清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 【恒例日経の飛ばし記事?】潜水艦探知能力を向上 防衛省、中国念頭に哨戒ヘリ開発へ

<<   作成日時 : 2014/10/09 16:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 11

新型ヘリは、1機のソナーが発した音波が違う方向に反射されても別の1機が受信できるようになり、敵艦の
位置を割り出しやすくなる。水深や海底の地形に応じて波形を変える機能や、雑音の中でも音波情報を正確に抽出できる情報処理装置も備える。護衛艦に搭載し、潜水艦の攻撃から防衛する。生産は三菱重工業などが担う見通しだ。



潜水艦探知能力を向上 防衛省、中国念頭に哨戒ヘリ開発へ
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO77956540U4A001C1PP8000/?n_cid=TPRN0006

2014/10/4 2:00 [有料会員限定] 日本経済新聞


 新型哨戒ヘリを開発する予定はありますけどね、既に三菱重工に決まったととれる書き方はどうでしょうかね?



 確かに海幕主流派は三菱案でしょう。彼らは重工に仕事を振ることが「組織の利益」にかなっていると考えていますから。

 当然SH-60シリーズが想定されております。が、現用のSH-60Kではなく、空自の新型のUH-60 ベースの機体が提案される予定でしょう。それはある意味先祖返りです。SH-60Jにより近い機体となります。

 それはなぜか。
 60Kは機内容積が大きいものの、速度が遅いという欠点があります。ですが最大の問題は振動です。特に140ノット以上では辛いそうです。

 振動が大きく、対潜哨戒において能力が発揮できない。これは公然の秘密です。

 ですから、Kではなく、UH-60Jの改良型をベースに、というお話です。
 それは三菱重工の技術レベルが低いということを告白するようなものですが、関係各位におかれては三菱重工に仕事が落ちることがもっとも重要なことであり、例によって後はあれこれ理屈を付けて正当化して予算をとるわけです。

 ちゃんと取材するとこういうことが分かるのですが。 恐らく取材した記者は都合のいいことを吹きこまれて裏も取らずに書いたのでしょう。

 つまりは日経の記者は単に利用されただけ、ということです。相手の言うことを鵜呑みにして書くことが新聞記者の仕事ではないと思うですが。

 また日経は誤報だと注意しても、誤報と認めないのでいつまでも同じ間違いを繰り返します。これが防衛だけならまだしも、お得意の経済の記事でも多いわけです。

 その程度の新聞を有難がるビジネスパーソンが多いのですが、そういう媒体であることを理解した方が宜しいかと思います。


軍事・航空宇宙の専門サイト始めました。
「東京防衛航空宇宙時評・Tokyo Defence & Aerospace Review」

http://www.tokyo-dar.com/


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿あました。

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?必要なのは事実に基づく冷静な議論
http://toyokeizai.net/articles/-/49744

戦傷者は「想定外」という、自衛隊の平和ボケ
「国内では銃創や火傷は負わない」との前提
http://toyokeizai.net/articles/-/47994

結論ありき」で高額な兵器を調達する怪
防衛省概算要求に隠された問題<前編>
http://toyokeizai.net/preview/dd9c698dc49dbfafe1fdddad129294461604ead0


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
清谷様

裏=根拠を取ることですか。
本日、学校にて研究論文にて教授にて同様のことを指導受けました。統計、引用論文ね主張、事例等複数の物から調査し、関連性・一貫性を見出だせ!分析とは事象の結果を明らかにする、データの関連性、事象の相違点・共通点を明らかにせよ!
別の授業では、ある教授からお前、それ根拠あんのか?自分の願望と現実を混同していないか?と指導受けました。新聞の記事は論文の引用に使用されます。したがって根拠になるということです。新聞記者は毎日、論文を書いているということになります。文章を書くことは中学生にもできます。問題は内容の信憑性であるということです。何千万という人間が読むので、重責が伴います。新聞記者の資質に問われるのは文書能力ではなく、分析能力かなぁと個人的に思います。 清谷さんの仕事は責任が重いということが納得しました。だから深く広く勉強しなければならないということですね。以前のブログで将官・将校は軍事のプロか?
私も元将校ですが、軍事のプロとは言えないのが本音です。知らないことがたくさをあります。現役時代、こんなこと抜かした2佐の方いました。俺、職種特科だから、これ知らない!
プロではなく、専門バカ、オタです、
元キャプテン
2014/10/09 22:49
元キャプテン様

>俺、職種特科だから、これ知らない! プロではなく、専門バカ

これは何も軍事に限らず、全ての分野に当てはまると思います。例えば、医療でも、自分の専門分野以外は詳しくないのが普通ではないでしょうか。

そこまでご自分を卑下する必要はないと思います。ただ、視野を広げる、人の話を真摯に受けとめるという姿勢は重要かと思います。
ブリンデン
2014/10/10 10:49
元キャプテン様へ
じゃあ、「俺、職種特科だから、これ知らない!」と抜かした2佐の人が専門バカ、オタなら、知らないことがたくさんあるあなたは、その2佐の人以上の専門バカ、オタであることを認めるんですね(笑)
ひゃっはー
2014/10/10 11:24
ひゃっはー様
議論自体は結構なのですが、あなたの物言いは、議論のためではなく相手を侮蔑することだけが目的と取られるのではないでしょうか。
以前も自粛をお願いしましが、あまりこのような傾向が続くのであればブログ主としてコメントの掲載を制限することになると思います。

キヨタニ
2014/10/10 16:36
>60Kは機内容積が大きいものの、速度が遅いという欠点があります。ですが最大の問題は振動です。特に140ノット以上では辛いそうです。
> 振動が大きく、対潜哨戒において能力が発揮できない。これは公然の秘密です。

140ノット以上は超過速度なんだから振動するのは当たり前でしょう。
不具合でも公然の秘密でも何でもない。単なる仕様です。
これをもって「隠してる!」との論調を打つのは朝日新聞的です。
そもそもSH-60Jだって10ノットくらいの速度差しか無いわけで、進出速度が問題だとする論を立てるなら、あなたは相応の論理的根拠を示すべきです。
てく
2014/10/10 23:12
清谷様へ

提案したいことがあります。それは、著書出版に関することです。タイトルは、清谷信一
自衛隊事業仕分け〜防衛レビューとか清谷信一〜自衛隊版こんなものいらないとか
人事制度、組織、装備品等を精査し、廃止・縮小・強化を提言します。ネタ元は読者からの投稿や取材での知見の積み重ね、精査するメンバーは同業の軍事ジャーナリスト、エコノミスト、元自衛官
過去上級幹部、元防衛官僚、弁護士、読者等多角的に分析する。期待できる効果として、永田町のセンセイを動かし、まともな防衛政策を議論できる。世論を刺激でき、組織改革の起爆剤になる、一般の国民に防衛に関する知識を普及できる。かなり、売れると思います。基地・駐屯地の厚生センターでは山積みになっていると予想します。蓮紡先生もたまげるのではないでしょうか!仕分け作業に蓮紡先生にもオファーするのもいいのではないでしょうか。裸の自衛隊、ここが変だよ自衛隊とか本が装備品改善されたこともあります。問題提起、政治家と国民に周知する目的です。ご一考ください。
元キャプテン
2014/10/11 08:36
相変わらずの、始めに国産ありき、な開発ですか…。だけど60Kにそんな欠陥があるとは初めて知りました。(どことは言いませんが)専門誌も「国産装備マンセー」な記事ばかり書かずに、自衛隊や防衛省に不利な内容も、どしどし書くべきですよね(「世界の艦船」では元開発隊群司令の東郷さんが、かなり実情に触れておられますが)。それはそれで、海外製の機体の導入は、全く考慮されなかったのでしょうか?そうだとすれば、あまりにも酷すぎます。
ku
2014/10/11 11:40
本日、ブログにたくさん投稿していただき、ありがとうございます。このブログは熱い、活発的な議論を展開し、知的刺激をそそります。投稿者も自衛官経験者でなくとも、軍事に関して現役の方も真っ青の見識を持っていてたまげました。確かに、書店や図書館では軍事関係の書物は少ないのが現実です。軍事に興味を持つことを軍国主義者!とか人殺しが好きだ!とレッテルを貼る風潮です。防衛白書という官僚文書・大本営発表では、本質はわかりません。2チャンネルでは、風評だけです。基地・駐屯地はそんなにありませんし、病院みたく気軽に出入りできません。日常生活にかかわり合いは皆無です。防衛政策を議論するには、まず正しい情報です。広報は都合悪いのは隠します。報道しかないと思います。自分も昔、軍事ジャーナリストになる願望がありました。見識、資金力、文章能力、知名度等勘案して断念しました。清谷さんみたいな鋭い分析、反骨精神をもったジャーナリストは少ないと思います。ペンは剣より強し、情報戦でしょう!
センセーショナルな過激な本を出版してください。
元キャプテン
2014/10/11 12:45
日経新聞・・・なかなかに情けない話ですね。
マスコミは一流大卒しか採用しない日本屈指の就職差別をしているんですが、一般に「日経信仰」すらある日経でこれですか。
大学教育と社内教育が機能してないんですかね?

それにしてもSH60Kも問題ありとなると次期対潜ヘリは何が良いんでしょうね?

八王子の白豚
2014/10/18 19:49
対潜哨戒で140ノット以上出すことってあるんですか?
疑問
2014/10/29 04:19
何をもって対潜哨戒というかによるでしょう。
キヨタニ
2014/10/29 12:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
【恒例日経の飛ばし記事?】潜水艦探知能力を向上 防衛省、中国念頭に哨戒ヘリ開発へ  清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる