清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS キレ易いアレな自衛隊総司令官閣下で有事の危機管理は大丈夫か?

<<   作成日時 : 2014/12/18 11:21   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

安倍首相がZERO村尾にブチギレ完無視!古舘は口封じ状態!大荒れ選挙特番
テレビに関する話題 リテラ 2014.12.15.

http://lite-ra.com/2014/12/post-708.html

>安倍と全面対決となったのは、身内のはずの日テレ『ZERO×選挙』のキャスター・村尾信尚 だった。

  といっても、村尾がとくだん辛辣な質問を浴びせたわけではない。まず、アベノミクスに関連して女性の活用について、具体的な数字を示していただきたいと村尾が訊いたのに対し、安倍首相はイラッとしながら「できもしない数字をあげるのは、民主党のやったこと!」と関係ない民主党ディスで返す。さらに、村尾が実質賃金が下がっていることを指摘すると、突如キレ始め「実質賃金が減っていることに意味はない」「ボーナスは増えている」などと強弁。あげく、スタジオからの音声を届けるイヤホンを外してしまい、とうとうと自説をまくし立て始め、ムッとした村尾が「安倍さん、安倍さん!」と呼びかけても、無視し続けたのである。

>自分の話に一段落ついたところで安倍首相はイヤホンを再びつけたのだが、さらに村尾が「働く人の7割は中小企業に勤めているんですよ! 中小企業に賃上げする余裕はあるんですか?」と問いかけると、完全にキレて再びイヤホンを外して持論をぶち、しまいには「村尾さんのように批判しているだけでは変わらない」などと村尾を批判した。これに村尾は「私は批判していません! プラス成長の可否をきいているんです」と反論を叫ぶも、安倍はまたもや完無視。最後は日テレの報道局解説主幹の粕谷賢之がアベノミクス以外の目標を質問するが、安倍首相は「そちらの音がうるさい」などと言いながらイヤホンを外したまま終了してしまった。中継を切られた『ZERO』のスタジオはお通夜状態に。普段は天然な雰囲気を漂わせている村尾も珍しく、怒りを露わにしていた。


>一国の総理大臣である安倍が「アーアー聞こえなーい!」と都合の悪いことに耳を塞ぐ小学生のような醜態をさらしたのか。



 以前からこのブログでも安部総理の批判耐性のなさを指摘してきましたが、総理や代議士以前に社会人としてどうよ?批判されても仕方ないでしょう。

 これが密室のなかならともかく、テレビ中継ですからねえ。多くの国民が見ているわけで、まともな人間ならばハラがたってもグッと堪えるところでしょう。それがこの人にはできないわけです。
 
 安倍首相の振る舞いはまるで戦局が不利になって地下の総統府に引きこもった晩年のアドルフ・ヒトラーを連想してしまいます。ヒトラーの場合、独裁者としての精神的な重圧に加えて負け戦の更なる精神的重圧、それから逃避するようにチョコレートを多量に食べるようになって、肥満して健康状態が悪化したわけです。
 そんな状態でマトモな戦争指導ができわけもなく、失敗に失敗を重ねて、最後はベルリンには赤旗が翻ったわけです。

 元来安倍首相は真面目で無邪気なお坊ちゃん体質なのでしょう。高い理想はあるが、現実を見ていないので、現実を見せつけられると耐えられないところがあるのではないでしょうか。
つまり、線が細い。

 またアベノミクスは大成功だと宣伝していますが、その実態はかなり危ういものだという認識もあるのでしょう。ですから尚更むきになってアベノミクス批判に対する意見に直情的に反論してしまうのではないでしょうか。

 宰相という重圧に加えて、怪しげなアベノミクスを大成功と吹聴せざるを得ないことによる更なる精神的な重圧がかかっているのでしょう。
 さらに付け加えるならば健康状態にも問題がありそうです。既に複数のメディアで健康状態悪化が報じられておりますが、もともと悪かった滑舌が以前よりも悪くなり、顔がむくんできています。健康状態が悪化して、それが精神状態にも影響しているように思えます。

 少なくとも上記のような異常な言動をみれば、健康状態と精神状態、あるいはその両方に問題があると疑われても仕方ないでしょう。

 そのような人物が指導者として国家の采配を振るい、また自衛隊の最高指揮官であることは極めて大きな問題でしょう。
 多少極端かも知れませんが、体調と気分ががすぐれない時に例えば中国機が派手な領空侵犯などの挑発行為を行った場合、「攻撃しろ」とか命じちゃうことはないでしょうかね?

 システムとして首相に心身ともに問題が起きた場合、首相を解任するシステムが必要だと思います。もっともそれは政治的クーデターに悪用される可能性もあるので極めて慎重にシステムを作るべきで。常軌を逸した指導者が国家権力を振り回すことに歯止めをかける仕掛けは必要です。




東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
「駐在武官」を機能させるために必要なこと
増員だけでは強化にはならない
http://toyokeizai.net/articles/-/55366

『なぜ自衛隊は「暴発する機銃」を使うのか』
2014年11月09日
http://toyokeizai.net/articles/-/52889

アパッチ攻撃ヘリの調達、なぜ頓挫?
問われる陸自の当事者能力
2014年11月02日
http://toyokeizai.net/articles/-/51971

オスプレイ選定の不透明、対抗馬は商用機?防衛省は「複数候補から選んでいる」と強弁
2014年10月26日
http://toyokeizai.net/articles/-/51614

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?必要なのは事実に基づく冷静な議論
2014年10月05日
http://toyokeizai.net/articles/-/49744

戦傷者は「想定外」という、自衛隊の平和ボケ
「国内では銃創や火傷は負わない」との前提
2014年09月17日
http://toyokeizai.net/articles/-/47994


strong>WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。

厚生年金強制加入は、景気をさらに悪くする
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014111400007.html?iref=webronza

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【防衛省・高機動パワードスーツ開発は税金のムダ】〜装備開発の在り方、抜本的に改めよ
http://japan-indepth.jp/?p=12178

【防衛駐在官の質の向上を図れ】〜外務省出向システムでは機密情報が防衛省や内閣府に届かない?〜

http://japan-indepth.jp/?s=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえば、金正恩もぶくぶく太った挙句に張成沢を粛清して、国の経済がガタガタになってますものね。またヨンピョン島を砲撃したり、核ミサイルを撃ち込んでこなかったらいいのですが。
ひゃっはー
2014/12/18 18:33
この間の選挙特番の際、NHKのインタビューを受けていた総理の顔なんですが、気のせいなら良いのですが何となく、土気色に見えたような・・・・いや、単なる疲労なら良いんですけどね。でも一瞬、「やっぱり、病気だという噂は本当だったのか」と思ったのも事実です。しかし、仮に病気だとしたら、速やかに代行を立てるなり総辞職するよう進言するなり、何らかの対策を可及的速やかに行い、国民が何ら不安に思うことなく生活出来るようにするのも与党政治家の責務だと思いますけどね。勿論、かつて小渕総理が倒れた際のように、一部の人間がこそこそ動き回るのを防ぐ意味でも、一連の決定は可能なかぎり速やかに公表すべきです。菅官房長官を始め、閣内はもとより与党内に、そうした人間は一人もいないのでしょうか?
KU
2014/12/18 20:33
なんか、自分が現役の頃の親分にそっくりです。会議で忌憚のない意見を言ってくれ!と
自分がこうした方がいいと思います。この方法はリスクがあります。と発言したら・・・
俺の方針に文句があるのか!幕僚に人格はない!黙って俺の言うこと聞け! まさに心理学用語でダブルバインドでしたよ!忠誠心や信頼感は失せました。意見なんか聞かずに、命令した方がましです。自分はそのボスの部下ではありますが、被雇用者では、ありません。
はっきり言いましょう!安倍さんは首相の器ではありません。むしろ石波先生、谷垣先生、前原先生、岡田先生の方が首相にふさわしいです。
元キャプテン
2014/12/18 20:33
今回の解散総選挙は、アベノミックスや集団的自衛権を推し進めるため、選挙で国民の支持を得たというアリバイ工作選挙だったのでしょう?解散総選挙の本来の目的は不信任決議案や法案否決に対する伝家の宝刀です。今回の解散総選挙は大義がなかったということになります。安倍総理の生い立ちから、祖父・父が大物政治家、坊っちゃん育ち、庶民の生活は そんなの関係ねぇ!の世界で、総理の視界は富裕層や上流階級なので庶民や中流階級と感覚や認識がズレているのでしょう!
元キャプテン
2014/12/19 06:40
お邪魔します。

>多少極端かも知れませんが、体調と気分ががすぐれない時に例えば中国機が派手な領空侵犯などの挑発行為を行った場合、「攻撃しろ」とか命じちゃうことはないでしょうかね?

 日本はトップダウンではなくボトムアップの国で、「”上”は”下”が担ぐ御輿」という意識の国ですから、「ご乱心」で”処理”されるものとたかをくくっているのではないかと思われます。しかし小渕優子議員の例を見ると”下”も相当”劣化”しているのではないかと思われます(事務所のPCのHDDをドリルで破壊等?)。「御輿を軽くする→担ぎ手の力が衰える→さらに御輿を軽くする→さらに担ぎ手の力が衰える」になっているのはないかと思われます。

 日本の場合は「戦艦大和沖縄特攻」に見られるように「トップの乱心」よりも「政権等が変な空気に支配される」事の方が心配です。例えばアメリカが長年敵対してきたキューバと国交正常化交渉を始める事を決めましたが、「アメリカ様がキューバとされたのだから」と日本が拉致問題を事実上取り下げる形での北朝鮮との国交正常化をしてしまうのではないかと危惧しています。「アメリカとキューバ」(議会で多数を占める共和党が認めるか?)と「日本と北朝鮮」に特に関連は無いはずですが。
ブロガー(志望)
2014/12/20 08:40
お疲れ様です。
よかったっすね。
誰も何もしなくれも、安倍が自分でぼろをどんどん晒してくれる。
もしその映像を各国語のスーパー付けてネットに流せれば、そして「解説」をも付けられれば、今の日本政府の正当性ゼロということが世界に暴露されるのだから楽しいことになるのではないでしょうか?
unimaro
2014/12/20 09:02
まあまあ、アレ首相がその器じゃなかったことをその番組を見た人が知っただけ村尾キャスターのおてがらっていえるんじゃないんですか、キヨタニさん?

しかし記事の終盤でキヨタニさんが言われた首相解任システム、確かに必要ですね。
バ菅直人もこれがあれば即座に解任できたでしょうに・・・

この権限は議員に与えるものではなく個人的には天皇陛下にお持ちいただくのが妥当だと思います。
国民的にもそれがもっとも批判の少ない形ではないでしょうか。
八王子の白豚
2014/12/20 12:49
清谷様へ

質問です。宰相の器、資質は何でしょうか?
自分は、決断力、胆力、行動力、カリスマ性だと思います。ジャーナリストの大御所橋本五郎氏は若い新聞記者時代に田中角栄の番記者を努めたそうです。宰相は決断力、胆力、カリスマ性に優れている人物ではないと!
現在の日本では、角栄みたいなカリスマ性のある政治家はいないのではないでしょうか?
与野党問わず首相になってもらいたい政治家石波茂、小池百合子、細野郷志、前原、江田憲治、かな?
清谷さんが主張する有事ー戦争、大震災、原子力発電所事故で冷静に判断ができるのはごもっともです。
あと参謀たる官僚の資質を向上しないといけないと思います。
元キャプテン
2014/12/20 16:19
安倍氏の煽り耐性の無さはその通りですが、村尾の古巣の財務省と御用メディアの読売日テレの言う事を聞いて、消費税増税したら経済が失速、選挙なんかやる羽目になったのですから、激怒して当然ですね(笑)お前が言うな、ってとこでしょう。
マリンロイヤル
2014/12/20 17:51
>宰相の器、資質

官僚(プロ)に騙されない見識と、いざというときの度胸ではないでしょうか。
キヨタニ
2014/12/20 18:01
清谷様へ

御教示に感謝します。
政治家の能力・資質を向上するにはリーダー教育とポリティカルスクールが必要ではないでしょうか?現在の松下政経塾の拡大版です。
ポリティカル・スクールは国政選挙に立候補する資格条件とします。現在の司法試験制度に似た感じです。 政治家でも、業界の代表、女優、アスリートと政治のことを勉強しないで、選挙に出ます。官僚出身者は法案や予算の仕組みがわかっているので政策に強いです。秘書上がりは根回し、パワーバランスの取り方は親分=政治家から伝授しています。 官僚や秘書上がりは資質・能力面はさほど問題ではありません。地元の議会でも、職員上がりの議員は政策強いし、鋭い質問します。蛇の道は蛇ですから
元キャプテン
2014/12/21 06:47
お邪魔します。
 トップは当人の資質と意欲「だけ」ではなれません。従う人間がいてなれるのです。日本はボトムアップの国なので、トップは「自分達が担ぐお御輿」とみなされています。ですから自分達の意に沿わない御輿など担がないのではないかと思われます。マイケル・ジャクソンは金のために何でもする医者を雇い、その医者はマイケル・ジャクソンの命よりも自らの保身を優先しました。韓国セウォル号の船会社は過積載でも何でもする船長を選び、その船長は沈没時に乗客を見捨ててさっさと逃げ出しました。今の日本は「下手にババを受け入れたら、よってたかって押し付けられるに違いない」との相互不信の状態にあるのではと思われます(だから厳しい意見が受け入れられない?)。
ブロガー(志望)
2014/12/23 12:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
キレ易いアレな自衛隊総司令官閣下で有事の危機管理は大丈夫か? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる