清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS アレな安倍首相は自衛隊の最高指揮官の器に非ず

<<   作成日時 : 2014/11/22 17:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 11

>街の声がVTRで紹介された。

「誰が儲かってるんですかね」「景気がよくなったとは思わない」「全然アベノミクスは感じてない」「大企業しか分からないのでは」

 誰もが素直に感じている言葉が並んだ。ところが、安倍首相の表情は一変。司会者の発言を制し「(テレビ局の)皆さん(人を)選んでおられる」と批判し「6割の企業が賃上げしてるんですから」「全然、声に反映されてない!」「おかしいじゃないですか!」とまくし立てたのだ。


http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155159

生放送で「国民の声」にブチ切れ 安倍首相“精神状態”に異変
日刊ゲンダイ  2014年11月21日



 首相になる以前もツイッターで藻谷浩介を論破してやったとか、しょうもないことをつぶやかれておられました。

 アベノミクスで豊かになったなんって、実感が無いのが多くの庶民の素直な感想でしょう。

 自分の認識と違うことがはすべて陰謀だと、ムキになってまくし立てるのは首相としての資質に欠けているんじゃないでしょうかね。この程度のことで狼狽してキャンキャン吠えるということは、胆力がないということです。

 この程度のことで狼狽する様子を国民が知れば、人気に響くかな、というような事を考える脳のキャパシティがないんでしょうか。

 
 すわ戦争、あるいは戦争になった場合に首相にかかるプレッシャーは並大抵なものではありません。その重圧の中であれこれ決断を迫られます。

 ところが妄想を逞しくして、この様子では過剰あるいは過大に敵や状況を評価したり、願望だけを元にして無茶な命令を現地部隊に命じる可能性はきわめて大きいでしょう。

 中国軍が優勢だ?そんなことはない。私は聞いていない。君たちの間違いだ、とかいって、万歳突撃をやれとか言いかねません。現場の指揮官は勿論隊員、国民もいい迷惑です。

 根性がないくせに「日本を取り戻す」とか、「戦後レジュームからの脱却」とかいうことばかりは勇ましい。

 有事を想定するならば、こういう人を総理にすべきじゃないでしょう。
 そして宰相は常に有事に対処できる人間を選ぶべきです。
 選挙に行く時に、与党の指導者は戦争ができるか、ダメかということも投票する前に考えるべきです。

 
strong>WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
厚生年金強制加入は、景気をさらに悪くする
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014111400007.html?iref=webronza

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
【防衛省・高機動パワードスーツ開発は税金のムダ】〜装備開発の在り方、抜本的に改めよ
http://japan-indepth.jp/?p=12178

【防衛駐在官の質の向上を図れ】〜外務省出向システムでは機密情報が防衛省や内閣府に届かない?〜

http://japan-indepth.jp/?s=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

『なぜ自衛隊は「暴発する機銃」を使うのか』
2014年11月09日
http://toyokeizai.net/articles/-/52889

アパッチ攻撃ヘリの調達、なぜ頓挫?
問われる陸自の当事者能力
2014年11月02日
http://toyokeizai.net/articles/-/51971

オスプレイ選定の不透明、対抗馬は商用機?防衛省は「複数候補から選んでいる」と強弁
2014年10月26日
http://toyokeizai.net/articles/-/51614

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?必要なのは事実に基づく冷静な議論
2014年10月05日
http://toyokeizai.net/articles/-/49744

戦傷者は「想定外」という、自衛隊の平和ボケ
「国内では銃創や火傷は負わない」との前提
2014年09月17日
http://toyokeizai.net/articles/-/47994

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
有事に対処できる人がいるのでしょうか?

よく読ませてもらっていますが、貴ブログを見ている限りでは与野党共に居ないように思えます。

もし、候補が居たら、候補者とその理由を教えてほしいと思います。(気が向いたらで結構です)
ろく
2014/11/22 19:15
安倍総理は「裸の王様」の最後がどうだったのかを思い出したほうがいい。いつまで「悪徳商人」にやられ続ければ気が済むんだか。
ひゃっはー
2014/11/22 21:07
アメリカの大統領選挙だと、人前で泣いた候補とか予備選で「次の○○州で勝つぞ」と興奮して連呼した候補が「冷静さを欠いた人物」として失速して行きますよね(笑)
マリンロイヤル
2014/11/23 00:11
こうしたアレな人を首相に担ぎ出した人たちは、今、何を思っているのでしょうか?別に国民が困ろうが知ったことではないとでも思っているのですかね。何だかんだ言っても、党内力学で党総裁を選んでいる限りは、何時まで経っても何一つ変わらないですね。
KU
2014/11/23 08:34
軍事面で馬鹿な大将、敵より怖い。経営面では馬鹿な社長、ライバル会社より怖い。という諺があります。 インパール作戦での牟田口、福島第一原発事故の菅総理の対応が証明しています。
トップやリーダーの求められる資質は何か?自分は冷静な判断力、決断力、ぶれない胆力、責任感だと思います。また、その支える環境として、黒田勘兵衛如く、頭のキレる参謀・ブレーンではないでしょうか?
元キャプテン
2014/11/23 09:21
民主党時代の「田中防衛大臣」の器を越える人物は出て込んだろうな。まあ、裏方と現場がしっかりしておりゃ敵さんもそう簡単には手出さんわな。
この先
2014/11/23 19:51
ああ、私も聞きましたよ、この話。

まあ、アレ首相も人格形成に些か問題があったんでしょうね〜
一国の指導者を自負するなら「無知蒙昧な庶民が何を言おうと俺の政策は正しい!」位の尊大さが求められるんじゃないんですかね?
その上で失政をした場合は潔く腹を切る(本当にね)、位の覚悟でいて欲しいものです。

みっともなく喚くなど論外でしょう。
八王子の白豚
2014/11/23 21:26
この先様

>>民主党時代の「田中防衛大臣」の器を越える人物は出て込んだろうな。

あの角栄さんが、「じゃじゃ馬」真紀子さんの婿として、わざわざ選んだ人ですからw

なお、数ヶ月前に地元ローカル紙の新潟日報のインタビューに答えた際、安倍政権の安全保障政策を理路整然と批判してましたが、防衛大臣退任後に正論吐くなよと小一時間(以下略)
波泳ぎ兼光
2014/11/24 12:07
>もし、候補が居たら
石破さんぐらいでしょうかね。あと意外に民主党時代の北澤さんが評判がよかったようです。ぼくが知らないだけで良い人材もおられるかとも思います。
軍事知識だけではなく、有事にハラをくくれるかということが大事でしょう。その点では自衛官出身の議員のセンセイ方はアレな方々が多いような気がします。
キヨタニ
2014/11/24 20:10
先ほどまで見ておりました。

http://www.tv-asahi.co.jp/ikegami/sphone/backnumber/?f=0022

池上さんがいろいろ解説される番組ですが、やはりと言うか、こと軍事・防衛問題ともなると、「広く薄く」ならざるを得ないんだな、と感じた次第です(「自衛隊が世界で一番優れている技術とは何か」?→「潜水艦を見つける技術です」・・・・まぁ、リムパックの裏側をご存じないこともあるのでしょうけど)。流石に北朝鮮はともかく、中国も兵隊を運ぶ船を持っていない、と言い切ったのには唖然としましたが。
KU
2014/11/24 22:44
20年間の勤務で自分が選ぶ、良かった防衛大臣・長官は
1位 石波茂 組織改革に情熱的で、安全保障問題に勉強していた。
2位 北澤先生 決断力に優れ、ダメなものはダメとはっきりものをいう。現在の防衛計画の大綱ー動的防衛力 南西諸島重視のドクトリンを策定
3位 小池百合子
クールビィズのおばちゃんですが、天皇 守屋を切ろうとしたが相討ち。勇ましさは男に勝らない女元帥

あと防衛大臣にふさわしい方前原先生、志方教授、安全保障に正しい見識を持ち、官僚や将官を論破できる。
防衛大臣にさせてはいけない人物
田母神俊雄、西村慎吾先生

洗脳教育をするし、発言が過激ですので内外からヒンシュクを買うでしょう。日本の恥になるでしょう。
元キャプテン
2014/11/25 07:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
アレな安倍首相は自衛隊の最高指揮官の器に非ず 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる