清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 頭を使わずにカネを浪費すれば防衛は強化できるか。

<<   作成日時 : 2015/01/04 17:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 62

遅まきながら、あけましておめでとうございます。

 昨年は結局30日までアレコレ仕事をする羽目になり、しかも3日から仕事です。今年は人並みに休暇を取り、ハワイとかバリ島とか、京都あたりに行ってみようとか、画策しております。

 昨日はお屠蘇代わりに奮発してクリュグ(ビンテージに非ず)を開けたのですが、保存用のバキュバンのシャンパン用の栓がクリュグの瓶に合わず、一杯でやめるつもりが二人で無理してボトルを空けてしまいました。気の抜けたシャンパンは白ワインよりまずいですからねえ。でもシャンパンって意外にイクラにも合いますね。まあ、キャビアに合うぐらいですから当たり前かもしれませんが。
 やっぱり、酒に弱い人間はお店で一杯だけ飲むのが一番、と思いました。

 クリュグのノンビンテージといえば、ジャック・ヒギンズの小説の登場人物、IRAのテロリスト、ショーン・ディロンのお気に入り銘柄です。割りと好きなのはローラン・ペリエのブリュットですが、昨年、東洋経済のイベントでぐっちーさんに教えていただいた、ドラピエのノン・ドサージュも非常に美味しいです。


 さて、安倍政権の軍拡が本格化しそうです。

>南西シフトに伴う自衛官の増員は少なくとも4000人規模となり、九州・沖縄が国土防衛の最前線となる


<南西防衛>15年度本格化 4000人増強や戦闘機倍増も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150104-00000004-mai-pol

 随分と景気のいい話ですが、財務省との折衝で半分の実現すればいい方ではないでしょうか。

 安倍政権のアレなところは、防衛に関してはネットにたむろしている兵器フェチと同じレベルの認識しかないことです。最新兵器を導入し、防衛省の予算と人間を増やせば国防が強化できると無邪気に信じていることです。
 換言すれば成金趣味です。

 防衛省は濡れ雑巾のように無駄な支出があります。そのような冗費の削減も行なわずに、人件費を含めた予算だけを増やしても無駄遣いが増えるだけです。そしてそれでも演習費や、既存装備の稼働率などの維持費や需品などの調達費が削られます。
 


 まず陸自の西方重視を行うならば、その人員と予算を確保するならば、師団旅団の数を減らす、また一線の戦闘部隊と後方警備や災害派遣を主体とした二線級部隊に分けて、装備の充実は前者に集約すべきです。
 また北海道あたりの不要な駐屯地や基地、施設を減らすべきです。これらは芋掘り議員の反対があるからできないと言われますが、それをやるのが圧倒的な議席を取った安倍政権の役目でしょう。この程度のことも実現できないならば、農協解体なんぞは夢のまた夢です。

 自衛隊は地方公共団体にカネを落とすことが任務ではなく、国防が任務です。

 更に申せば、5個ある方面隊を3個に集約あるいは、全廃すれば、間接人員が大幅に余ります。例えば既存の師団をすべて旅団にし、一線の戦闘部隊は3個師団に集約し、砲兵や工兵、航空部隊を各師団に付けて、あとは二線級の部隊とし、それを陸自総隊の指揮下におけば宜しい。

 
 別に増員しなくとも、部隊の統廃合でなんとかなるはずです。むしろ、陸自の兵力を削減して、空自や海自、装備調達に振り向けるべきです。

 放置されている海自の艦艇の乗組員の低充足率をどうするかが問題です。潜水艦は16隻から22隻に増え、護衛艦の数も増強されます。であれば艦艇の乗組員の充足問題は更に悪化します。人手不足はクズのような不良隊員を首にできず、いじめで自殺者が出る温床にもなっています。艦艇の稼働率を考えるならば、艦艇のクルーを二重にすることも検討すべきです。


 空自も同じです。戦闘機の数の最低二倍にパイロットを増やすべきです。現状ではローテーションを考慮すれば緊急時にすべての機体が出動できません。
 数の上で中国に劣勢とされる空自ですが、であれば戦闘機の数を増やすよりもパイロットの数を増やして緒戦で出撃機数を増やす方がベターです。
 またF-2や未改修のF-15Jはデータリンクの問題で恐らく米軍と共同作戦をする場合に、空域に入れてもらえないでしょう。であれば既存機の更なる改修が必要です。

 また敵の弾道弾攻撃や巡航ミサイルなどによって基地機能を喪失しないような基地の対空火力の充実や抗堪性の向上も必要です。

 更に言えば有事に島嶼に戦力投射を可能にする輸送機のポートフォリオも必要です。C-2は島嶼防衛にさほど役に立ちませんし、また日常の輸送業務にも大きすぎる場合が多々有ります、僅か数トンの貨物を運ぶのにC-2を使う必要があるでしょうか。現用のC-130Hもかなり老朽化しており、C-130Jクラス、更にはC-27Jクラスの戦術輸送機も必要です。
 
 我が国では特殊部隊の投射能力を有しておりません。特殊部隊専用の航空部隊もなく、潜水艦による潜入も想定されていません。第1ヘリコプター団にあるヘリ部隊は特殊作戦用に、あれこれいじられていると聞き及んでおりますが、空中給油機能もなく、島嶼防衛には使えません。
 南西諸島有事に際して、特殊部隊による情報収集も行なわず、えいやぁ、で、大規模な艦隊を組み、旅団規模の水陸両用団を投入するのでしょうか。それは極めて投機性が高い博打です。

またバブル時代に大量採用した佐官クラスに割増退職金を払ってでも辞めてもらい、浮いた予算で、もっと若い隊員の採用を増やすといったことによる人員構成の変更と人件費の抑制も必要です。


 「予算を増やせ、人員を増やせ!」と合唱する人たちが「保守の論客」とか、永田町には多いようですが、観念左翼と同じレベルの主張です。


 
■東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

C-2輸送機の輸出構想は、「画に描いた餅」
事実を踏まえない空虚な政策は止めるべき
http://toyokeizai.net/articles/-/56949

■Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【自衛隊の戦力は大きく弱体化する】〜安倍政権の無邪気な兵器”大人買い“〜
http://japan-indepth.jp/?p=13619

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(62件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様へ

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
清谷さんの提言に全く異論・反論はございません。私の提言や主張を反映させていただき感謝申し上げます。 この提言を具体的に論文の形にし、石波先生他安全保障に見識のある与党・野党ね政治家の先生へ贈呈したらどうでしょうか!また、ギャルでもわかるように池上彰風に解説本を出版するのもいいのではないでしょうか! 後継者を育成も考えないといけないと思います。弟子として、退官した自衛官を弟子にするのもいいでしょう。それも志のある方へ。現役自衛官でも危機感を抱き、改革に志のある方もいます。そういう方を軍事ジャーナリストとして育成するのもいいでしょう!
政治主導と情報戦略で防衛再生!
もし本にするなら、防衛再構築
どうでしょう!
元キャプテン
2015/01/04 20:55
清谷様

続き

自己流の防衛ドクトリンを申し上げます。
日本郵政ではありませんが、自衛隊を3つの部門・任務に集約・統合化する案です。防衛集団ースクランブル、BMD、海上警備行動、ゲリラ・コマンド、防衛出動
民生集団ー災害派遣、治安出動、大会・競技の支援、国民保護活動国際集団ーPKO、国際緊急援助隊、能力支援構築、軍備管理、DDR

状況により増援あり人事異動を5年を基準にローテーションする。選択と集中です。
話題急転し、軍事ジャーナリストの小西誠さんの著書で先進国は少子化で地上戦はできなくなる。労働力減少や社会保障費が増大する。元防衛官僚の柳澤さんはある番組で集団的自衛権に反対、ハイチや東ティモールで実証した能力支援構築を外交戦略にすべしと主張しています。数個師団の着上陸や日本へのミサイル攻撃は費用対効果から考え、ナンセンスで極めて公算が低く、過大な軍備は財政圧迫し、亡国の道へと進みます。
中国脅威論や北朝鮮脅威論は存在理由のためのエクスキューズ、大本営発表、情報操作です。原子力ムラの原発を止めたら経済破綻するとの脅しと同質です。やはり、政府発表を疑わなければならないと思います。
元キャプテン
2015/01/04 21:23
清谷様

続き

自己流の防衛ドクトリンを申し上げます。
日本郵政ではありませんが、自衛隊を3つの部門・任務に集約・統合化する案です。防衛集団ースクランブル、BMD、海上警備行動、ゲリラ・コマンド、防衛出動
民生集団ー災害派遣、治安出動、大会・競技の支援、国民保護活動国際集団ーPKO、国際緊急援助隊、能力支援構築、軍備管理、DDR

状況により増援あり人事異動を5年を基準にローテーションする。選択と集中です。
話題急転し、軍事ジャーナリストの小西誠さんの著書で先進国は少子化で地上戦はできなくなる。労働力減少や社会保障費が増大する。元防衛官僚の柳澤さんはある番組で集団的自衛権に反対、ハイチや東ティモールで実証した能力支援構築を外交戦略にすべしと主張しています。数個師団の着上陸や日本へのミサイル攻撃は費用対効果から考え、ナンセンスで極めて公算が低く、過大な軍備は財政圧迫し、亡国の道へと進みます。
中国脅威論や北朝鮮脅威論は存在理由のためのエクスキューズ、大本営発表、情報操作です。原子力ムラの原発を止めたら経済破綻するとの脅しと同質です。やはり、政府発表を疑わなければならないと思います。
元キャプテン
2015/01/04 21:23
清谷様へ

また続き

自己流事業仕分けです。共同機関と陸自部隊
防衛大学校、防衛監察本部、警務隊、地方協力本部、情報保全隊、陸上自衛隊総隊司令部、中央即応集団司令部、研究本部、工科高等学校
新設すべき組織

再就職訓練隊、民事訓練隊、
拡大すべき組織は特殊部隊、調達部門、幹部候補生学校
国会に防衛第3者機関 懲戒処分の審査、犯罪捜査、事故調査、ADR
元キャプテン
2015/01/04 21:39
いずれも、やろうと思えば明日からでも、すぐ出来そうなものばかりに思えますが。予算を増やすのも結構ですが、まずは贅肉を削ぎ落としてからですね。PANZERや軍研辺りでこうした特集記事を組んでくれれば良いのに。そうすれば、少なからず現場の自衛官の目に留まり、改善に向かいそうな気もしますが。それでも結局は、政治家が腹を括ってやってもらわないと変わらないのでしょうけど。
KU
2015/01/04 21:55
お邪魔します。

 担がれている「御輿」としては担ぎ手に「がんぱれ」と言うしかないのかなと思ったりもします。ポツダム宣言を受諾するか否かを決める御前会議で、本土決戦用に作った要塞で戦おうと主張した阿南陸相に対し昭和天皇が「人をやって調べさせたらそんな要塞など無かった。」と言ったと聞いていますが、「天皇」だから言えたのでしょう。今は「御前会議」なんかありませんし。近い将来日本が再び「無残な”敗北”」をした際には、したり顔で「自分は前から分かっていた」とか「自分は前から警告していた」とかほざく人間が出てきて、清谷様といった本当に警告し続けてきた人間は隅に押しやられてしまうのではと思っています。それかお得意の「一億総懺悔」か。

>最新兵器を導入し、防衛省の予算と人間を増やせば国防が強化できると無邪気に信じていることです。

 もう1つ「有事にはアメリカ様が手とり足とりサポートしてくださる(ただ守られるのは格好悪いから、集団的自衛権とかで協力し合っている形にしよう)」と無邪気に信じているのではないでしょうか。だから兵站といった支える部分に対して驚く程無知かつ無関心なのではないかと。
ブロガー(志望)
2015/01/04 22:38
今年度採用の海上自衛官は例年より少ないようです。
(一般曹候補生、自衛官候補生共に)
また、自衛官の階級内訳は、幹部4.3万人、准曹14.3万人、士4.1万人です。
その中でも幹部の割合は防衛大が1万人、一般大学が0.7万人、防衛医大が0.1万人、看護学生0.1万人、部内2.2万人です。
幹部、准曹の多さが際立ち、これらの改善する模様も昨今の採用状況を見るには有りません。

これらの現状をより多くの人に知ってもらうためにも、清谷様には頑張って頂きたいと思います。
T
2015/01/04 23:29
T様

海自の採用減少〜

たちかぜ事件含むいじめ・パワハラの影響でしょう!インターネットでリアルタイムに情報が流れるので若い方からブラック企業ならぬブラック公務員と思われたでしょう。
国防男子・女子という雑誌で若者が入隊する程、世の中甘くありません。
自業自得で、同情するつもりはありません。海自上層部の危機感のなさ、当事者意識のなさが招いたことで怠慢です。
たちかぜ裁判で指定代理人を務め、内部告発した3海佐の方は、このままだと組織崩壊すると判断し、クビを覚悟に大胆な行動に出ました。
自分はそういう先輩=3海佐がいることに誇りに思っています。 危機感をいだいている中堅幹部2尉〜3佐クラスや中堅陸曹 3曹〜2曹の方もいます。バブル崩壊後の平成入隊組です。自分の同期や後輩クラスです。その世代がバブル入隊組の不良債権処理をしなければなりません。まともになるのが5年〜10年くらいになる見込みです。 この問題は制度、外部環境の問題ではありません。ガバナンスやマネージメントの問題で、危機感や当事者意識の欠如、怠慢、能天気が引き起こしました。
元キャプテン
2015/01/05 07:52
T様

人事に関する問題です。
将官・1佐の高級幹部の人事です。将官いわゆる指定職民間企業で言えば経営陣ですが90%は防大OBです。1佐ですと統計は手元にありませんが、70%か80%程度だと思います。硬直化や腐敗が危惧いたします。
具体例として、14、15年前の某1佐の違法射撃隠蔽事件、最近では群長の1佐の老人投げ飛ばし事件での甘い処分、東大出で陸幕長昇任本命だった渡部東方総監がドタキャンで退官等不祥事の隠蔽や人事の不公平感を抱き、士気と規律が低下が予想されます。
戦前の軍の官僚化が太平洋戦争の敗北の要因となったのは周知のことです。石波先生も自衛隊の官僚化を危惧しています。国防という著書において
防衛大学を廃校し、幹部候補生学校の拡充と履修期間の延長し、幹部の人材を22歳から30歳の若者若手自衛官※階級関係なし、大学生、社会人を均等に採用し、人事管理を一本化します。昇任の機会公平、組織の活性化、偏らない、人事管理しやすいという利点が考えられます。人事は組織の命運を左右します。有事では国運を左右します。
革命的人事が必要と主張します。
元キャプテン
2015/01/05 20:08
清谷さん、閲覧者、投稿者のみなさん、以下の内容について冷静に、常識で考えてみませんか?
1 防衛大学校の存在理由

昨今の保線金詐欺、後輩いじめ、集団強姦等の不祥事で世間を騒がしました。学長は辞任していない!運営費、学生の生活費を国家予算で賄っています。ただ飯食わせてもらい、給料貰い、学費ゼロ保険金詐欺で小遣い稼ぎ、それも伝統!学生数人と任官したばかりの幹部をクビで済む問題でしょうか?防衛大臣の辞任と学長解雇になってもおかしくない問題だと思います。保険金詐欺をやっているのは、司令官、連隊長艦長クラスでもいるんじゃないんですか?
うちの師団長、防大時代保険金詐欺やって小遣い稼ぎやってたんだってよ!と曹士に疑われて権威もクソもありません。海外の将軍からも、詐欺やっている奴等と同じ土俵で仕事するのか!俺も堕ちたなぁ!と信頼もクソもありません!防衛大学校でなく、亡国大学校、国賊養成学校です。こんな学校に存在理由あるでしょうか?皆さんも考えてみませんか?
元キャプテン
2015/01/05 22:31
続き

2 河野統合幕僚長の就任は適切な人事か?
イージス艦あたごの記者会見のにやついてひんしゅく買った、たちかぜ事件の証拠隠蔽、3曹のいじめ自殺、輸送艦おおすみの事故在任間、事故・不祥事のオンパレードがあって制服組のトップになるなんて、世の中舐めてませんか?自分が総理大臣か防衛大臣だったらクビにしますけど!特にたちかぜ事件で自殺した新人の母親は腸煮くり返っていると察します。全日本柔道連盟理事長、日本相撲協会理事長、朝日新聞社長より程度が低いです。KY超えて、厚顔無恥です。自分が他国の国防大臣や参謀総長の立場であれば相手したくありません。日本の恥です。こんな厚顔無恥のKY提督に安全保障を任せられません。自分が自衛隊で指導的立場でありましたが、この体たらくでは若い者に指導できませんよ!組織をガラガラポンした方がいいですよ!皆さん、そう思いませんか?
現役海上自衛隊の皆さん、この現状は子供にの息子に話せるでしょうか?
自分の職業を誇りに思えるでしょうか?
組織崩壊したら、海上交通路の防衛は大丈夫でしょうか?
自分のしていることは中国や北朝鮮に利益をもたらしていることがわからないでしょうか?根本から考えてみたら!
元キャプテン
2015/01/05 22:58
使えないアレな幹部はドンドン馘首するなり自主退職させるべき。
今までもやっている事だが、もっと加速して良い。
これだけで組織的な効率性は向上する。

特に、佐官へ昇進するハードルはもう少し高くすべき。
尉官まではともかく、佐官には決して昇進させてはならないアレな人物が往々にして居る。

まあアレな者は自分がアレとは思っていないから、クビにされて怒り、自衛隊を恨むだろう。
アレだから色々な所で有ること無いこと恨み節を叫ぶのだろうが、コレばっかりは仕方ない。
現General
2015/01/06 10:49
現General様へ
貴方を元同業者として捉え質問します。

目的・趣旨や方向性は概ね賛同しますが、使えない幹部とかアレな佐官とは?具体的にどのような状態なのでしょうか? 階級、年代、部門、職域なのか? 評価は、それぞれの角度や視点から異なります。個々の仕事の内容や地位としてあるべき姿があります。
問題点の焦点は何かを明確にしないと、画餅になると思います。 自主退職にしても、法的裏付け、基準、フォローアップや代替手段も状況によって必要でしょう! 曹も切る対象になるのではないでしょうか?
人口構成が最も多く、資質に問題がある者もいるでしょう。具体的に教えていただきませんでしょうか?
元キャプテン
2015/01/06 21:44
退官した自衛官の活用について考えてみました。中途、定年関係ありません。
1 地本を廃止し、原則に従い、市町村役場に募集業務を移管する。退官した自衛官を市町村役場に転職する。自治体の財源や人口にもよるが、人件費や諸費用を政府が補助する 国民保護や防災業務の危機管理も兼任する。
2 大学教員、小〜高の教員や事務職員
文科省や教育委員会と内容詰めなければいけないが、大学〜免許取得まで国費で学費を補助する必要があります。
3 自営経営
退職前後に修行する必要があります。
退職金上乗せと低金利の資金融資が必要です。業界のノウハウだけでなく、労務管理、財務管理、申請等の法規制も勉強しなければなりません。
1については、自衛隊と地方自治体との折衝・部外連絡協力を密にできる効果を期待できます。転職への移行もそんなに難ではないでしょう。
2については、安全保障の正しい知識を普及する、教員の業務の負担軽減 部活の顧問、生活指導の校務、教材の準備ですが効果が期待できます。時間、金がかかります。
3 独立まで時間がかかるし、倒産等のリスクが大です。武士の商法ですので経済学に疎いです。向上心強い方でないと難しいのではないでしょうか。
具体的数字等は別とします。デメリットとは予想は難しいと思います。
自分は高齢者雇用促進法の定着・浸透で50代の定年退官者の企業の採用は門も数も少なくなると予想しています。今までの定年・再就職の制度や方法は時代に適合しなくなるのではないかと思います。
元キャプテン
2015/01/06 22:18
こちらの※欄見ると元キャプテンさんばかり
ちょっと異常と
まあ提言したいことがあるなら他人の褌、清谷氏のブログの※欄を借りないで自分でやったら?
退官してまでやりたい事が清谷ブログの※欄で提言する、では情けないよ
まあそんなおつもりは無いでしょうが、その様に見る人も居ます(私ですが)
隠行の術
2015/01/07 14:40
@元キャプテン
防衛大限らず、世界中の軍事専門校の存在理由は軍事力をより高める為です。数年間軍事的環境で軍事学を集中的に叩きこむ事によりエリート幹部を生む。だから、存在に価値が有るがどうかはこれが出来るがどうかで決めるべき。防衛大学校生と一般大学出身者の平均的な出来を比べ、防衛大学校生の方が優勢ならこの時点で価値が有ると認めざるを得ません。不祥事の有無は些細な因数です。

そして、河野の件は日本人の疲弊を反映されると想います。貴方から述べている不祥事は普通に考えれば河野の所掌から遠く離れている場所で起きている事です。勿論、当事者は厳罰すべしだし、高官としても防止策を練る必要が有ります。ですが、偶通りすがりの不祥事で彼を不適格と評するのは不公平です。隠蔽はこの様な考えて生むのです。
香港からの客人
2015/01/08 14:09
香港からの客人 様

1 防大の必要性について

軍事エリートを養成するなら幹部候補生学校=管理職養成学校で十分です。防大を卒業しても幹候で履修します。防大での軍事教育は微々たるものです。幹候で同じ教育・生活をして防大卒のA氏は200人中190番の鈍ケツ 2佐で退官、部内幹候400人中50番 3佐で定年 それこそ人事の不公平でしょう。機会の公平化、バランス、人事管理の一元化で不適格な者が上級職に就くのは、ある程度抑制できます。また、勤務意欲を向上する期待があります。日本の武官が高学歴・インテリでなければならない理由はありません。政策・戦略は東大・京大のキャリア官僚が担うから問題ないでしょう。用兵・運用の知識や技術を身に付ければいいのでは?但し、開発や医療は別です。高卒でも用兵・運用・統率が優れていれば将官になるのは問題ありません。政治や政策面での関与はほとんどありませんから。
2 責任について
高額な報酬・地位・権限には責任とリスクが表裏一体です。むしろ、その方が不祥事に対する抑止力になります。末端だろうが、組織の一部です。ヒラでも組織の看板をしょっています。 個人的な犯罪は別ですよ!ある企業のヒラ社員が顧客に詐欺を働いたとしましょう。世間からの信頼喪失、取引キャンセルで損失を招きます。社長は関与していないから、関係ないと道理が通るのでしょうか? 民間でもコンプライアンスや社会的責任が求められます。自衛隊は政府機関という公的組織です。故に高いモラルが民間よりも求められるのは当然でしょう!国家予算で運営されていますので。その代償として身分保障と充実した福利厚生を与えられています。厳しい罰が不祥事の抑止力になるのでは?隠蔽は遅かれ早かれバレます。潔く責任とれば傷が浅いのでは? 人間の口を縫うことはできないので、隠し続けるのは現代の情報化時代難しいのでは?
元キャプテン
2015/01/08 21:13
まあ、以前から言われてた事ではありますが、防衛省って本当にお金の使い方が微妙ですね〜

自衛隊は単なる武装公務員で、戦争なんぞ想定してない張子の虎なんだよって言うなら今のままでもいいんでしょうけど、それじゃあ国民が許してくれませんよ?
八王子の白豚
2015/01/09 00:06
八王子の白豚様へ

自衛官の公務員化・サラリーマン化は懸念する問題です。存在することが抑止力だ!と力説する方おられますが、中身空っぽでは田んぼの案山子と同じです。
軍事研究や丸なんか読んでいる隊員は極一部で、大半はパチンコにハマっています。駆け足が速いのが優秀な兵士だ!と勘違いしている馬鹿もいます。
公務員か軍人か?という葛藤なのでしょう。想像ですが、同郷で特殊作戦群を創ったA氏は公務員になりきれなかった、なるのが嫌だったので定年前に退官したのではないでしょうか?
噂では将官や1佐クラスの方々と揉めて反感買ってたらしいです。 つまり、公務員や官僚になりきれない者は出世できないということになります。江戸時代の武士、迷彩服を着た公務員、土着部隊の地方公務員化 モチベーションを沸くのは難しい職場です。上昇志向やクリエィティブな方は苦痛でしょう。逆に怠慢や思考停止した方はパラダイスな職場でしょう。
元キャプテン
2015/01/10 09:50
香港からの客人様へ

たちかぜ事件で加害者のチンピラ2曹についてどう思いますか?30歳過ぎてエア・ガンで後輩をぼっていく。CICの中で!怪我だけでなく、計器にあたったら艦は動きません。恐喝しています。
普通の職場では、あり得ませんし、クビですよ!
客に怪我させたり、物が壊れます。管理者は放置プレイのガキの使い以下です。知人から、こんな酷い職場にうちの息子を働かされない、自衛隊はよくこんなクズを採用したなぁ!どういう教育してんだ!組織解体して、最初から作り直した方がいい!と言われ、返す言葉はありませんでした。常識以前の問題です。自分の主張していることは世間の常識の範囲内ですよ。
いちチンピラの問題ではありません。内部告発した先輩 3海佐の方はまともな脳みその持ち主です。このままでは、若い者は入らないし、優秀な者は去る、反乱が起きるという危機感を抱いたのでしょう。
あの野郎、裏切りやがって!批判する奴は敵だ!は頭のイカレた奴です。退官して再就職しても適応できません。危機感を持て!と主張しているのは上記の理由です。御理解していただけたでしょうか!
元キャプテン
2015/01/10 10:12
清谷さんに質問です。Q1 日本の適正な兵力や予算はどれくらいと思っているのでしょうか?人口、財政、地勢学、周辺環境等からQ2 現在の防衛法制で、何を変え、新たに法案を作らなければならないのか?現状の有事法制ー武力攻撃事態法では、軍事行動がとれるのか?Q3 人事・教育面であるべき姿を教えてください。
元キャプテン
2015/01/10 12:32
適正な規模をこれだというのは難しいですね。財政の余裕や陸海空のバランス、充足率、予備兵力をどれだけ持つかなど要素が多いですから。
ただ現状で防衛予算は一杯でしょう。財政に余裕があるわけではない。個人的には陸自を10〜12万程度に減らしてもいいでしょう。余剰人員は削減ではなく海自と調達に割り振ってもいいでしょう。すくなくとも即応性、実践能力の低い師団旅団を多数抱えるよりははるかにマシです。
キヨタニ
2015/01/10 12:52
清谷様へ

御教示に感謝します。今後、人口減による募集難、財政規模縮小、赤字国債等の環境で、リストラしないといけない時期が来るでしょう!陸自の海自の人材異動ですが、艦艇の乗組員ですか?陸上勤務でしょうか?艦艇の乗組員だと逆に人件費が上がります。艦隊の統廃合、海外活動 ソマリアなどの撤退する。老朽艦を廃船し、新鋭艦への充足を上げる工夫が必要です。また、中間司令部と地本等の機関の廃止、自衛隊病院の売却・PFI化、基地・駐屯地管理業務の外注化で第一線部隊に充足を上げる方法もあります。 無駄な組織は人件費を高騰させ、末端は人員が足りない。働かないジジィは退場していただいて戦える組織にすべきです。陸8万、海4万空3万の15万
防衛費は3兆円くらいでしょうか?個人的には、カスやクズの百万より精鋭の十万の方が戦えます。集団的自衛権よりも、国内で軍事行動の阻害となる法律の改正が優先です。
元キャプテン
2015/01/10 16:16
自衛隊でまともに働いている方は何%でしょうか?
おそらく20〜30%でしょう。成果で言えば上位10%の人間が90%の成果を稼いでいます。
100人の営業マンがいて、売上を100億円とします。営業成績上位10人が売上の90億円の営業成績を占めています。極論から言うと半分22万n11万に減らしても戦力ダウンにならないということです。 むしろ、減らした方が仕事に対して緊張感をもたせます。人が少なくなる分、頭を使います。余剰の人員がいるのでサボるんですよ! 現役時代からムカつきましたよ!サボる奴が自分より給料が高くて!例えば 仕事量 100 年収350万円、仕事量25 年収600万
不公平でしょう!自衛隊のおっさんは働かないのが多すぎる。民間の同年代のおっさんと比較しても顕著に感じます。
元キャプテン
2015/01/10 19:04
@元キャプテン
>防大での軍事教育は微々たるものです。

これは西洋式、少なくとも米式軍事大学の持病です。私もどうせ軍事大なら、ソ連式らしく軍事学を徹底する方が合理的だと想います。ですが、これだと、一般大との知識格差が広き、競争できないに成るですよ。

あれは兎も角、どうやら軍事教育は微々たるでも、4年間も軍事的な環境に潜む事が重要(事に成っている)。実際どうなのがは評価出来ません。何れにせよ、有効性や効率等の面で防大を叩くのは良いですけど、不祥事でなら筋違いと思っている。

>部内幹

確かに、防大卒だと二佐はほぼ約束ですね。ですが、A幹部でも52才当たりで「人道的に」2佐にしたに過ぎませんに見えるですが。もし彼奴等を除外する場合、実際7割でしょう。元々45才以降(もっと早くかも?)で2佐に成った奴は1佐に成る機会や本当の要職に付く事も少ないでしょう。

そして、自衛官じゃ大学に行かなくでも28才以下なら「正規」の試験を通る事でA幹に成れます。だが、これで通れる人間は少な過ぎるので、B幹部を作った。これなら、A幹じゃなく、B幹の選抜試験を選んだ時点で既に割り切っているではないでしょう?

因みにこれを言うなら政治・政策・戦略面でも大学卒が必要無いでしょう。

>道理が通るのでしょうか

関与の仕様が無いなら、通るべきです。勿論、会社としては責任を取り、賠償金等も払うべきですが、あれは社長の退任とは別です。

日本人は社長か退任さえすれば怒りを半ば収める事は多いので、会社も不祥事毎に社長一人を犠牲する事で事無きに得る、責任を取っていない。結果、本当の改善も望めないに見えますけど。

元々見える筈が無い所の不祥事で首に成ったら、本人から見ればあれは天災或いは濡れ衣に過ぎません。責任感を感じる方が可笑しい。(続く)
香港からの客人
2015/01/11 11:27
>厳しい罰が不祥事の抑止力になるのでは?

当事者(或いは、監督出来るの上司)に向いた厳しい罰ならそうでしょうけど、偶トップに立っている奴に罰を下しても効果が薄い。寧ろ天災回避と言う事で隠蔽だ。限定的な時間の間(例えば、自分が幕僚長の2年間)に保つさえすればOKなら、大抵な隠蔽は通せる。

これを鑑みるに、実益の面からも処分を当事者に集中し、トップは改善を測ればよしの方が進歩を望めます、と愚行します。

>チンピラ2曹

個人の責任は兎も角、組織で言えば:
チンピラ軍人はかなり多くの国でも存在するので、責任はそこまで感じていません。これより、隠蔽問題の方が重要と想いますが、あれも良く有る事でしょう。あの3佐の責任を追求するのは破廉恥ですが、まあ条例的に正解でしょう。

ですが、アンケート保管の監督責任を持つべきの河村横須賀総監は何故「注意」で済んだでしょう。あれこそ、一番の問題だと想いますよ。
香港からの客人
2015/01/11 11:28
清谷様
続き
指揮官等に応じた適切な階級を考えてみました。
cccc
大将
統幕長・陸幕長
ccc
陸将・中将統・陸幕副長、情本長、防大幹事方面軍・戦略機動軍・教育開発集団・後方集団の司令官cc
陸将補・少将

統・陸幕の部長、師団長、メジャー・コマンドの幕僚長、幹校・富校長、補統長
★★★
1佐・大佐統・陸幕の課長、メジャーコマンドの部長、副師団長、旅団・団長、師団幕僚長、学校長、病院長、補給処長
★★
2佐・中佐師団司令部の部長、副旅・団長、連隊長、駐屯地司令兼業務隊長
、地方行政支援所長=旧地本長

3佐・少佐副連隊長、大隊・隊長メジャーコマンド幕僚☆☆☆
1尉・大尉副大隊長、隊長、中隊長、連隊科長、師団幕僚、教官
☆☆
2尉・中尉中隊長、副中隊長、旅・団幕僚、教官

3尉・少尉
小隊長、連隊幕僚、教官

人件費も抑制、高齢化抑制の効果が期待できます。現在の日本軍は上級の職と階級が多くいびつで動脈硬化を起こしています。船頭多くて船沈む、老兵消え去るどころかしがみつく、老人ホームならぬ老兵ホーム、若い陸士の仕事は中年介護です。とても現状では戦えません!
幹部の人事を再構築すると人件費を20%から30%を削減できるのではないでしょうか?年寄りはさっさと引退し、若い者を多く採用します。若者の雇用促進で少子化対策と消費促進と国益に繋がります。軍隊にジジィは頭になる者だけで十分です。働かねぇオッサンを養うほど財政に余裕はありません!年寄りが多くなれば、脳みそも組織も硬くなります。
元キャプテン
2015/01/11 15:02
>特に、佐官へ昇進するハードルはもう少し高くすべき。
自衛隊ではどうだか知りませんが、一般的な組織ではこれは極めて顕著な無能フラグですね。
私は仕事柄、実に色んな組織の内実を見て来ましたが、こう言うことを言い出す人で優秀な人は一人もいませんでした。周りからは、あいつこそ割増退職金払ってでも早く辞めさせろ、と言われてる人が殆どでしたね。民間企業、官庁、コンサルティングファーム、監査法人、組合、税理士法人・・・見事に一つの例外も無く。
その理由は、役員部長クラスで本当に組織を引っ張っている優秀な人は、既に多くの同僚の役員部長クラスに、余りに無能だったり人格に問題があったりする者が既に数多くいる事を知っているからです。問題なのは彼等、現在役員部長クラスだがその地位に不適格な人間をどうやって早期退職や出向、降格させるかと言う出口の問題であって、昇進、即ち入口の問題ではない。既に多くの無能者がその地位に居るのですから、今更、入口を絞っても手遅れだからです。
また、平社員の時は優秀でも、昇進させたらマネージャーとしては駄目だったというケースも多く、昇進基準をいくら厳しくしても無駄なのも、優秀なマネジメントは良く理解しています。また昇進基準を厳しくすると、優秀な部下から我先に成長産業へ転職して行ってしまい、組織全体の無能化が促進されてしまう事も、この20年の経験で皆さん良く理解されてます。
一方、有害無能な役員部長クラスほど、上記のような当り前が理解できないし、自分自身がリストラの対象になる事を恐れて既得権を守るべく、入口、即ち部下の昇進を減らそうとします。改善すべきなのは出口なのですが、それから逃げてツケを若い世代に回すわけです。若い世代は無能なマネジメントの下で働く事自体苦痛なのに、昇進も厳しくなるわけですから、優秀な人が残るわけはないですね。
X
2015/01/11 15:38
採用・入口を厳しくすれば不適格の人材をある程度排除できると思います。バブル期昭和末期から平成の始め辺りの採用世代は懲戒処分が多いです。また採用試験の成績も際立って悪いです。不祥事と採用試験の成績は負の相関関係にあります。防衛省のデータや人事幕僚をしている同期の発言、自分が現役時代、接してきた上司や先輩は仕事ができる方とできない方 両極端に別れています。つまり人材の質が均質でない。ピンキリの差が大であります。教育隊の助教していた方もこんなこと漏らしていました。バブル時代の新隊員は味噌糞一緒、特別支援学校か養護学校の先生の仕事と変わらない。その学校に普通の若者がいて、そんな奴等と同じレベルか?一緒に仕事したくないと辞めた新隊員もいたらしいです。バブル期の隊員中年のおっさんは実害を及ぼす癌細胞です。仮想敵国より害をもたらします。
研修や条件付き採用期間で振るいにかけるのもいいでしょう。
秋田の国際教養大学は入学試験の難易度は7帝大、早慶と謙遜ありません。すべて英語で授業、図書館24時間365時間営業、講義を除いた平均学習時間は4〜5時間1年間海外留学義務、4年で卒業は半分で入るのも出るのも厳しいです。その代わり就職はいいですよ!メガバンクや総合商社とか就職率100%に近いですよ。田舎の公立大学で総合商社は逆立ちしてもムリですから。特殊部隊並みの振るいは必要ありませんが、研修で振るいにかけるのも一案だと思います。
元キャプテン
2015/01/11 23:48
>元キャプテンさん
それで実際に起こる事は、例えば佐官への昇進の入口が厳しくなって、その前に昇進しているバブル世代の将官や佐官が尉官のあなたを厳しく査定して佐官への昇進を妨げついにはリストラする、というような事ですよ。
と言うか、自衛隊への採用/入口を厳しくするとして、その問題のあるバブル世代に「厳しく」査定され、その部下になる為に難関にチャレンジしようという若者がどれだけいますかね?特に今年みたいに民間の新卒就職率が非常に良い年はなおさらです。
X
2015/01/12 21:14
香港からの客人

防大問題についての反証

田母神論文を読んだことありますか?ある歴史学者の教授曰く、高校生の感想文レベルで、大学生のレポートでは不可にするとおっしゃいました。つまり、防大トップがこの程度の教養です。経験談ですが福島第一原発事故の水素爆破を核爆発と誤解した1佐の方もいました。 核燃料棒では核爆発は起きるはずはない。火の玉が発生していない、ウラン235を90%以上濃縮しないと核爆発は起きないと説明してもご乱心
某群長の1佐は酔っぱらって独り暮らしの老人宅に侵入し、投げ飛ばす。辞職しない国家予算にたかる厚顔無恥!
偏向教育か根本から間違った教育しているのではないでしょうか?
存在理由ありますか?施設や土地等の固定資産を学校法人に売却し、国庫に入れた方が国益になります。
元キャプテン
2015/01/12 21:29
香港からの客人様へ

幹部人材の登用についての反証

私の先輩幹部3佐 B幹 高卒の例をお話します。
防大卒の師団司令部○○部長や○○隊長の代わりに仕事を実質的にこなしていました。影の○○部長や○○隊長と言われていました。簡単に言うと無能な奴の尻拭いしているんですよ!自分の主張している幹部人事の一元化したら、今頃1佐で連隊長経験していますよ!つまり、高卒でも連隊長やっていけるんですよ!
スタートラインを一緒にする。人事は公平性を追求します。公平な人事は組織を活性化し、士気や能力を向上させます。不適格・資質に劣る人材が上級職に就きにくくします。特定の出身者のポスト独占は組織を暴走、腐敗、無責任体質、官僚化させます。太平洋戦争の敗北がそのことを証明しています。著書の日本軍の失敗を読んだら納得します。故にプロパー、大学生、社会人を均等に登用し、機会の公平化を追求すべきです。2佐以下は偏差値50台の標準的高校出で十分管理・指導できます。 つまり、用兵術と統率力があればいいんです。戦略、政策、研究開発は旧7帝大や早慶出身者が担うべきです。その方が人材という資源の正しい配分です。高卒の2士上がりの将軍が生まれてもいいんじゃないですか。何か問題がありますか?政治や政策には口も手も出せないから、高学歴必要ないでしょう。組織運営できる能力さえあればいいだけです。高卒の将軍が誕生すれば、若い隊員も士気が上がり、スキルを磨き、良い循環になるのではないでしょうか!
元キャプテン
2015/01/12 21:56
香港の客人様へ
たちかぜ事件の本質を考察する。
チンピラ2曹がプライベートで強姦しよいが殺人しようが自己責任、個人の責任です。職場で後輩を虐待する、恐喝することは個人の資質の問題で済まされる問題ではございません。労働安全衛生法で安全配慮義務や健全な職場環境を維持する義務があります。艦長以下の幹部の責任と職務です。チンピラ2曹が諸悪の根元ですが、艦長以下の管理者層はガキの使い以下とか怠慢と非難されても返す言葉はないでしょう。 この事案に近い問題は山ほどあります。個人の問題ではなく、悪しき伝統・体質・組織文化、機能不全の統治、マネージメント能力ゼロのアホ幹部、危機感なしの上層部が問題の本質ではないでしょうか?裁判で賠償金払ったからとか関係者クビにしたから済んだ問題でしょうか。また同様の事件が起きるでしょう。組織のガバナンスやマネージメントが時代に対応していないでしょう。今までの人事・教育が根本から誤っていた証拠です。
若者が入隊してこない、まともな人材が自殺、精神疾患、離職で喪失する。人手不足n疲弊n事故n離職という負のスパイラルに陥ることは小学生でも予想できます。このようなケースは中国海軍を利することになります。小手先で対処療法の改善では根本の問題は解決しません。ダイナミックな組織改革と常識を覆す人材登用という外科手術が必要です。民間企業では民事再生法適用して再建寸前の状態です。現役のまともな頭を持っている隊員は自分と同じ認識でしょう。現役隊員が書いたKYな海上自衛隊を読んだら、自分の主張に理解するでしょう!自分は難しいこと言ってませんよ。世間の常識の範疇でしか言ってません。
元キャプテン
2015/01/12 23:26
★X様へ

なるほどねぇ〜!
自分の身近な周辺でも30前後の幹部や30代の2曹クラスでセミリタイアした方が数人います。家庭の事情もありますが、バブル世代40代半ばから後半の佐官クラスにウンザリした、あの馬鹿についていけない、と言ってました。
この種の現象は、自分が若手のペイペイの頃、幹部や中堅陸曹がセミリタイアというのは極めて少なかった気がします。 20代の若い隊員から40過ぎのおっさんに説教されてくねぇ!お前から言われたくねぇ!と直接聞きました。
又聞きですが、1佐2佐クラスが尉官クラスをパワハラ?され、自殺・出勤拒否したという事象も存在します。おっさん連中から、後輩や若い連中は脅威なのでしょうか?既得権益だとすれば筋が通りますね! 結局、バブル世代のおっさん達は自分の利益しか考えていないのかなぁ? 他の業界のバブル世代は上記のような傾向なのでしょうか?教えて頂きたいと思います。
元キャプテン
2015/01/13 23:41
元キャプテンへ
@防大
大学生なら分かるだろうが、少数の例を挙げるだけで団体全体を批判するのは非科学且つ主観です。そもそも、一般大学出身なら全くこんな問題が無いでしょうが?

あれは兎も角、確かに、あの論文は大学じゃちょっと物足りないでしょう。文法は超簡単だし、各点の論証も不十分。ですが、限られたの字数で多くのポイントを提言し、まあちょっと考えさせる位は出来ると思うですからあの場面で適切な文とも言える。仮に大学論文らしくやるなら、ポイント一つもクリアできないまま、制限に打つかったんでしょう。

@幹部人材
これだとB幹の成立意義を無効に成ります。B幹はA幹の補佐する為の制度です。言わば「本当」の幹部より、曹の延長見たいな物です。

試験の難易度から見てA幹のレベルの方が高いでしょう。でなければA幹に成りたいの曹は普通の試験を受ければ良し。B幹の試験レベルは比較的に低い以上、スタートラインを一緒にする方が不公平ではないでしょう?

そして、例え一応スタートラインが同じにするとしても、恐らく結果はそれ程変わらないでしょう。格別な功績が無い限り、評価書で見える差が少ない。なら評価は自然的に出身等の勝負に成る。結果、恐らく貴方の先輩の昇進は他のB幹部同様後手に回る。そして、CGSはかなりの勉強が要ると理解しています。これは出来無いと、例えばA幹と同じで何れ二佐に昇進させてくれると言っても、時期に大きいな差が有る。CGSに入れない+学歴が低いと、恐らく2佐に成るも大きく遅れている。簡単に言えば、恐らく一佐に成れないまま定年に成る。

@たちかぜ事件
貴方の言い分が分かる。ですが、こう言う事は世界中の軍隊にも探せば有るですので、残念ながらあんまりショックを感じないのは事実です。そして、こう言う事件が時々世間中に漏れても、人間は応募します。
香港からの客人
2015/01/14 01:36
香港の客人様
貴方のコメントを読んでみて、問題意識や改善のビジョンがないように感じられます。現状維持や現状満足では進歩しないし、同じ過ちを繰り返します。 1年、2年では解決できるとは思っていませんし、制約や壁があるのは承知です。壁を乗り越えようとして問題解決や現状を改善することに何か問題があるのでしょうか?また、主観的な考えで主張していません。事象、識者の主張、現役・退役の主張、自分の経験したことを根拠に主張しています。自分の説明に根拠が乏しいでしょうか?
貴方の改善提案を示していただきたい。
無理だ、無駄と言うことは思考停止としか思えません。清谷さんのブログは防衛問題を主に社会問題に対して問題意識を持つことがねらいだと思います。
元キャプテン
2015/01/14 22:22
なんか自衛隊面白よみものを真に受けたマニアみたいな発言が多い御仁だわ・・・・

陸が日本の防衛の足を引っ張る存在だというのはみんな知る事実だが・・・

自分の知るたかが知れた領域をベラベラと目障りなぐらい書き込むは鬱陶しいね。

元キャプテン?1等陸尉ごとき私からしたら、こっぱ
幹部が何ぐだぐだ言ってんの?って感じですかね・・・y・まあ視野は狭い視点も低い・・・アンタ辞めて正解だ。それとも定年まで居座ったあげく文句言ってるですかね。
陸式提督
2015/01/15 23:42
陸式提督様
辞める辞めないはあんたに関係ないでしょう!あんた、事情も知らないくせに言うなよな!こっぱ幹部というけど、あんた防衛問題に対してどれだけ見識あるの?他人を批判するならば、自分なりのビジョンや提言を述べてから批判しろよ!ちなみに、ジャーナリストから防衛問題に関して取材もあったし、自分の主張・意見も著書に取り入れてもらったよ。お前も、あれだな口だけ大将野郎のヘタレだろ!
元キャプテン
2015/01/16 12:28
陸式提督様
幹部が何グダグタ〜

元防衛官僚の柳澤さんや小池さんは集団的自衛権反対も含め安倍総理の安全保障政策に物申しています。田母神元空幕長も同様です。 自分は現役時代、仕事に関して文句なんか言ってません!そりゃそうですよ。日本政府=防衛省から給料貰っていましたから。辞めたのはバブル佐官に嵌められ、うんざりしたからです。自分の周囲でも似たような理由で制服脱いだ幹部の方いますよ! 辞めた理由は人それぞれで、他人には関係ないでしょう!選挙と同じで、辞めてから 言いたいこと言って何か問題でもありますか?※守秘義務に反しない範囲内で

退官した先輩方なんか自分より遥かに矛盾や不満を感じているはずなのに何も言わないし、後輩の利益の為に骨を折ることをした人は皆無です。 防衛省・自衛隊の情報閉鎖やデタラメな政策は退官した方の怠慢もあります。
清谷さんの主張も自分の意見に一部反映されているし、投稿もほぼ100%承認されています。
あなた、具体的な提言を説明してください。ただの野次馬と同じです。あなたみたいのがチキンの口だけ大将って言うんですよ!
元キャプテン
2015/01/16 21:17
陸式提督へ
貴方、清谷さんがよく言われるゴロツキ愛国者や自衛隊マンセーの知性の乏しい輩なのでしょう。
ここまで人をこけ下ろして、反論や異論はできない。勢いだけの口先だけの大将のチキンだな!
貴方、職場やプライベートでも誰からも相手されていないだろう。反論しないことから、自分の考えがなく、勢いと感情で物を言っているだけ。反論・異論も言えないのが他人を批判する資格ねぇ〜よ。自信のないことに口だしするな。以上
元キャプテン
2015/01/17 10:50
@元キャプテン
先ず、私の意見は清谷氏と異なる場合が多いですが、承認を貰えない事が覚えている限り無い。だから、承認と賛成は違うです。そもそも反する意見も承認する気概が無ければコメント欄は要らん!

貴方は馬鹿にされている理由は貴方の文の質が低いからです。元自衛官も中二病も意見が有りますが、差は考察の深さと解決案の周到さです。

例えば貴方は師団長を将から将補へ降格したい。そもそも、師団長は指定職なので、3尉まで降格させても給料は減りません。記者なら外国との釣り合わせ等言えば通せるが、自衛官ならもっと深くな考察も要ります。師団長の階級設定はただ外国と合わせるではなく(そもそも、米様も今の様子を認めているらしいし、寧ろ利益を自ら放棄すべきではないじゃん?)、自国のドクトリン等も考慮すべきです。

伝統的に言えば、日本は師団を戦略単位として見なしています。一個の師団は戦略任務一つ。外国では師団を戦術兵団として見なす事が多いです。この差は勿論国情の故に有ります。簡単に言えば師団長の降格は独立性の降格も意味します。じゃ、先ず問題は師団の正確な位置付け。これを十分に考察する後こそ、格の変更を考慮すべきでは?
香港からの客人
2015/01/18 11:01
香港からの客人様へ

偏差値で人間を推し量るのは無礼ですが、階層ごとの必要な偏差値を20年間の勤務歴から述べさせていただきます。

★指定職の将官
旧7帝大や早慶レベル偏差値65以上、議論できる相手は高級官僚、知事、大企業の経営陣、大学教授、医師・弁護士
★将補や1佐
国立難関大学、有名私立大学、県を代表する進学校
偏差値60以上、議論できる相手は中央官庁の課長級、県庁の部長級、県警本部長、高校の校長先生、教育長、大企業の部長級、市長村長
★2佐
偏差値50代後半
地方国立大学、中堅私立大学、田舎の県の上位高校

議論できる相手
市町村の部・課長級、警察署長、小中校長先生、大企業の課長級
★3佐と1尉
偏差値50前後〜50半ば地方国立大学、中堅私立大学、進学が多い普通高校、 議論できる相手は高校教師、小中校の教頭、市町村の係長級、警察署の課長級、大企業の係長、中小企業の経営者
★2尉と3尉
偏差値40代後半
田舎の私立大学か国立の底辺大学、普通高校、レベルの高い実業高校
議論できる相手
市町村役場の主任級、警察署の係長・派出所所長、小中学校の教師、幼稚園・保育園長、個人事業の経営者
こんなもんですかね。確かにある程度の学歴や教養は必要でしょう。1佐以上なると地域の名士とお付き合いしますので。高卒のプロパーでも上級ポスト師団幕僚長や連隊長に昇任できる機会を与えてほしいと思います。そういうインセンティブが勤務意欲を促進すると思います。
元キャプテン
2015/01/18 11:46
香港からの客人様

師団又は旅団の定義は独立的に作戦行動を行える部隊単位です。機動力、火力、兵站、通信、情報等において
日本の師団は6000〜7000人、旅団は3000〜4000人で、日本の1コ師団は米英軍の旅団の戦力しかないのが実態です。米軍と自衛隊の師団当たりの戦力比は3対1です。国際標準に近づける為、師団の統廃合すると主張しています。共同作戦において部隊の規格を統一するのは必須のことです。部隊の規模・戦力を統一するのは軍事的合理性があるのではないでしょうか?師団n旅団に改編したとき陸将n将補に格下げしましたが、旅団長は指定職で俸給は師団長とさほど変わりません。
貴方の主張は旧日本軍の師団の考えです。中将=陸将でなければならないという固定観念は捨てた方がいいと思います。先進国では師団長は大半は少将=陸将補です。若いうちに上級の職につく機会を与えることは、スキルを磨くきっかけになります。一例として50歳近い3佐が普通科中隊長している現状に疑問や違和感を感じませんか? 旧日本軍の後備旅団の話ですよ。他国では20代後半〜30歳前半の大尉若しくは先任中尉が中隊長しますよ!50歳近いポンコツのオッサンは体力や反射神経も低下し、思考も硬直化しています。中隊は戦術単位で、指揮官は体力と柔軟的な思考を要します。
日本の師団は戦略的な任務を遂行できる戦力は現状から程遠いです。夢物語です。持論を申すなら現行の師団又は旅団を統合し、方面隊直轄部隊を組み込むべきです。近代化、グローバル・スタンダード、名より実です。ポスト維持のために部隊はありません。そのことはむしろ弱体化に繋がると主張しています。
※ ひとそれぞれ考え方が違うことはわかっています。考えをぶつけることにより、いいアイデアが生まれます。貴方のことを嫌っているわけではありません。
元キャプテン
2015/01/18 15:50
元キャプテン
あなたは御自分が制服を脱いだ事や、自衛隊がダメになった事をすべて上官のせいであるかのような発言を繰り返していますが、現役時代のあなた自身に反省すべき点は全く無いのですか?
私は昭和天皇に戦争責任は無いと考えていますが、それでも昭和天皇はマッカーサーに向って、全ての責任は自分にある、みたいなことを言いましたよ。スケールが全然違うのですが、昭和天皇と比較すると、あなたの発言は余りにも見苦しいと言わざるを得ません。
あなたは自衛隊を良くしたい、という崇高な使命感をお持ちのようですが、私はそのように感じます。
ひゃっはー
2015/01/18 17:41
ひゃっはー様へ

あなたの指摘に関して前半部分は違います。最後の結論は概ね当たっています。
現役時代、反省すべきことは、ちょっとしたポカで先輩から説教と焼きを入れられたくらいでどの業界にもあります。背信行為、信頼失墜行為、不利益、物品の損失・亡失はありません。懲戒処分は受けたことありません。昔の職場の部下・後輩から相談の連絡が来ています。 今でも嵌めた奴等を殺しに行きたいのが本音ですよ。 こっちは20年間、プライベートや自分の生活を犠牲にして組織に尽くしましたよ!嫌がる仕事やドブさらい、尻拭いまでやって、鞭しか与えない、根拠もなくレッテルを貼る。冗談じゃないですよ!他人から見たら、みっともないかもしれませんが、当事者は納得できるわけないでしょう!私なんかまだ、ましな方ですよ、スケープゴートされ、懲戒免職や停職になった方がいますよ。その方々は、私以上に怒りと恨みを抱いているでしょう。私に非があれば、何も投稿しません。黙っています。
そのことは小西誠さんの著書 国営ブラック企業を読んだら、自分の主張や現状を理解できると思います。年間100人近く自殺、同じ職場で連続して自殺する。それって異常じゃないですか?ぺーぺーの新人ではないですよ、ベテラン且つ中間管理職の方です。普通、公務員の比較的安定した地位・生活で自殺なんか常識から考えてするのがおかしい!そう思いませんか。
最後のコメントは、その通りで後輩が仕事しやすい環境と幸福のためメディアを利用して世論に訴えます。少し、興奮しました。
当事者しか、わからない問題です。ひっはゃーさんも自分と同じ境遇であれば同じことしますよ!当事者でなければわかりませんよ。
元キャプテン
2015/01/18 22:03
ひっはゃー様へ

あなたもしかして、自衛隊に在籍したことがあるのではないでしょうか?
今までのコメントを読んでみて、防衛問題に対して鋭いツッコミしていますし、とても素人の意見とは思えないからです。多分、あなたも組織にうんざり、失望したので制服を脱いだのではないでしょうか?
もし、当たっていれば目的は自分と同じではないでしょうか。 本音を言わせていただければ、組織を解体・ガラガラポンして再建した方がいいと思います。小手先の改革では根本が解決しませんので。
あと、色々思想や手段は違うことは問題ではありません。衝突や議論して、いい案も生まれます。これからも熱い議論をしましょう。
元キャプテン
2015/01/18 23:02
元キャプテン様へ
あなたは自分の意見や政策を思いつくまま、洪水のように垂れ流していますが、それが本当に世のため人のためになるのか甚だ疑問です。あなたは「太陽と北風」の寓話を思い出してみるべきだと思います。
私なんぞはあなたのコメントを読むと、率直に申し上げて「そう思うんなら、なんであなたが現役の時にやらなかったんだ」と反感を覚えます。
ひゃっはー
2015/01/19 07:36
ひゃっはー様へ

なぜ、現役の頃やらなかったのか?
言い訳になりますが、権力や権限がないからの一言に尽きます。 あと能力もか?尉官クラスのペイペイが具申しても屁のツッパリにもなりません。CGSも受かりませんでした。
組織から給料貰っている以上、方針、掟を守らなければなりません。それはサラリーマンも同じではないですか。※開き直るつもりはありませんが
内部では無理だとすると政治家なるかジャーナリストになるかもしれません。政治家は地盤、鞄、看板の三要素がないとダメです。自分は政治家になるという器も能力もないと判断。ジャーナリストはどうか?文才もありません。経験した疑問、矛盾点をブログのコメント欄や一部著書に反映したりしています。隊員・家族含む相談ボランティアもしています。以上私のできることとしていることです。
元キャプテン
2015/01/19 12:34
元キャプテン様へ
現役時代に権力や権限や能力が無くて、例えば防衛大の廃止ができなかったあなたが、今になって匿名で長文かつ似たようなコメントを乱発し、自衛隊を攻撃すれば、本当に防衛大は廃止になると思いますか? だから、「太陽と北風」の寓話を思い出せと言ったのです。
「地獄への道は善意という名の石によって敷き詰められている」「能ある鷹は爪を隠す」という言葉があります。あなたがその「地獄への道」を歩むことが無いことを祈念しております。
ひゃっはー
2015/01/19 15:58
ひっはゃー様

意見や政策を思い付き、洪水のように以下略について自分なりの説明・反論を述べさせていただきます。
批判することは中学生でもできます。じゃ対案は?ビジョンは? 提案・対案なき批判は文句と同じだと思いますよ!個人的に!洪水か垂れ流しかは読んだ方の印象や解釈なので、私からは白黒が付けれる問題ではないと思います。 自分の知験、現役時代からの矛盾、問題、現在抱えている問題を総合判断して意見を申し上げています。意見に賛成・反対はさて置いておいて、思い付きではありません。撤回していただきたい。
元キャプテン
2015/01/19 16:21
ひゃっはー様へ

貴方はなぜ清谷さんのブログに投稿しているの目的な何なんでしょうか?
評論家気取り、自分の知識を自慢したく、優越感に浸りたいだけの自己満足ですか。あなた、防衛関係に対して何か具体的に行動起こしているのでしょうか?自分はボランティアで現役隊員と家族の相談をしています。勿論、報酬なし、自分の時間も削られます。効果も不透明ですよ。
上から目線の物言いで、どういうビジョンか示していただけませんか?確かに権力・能力ないですよ、自分のできることは後輩が働きやすい環境や幸福のために骨折ってますよ!
口だけ大将だよな!政治家や防衛大臣なって、政策変えれよ!
本や論文を世に出せばいいじゃねぇか。自分に自信があれば。
自分は出版はしていないが、一部主張を載せてもらったし、ある取材でジャーナリストから裏付け取材あったよ。
あんた、具体的に何やったんだ! 人をコケ下ろしてシカトこかせねぇよ!説明してください。
元キャプテン
2015/01/20 07:25
元キャプテン様へ
はい、私は口だけ大将の評論家です。もうこれで何もかも終わりにしましょう。
ひゃっはー
2015/01/20 15:49
久しぶりに見に来たがなんじゃこりゃ?
元キャプテンのオンステージですかい
かねがね清谷氏が仰せのように主張したい事が有るならご自分でブログを立ち上げたら如何なもんですかな、元キャプテン氏
正直、元キャプテン氏のだらだらとしたコメントばかり並んでいるのを見るとげんなりして、コメント欄はそっ閉じ、コメント欄をみるきが無くなる
隠行の術
2015/01/21 16:41
自分でブログを開設しても、誰も見に来ないことが分かっているから、ここにコメントしてるんでしょう。この人は清谷氏や小西とかいう人の寄生虫なんですよ。
ひゃっはー
2015/01/21 23:23
@元キャプテン、お待たせしました。

貴方の師団の定義を世界中でも、通用できると想います。にも関わらず、世界中の師団の規模や位置付けはかなりのバラ付きが有る故、貴方の定義は恐らくジェネラル過ぎると想います。

私も、別に師団長=陸将じゃなければ成りませんとは思わない。ですが、陸自は米軍をモデルにしながらこの点は旧軍流。この時点で師団の位置付けを米軍式より旧軍式に近いする様に決心した。そして何十年に経って制度はこの位置付けの周りに蓄積した。これを靴替えずなら相当な面倒が要り、つまり相当の利を証明せねば成りません。

複数の師団を協同作戦するなら、確かに規格同一する方がやり易い。ですが、単一でやるなら、寧ろ事情(や限らているの予算)に合わせて個別編成する方が合理的です。前者は大陸型師団、後者は日本の師団。日本の師団は地理の関係上、少なくとも初期で自力で何とか防衛戦をするしかないと想定されている(装備、人員等はかなり不足とは言え)。例え他所から多少な兵力を配属有っても、あの地域の陸上防衛は飽くまで師団が主導している。

そして、防衛区域も広い。例えば、大陸型師団の理論防衛区域の広さ良くで30kmですが、日本の(大隊に揶揄されるの)連隊は50kmをカバーしなければ成らない場合も有る。

複数の師団を集め、反攻の日が来れば方面主導に成りますが、あの時点の防衛師団はどの道消耗されており、元は同一規格でも同一として使えないでしょう。

言わば、師団長は師団の指揮官だけではなく、作戦正面指揮官でも有ります。責務や求められるの独立性も大陸型師団の平均に比べて高い(装備、人員は平均より貧弱にも関わらず)。この意味で、旧軍も自衛隊も師団を大陸(特にソ連)如く戦術兵団ではなく、戦略単位として位置付ける事は日本にとって正しいとも言えます。(続く)
香港からの客人
2015/01/22 01:05
そして、人事の視点からでも、師団の降格は必ずしも望ましい事ではない。確かに若いうちに上級の職につく機会を与えることは、スキルを磨くきっかけに成り得ますが、この後はどうする?師団も任せられる以上、キープしたいな人間でしょう。決してUp-and-Out、或いは退官の犠牲品になるべくの人ではないの筈。

師団長と言えば士官の一つ大きいの楽しみの筈。ですが、師団長に成った人間を全て方面総監、況して幕僚長に付かせる訳が無い。

将補に降格させると、キャリアの比較的な早期に与える事は通例に成る。現在は53-58才位で振り分けるだろうけど、この後は49-54才に振り分ける。さて、じゃ55才で、既に師団長経験、だが方面隊総監等の望みは薄い。残りの5年でこいつをどうやって楽しませ、定年(60才)まで働けさせるですが?あ、因みに師団長から離れると、指定職じゃなく成るので、減俸です。

例え49才で師団長経験したの新エリートでも、楽しませの問題は残ります。現在このエリートさんは53才で師団長入り、55才当たりで後職の統幕副幕僚長や総監等を経って陸幕長に成る。新制度では51才で離脱。どうする?やり甲斐の有るポストは残り少ないですよ。幕僚長に成るまで、どうやって彼奴を利用しますが?ポストを無理に作ると、階級インフレですよ。

こう言う人事トラックを考慮も新政策に大事ですよ…

最後に、50才の中隊長は確かに日本だけの物ですね。だが、だからと言って3佐を中隊長は必ずしも間違っていない。英国軍では34才の少佐を中隊長をさせます。そして、ドイツ軍でも大尉を中隊長ですが、かれも33-34才らしい。これは、独立性やを考慮した処置でも有ります。そして、もう一つの利は定期的に士官を兵を扱えさせる事です。米軍らしく、中隊長の年齢を30才弱に成る場合、何年も兵から離れる事に成ります。
香港からの客人
2015/01/22 02:16
香港からの客人様

色々、熱い議論を重ね、こちらも勉強なりました。
貴方の見識や理論に敬意を称します。
こういう議論は、賛同・反対に関わらず相互の見識が深まって有意義です。 香港の客人さんの軍事的な見識は下手すれば現役それも1、2佐を越えますよ。香港の客人さん、もしかして元同業者ですかね?素人の焼き付けばの知識じゃないですよ!
香港からの客人さんの主張を全て同意するわけではありませんが、こちらも大変勉強させていただきました。 今後も議論を交わしましょう!
元キャプテン
2015/01/22 20:10
ひゃっはー様へ

寄生虫とは聞き捨てならぬ台詞です。このブログは来るもの拒まずのスタンスです。
ちなみに清谷さんから何も利益になるものを得てませんよ!
あなたも色々投稿しているから寄生虫と同じではないでしょうか?
自分のこと棚に上げるのはおかしいでしょう。
清谷さんから出入禁止になれば別ですが、自分が投稿することに何か問題でもあるのでしょうか? ちなみに自分は他人の意見にコメントするのは本意ではありません。しかし、批判や意見について自分なりに反論・説明しています。当事者がどう解釈するのかは別問題ですが
あなた、そんなに自信がおありなら本や論文を世に出せばいいじゃないですか。社民党や共産党みたいななんでも反対の野党ですね。対案示せよ!批判するなら中学生でもできるよ!
元キャプテン
2015/01/22 21:11
香港からの客人様

地域密着部隊=郷土部隊の存在理由と役割について、香港からの客人さんの見解を教えていただけませんでしょうか?

清谷さんのブログでは北海道の駐屯地の統廃合、自衛隊は地方自治体のためでなく、国防のためにあると主張しています。
自分の考えを申します現状として地方部隊=1コ連隊基幹の駐屯地の実質的役割は災害救助、イベント支援、地元若者の雇用等地方公務員化しています。隊員の80%前後は地元の県出身であり、中には地元を理由に転属を拒否している隊員も存在します。
自分の考えとして、沿岸監視、戦車や特科など演習場の利便性が必要な場合を除いて、地方部隊を駐屯するのは費用対効果の観点からナンセンスです。着上陸の公算は極めて低い、災害も時々 連隊も統廃合し、師団司令部のある駐屯地へ移駐又は演習場隣接の駐屯地に移駐、新設をした方が良いと思います。メリットとして師団司令部がコントロールしやすい。演習場が近いと輸送費が抑制できる。訓練環境が整い練度が向上できる期待があります。自衛隊が駐屯していない都道府県には総監部又は地本から連絡官を県庁に常駐する。
連隊長のポストが減るとかは理由にしないでください。
元キャプテン
2015/01/24 11:19
久しぶりにこのコメント欄を覗いてみたらえらい延びてますね〜

金の使い方の記事から組織人事に話がぶれています。
まあ、いつもの事なんで特に言うことも無いですが・・・・

とはいえお金のかけ方は今後も何とかして欲しい問題です。
元キャプテンさん、今度は外部のオンブズマンかなんかで自衛隊に関わってみてはいかがですか?
これだけ熱いご意見をお持ちのようですからきっと聞いてくれる人も出ると思いますが・・・
八王子の白豚
2015/01/25 03:03
八王子の白豚様へ

御理解ありがとうございます。確かに圧力団体?みたいなものが必要です。 その存在は組織の健全化や仕事の質を高めます。しかし、防衛は保険みたいなもので契約内容や証書を読んだことがないのが大半であるのと同じで、市民生活に関係はないので関心がない。そこが防衛省・自衛隊がやりたい放題している要因がそこにあります。
まず第一歩に、正しい情報発信と関心を抱く、時間と手間はかかりますが地道にやるしかないでしょう。そのため、退官した者が情報発信することです。やり方や戦術は千差万別ですが 批判するのは構わないですが、責任は伴います。対案やビジョンを説明できなければ批判する資格はないと思います。以上
元キャプテン
2015/01/25 19:41
ですから他のコメンテーターの邪魔になってますよって事です、元キャプテン氏
他者のブログを発信源にするのは如何なものですかって事です、元キャプテン氏
それらが理解できない自己中ですかって事です、元キャプテン氏
穏行の術
2015/01/26 14:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
頭を使わずにカネを浪費すれば防衛は強化できるか。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる