清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 驕る自民は久しいか 麻生財務相「利益出してない企業は運が悪いか能力ない」

<<   作成日時 : 2014/12/09 10:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

麻生太郎財務相は6日の長野県松本市内での街頭演説で、「この2年で株価は1万7千円まで上がった。円安にも振れた」と景気回復の実績を強調する中で、「その結果として企業は大量の利益を出している。出していないのは、よほど運が悪いか、経営者に能力がないかだ」と語った。


麻生財務相「利益出してない企業は運が悪いか能力ない」
朝日新聞 2014年12月6日
http://www.asahi.com/articles/ASGD64WB9GD6ULFA001.html?iref=comtop_6_05

 まあ、この人の失言はいつものことですから、目くじら立てるのは大人げないと思います。ですが、これはあまりに経営者を馬鹿にした話です。

 ハッキリって自分は馬鹿だと公言しているようなものです。


 麻生氏の頭の中の企業とは、すべて輸出に頼っている大企業なんでしょう。
 そういう人が総理やっていたんだから、経済政策がうまくいくはずはなかったですよね。


 ところが、実際は上場企業の約3600社中輸出比率が5割を超えるのは約280社でしかない。
 しかも、日本の企業の約8割はサービス業です。
 輸入業者だけではなく、サービス業全体がコストアップを被って、利益が減っています。
 消費者も値上げによって可処分所得が実質減っています。消費者に直結した小売業は、極めて厳しい現実に直面しています。
 輸出企業といっても中小企業にとっては、「異次元の金融緩和」でも融資環境が良くなっているわけはありません。

 ウチのように輸入を行っている企業にとって政府による「人災」によって2年で1.5倍のコストアップを被っています。(1ドルは80円から120円になりました。)降って湧いたような「災難」です。
 幸い我が社は売上の拡大で黒字を維持していますが、前年度比横ばいとか数パーセント増の企業にとっては極めて厳しい状態です。

 アベノミクスが大成功ならば、輸入でいくら値上げをしても、ガンガン商品が売れるので我々輸入業者も万々歳です。ところがそうはなっていません。年末商戦では更に深刻な数字が統計として出るでしょう。ですからアレな安倍首相は統計が出る前に選挙に打って出たわけでしょう。

 ごく一部の輸出をやっている大企業以外の企業は、手脚を縛って水に突き落とされて、「溺れて死ぬのはお前が悪い。」と言われているようなものです。

 麻生氏的な言い方をすれば、銀座で白昼女性を襲った自民党という強姦魔が、「強姦される方が悪い、警察は被害者を取り締まれ、ブタ箱にぶち込め!」と言っているようなものです。
 強姦魔が偉そうに被害者に説教しているわけです。

 偉そうなことを仰るならば、政府は税収が少なくとも、年々社会保障費が高騰しても、財政赤字を増やすことなく、財政を建て直するぐらいのことをやってから仰って欲しいものです。
 少なくとも麻生さんが総理の時は国の借金を増やしただけです。
 総理の手腕と実績から判断すれば、麻生さんは経営者ならば完全な無能者です。

 テメエでできないくせに人を貶めるような輩が、首相や閣僚をやるべきじゃありません。
 麻生さんといえば、以前初代防衛大臣の久間氏のパーティで麻生氏がスピーチしていたことがありますが、その時ろれつが回らず、しかも「防衛大臣」という単語がどうしても思い出せずに、会場から助け舟がでたことがあります。健康状態、大丈夫なんでしょうかね?まさか悪いクスリでもやっていたわけじゃないでしょう。

 それから彼の政策秘書が随分と横柄で人間的に問題がある人のようです。以前総理時代にメディアから叩かれたのは、この政策秘書の人のせいじゃないでしょうかね。その程度の飼い犬を飼っている飼い主の器量もその程度かと。



strong>WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
厚生年金強制加入は、景気をさらに悪くする
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014111400007.html?iref=webronza

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【防衛省・高機動パワードスーツ開発は税金のムダ】〜装備開発の在り方、抜本的に改めよ
http://japan-indepth.jp/?p=12178

【防衛駐在官の質の向上を図れ】〜外務省出向システムでは機密情報が防衛省や内閣府に届かない?〜

http://japan-indepth.jp/?s=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

『なぜ自衛隊は「暴発する機銃」を使うのか』
2014年11月09日
http://toyokeizai.net/articles/-/52889

アパッチ攻撃ヘリの調達、なぜ頓挫?
問われる陸自の当事者能力
2014年11月02日
http://toyokeizai.net/articles/-/51971

オスプレイ選定の不透明、対抗馬は商用機?防衛省は「複数候補から選んでいる」と強弁
2014年10月26日
http://toyokeizai.net/articles/-/51614

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?必要なのは事実に基づく冷静な議論
2014年10月05日
http://toyokeizai.net/articles/-/49744

戦傷者は「想定外」という、自衛隊の平和ボケ
「国内では銃創や火傷は負わない」との前提
2014年09月17日
http://toyokeizai.net/articles/-/47994












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
>11月の主要な外食チェーンの月次情報を見ると、吉野家19.5%増、すき家1.5%増、モスバーガー1.5%増、サイゼリヤ1.8%増など、売上が前年をクリアした企業が目立っている
http://lite.blogos.com/article/100856/
チャンネルQ
2014/12/09 15:03
経営者清谷さんに質問です。
業種、経営規模、経営方式によって多少異なりますが 利益を出せない原因は何が多いのでしょうか?経営者の能力、外部環境、規制

ジャーナリスト清谷さんに質問です。麻生大臣の政策秘書は具体的にどのように人格に問題があるのでしょうか?自分の以前の職業の同期が政治家の施設秘書を勤めています。秘書と言えども誤った言動・態度が親分=政治家の顔に泥を塗ることがあるので緊張する。支持者から票を失います。と聞いたことがあります。その問題の政策秘書は虎の威を借る狐で横柄で上から目線な態度なのでしょうか?
元キャプテン
2014/12/09 22:19
>利益を出せない原因は何が多いのでしょうか?
まあ、業種や地域などによっても異なりますが、それがわかれば苦労はしません・・・

ただ中小零細、特に零細企業は資金も少なく、人材が集まらず、というのが宿命ですからその前提で、そこを何とかすることに傾注するべきでしょう。

少なくとも大手企業のケーススタディは対して役に立ちません。あるいは有害です。




キヨタニ
2014/12/10 14:55
清谷様

御教授ありがとうございます。 確かに、原因がわかれば苦労しません。愚問でした。現役時代、経営という視点で自衛隊はどうなのかなぁ?と考えたこともありました。お役所だから
軍隊だから
と会社と同じ土俵で考えるのは馬鹿じゃないか!と笑われますけど・・
無駄遣い、アホみたいな調達は、やはり経営という観念がないのではないでしょうか?再就職の際、コストや経営観念がないと苦労するのではないかと思います。人件費、維持費、設備投資もお金です。天からお金が降ってくるわけでなく、清谷さんが何度も主張している通り、決まったお金の範囲内で、優先順位を決め、取捨選択しなければなりません。削るものは削るという営業努力が必要だと思います。
元キャプテン
2014/12/10 18:49
>元キャプテンさん
>会社と同じ土俵で考えるのは馬鹿じゃないか
おっしゃる通り、経営の視点を取り入れるのは大事だと思います。
一方で異なる点は、利益を出せる企業が存在できるのは、失敗した企業が有るからだと言う点です。その意味は、事前には何が儲かるかはわからず、結果として成功した場合に初めて、正しい道を選択していた事が証明されると言う事です。
どんなに優秀な経営者が優秀な人材や豊富な資金や優れた技術を集めて事業を立ち上げても失敗して、手変え品変え、二度目三度目のチャレンジで成功するという話は良くある事です。
また、社会主義共産主義がうまく行かない理由もここにあります。即ち、事前には何が最適な方法かはわからないのだから、色々な方法を無数に実際に試して見て、ダメならスクラップにすると言うやり方が出来ないからです。計画経済では官僚が決めた事しかできませんから。
X
2014/12/12 00:39
★X様へ

将来のことがわからないから苦労する。確かにそうなんでしょう。自分は会社を経営したこともなければ、働いたこともありませんのでおこがましいことを言ってしまいました。経営者も司令官と同じ孤独だと思います。判断で運命がきまりますから。責任は思いと想像します。
元キャプテン
2014/12/12 20:48
お邪魔します。
 本来言葉は「他者に伝える手段」です。しかし麻生氏にとっては「酒で気分が悪くなった人間がゲロを吐くように、自分の考えや感情を”一方的に”吐き出す手段」であるようです。江戸時代の将軍には用を足した後の尻を拭く女性がいたそうですが、麻生氏にとっては己が”吐き出した”言葉の後始末は、「周りの人間がする(のが当然)事」という認識なのかも知れません。日本国民は麻生氏の”取り巻き”ではないのですが。
ブロガー(志望)
2014/12/12 23:01
ははは、あのオッサンの放言癖はいつも笑わせてくれますね!

まあ、財務大臣としては言っちゃあいかん事ですね〜
いい歳してオブラートに包んで話が出来ないこの人をどう見るか、政治家として見なければ面白いオッサンなんですけどね!
八王子の白豚
2014/12/14 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
驕る自民は久しいか 麻生財務相「利益出してない企業は運が悪いか能力ない」 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる