清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 人命軽視は帝国海軍以来の伝統 海自のパワハラ

<<   作成日時 : 2014/09/04 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 17

海自のパワハラ、35人目撃 自殺で全乗組員聞き取り
http://www.asahi.com/articles/ASG926S44G92UTIL048.html?iref=comtop_list_nat_n02

 いや、さすが帝国海軍の後継者を自認する海自だけのことはありますね。

 以前、撃墜王・故坂井三郎氏が、戦後、海軍の将官まで務めた人に「坂井君、海軍は良い所だったなぁ。」と言われて、「あなたたち海兵出の士官にとってはそうだったでしょう。でも、私たち兵隊にとっては悲惨な所でしたよ。」と答えたという話があります。(最終的に坂井氏は尉官にまで昇進)
 兵隊の人権なんて、屁とも思っていなかったのが帝国海軍。まあ、お手本だったロイヤル・ネイビーもかつては水兵は人さらいで集めていたわけですが、そんなところは真似しなくていいのに。

 この手のいじめが横行するのは艦艇が密室であることが大きく影響しています。ですが、それはどこの国の海軍でも同じです。

 もう一つは、海自は艦艇の乗組員が慢性的に不足しており、問題隊員を辞めさせたりできないということがあります。数年前に護衛艦だけでも乗組員の充足率は9割を目指すとかいっておったのですが、達成されたのでしょうか。 
 来年度の予算でも人員が大幅に増える予定はないようです。近年は潜水艦も以前の定数16隻から増えており、「いずも」級など乗組員の多い船も増えます。一体どうするのでしょうか。

 艦隊をダウンサイズするか、あるいは陸自の部隊を削減して、余った隊員を海自に回すしか手はないと思うのですが、どちらも実現しそうにありません。
 数が減っても戦える体制をつくるよりも、艦長のポストの数を維持する方が重要なのでしょうか。

 まあ、あとは、無駄に人間を抱えている間接部門なども見直しが進んでおりません。

 「兵隊ゴッコの玩具」さえ揃っていれば戦力だと、威張っているのは滑稽なのですが、海自の偉い人達のメンタリティを変えるのは難しいでしょう。 

 本来こういうところは政治家の仕事の領分ですが、官僚や制服組のご説明を丸呑みする人達が多く、実態を把握して改革をしようというセンセイ方は極めて少数です。
 艦艇の乗組員の充足率を上げるよりも、必要かどうかも分からない米国製のお高い玩具を、まともな手続きも踏まずに急いで導入させる方が、自衛隊を強化すると思っているのでしょうね、アレな総理は。まあ観艦式だけ観ていれば「精強なり、我が海軍」と思ってしまうのでしょう。

 アレな総理の健康問題は、最近発行された週刊誌が伝えておりますが、近くで見ている人達によると、テレビではメイクをしていますが、近くで見ると顔色は悪く、髪の毛も最近は結構減ってしまったようですし。



   東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
結論ありき」で高額な兵器を調達する怪
防衛省概算要求に隠された問題<前編>
http://toyokeizai.net/preview/dd9c698dc49dbfafe1fdddad129294461604ead0

オスプレイの拙速導入は、安倍政権による濫費
防衛省概算要求に隠された問題<後編>
http://toyokeizai.net/articles/-/47070?page=3


 
フジテレビ、愛国報道の「異様な光景」
ジャパンエキスポは排他的なイベントではない
http://toyokeizai.net/articles/-/45401?page=2
 

コマツが防衛事業から撤退すべき5つの理由
取り組み姿勢が、キャタピラーとは対照的
http://toyokeizai.net/articles/-/45208

英航空ショー出展、中小企業「匠の技」とは?
盛んな商談、航空機ビジネスに食いこむ好機に
http://toyokeizai.net/articles/-/44434

新しい防衛航空宇宙専門サイトを始めました。
「東京防衛航空宇宙時評・Tokyo Defence & Aerospace Review」

http://www.tokyo-dar.com/



友人の サンドラ・へフェリン嬢の新刊です。

満員電車は観光地!?~世界が驚く日本の「日常」~
ベストセラーズ
サンドラ・へフェリン/流水 りんこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 満員電車は観光地!?~世界が驚く日本の「日常」~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



友人の林信吾の新刊です。

伊達・上杉決起す!: ジパング大乱 (徳間文庫)
徳間書店
2014-08-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 伊達・上杉決起す!: ジパング大乱 (徳間文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
人事政策に定見が無いからこんな事になるんですよ。バブルの時の人手不足解消のために、曹に必ず昇進できる曹候補士なるものを作ったのが原因です。お役所仕事は遅いですから、曹候補士が出来たとたんバブル崩壊と冷戦終結で予算削減が始まり、一般隊員の曹への昇進は激減させて曹候補士を昇進させざるを得なくなりました。彼等は入隊前に曹への昇進を確約されてますから、入隊後に使えなかったり人物に問題アリでも昇進を拒否できないというわけです。艦船事故多発やイジメ事件発生は曹クラスのレベル低下が原因ですよ。
マリンロイヤル
2014/09/04 23:51
以前読んだ自衛隊内部でのいじめ自殺公判の内容を思い出しました。
全く過去の事例はいかされないようですね。
配属=左遷みたいな問題隊員の多い部隊も有ると聞いた事有りますね。
職業別の自殺率が自衛隊は突出してるなんて統計も出て来ますから対策して欲しいですね。
興味深い記事をありがとうございます。
 
カド
2014/09/05 12:52
帝国海軍のいじめをひどさを示すこんな戯れ歌が残ってます。

鬼の山城、地獄の金剛、音に聞こえた蛇の長門
日向行こうか、伊勢行こか、いっそ海兵団で首吊ろか

地獄榛名に鬼金剛、羅刹霧島、夜叉比叡
乗るな山城、鬼より怖い

海自艦もこんな戯れ歌が流行らねば良いのですが…
波泳ぎ兼光
2014/09/06 12:26
清谷様

この事件が起きたのは「はたかぜ」という話がネットで流れていますが、同時に「はたかぜ」は機関に問題がある欠陥艦であるという話も流れています。

長期間の実任務に従事できないため乗組員に二級が多く、これが事件の背景にある‥というものです。

このようなお話を清谷様はご存じですか?
ブリンデン
2014/09/06 16:07
>「はたかぜ」
この件は承知しておりません。
キヨタニ
2014/09/06 18:07
マリンロイヤル様へ
陸曹への昇任試験の実技試験で、陸曹候補士の方が一般隊員よりも少し簡単だったのはなんでだろうと思っていたのですが、バブルの時代に曹の階級をエサにして陸曹候補士をかき集めてきて、人手不足を解消しようとする意図があったわけですか。勉強になりました。
ひゃっはー
2014/09/06 21:41
以前、文春には「はたかぜ」艦内でのイジメに言及した記事が出ておりました。記事内では、新任の艦長が電測関連の部署で、「ここが有名な○○か〜」といった発言をしたとかなんとか。新任の艦長が噂話に聞くくらい、イジメやら足の引っ張りあいがヒドイ部署だったのでしょうね。しかしまぁ、海自といえば「伝統墨守」なんて言われますが、何も悪いところまで受け継がなくてもねぇ。
ところで、来年度の概算要求では、新型の哨戒ヘリの開発予算も計上されているようですが、なんでまた、新規に開発だなんて話になったのでしょうね。以前にもコメントさせていただきましたが、既存の機体の中から選び、必要な改修をしたほうが、時間も予算も無駄遣いせずに済みそうな気がしますが。
KU
2014/09/07 15:04
たちかぜ事件と同様に海自の唯我独尊である旧態依然の体質、ゆとり教育ならぬゆとり人事である公務員の身分保障、バブル期採用の低質隊員の採用の後遺症、幹部・上級海曹のマネージメント能力の低下が問題の背景にあると考察されます。私も元幹部自衛官=1陸尉でセミリタイアしました。退官した理由の1つとしてアホな先輩であるバブル隊員に悩まされ、振り回され、嵌められ精神崩壊して制服を脱ぎました。私の同期や後輩もバブル隊員が原因で退官した者もいます。バブル隊員はガン細胞と同じで仮想敵国=中国や北朝鮮より害をもたらします。このままでは組織崩壊、人材流出、情報漏洩、サボタージュ、反乱が予期され、中国を利することになります。防衛省・海自は全く危機感や学習能力がありません。革命的な組織・人事改革が必至で、外部人材の登用、身分保障の廃止、跳び級昇任が必要と思います。たちかぜ裁判の元指定代理人であった3海佐は組織崩壊する危機感を感じ内部告発したと思います。腐った組織でも、まともな方がいます。
元キャプテン
2014/09/07 16:31
いわゆるバブル1佐ですね。
いろいろと問題があるように聞いております。
キヨタニ
2014/09/07 18:26
どうせ死ぬならイジメた相手を道連れにしようと思わないのかな。お隣のように関係ないものまで巻き添えにするのは勘弁して欲しいけどさ。軍人は人を殺してナンボの職業でしょうが。
素朴な疑問
2014/09/07 19:30
清谷先生へ
御理解していただき感謝しております。つい最近、私の同期で司令部の人事幕僚をしている者と飲みました。そしたら、こんな本音を漏らしました。最近、40代の中年隊員の不祥事=懲戒処分が顕著で、20、30代の若手は少ない傾向であるとのことでした。主観ではありますが、自分が若手の陸士や3曹の頃 平成10年前後くらいと比べて幹部や上級陸曹の質が悪くなり、まともな指導や管理ができていないような気がします。故に自殺や精神疾患が急増したのではないかと思います。また昔、退官パーティで3佐の隊長=現在60代半ばの方がこんなこと耳打ちしました。これから自衛隊のトップクラスはアホばかりになり、隊員が疲弊すると、みごとノストルダムスの予言如く的中しました。この問題もその内の一つなのでしょう。是非、バブル隊員の組織を食い潰している実態を記事・ブログに掲載してください。
元キャプテン
2014/09/07 22:07
清谷先生へ
御理解していただき感謝しております。つい最近、私の同期で司令部の人事幕僚をしている者と飲みました。そしたら、こんな本音を漏らしました。最近、40代の中年隊員の不祥事=懲戒処分が顕著で、20、30代の若手は少ない傾向であるとのことでした。主観ではありますが、自分が若手の陸士や3曹の頃 平成10年前後くらいと比べて幹部や上級陸曹の質が悪くなり、まともな指導や管理ができていないような気がします。故に自殺や精神疾患が急増したのではないかと思います。また昔、退官パーティで3佐の隊長=現在60代半ばの方がこんなこと耳打ちしました。これから自衛隊のトップクラスはアホばかりになり、隊員が疲弊すると、みごとノストルダムスの予言如く的中しました。この問題もその内の一つなのでしょう。是非、バブル隊員の組織を食い潰している実態を記事・ブログに掲載してください。
元キャプテン
2014/09/07 22:08
陸自の研究本部にもアレなバブル一佐が多いそうです。防衛省は財務省との約束で中高年隊員の削減を図る方策をとるとしてたのですが、最近はどうも進んでいないようです。
キヨタニ
2014/09/08 10:20
陸自の研究本部にもアレなバブル一佐が多いそうです。防衛省は財務省との約束で中高年隊員の削減を図る方策をとるとしてたのですが、最近はどうも進んでいないようです。
キヨタニ
2014/09/08 10:22
お疲れ様です。
こういった現象は、日本人一般大衆の特徴ですね。
平安の頃から全く変わっていない様子なので、これからも変化はないでしょう。
マネジメントの意味がわからないという次元ではなく、全体を見る、ということが能力的に不可能なのでしょう。
昔からのいろいろな話を読み聞きしますと、日本人は2つに別れていて、大半が上記のタイプ。で、もう一つのタイプ、海外で日本人神話になるタイプは万人に一人もいないでしょう。で、今の時代はそういうタイプは生き残れません。我国終了フラグはとうに立っています。
unimaro
2014/09/19 23:32
兵士を鍛えるためのシゴキといじめは時に似てくるものですが、それにしても自殺者が出てしまうとはなぁ・・・
この話って相撲部屋のあの事件にそっくりですね。
相撲の場合は所詮一般人であるあの親方は一応の罰を受けましたが、自衛隊ではどうでしょう?
戦うことも無く技能を持った兵士(非常に貴重な人材です)を無駄に死に追いやった直接の上官や艦の責任者は重く罰せられることを期待しますが、実際はお茶を濁して終わりなんでしょうね・・・
八王子の白豚
2014/09/21 02:57
海自の中身は海自隊員にしかわからぬ。少なくとも創設以来状況のかわらぬ陸自の暇人などにはわからぬわ。
北海土人
2015/10/17 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
人命軽視は帝国海軍以来の伝統 海自のパワハラ 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる