清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS インフレなったら消費者は借金までして消費をするかね?

<<   作成日時 : 2014/11/30 11:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 18

 先日東洋経済オンラインの懇親会がありまして、ぐっちーさんや中原圭介氏らとお話する機会がありました。やはりリフレ派はあれだなぁ、と再認識しました。

 インフレにさえなれば、来年より今年、明日よりも今日に買い物をした方が得だから、皆競って消費を増やす。だからインフレにさえなれば景気が良くなる、というのがいわゆるリフレ派の人たちの考え方です。

 ですが消費者心理を考えればそんなことはないでしょう。そもそも半年分の牛丼を本日一日で食べることはできません。電子ガジェットは陳腐化します。今の型を買うよりも来年の型の方が大抵高性能で、値段も低くなります。
 腕時計を買うにしろ、懐が寂しくなれば10万円の時計を買わずとも、1千で買うことができます。インフレになったらみんながみんなローレックスを買うようになるわけじゃないでしょう。


 住宅もそうです。土地神話が生きていた時代ならばそうでしょう。が、土地神話は過去のものです。今でさえも空き家が増えすぎて問題になっており、これから人口減少ですから、銀座などの一等地を除き、不動産価格は下がるでしょう。昔みたいに30年住んで、更地にしても買った時の何倍の値段がつく、なんてことはまずありません。
 しかも生涯雇用という神話もなくなり、いつまで今の職場で働けるかもわかりません。で、ローンを組むのは結構な博打であります。
 実際住宅着工は減っています。

 > 国土交通省が28日発表した10月の新設住宅着工戸数は、前年比12.3%減の7万9171戸となり、8カ月連続で減少した。季節調整済み年率換算は90万4000戸だった。
ロイター 2014年11月28日

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0JC07V20141128

 対して需要が拡大した結果のディマンド・プル型のインフレであれば健全です。需要が拡大したことによって、物の値段があがり、人件費が上がり、結果としてインフレになれば好循環が可能です。 つまり理由があって結果があるわけです。
 ところがアベノミクスで需要は減っており、このままではスタグフレーションです。
 
 リフレ派の主張はりんごは赤い 故に赤いものはりんごであるというようなものです。
 郵便ポストも猿のケツも赤いわけです。ですがりんごと思って郵便ポストや猿のケツをかじっても美味しくないし、けがをするだけです。


 需要が減っている現状で物価だけを無理やり上げても、消費者は買い物を増やしません。  企業にしても例えば100円で出荷しているもの原価が4割上がって、140円で出荷したくても、需要が拡大しない現状では140円では売れません。消費者が買ってくれません。であれば例えば精々120円程度にしか値上げできないとしましょう。この場合、企業、消費者ともに20円ずつ負担が増えることになります。

 企業は経費が増えますから、利益が減って賃金を増やしたり、設備投資が難しくなります。消費者も100円のものが2割上がれば買い控えをするでしょう。
 物価が値上がりし、可処分所得が減ればガンガン消費をするとのいうのが宮崎哲弥氏らリフレ大好き安倍首相♡の人たちのロジックです。
 堅気の人たちとはメンタリティ違うようです。

 企業の99.7パーセントは中小零細です。更に個人事業者もおります。また農林水産業もいます。上場企業約3600社のウチ円高のメリットを受ける、輸出が5割を超えるのは300社弱程度や少数の輸出企業です。つまり円安でメリットを受けるのは少数であり、金額的にも円安によるダメージの方が遥かに大きい。このため日本人のマジョリティの賃金が上がることが期待できません。

 当然消費者としては、物価高で可処分所得が減ります。しかも安倍政権のバラマキで財政赤字は更に拡大していますから将来の増税と社会保障費の負担増と、自分が貰える年金の更なる削減は確実です。安倍首相は円安対策で税金をばらまくといっていますから財政は更に悪化するでしょう。

 こんな環境で貯金を取り崩したり、借金してまで消費をするでしょうか。普通の経済感覚がある人はそんなことはしませんよね。

 本来今やるべきことは個人消費の需要の拡大です。
 それは主婦の職場復帰で家計の所得を増やすことだったり、規制撤廃で農業などへの新参入を増やすことだったりします。
 土建屋にばらまくカネがあればこういうところに使うべきです。また規制緩和であればカネをばらまく必要はありません。

 ところがこれだけ圧倒的な議席をもっているにもかかわらず安倍政権は、規制緩和には成功していません。


 更に必要なのは政府支出を減らすことです。
 医療費は年間1兆円ずつ増えています。5年で防衛費1年部が増えている計算です。これに歯止めがかかっていません。例えば無駄な胃ろうはやめるとか、予防や保険教育を強化するとか手段はあります。地方レベルではそれで支出を減らすことに成功している例もあります。
 世界のCTスキャンの5割が日本にあり、その元を取るためにガンガンCTを使って、患者の発がん性を増やすことが医療の進歩でしょうか。
 それから医師の能力を上げることです。最近のドクターは問診もろくにせずに検査に頼る傾向にあります。ちゃんと問診をして、また適切健康を指導をするようになれば多少診療費をあげても医療費はもっと削減できると思います。
 また例えばタバコの税金を大幅に上げることも一助でしょう。税収も増えるし、寝タバコなどによる火災も減ります。
 税金といえば消費増税を見送るならば、例えば宗教法人に対する増税でもすればいいようなものですが、公明党は勿論、自民党も宗教団体のお世話になっておりますからできません。
 

 支出を減らし、またできるだけカネをかけない方法で景気を刺激する方法は頭を使えばあるはずです。ところが官僚は前例踏襲で新しいことを嫌います。むしろ屁理屈こねて、予算を使いたがります。それが官僚のネイチャーだからです。また安倍首相はそのような例を紹介する藻谷浩介氏を蛇蝎のように嫌っております。
 安倍首相は現場で実績をあげている人たちの話には興味がなく、永田町と霞ヶ関、それにこれまた現場を知らない御用学者や御用評論家の「常識」で動いているだけです。

 例えば経産省はクールジャパンみたいな話題になったところだけはカネを撒きますが、大して効果はないでしょう。なにせ「クール」から一番遠い役所や業界ゴロがやってうまくいくはずがありません。

 経済学者やアナリストは金融政策で景気を刺激でき、需要を拡大できると無邪気に信じているがそれは傲慢です。そんなことで消費者がものを買ってくれるならばぼくたちビジネスマンは苦労をしません。


 必要なのは円安誘導と、税金のバラマキではなく、役所と永田町の意識改革でしょう。それが迂遠なようで一番の早道ではないでしょうか。


strong>WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
厚生年金強制加入は、景気をさらに悪くする
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014111400007.html?iref=webronza

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【防衛省・高機動パワードスーツ開発は税金のムダ】〜装備開発の在り方、抜本的に改めよ
http://japan-indepth.jp/?p=12178

【防衛駐在官の質の向上を図れ】〜外務省出向システムでは機密情報が防衛省や内閣府に届かない?〜

http://japan-indepth.jp/?s=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

『なぜ自衛隊は「暴発する機銃」を使うのか』
2014年11月09日
http://toyokeizai.net/articles/-/52889

アパッチ攻撃ヘリの調達、なぜ頓挫?
問われる陸自の当事者能力
2014年11月02日
http://toyokeizai.net/articles/-/51971

オスプレイ選定の不透明、対抗馬は商用機?防衛省は「複数候補から選んでいる」と強弁
2014年10月26日
http://toyokeizai.net/articles/-/51614

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?必要なのは事実に基づく冷静な議論
2014年10月05日
http://toyokeizai.net/articles/-/49744

戦傷者は「想定外」という、自衛隊の平和ボケ
「国内では銃創や火傷は負わない」との前提
2014年09月17日
http://toyokeizai.net/articles/-/47994














 



 
 










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
お邪魔します。

 経営コンサルタントの大前研一氏が、「アメリカは『経営者寄りの共和党 vs.労働者寄りの民主党』という図式だが、日本の場合は自民党は一応経営者寄りとされているが、実体は『よろず陳情請負所』である。」といった事を言っていました。19世紀では穀物法(農業保護)を巡って地主寄りの保守党と資本家寄りの自由党が戦いましたが、今の日本では例えば「農業を保護せよ」という勢力も「農業を自由化せよ」という勢力も自民党を支持し、自民党は「党内で」それを処理してきました(例:自由化し、その代わりに補助金を配る)。しかし「全体」を思うように増やせなくなり、「どこかを増やせば他を減らす」しかなくなった今、「よろず陳情請負所」である自民党は(実質的な事は)何もできなくなりました(何をしてもしなくても反対・批判)。

>必要なのは円安誘導と、税金のバラマキではなく、役所と永田町の意識改革でしょう。それが迂遠なようで一番の早道ではないでしょうか。

 人は、特にいい年をした大人が「変わる」のは思う以上に困難です。上記の「よろず陳情請負システム」に最適化した人間を変えるよりも、「人」を代える方が容易ではないかと思ったりします(いればの話ですが)。
ブロガー(志望)
2014/11/30 15:45
>実体は『よろず陳情請負所』である。

そもそも、利害の調整は、民主主義国家の政治家の重要な仕事の一つである。

その意味では、現在の我が国の政治システムは上手くいっているほうではないだろうか。

そもそも、民主主義とは利害の調整という非常に非効率的な部分を含む政治システムである。

その利害調整の過程で汚い面もあるだろう。

つまり、民主主義は最悪である。それ以外の全ての政治体制を除けばだが。

ま、ラインハルトのような聡明な君主がいれば別なのかも知れないが。
真の愛国者ゆりか
2014/11/30 20:27
清谷様へ
解散総選挙の予想について、教えてください。自分の予想では自民党は第1党になるが、過半数を割り、安倍内閣退陣n総裁選挙n谷垣首相又は石破首相誕生となると予想しています。
民主党と維新の党が議席が増えます。今後、経済成長や景気回復しなければ自民党は下野し、民主党と維新の党の連立政権になるかなぁと思います。
自民党は変わっていなかった。古い体質、既得権益の打破はやらなかった。5年前の政権を奪われた教訓は活かしていません。民主党は無党派層、中間層の支持を得て政権奪取、政権運営が政治主導の履き違えと内部統治のまずさで政権を喪失、自民党政権に復活したらペテンの経済政策?
自分の理想として政権交代し、海江田首相、江田副首相、橋本総務相の内閣であれば経済政策、公務員改革、地方分権が進み、活性化されると思います。防衛大臣に前原先生か枝田先生がいいのではないでしょうか?防衛の分野だけみれば前原先生は石破先生に勝るとも劣らない見識を持っています。枝田先生はドライで、容赦ありません。防衛省に渇を入れ、官僚もビビるでしょう。
防衛省改革も加速します。
日本人は何で古いものにしがみつくのですかねぇ? 御上にしがみついても御利益はないんだけどなぁ!
政権交代したら面白いですよ。奪った方も奪われた方も真剣になりますから。永田町にも競争原理が必要です。
元キャプテン
2014/11/30 21:14
霞が関と庶民の感覚のズレ、日常の仕事でもありました。大本営 陸幕と現地部隊の認識、情報、感覚のズレ かなりありました。踊る大捜査線 の青島刑事の名言ではありませんが、事件は会議室で起きているのではない、現場で起きているのだ! この台詞を宣戦布告という映画にパクれば 戦闘は首相官邸で起きているのではない、戦場で起きているんだ!ということになるのでしょう。安倍大元帥閣下は、戦場視察もせず、現地司令官の意見も聞かず、軍事官僚のウソの報告を鵜呑みにしているだけかなぁ?撤退を転進とか、玉砕を攻撃失敗とか
安倍大元帥閣下もオツム足りないので、軍事官僚や重鎮は卸しやすいでしょうか?裸の王様以下の振り込め詐欺に騙された老人と変わりません。まともな判断ができない司令官は更迭です。兵士や国民は
血を流します。早速、首相官邸から立ち退いていただきたい。
元キャプテン
2014/11/30 22:46
>主婦の職場復帰で家計の所得を増やすことだったり
同意です。
しかし、こう言う話になると、フェミニズムを主導している高学歴で一流企業出身者の女性活動家が湧いてきて、間違った方向に行ってしまいます。
男でも女でも、実際には「キャリア」構築なんて言ってられるのはごく一部の恵まれた少数派だけで、大半はパートや派遣や、正社員と言いつつ実態は変わらない中小零細ブラック企業の仕事を繋いで生きている人の方が多数です。それは昭和の時代も今も変わらない。
実際に今人手不足の飲食店なんかのサービス業にパートでどうやって働きに行けるようにするか、とかを考えるのが日本経済にとっても大半の主婦にとっても大事なことだったりします。飲食店でパートで働くような主婦は、小さい子供がいる時は、保育園代に大幅な公的扶助が無いと働きには出られ無いですからね。
大企業の正社員の女性なんかは、給料も高いし子供が保育園出た後の事まで考えれば、例え月20万払ったってペイするから補助なんか一切要らないんですが(施設自体の絶対数の不足は問題ですが)。しかし、こう言う話になると、何故かこう言う「キャリア」女性を助けると言う歪んだ話になってしまうのが問題です。
X
2014/11/30 23:53
お疲れ様です。
エントリ内の記事がロイターだというのが気になり、ちょっと検索。
「住宅着工数 減少」で。
NHKの割には正直な記事があるNHKオンラインをのぞいて、8ヶ月連続減少という悪?印象を与えないように「4年ぶり」とかにしていたり、
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_kensetsufudousan-house-start
このように誤魔化ししたり、
「徐々に」と優しいw表現にしたり
http://suumo.jp/journal/2014/07/10/65883/
マスコミさんはクライアントの要望に必死らしいっすw
unimaro
2014/12/01 00:06
ぼくは選挙予報はしないもので。
ただ今回は地元は自民に勝てそうな候補、比例は共産党にでもしようかと。
キヨタニ
2014/12/01 12:55
私は選挙には興味ありますが投票には行きません。それは旧態依然の街宣車、辻説法がうるさいからです。特に共産党は地方選にもかかわらず「イラク」などと訳の分からない独りよがりのオナニーで腸が煮えくり返るぐらいです。キヨタニさん声を大にして「共産党はうるさくてダメよ〜ダメダメ」と叫んでくださいな。
餅ついてください
2014/12/01 19:02
借金してまで消費をするかって?

そんな訳無いでしょ!
リフレ派は頭大丈夫なんですかね?

八王子の白豚
2014/12/02 01:42
共産党はリフレ派以上にダメダメでしょう。
大企業の内部留保を使えば消費税を上げなくても財政再建はできる!とか知能を疑う主張をしてますからね。
大企業の内部留保は別に金庫の中に眠ってるわけじゃ無くて、工場や研究所の設備なんかの投資の形になっている訳で。内部留保を召し上げる=工場や研究所を閉鎖して雇用が失われる、です。
共産党もリフレ派も、初級の簿記の知識すらなく、バランスシートの意味を全くわかっていないのに、平気で経済政策を論じてる厚顔無恥な点で同類であり、彼らに益するのは愚かしいことです。
X
2014/12/02 23:33
>共産党
ダメなのは分かっていますが、自民に対するアンチの意思を示すために今回も比例は共産党に入れます。
キヨタニ
2014/12/03 10:01
沖縄1区では共産党の「アカミネ」が比例復活で当選確実なのに配下の者が定点でオナニー的な辻説法で近隣住民に迷惑をかけ続けています。それも共産党の地盤で。田んぼの草取りかもしれませんが、どうせやるなら敵地でやって欲しいのです。ちなみに家の近所は政党の住み分けがあり演説やビラで支持政党が変わることはありえません。キヨタニさん。「僕の党」の渡辺さんは熊手に手を出して潰れてしまいましたが橋本さんは健在ですよ。
はあ〜と。
2014/12/03 19:58
>大企業の内部留保は別に金庫の中に眠ってるわけじゃ無くて、工場や研究所の設備なんかの投資の形になっている訳で

経済については、素人ゆえ、仰っている意味がよく分かりません。

海外設備投資の損失などに備えて剰余金が積み立てられているという意味ですか?

素人にも分かるようにご教授いただければありがたいのですが。
真の愛国者ゆりか
2014/12/04 01:03
>真の愛国者ゆりかさん
バランスシートは右側がCreditで企業の資金調達の方法、左側がDebitでその資金を何に投資したかを示します。例えば100億円出資して企業を設立した場合を極度に単純化した場合、バランスシートは、
Debit)現金100/ Credit)資本金100
ここで現金100を生産設備に全額投資します。
Debit)生産設備100/ Credit)資本金100
一年後、企業は生産設備で生産した製品を売って10億円の利益(=売上-総費用)を上げます。即ち利益剰余金が10億です(減価償却は単純化の為無視)。その場合、
Debit)生産設備100+現金10 Credit)資本金100+利益剰余金10

ここで企業は10億で更に生産設備に投資します。もし投資をしなければ、売る製品の量も増えないので企業は成長できず、社員を増やすことも給料を上げることもできません。ここで、
Debit)生産設備110/ Credit)資本金100+利益剰余金10

これは企業は出資100+利益剰余金10=110を生産設備に投資している、と言うことを示します。つまり、利益剰余金とは単なる会計上のテクニカルな計算に基づく数字に過ぎず、企業に現金があることを示すものではありません。
もし利益剰余金に全額課税されたとしたら、企業は生産設備を売却して110から100に減らし、その分の社員も解雇しなければなりません。個人の年金積立金みたいな「積立」とは異なり、既に生産設備を購入して散財していても、剰余金と言う扱いになるのです。
X
2014/12/05 01:44
>×さん

ご丁寧にありがとうございます。
良く分かりました。
真の愛国者ゆりか
2014/12/05 18:13
お邪魔します。

 様々な利害を調整するのは「議会」の役割です。「それぞれの利害を議会に持って上がる」のが政党及び政治家の役割です。似たような利害を取りまとめたり、ある利害を代弁して他の利害との妥協点を探るのは当然としても、一政党が「農業保護と農業自由化」「自主憲法制定と現憲法堅持」といった反対の要望や利害の支持を得る事はできません。どっちをしても「公約違反」になってしまうからです。で結局「自由化しながら補助金を大盤振る舞い」「憲法自体は変えずに解釈だけをどんどん変える」といった「どっちにもならない(財政赤字の増大や憲法それ自体の弱体化をもたらす)事」をするしか無くなります。さらには「景気を良くします」「福祉を充実します」といった「反対のしようが無い」というか「『本当にそれができたらいいね』としか言いようが無い」事しか掲げなくなりました。で「公約なんか守らなくて当たり前」になってしまい、選挙を通じて有権者の要望・利害を議会に反映させる事が困難になってしまいました(今回の総選挙で与党が勝った結果が党内情勢の結果で「予定どうりの消費税率引き上げ」になっても驚きません)。その根本にあるのは「主権者の一人として選択する」のではなく「お上にお願いする」という意識なのかも知れませんが。

公明党を巡る清谷様とのやり取りを見る限り、今後は考えないといけないかも知れません。
ブロガー(志望)
2014/12/12 23:33
藁人形論法ではなく本当に理解できていないみたいだけのようで、非常に可哀想な感じなんだけど。

別に全員が全員、借金をする必要はないんですよ。さらに言えば消費を増やしたくない・増やせない人まで無理に消費を増やす必要さえない。誰かがローンの安い間に住宅を買いたい、値上がりする前に車を買いたい、そうなってくれさえすればそれが売買を生み付加価値を産み誰かの所得になっていくわけです。それで所得が増えた人の中に消費を増やす人が出てくればいい。そういうことであって、借金してまで消費を増やしたくない人が消費を増やさなくたって何の問題もないし、自由な意思を尊重する経済学の立場からはむしろそちらの方が望ましいというのが前提。ただ環境を作るだけです、公害を出さない方が得になるような環境になるよう制度を作ってそういう環境になるようにするのと同じ。

何かリフレに限らず経済政策について、自分の意思が歪められる・消費を強制されるという認識を持つ人がいるけど、別に買いたくなければ買わなくていいんですよ。全員が同じ考えなわけじゃないですから。ただ買わない場合にはちょっとだけ損をする環境になるだけです。あなたの損より、失業が減ることを政府が重視すればそういう環境が作られることは仕方ない。それもやだというのは単なるワガママですし、そもそも所有権をはじめとして環境の大部分は政府が作り上げているものですから。こちらの自分に都合のいいものは残せ、都合の悪いものはやめろと言っても(そういうワガママを言うことは自由ですが)通らなくても仕方ありません。
3B
2014/12/21 11:13
それ以前にリフレ派が論理破綻を起こしているのが問題では?
為替影響を除いたコアコアCPIでは黒田日銀以後も物価上昇は起きておらず、即ち円安によってしかインフレを起こす事が出来ないという事実から目を反らしてはいけません。さも無ければただの妄想です。
そして、期待インフレ率が上がる、即ちどんどん円安が進行して行く事を人々が確信したならば、国内で消費や投資を増やすのではなく、ドル資産への投資が増えるだけです。日本の輸入依存度を20%とするならば、毎年1%のインフレを起こす為には毎年10%円安が進行しなければならない。ならばドルに投資すれば、10年後、物価は10%しか上がってないのに、ドル資産は100%増加します。
リフレ派の理論に従う限り、今の日本では期待インフレ率をあげる事ができたら、消費は増えずドルへの投資が増えるだけ、期待インフレ率が上がらなければ、やはり消費は増えないで物価高に苦しむだけ、即ちスタグフレーションという珍妙な結論しか出てこないのです。こんなものをマジメに信じているとしたら、知能に問題があります。
財務省も黒田総裁も、もちろん、そんな珍理論を本気で信じているわけではなくて、ゼロ金利を保ちながら通貨価値を毀損する事によって、老人世代から若者世代へ、正社員から(新規に雇用された)派遣社員アルバイトへ、さらに最終的には全国民から国へ所得の強制移転を図り、借金をチャラにしようとしているのだと思います。
X
2014/12/23 00:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
インフレなったら消費者は借金までして消費をするかね? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる