清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 集団的自衛権行使で掃海の前にやるべきことをやるのが筋じゃないでしょうか。

<<   作成日時 : 2014/07/28 13:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

安倍政権はペルシャ湾岸などでの掃海を集団的自衛権行使の例としてあげています。

まあ、シーレーン自体がイリュージョンなのは置いておいて、その前にやることがあるでしょう。
それはエネルギーの中東依存低減の努力です。
我が国は40年ほど前はエネルギーの中東依存が9割で、その後7割弱に減ったものの、その後依存率はまた上がって8.5割程度になっています。

日本政府のエネルギーの中東依存を減らす努力は全くなりないでしょう。
まずは脱石油の努力が必要です。

アメリカでは軍を中心に合成燃料の導入を進めています。空軍の燃料はケロシンと合成燃料が半々のブレンドです。他の軍でも合成燃料の導入は進んでいるし、民間航空機への導入も進んでいます。
合成燃料は主としてケロシン、ディーゼル燃料、灯油などに用いられますが、原料はシェールガス(天然ガス)、石炭、バイオなんでもありです。
しかも不純物が少なく、既存のエンジンやガソリンスタンドなどのインフラが使えます。

水素自動車とか現実性の乏しい、カネばかりかかる代物の実用化を進めるよりも、合成燃料の導入を急いではどうでしょうか。

同時に自動車のガソリンエンジンからディーゼルエンジンへの転換を推進すべきです。ディーゼルのほうが燃費がいいし、自動車用の合成燃料を軽油に集中すれば生産効率もあがります。

無論コストは考えなければなりませんが、経済コスト以外の安全保障上のコストも勘案すべきです。原発稼働再開もその文脈で行えばもう少し国民の理解が得られるのじゃないでしょうか。それが正しいかどうかは別ですが。


長年エネルギーの中東依存解消の努力を怠ってきたのは自民党政権です。その反省もなく、
憲法解釈云々言わなくてもできる安全保障上の努力もしないで、有事になって石油の輸入がとまったら大変だ、だから憲法解釈変更だ。お前ら現実を見ろ、と大騒ぎするのはどんなものでしょうかね。

無論集団的自衛権の見直しは確かに必要ですが、そのまえにやるべき政策、方策、法令などの見直しをやらないと、空理空論の神学論争になるのではないでしょうか。

極端な話、湾岸からの石油輸入がゼロになれば、いくら機雷が敷設されようと別な惑星のお話のようなものです。

安倍政権の安全保障・国防の見直しがいまいち国民から信用されないのは、地道な議論を怠っておいての、上滑りな観念論的主張が多いからじゃないでしょうかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
我が海軍の掃海レベルは世界でもトップクラスでそうです。そのレベルの維持のためにも全世界を股にかけて任務を全うして欲しいです。たとえ日本のエネルギーがペルシャ湾に関係なくメタンハイブレードや松根油になってもです。原発同様人材育成のためにね。
人材育成
2014/07/28 20:58
ペルシャ湾派遣の前までそんなことを自称し、メディアもそれを検証なくふりまいていました。
ところが、いってみれば装備もやり方も時代遅れ、井の中の蛙ということに気がついた次第。

慌てて次世代の掃海艇には外国製装備を搭載しました。

いまもこの体質は大きく変わっていないと思います。
キヨタニ
2014/07/29 11:39
アカヒの報道ステーションで掃海艇の船体は、いまだに木造。「ボロは着ても心は錦」を見て洗脳されたようです。でも除去機雷の数ではトップだったんでしよう。それて次世代の外国製の装備も気になりますのでよろしくお願いします。
人材育成
2014/07/29 21:57
お邪魔します。
 確かNHKのニュースで、環境等の理由で欧米が天然ガス燃料の船しか入れない、重油燃料の船を入れさせないようにするかも知れないので、天然ガス燃料の船をあまり持たない日本の海運会社が憂慮しているといった事を言っていました。合成燃料も「世界のトレンドを無視したら商売にならない」民間がするかも知れません。

 合成燃料の原料である炭化水素をどうやって調達するかの問題があります。アメリカで進んでいるのは明らかにシェールガスの影響でしょう(岩の隙間にあるガスを無理やり穿り出すのがいつまで続くかの問題はあるでしょうが)。日本はパイプラインでなく船で持って来る分コストがかかっているので、それ以上コストをかけるのは難しいと思います。ですからメタンハイドレートの研究(モノになるか否かも含めた)と並行して進めるのが良いと思われます。後日本の石炭は掘りつくしたのでしょうか?単に掘り出すのが採算に合わないだけなら、地中で蒸し焼きにしてガスを取り出し、そのガスが合成燃料の原料にならないかなと思ったりもします。

>長年エネルギーの中東依存解消の努力を怠ってきた

 アメリカが第5艦隊を撤収しない限り大丈夫とでも思っているのではないでしょうか。尤も脅威が旧ソ連からイスラム原理主義過激派等(イラク北部を占領してカリフをでっち上げて建国した連中他)に変わった今、艦隊がどれだけ抑止力になるかですが。

>空理空論の神学論争
>上滑りな観念論的主張

 「日本の安全保障をアメリカに返してもらうか否か(その上でアメリカと手を結ぶか否か)」から始めなければならないでしょうが、原爆を落とされた日本としては「アメリカが敵になるかも知れない可能性」の恐怖には耐えられないのかとも思ったりします。
ブロガー(志望)
2014/07/29 22:54
>>原発稼働再開もその文脈で行えばもう少し国民の理解が得られるのじゃないでしょうか。

原発再稼働はNG。中国軍や北朝鮮軍が「シーレーン遮断より簡単お手軽に日本を屈服させることができるぞ!」と大喜びして原発テロを仕掛ける恐れがあるからです(冷温停止中の原発より、稼働中に原発の方が危険→http://okwave.jp/qa/q7425626.html)。

で、過去にこんな事件が↓

泊原発敷地に30人侵入 5月に山菜採り業者ら
http://www.47news.jp/CN/200506/CN2005060701001822.html

陸自関係者が「原発警備のため、陸自の増員を!原発への10式戦車や機動戦闘車の配備を!」なんて言い出したら目も当てられません…



波泳ぎ兼光
2014/08/04 12:57
エネルギーの依存度が8.5割とありますが、これはエネルギー依存度ではなく原油輸入における中東依存度の間違いではありませんか?

経産省エネルギー庁のエネルギー白書によると、国内エネルギーの原油依存度は2011年時点で44.7%で、その原油の中東依存度が85%ほどでした
通りすがり
2014/08/06 14:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
集団的自衛権行使で掃海の前にやるべきことをやるのが筋じゃないでしょうか。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる