と繰り返し強調してきた。

 しかし、仮に一六〜一八年度予算の防衛費を一五年度と同額として計算すると、五年間で計二十四兆八千億円余りとなり、この時点で中期防の枠を上回る。

 そもそもこの金額は、補正予算を含めていない。防衛省によると中期防の枠は当初予算を合計するだけで補正予算は原則として考慮しないという。中期防は米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設関連費用をはじめとした米軍再編関係の経費も除いており、実際の防衛費を反映していない。



膨らむ防衛予算 中期防の「枠」突破ペース
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015011402000137.html

防衛費だけを見ていると5兆円弱ですが、補正予算と合わせると実質約5兆2千億円で史上最大です。

「防衛費は約4.9兆円(5兆までいかないよ〜)」というような印象を与えたいのでしょう。
これは印象操作にほかなりません。

補正予算では装甲車輌などの調達も含まれており、実質的に防衛予算となんら変わらない使い方をしております。

かつて防衛省は震災の補正予算でC-2輸送機約400億円をぶんどったり、通常の防衛費で
調達すべき装備などを、被災者のための予算に手ェ突っ込んで強奪したようなものです。

あえて刺激的な言い方をすれば、途方に暮れている被災者から追い剥ぎしたり、強姦したようなものです。公務員どころか人間としてのモラルが欠除しているとしか思えません。
被災者の生活よりも組織の利益を優先しているわけです。この点旧軍と全く変わりません。

果たしてこういう自己中心的な組織が戦時に本当に国民を守ってくれるのでしょうか。
開拓民を見捨てた関東軍とか、沖縄での悲劇がまた繰り返されるのではないでしょうか。

このような防衛費+補正予算=本当の防衛費だけども、防衛だけが防衛費と建前を防衛省が主張するのであればモラルハザードが起こります。どうせ足りない予算は補正に回せばいいじゃないと偉い人たちや予算立案者は思うでしょう。それをオーソライズしているのが最高指揮官である、アレな総理です。

オスプレイだのAAV7などの新しいオモチャが多数調達されるとはしゃいでいる「自称愛国者」だの「自称軍事通」だの人たちはもう少し現実を直視した方が宜しいのではないでしょうか。



 ぼくが主筆をつとめている東京防衛航空宇宙時評/Tokyo D&A Reviewに以下の記事を寄稿しております。

防衛省、平成27年度予算案にグローバルホークの取得費の一部を計上
http://www.tokyo-dar.com/news/1097/

 
■東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

C-2輸送機の輸出構想は、「画に描いた餅」
事実を踏まえない空虚な政策は止めるべき
http://toyokeizai.net/articles/-/56949

■Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【自衛隊の戦力は大きく弱体化する】〜安倍政権の無邪気な兵器”大人買い“〜
http://japan-indepth.jp/?p=13619

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ネトウヨは弱者は虐めて、暴力を崇拝し、権力に媚びるのです。

彼らは予算倍増で大喜びしてます。

2015/01/17 12:44
清谷様へ
1 提案事項その1
不要な装備、組織、事業を洗いだしてリスト化して会計検査院へ送る方法です。会計実地検査では、ハッタリが利きにくくなると思います。
2 提案事項その2
野党の国会議員に対し、勉強会を開催することです。軍事的な知識がないから、防衛政策がメクラ印になります。
純粋な防衛費の他、在日米軍駐留費4000億〜5000億、貧乏で田舎の県の一般会計予算に匹敵します。 換言すれば、ヤクザのみかじめ料みたいなものです。この部分にも議論は必要でしょう。
震災の年の補正予算の濫用の実態について調達・補給の仕事をしていましたが、中央が使い道もない物を購入し、倉庫のスペースを圧迫していました。不良在庫になると会計検査で指導されます。被災地とは関係ない駐屯地の施設を立て替えにも流用されています。 任せられませんね。働かない馬鹿息子に小遣いを与えて、パチンコに使うようなものです。
オンブズマンの市民団体も監視してくれればいいのに。オンブズマンの市民団体に講義するのもいいのではないでしょうか?
この種の問題は監視・チェックする人材や組織がいないのが問題なんでしょう!
元キャプテン
2015/01/17 14:40
清谷様

この問題の主眼は予算の審議や決定の透明性や情報公開を問うているのではないでしょうか?参考に他国の国防費の審査や決定はどういうプロセスを経ているのか教えていただけませんでしょうか。 防衛関係は生活に直結しないので関心も薄いし、政治家も票にはならないので勉強しなくなる。防衛官僚にとっては、その方が都合がいいでしょう。圧力団体や監視団体が存在しませんから。
防衛費を含む政策をチェックできる組織や団体が必要となります。その存在は緊張感を与えて仕事の質を高めます。
清谷さん、軍事研究という雑誌に27年度の防衛予算の分析について記事を書いてはいかがでしょうか?
元キャプテン
2015/01/17 19:14
防衛省って何がいつまでにどのくらい必要なのかを考えてなくて、あればあるだけいい、ぐらいにしか考えていないんだ。こんな組織はライセンス生産と輸入とでは最終的にどちらが安いのか、を計算できるわけがない。そんな状態を政治家も国民も情けないことに今まで放置してきて、たまに石破さんのような人が現れると「軍事オタク」と呼んでバカにしてきたんですねえ。
ひゃっはー
2015/01/18 17:16
うちの連隊にも、放置され部品取り用になってる車両があります。

新しい装備入れるのはいいけど、古い装備を除籍するなり、部品のストック多くするなりしてほしいです。
ハインツ
2015/01/18 23:47
始めまして。軍事などはド素人なのですが思うところあってブログを拝見いたしました。

最近安倍政権がイスラエルと急接近したり防衛費を上げたり、去年集団的自衛権や武器輸出三原則変更とかしているのは、いわゆる「軍産複合体(ネオコン)」が日本を餌場にしようと進出してきたからでしょうか?
安倍政権のバックに「日本会議」という神社本庁からカルトまで多岐にわたる宗教団体の集まりがありますが、その参加団体に、新しい教科書を作る会を立ち上げたことで有名な「キリストの幕屋」というキリスト教なのに宗教右派でシオニズムでイスラエルロビーをしている団体があります。
そういう宗教右派はまさに新しい伝統(ネオコン)をでっち上げんとするような動きをしています。

アメリカに寄生していた軍産複合体がアメリカ経済の衰退と主に、「アメリカの財布」へと接近しているような不気味さを感じます。素人の考えすぎだといいのですが・・・
かるか
2015/01/19 14:09
お邪魔します。

 韓非子が言うように人は道徳(皆にとって良い事)では動かず、己の損得で動きます。少なくとも他者にそれを期待する事はできないでしょう。また雇った人間が一生懸命働く事は雇う側の利益ですが、大して働かなくても貰える物が貰える事が雇われる側の利益です。つまり雇う側と雇われる側とでも利害は一致しないわけですから、そこに「術」が必要となってきます。その意味では「殴り合い(実力行使)では勝てない」軍を操るには、より高度な「術(マネジメント)」が必要です。

 日本は戦前軍に「俺達が一番偉い」という意識を持たせてしまいました。戦後は逆に徹底して継子扱いした結果(アメリカに言われて作った)、自衛隊は「自己保身を第一とする組織」になってしまいました(継子扱いされて、してきた相手を自らの身体や生命をかけてまで守ろうとは思うまい)。要するに近代の日本は、技術や戦術は学んでも軍の「マネジメント」を学ばず、その結果「マネジメント」に失敗してしまったわけです。もし日本がやり直すのであれば、人や歴史はリセットできないので、「新たに軍事組織を作り直す」ところから始めなければならないのではないかと思うわけです。
ブロガー(志望)
2015/01/21 23:00
ブロガー様
マネージメントの定義を調べると1 目的や目標を実現するための方策・手段2 上記のためのヒト、モノ、カネ、情報の配分や運用3 存在理由
4 実行状況と計画の解離を知る術
組織防衛、閉鎖体質、自閉隊、ガラパゴス、旧態以前原子力ムラ+カルト宗教+全日本柔道連盟+日本相撲協会+白い巨塔をコラボした感じです。おっしゃる通り、倒産して民事再生した方がよいと現場経験者は思います。新しい国軍を創設すべきだと思います。
これだけは認識してください。危機感を抱いている、改革の必要性を感じている現役隊員も存在します。
元キャプテン
2015/01/23 10:45
軍ヲタがみんながみんな盲目的に自衛隊の精強さや国産装備の優秀さを信じているわけでもないでしょう。
また、人並みに戦史知識がある人であればかつての大日本帝国陸海軍が抱えていた組織的な欠陥を自衛隊と防衛省が引き継いでいることも知っていると思います。
一括りに批判するのはいかがなものでしょうか?

それはさておき、相変わらずお金の使い方がおかしい軍隊ですね、自衛隊って。
先日第一空挺団の降下始めに行ってきましたが、使用している器材があの精鋭部隊でもあまり新しくない事に軽く驚きました。
それに演習で空砲を使用した火器類も弾薬の在庫が豊富そうなものに限られていたので、思ったより予算不足なのかな?と言う印象を受けました。

訓練で使うもの位たっぷり買っておけよ、って言いたくなりましたが、自衛官たちはこういうのをどう思っているんでしょうねぇ・・・
アメリカの警官ほども実弾を撃っていない自衛官が射撃の名手ばかりと言われても全然説得力ないですよね〜、野球に例えたら月一しか練習しない草野球の選手がプロ選手より優れたプレーができるって言ってるのと同じなのに・・・

何か脱線しましたね、すみません。
八王子の白豚
2015/01/25 00:56
八王子の白豚様へ

脱線はしてませんよ!むしろ的確に分析していて、上層部に読ませたいくらいの文章です。予算の使い方が異常その通りです。雨衣や迷彩シャツを自腹で買う。つい最近まで私物のPCで仕事をする。くだらないおもちゃと働かない高齢者の高い人件費で訓練費を含む維持費が削られています。疑問に思っている現役の方、確かにいます。しかし、サラリーマンの宮仕えなので言いたいことが言えない事情を理解してください。
話が脱線しますが、明治の頃、軍艦を買うため士官をリストラしました。何かを得るには何かを捨てなければいけません。家計も同じで、車を買いたい。外食したい。旅行したい。そんなことしたら破産します。自衛隊上層部は本当禁治産者ですよ!北朝鮮のこと馬鹿にする資格はありません。清谷さんや八王子の白豚さんの主張はまっとうなことです。 財務官僚を受け入れる、公認会計士や元銀行員を採用する方策もありかなぁと思います。
元キャプテン
2015/01/25 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
防衛費実質は5兆円突破、姑息な印象操作による防衛費の矮小化 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる