清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍政権の無軌道超高額兵器の調達をなぜ総選挙の争点にしないのか

<<   作成日時 : 2014/11/27 17:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 17

超高額兵器の調達をなぜ総選挙の争点にしないのか
2014.11.27(木) 北村 淳 JB PRESS

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42287

>消費税増税の可否という「税金を取る」側面を国政選挙の主たる争点に掲げるのならば、 防衛用装備の調達という「税金を使う」側面を選挙の争点に加えても不思議ではない。このような切り口で国防問題が総選挙の争点として取り上げられることも必要ではなかろうか?

>本来はMV-22Bオスプレイや水陸両用強襲車がなぜ必要なのか? どのような戦略を実施するための道具なのか? といった戦略レベルの問題こそが国政レベルの討議課題なのである。しかし、選挙という国民全体が参加する場においては、戦略論よりは超高額兵器の調達という税金の使い途のほうが具体的争点にふさわしい。


 お説ごもっとも。
 なぜこんなことになるかといえば、政治部の記者は政治家ゴッコに忙しくて、政局にしか興味がないからです。まともに政策を精査する能力も、その気も欠除しているからです。
 しかも政治家の走狗のような連中も少なくない。
 国際的にみて、日本のマスメディアの政治記者の質は極めて劣悪な部類でしょう。

 本来政策は調べるには政治だけではなく、経済、産業、軍事、外交、医療、法律、幅広い分野の知識が必要です。
 本来政治部の記者は知識を補うためにも他の部の記者が合同で仕事をすべきなのですが、新聞やテレビなどの記者は垣根を超えて協力して記事を書くことがほとんどないわけです。
 こんな連中が役所は縦割りだとか批判をしているのですから噴飯物です。

 それでも医療とか法律とかは医者とか弁護士とか在野の専門家もあって、役所の情報以外のソースがあり政策の検証も比較的容易なのですが、防衛は殆ど無いわけです。しかも防衛省の主張が本当かどうか検証する能力もない。政治家もメディアも防衛省の「ご説明」をごもっとと信じ、垂れ流します。

 まあ、アレ首相のご尊父もそんなブンヤさんのそのお一人だったわけです。


 ただ、この記事も個々の記述には認識不足や誤解があります。

>E-2Dの対抗機種であったボーイング737AEW&Cは、E-2Dに比べて機体も運用コストも高価すぎる。

 E-2Dは速度が遅く、飛行高度も低いので進出速度、探知能力で制約を受けます。レーダーの性能が同じならばより基本的に高度が高いほうが、探知距離が増えます。ですからその意味では同じ探知エリアをカバーするならば737AEW&Cの機数が少なくて済みます。つまり単価だけでなく、必要な機数をかけた総額で判断すべきです。
 しかも737AEW&C機体はベストセラーの旅客機ですからメンテのコストも安いし、FMS経由じゃなくてもパーツが入手可能で稼働率の面でも有利です。
 またE-2Dは居住環境が悪く、現場の隊員にかなりの負担を強いています。これは空自ではかなり問題になってきました。ぼくも将来の近代化や著者が指摘する利点などを鑑みればE-2Dの採用は仕方ないかと思います。が、ベストではないと考えます。
 例えばE-2Dのシステムを737に移植すれば、かなりいい機体になるのではないでしょうか。また国産旅客機振興という面ではMRJにシステムを移植するという手もあります。これならば海外でも売れるでしょう。もっともベースの機体はベストセラーの737の方が有利です。サーブのエリアイ・システムはそういう形で売っています。

 ですが、737型が存在せず、E-2DとMRJベースの機体だけしか存在しないのであれば、海外での需要は期待できるでしょう。その場合我が国は機体だけの提供となるので、武器輸出としてもやりやすいでしょう。
 西側には737AEW&Cとエリアイ、IAIのシステム以外は存在しないし、737AEW&Cは搭載システムが古いのでそこそこの勝負ができるのではないでしょうか。


>現在世界に存在するティルトローター輸送機はV-22オスプレイ(その海兵隊仕様がMV-22B)だけであり、対抗機種は存在しない。同様に、現在存在する水陸両用強襲車はアメリカ海兵隊などが使用しているAAV-7(それにそれのさらに旧型車両)のほかには中国とロシア(ソ連)が製造するものだけであり、日本としてはAAV-7しか選択肢が存在しない。したがって、選定作業などは必要ないのである。この“いかさま”選定はともかく、実質的に問題なのは調達数量である。

 「“いかさま”選定はともかく」と、ともかくとして済ませる問題じゃありません。
 納税者と議会に対する背信行為です。これを見逃していいはずがありません。

 これらの「玩具」を買わない、という選択肢もあるからです。陸自のUH-60やCH-47に空中給油装置を装備するなどを行えば距離は稼げます。確かにオスプレイは速度が速いが、ヘリモードでの機動性は低く、被撃墜率が高い。しかも運用コストがバカ高い。このためイスラエル国防軍はオスプレイをキャンセルし、その予算を重APC、ニマーの調達に振り向けています。こういうことを考えればオスプレイの大量導入よりもより現実的なソリューションもあったはずです。それらを検討した様子は見られません。

 著者も後で、オスプレイの調達コストの問題を指摘しています。

 また水陸両用装甲車にしても母船から、長駆自力航行する必然性があるのでしょうか。
 強襲揚陸なんて米海兵隊でもやっていません。また揚陸船団は陸地からの攻撃を避けるために、より沖合、水平線の遥か彼方に留まります。時速13キロで何時間もかけて海岸線を目指せば、いい的でしかありません。

 LCACで海岸近く、あるいは海岸に乗り上げるならばピラーニャやらバイキングでも十分です。実際海自ではLCACでAAV7を輸送するための改造をLCACに施しています。であればコンベンショナルな水陸両用装甲車でOKということになるでしょう。

 そもそも論でいえば、水陸両用装甲車よりも空挺装甲車がいいという考えもあります。また52輛もAAV7を中期防でかっても当面搭載する揚陸艦がありません。ところが空挺装甲車ならば近く22DDHが2隻揃うので相応の数が運用可能です。ちなみにバイキングはヘリでの空輸が可能です。

 また米海兵隊もブラジル海兵隊などもAAV7の他、コンベンショナルな水陸両用装甲車を使用しています。またコンベンショナルな水陸両用装甲車のみを使用している国もあります。AAV7は所詮艀であり、精々海岸堡までで使用するもので、基本内陸で使用するものではありません。ですが陸自はAAV7以外の調達を検討もしていません。


 そもそも問題なのは防衛省がほとんどリサーチもせずに高価な玩具を買うことを決めたことです。これは例によっての情報軽視です。
 アメリカ海兵隊は元より、他国の水陸両部隊もほとんど研究しておりません。やっていることは素人以下です。リサーチもせずに、ライフサイクルコストまで含めれば総額何兆円にもなるだろう買い物を決めちゃったわけです。無責任にも程があります。さすが装備部がウィキペディアあたりで当然のように情報収集する組織です。

 本来議会や納税者に構想を示し、そのためにこれらの装備が、どの程度、いつまでに必要だという説明をすべきです。ところが地方人(民間人)ごときに、そのような必要はない、とでも思っているのでしょう。こういう意識は旧軍並です。
 
 初めに買うことが「結論」ですから、今年の予算で僅か数ヶ月の「形だけの調査」をして、概算要求に載せちゃっているわけです。これは議会軽視であり、アレ首相の先軍政治です。まともな民主国家のやることじゃないですぜ。

 ここまでコケにされても、マスメディアはこれを問題とは思っていないわけです。
 まさに民主主義の危機だと思うのですがねえ。

 
 率直に申し上げればこれら高額のアメリカ製の玩具は「ノリ」だけで買うことを決めたわけです。
 これらの装備導入は防衛省内部でも反対の声が多いわけで、政治のゴリ押しの可能性もあります。アメリカ様から言われたせいなのか、与党の政治家のセンセイ方になにか経済的に美味しい餌でも振る舞われた可能性が疑われてしかるべきです。にもかかわらず、調べてみようというメディアはないようです。

 さて、著者は何で旧式兵器をわざわざ大量に買うのだという、アメリカの関係者のコメントを紹介しております。ですが、そこで間違いがひとつ。

>日本がアメリカから中古強襲車を法外な高額で引き取ってくれるのは喜ばしいことだ。万一、日本が旧式AAV-7の新車が欲しいなどと言ってくれたら、既に稼働していない生産ラインの修復再稼働から始めることになるためオンボロAAV-7に破格の値が付き、アメリカ側にとっては笑いが止まらない

これは間違いです。当初の評価用の4輛こそ中古ですが、後は新造です。
むしろ中古を買ってくれた方がコストが安く済んだのですが、海兵隊の余剰はブラジルに売約済みで、自分たちの予備の装備もあり日本に回す余裕はありません。どなたかのコメントは知りませんが、事情に疎い方のものだと思われます。


 問題なのはろくにリサーチもしないで買い物を決めてしまう、情報軽視の無責任体質、
そしてそれを何故、何のために必要かということを納税者に説明しない傲慢さ。

 このような民主国家に有るまじき行状が、国会でまともに問題にならず、マスメディアが「税金の使い道」として検証しないことです。

 アレな安倍首相はアメリカ製の最新兵器さえ並べれば国防は安泰とでも思っているのでしょう。ですが必要性の怪しい玩具の大量購入とその維持費用のために自衛隊の予算が
いびつになり、本来必要な予算が削られて、かえって能力が削がれることが分かっていないようです。
  つまり防衛に関しての金勘定というリアリズムが理解できずに、靖国参拝だとか積極平和主義だとか、日本を取り戻すとか、空理空論を振り回しているわけです。つまりアレな首相は現実を見ていない夢想家です。
 これが論壇でくだを巻いている自称保守の論客ならまだいいのですが、総理大臣ですからねえ。
 
 ぼくから見れば利敵行為を働いているとしか見えないのですが、ご本人にはその自覚が皆無で、国のためにやっていると信じているのでしょう。アレな人ほど自覚がないといいますが、その好例です。


strong>WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
厚生年金強制加入は、景気をさらに悪くする
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014111400007.html?iref=webronza

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【防衛省・高機動パワードスーツ開発は税金のムダ】〜装備開発の在り方、抜本的に改めよ
http://japan-indepth.jp/?p=12178

【防衛駐在官の質の向上を図れ】〜外務省出向システムでは機密情報が防衛省や内閣府に届かない?〜

http://japan-indepth.jp/?s=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

『なぜ自衛隊は「暴発する機銃」を使うのか』
2014年11月09日
http://toyokeizai.net/articles/-/52889

アパッチ攻撃ヘリの調達、なぜ頓挫?
問われる陸自の当事者能力
2014年11月02日
http://toyokeizai.net/articles/-/51971

オスプレイ選定の不透明、対抗馬は商用機?防衛省は「複数候補から選んでいる」と強弁
2014年10月26日
http://toyokeizai.net/articles/-/51614

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?必要なのは事実に基づく冷静な議論
2014年10月05日
http://toyokeizai.net/articles/-/49744

戦傷者は「想定外」という、自衛隊の平和ボケ
「国内では銃創や火傷は負わない」との前提
2014年09月17日
http://toyokeizai.net/articles/-/47994









































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
人民解放軍は、自衛隊にオスプレイやAAV7の配備が完了してから、尖閣列島に侵攻すればいいんですね。だって、その頃には自衛隊にカネがなくなって、ボロボロになっているのですから。そうなったら、オスプレイやAAV7があっても何の役にも立たんでしょう。
ひゃっはー
2014/11/27 19:11
737は、米軍未採用なので、警戒システムのアップデートがうんたらかんたらと巷では言われておりますが清谷先生はどのようにお考えでしょうか?
平月入隊者
2014/11/27 21:19
>737
システムのアップデートはボーイング次第ですが、軍から金がでるわけでもないので、結構しんどいでしょう。立ち腐れの可能性があります。ならばまだユーザーも多いエリアイのほうがよろしいでしょう。ところが空自ははじめからエリアイは対象にしていませんでした。
キヨタニ
2014/11/27 22:31
当事者能力なしの禁治産者です。民間企業であれば倒産です。 街の保険クリニックみたいに必要な保険、不要な保険を仕分けする。ライフプランを立てるコンサルティングできる機関・人材が必要です。人材として元幹部自衛官、公認会計士、弁護士、経営者、元外交官、大学教授がよろしいのではないでしょうか?外交、軍事、経済、経営、法律の観点でチェックする。かなりの防衛費を節約できます。また、元自衛官のジャーナリスト・記者の存在は防衛省にとって緊張感と恐怖を与えます。ハッタリは利きませんから!蛇の道は蛇です。考えていることは全てお見通しです。仲間友紀恵のトリックではありませんが。はっきり言いましょう。自衛隊に応援団は要らない!飴は要らない!
元キャプテン
2014/11/28 12:39
>政治部
「誰と誰とが、新党を立ち上げた」とか「誰と誰とが、別々に別れた」とかいった、思わずどこの芸能ネタだよ!?と突っ込みたくなる記事が多い気がします。他にも追及すべき事柄が幾らでもあるだろうに、と。そうだもの、結局は政治家や官僚に良いように使われますよね。

装備の導入にしても、そもそも興味自体、無いのかもしれませんね。自衛隊が何を買おうが、興味も無ければ値段も気にしない。調達開始から20年以上も経つのに、小銃すら必要な数を揃えられないのは何故か?とも考えない。無関心も、ここまで来ると犯罪的です。
KU
2014/11/28 13:14
昨年、地元で地方防衛局主催で極東アジアの軍事情勢というテーマでセミナーに参加しました。パネリストは防衛研究所研究員、地方防衛局長、地元部隊長、地本部長
内容は弾道ミサイル防衛システムと北朝鮮の軍事力が主体でした。聞いている限りでは、弾道ミサイル防衛のPRや北朝鮮の軍事力を過大評価している印象がありました。最後の質問で弾道ミサイル防衛のランニングコストと財政上の担保、技術上の信頼性、北朝鮮軍の物資不足、規律の乱れ、栄養失調から弾道ミサイル防衛の必要性・実現性が乏しいことと軍事力の分析がなされていないことについて指摘したら、偉い方々はどもり、答えになっていない回答でした。後日、論拠資料も添えて目黒の防衛研究所に質問状を送りましたが、今だに返事はありません。多分、奇襲攻撃を受け、失敗したなぁと思っているのではないでしょうか?田舎者だし、教養のない農家や漁師のオッサンばかりだから、デマカセ言っても大丈夫だろうという慢心があったのかもしれません。
素人の方は、研究所の頭の言い方が講演するから間違いないと思い込むでしょう。しかし、経験者この場合は幹部自衛官以上は、それなりの軍事知識を持ち、軍事情勢を分析できるので見極めることができると思います。しかし、現役自衛官は論文・記事は承認がなければ掲載できない。承認はされる見込みはないし、田母神論文事件で萎縮しているでしょう。馬鹿の一つ覚えで防衛秘密だから、却下されるのは目に見えています。
隠蔽体質、大本営発表という名の情報操作が起因しているでしょう。軍事情報 秘密に関わる部分以外は国民に公開・共有すべきです。納税者に対する説明責任です。
元キャプテン
2014/11/28 16:13
この種の問題は情報とはなんぞや?に集約される気がします。 そこで情報の定義を辞典やインターネットで調べましたが、様々な解釈があり、整理しきれていないというのが本音です。 そこで諦めると思考停止になるので自分なりに解釈しました。事象、現象、データn知識を用いて解釈、関係化、分類、比較n情報になる
情報n知識を用いて解釈、関係化、分類、比較n事象、現象、データ これを検証かな?
高校時代数学の先生がテストで答えがでたら逆の公式を用いて検算して問題に戻ったら90%以上正解と教わった記憶があります。算数も逆算して最初の数字になれば正解となります。ドクターGという番組で、診断というのは患者の愁訴n問診、視診、記録、触診、聴診n複数の仮説n 血液、画像、細胞等n仮説の消去法n診断決定
検査は検証と力説、複数の知識ルートと検証しないと情報とは言えないのではないか?と思います。間違った情報とは、途中のプロセスの段階で、先入観、権威、プライド、エゴ、願望、嫉妬、恨み、策略が障害になるのでしょう。知識が乏しかったりする無知や特定分野に偏る専門バカが情報入手ルートを少なくする。感情が入ると思考停止になる。清谷さん、そのような解釈でよろしいでしょうか?情報のプロで、それを生業としている清谷さんは取材から記事を掲載するまで、どういうプロセスでしょうか?根拠はありませんが、馬鹿と付き合えば馬鹿になるとか聡明な方と付き合えば聡明になるという定説があります。本当でしょうか?御教授願います。
元キャプテン
2014/11/28 20:57
安倍政権は本来、中国の脅威からの危機感が政権誕生の背景に強く有ったのに、肝心の防衛政策はツッコミ所満載、他の野党も知識が無いのか誰も指摘しませんね。
マリンロイヤル
2014/11/29 01:13
情報という概念について、追記と補足します。経験談から、福島第一原発の水素爆発で、ある上級幹部の1佐が核爆発だ!と錯乱・人事不省になりました。多分、その1佐は原子炉=原爆という固定観念、空母ロナルド・レーガンが三陸沖に北上したことから、核爆発だと誤判断したのでしょう。核爆発するにはウラン235を90%濃縮しないといけません。原子炉の核燃料棒はウラン235は数%です。90%はウンコ・廃棄物になります。したがって核燃料棒では核爆発は起きません。
知識がなければ、水素爆発という情報を捉えることはできません。この程度の知識は高校生でも知っています。原子力工学や核物理学の知識は必要としていません。
知識なしでは情報を得られません。したがって広範囲な学問・教養が必要であることがわかりました。
清谷防衛経済ブログのねらいは、軍事を軍事の視点だけでなく、政治、経済、科学、文化、宗教、社会の側面で分析・検討するということですね。兵隊バカや軍事オタクのように視野狭窄のカルトにならないよう、正しい軍事知識を持つことかなぁと最近思えました。
元キャプテン
2014/11/29 18:40
元キャプテンさん、ご意見の前半部分は概ね賛成ですが、後半の部分はいかがなものでしょうか?
日本における組織OBが出身組織の応援団になっているケースが多いことを考えると元自衛官のジャーナリストをそういった第3者機関に入れるのはあまり賢明な選択ではないと思うんですが・・・

緊張感と恐怖を与える存在にならずに安心できて丸め込みやすい存在になりやしませんか?
退官した経緯で自衛隊や防衛省とケンカした人ならその条件をクリアできるでしょうけど・・・

個人的にはAAV7やオスプレイを買う金で配備されてから今までろくにアップグレードされてない装備品を更新するべきだと思います。
しなきゃいかん装備品は山ほどあるので使い道には困らないと思いますよ。
八王子の白豚
2014/11/29 19:17
八王子の白豚様
第3者評価機関のメンバーに自衛隊OBを参加することが中立性の観点から疑問視する点について、自分なりの回答をします。 中立性や公平性という観点から、自衛隊に有利な発言・誘導される懸念は確かに否定できません。しかし、現場を熟知したり、専門知識がある利点があります。問題は人選です。元将官や1佐の高級幹部はダメです。組織の利益だけでなく、制服脱いでも寄生しますから。任期満了のアンチャンは経験・知識不足だから任が重い。元幹部自衛官でセミリタイア、退官から年数が経っている方が理想と思われます。
経験者が事情通です。検証・裏を取りやすい利点があります。清谷さんも現役幹部自衛官とのパイプがあるから記事が書けると思います。 元自衛官でも問題意識や改革意識がある志が高い方もいます。そう言った方がメンバーになれば組織は良くなると思います。応援団は要らない。武装集団に応援団が必要ですか?むしろ、弱体化します。アスリートの世界でも、おべんちゃらを受けるとピノキオになり、修練を怠ります。つまり、進歩しません。試合に負けたら、報酬が減る、戦力外通告でリストラされます。軍隊は試合=戦争で敗ければ、血を流す、死にます。外国に占領され、国民が奴隷にされます。アスリートの敗れることとは違います。本来ならアスリートより厳しいことを求められます。しかし、憲法では試合は禁止、公務員という仲良し倶楽部のサークルの実態です。軍隊は勝つことが存在理由です。敗けるわけにはいかないのです。そう言った理由で石破先生や清谷さんは、厳しい鬼のようなことを主張しているのです。いわばこの2人は近所の怖いオジサン、怖い生活指導の先生のような存在です。
元キャプテン
2014/11/30 05:28
清谷氏に野暮なツッコミをひとつ。

>>確かにオスプレイは速度が速いが、ヘリモードでの機動性は低く、非撃墜率が高い。

正しくは「被撃墜率」ですよねー

北村淳氏の記事、私も読みました。

清谷氏のように、自衛隊のデタラメな装備品調達やそれを報じないマスコミ、選挙の争点にしない各政党を厳しく批判していると思いきや、実際はオスプレイ導入ヨイショ記事w

タイトル詐欺でしたw

波泳ぎ兼光
2014/11/30 11:54
>非撃墜率

ご指摘ありがとうございます。
訂正させて頂きます.

キヨタニ
2014/11/30 12:33
>非撃墜率

ご指摘ありがとうございます。
訂正させて頂きます.

キヨタニ
2014/11/30 12:33
>>オスプレイ

オスプレイの利点を説明する際によく目にするパネルに、出撃地点からの行動半径を地図上に重ねたのがあるでしょう。
既存タイプのヘリは半径200キロくらいで、それに対してオスプレイは半径600キロも飛べるから尖閣までどうたらこうたらいうやつ。
あれって単に航空機としての性能上飛べる距離を示しただけのもので、
制空権や制海権を獲り合う実際の戦争で到達できる範囲ではないですよね。
よしんば到達できたとしても行き先でオスプレイが降ろすのはミサイルや爆弾ではなく、生身の兵隊。
後続も味方の支援もロクに得られない場所に突出して放りだされたら全滅してしまう。
ようは乗用車の10.15モード燃費みたいなもので、全く現実の運用を反映していない。
にも関わらず当たり前のようにテレビや新聞に引っ張り出され利点の説明に使われている。
配備賛成派も反対派もこれだけ日本中でオスプレイオスプレイさわいでいながらだーれも突っ込まない。
つまりはこの程度なんですよ。
きらきら星
2014/11/30 15:39
元キャプテンさんへ

そのセミナーですが、質疑応答やパネリスト同士のディスカッションは、全体に対して実質何割くらいでしたか?
私も最近ある分野のセミナーやらシンポジウムに顔を出しているのですか、学生の発表会みたいなレベルでした。パワポのスライドショーをほぼ読み上げるだけなのに、自分の持ち時間の配分すらコントロールできない「講師」が多いようです。そしてそれを修正できない人が司会をやるので、時間のロスが凄まじいです。
どうやら日本人は、そこに生身の人間が集まっているということに価値を感じないようです。すなわち人の数だけ脳ミソがあるのに、それを活用せず資料を配れば済むようなことに終始するだけです。
ファシリテーターの不在が原因と考えますが、いかがでしょうか?

2014/12/01 00:04
★あさんへ

おっしゃる通り、司会者不在です。また前座に地元部隊の紹介という関係ないことまでやって地元のオヤジが怒り、野次飛んでました。防衛研究所の研究員の講話より長いんです。おかしいでしょう!質疑応答がたった2、3分 元幹部自衛官=自分の詰問、ツッコミが嫌だったんでしょう!だから前座の部隊紹介で時間を稼いだのではないでしょうか?はっきり言って茶番劇でした。自分が弾道ミサイルになったようなものです。 今後、地元ではやらないでしょう。弾道ミサイルみたいな存在=自分がいるから!
元キャプテン
2014/12/01 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍政権の無軌道超高額兵器の調達をなぜ総選挙の争点にしないのか 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる