清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄人28号は「攻撃的兵器」か?

<<   作成日時 : 2014/05/19 12:14   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 11

 昨日はポール・マッカートニーのコンサートに行くはずだったのですが、中止となりました。以前のウイングス時代のコンサートに次いで二回目です。
  まあ、縁がないのでしょう。

 さて、昨今集団安全保障は合憲か否かという議論が盛り上がっています。
 で、それに関連したシナリオなども政府から提示され、あれこれと議論されたりしています。その中で未だに我が国は「攻撃型空母」は持てないという話が言われております。「攻撃型空母」とは米軍の原子力空母などをイメージしているのですが、「攻撃型空母」という言葉は日本の国会やメディアの中でしか存在しません。

 以前も朝日新聞の22DDHの記事で、22DDHは空母か否かという議論がありました。これは定義の問題ですが、狭義の意味では空母とは「攻撃型空母」を意味するので、22DDHは空母ではないと主張する人達が専門家にもいらっしゃいました。
 空母=「攻撃型空母」を海自が持つと、政府の見解と異なるからまずいという判断もあったのかもしれません。

件の朝日の記事。
海自最大の護衛艦「いずも」、どう見ても空母なのでは…
http://www.asahi.com/articles/ASFDT5KFRFDTUTIL03D.html

以下は関連したぼくのブログです。
海自最大の護衛艦「いずも」は空母か
http://kiyotani.at.webry.info/201401/article_10.html
「いずも」級ヘリ「空母」を駆逐艦と称していいのかね? http://kiyotani.at.webry.info/201401/article_11.html
軍オタ的には「いずも」級は強襲揚陸艦らしい
http://kiyotani.at.webry.info/201401/article_12.html

 ですが広義では空母にはヘリ空母なども空母に含まれます。
 
 で、22DDHに関して言えば、これはどう見てもヘリ空母、広義の空母です。これは「駆逐艦」か「空母」か?駆逐艦ではないでしょうというのが、ぼくの主張です。
22DDHを「空母」ではないと主張するのは、これは駆逐艦であると主張することになります。

 ですが海外にいって22DDHは駆逐艦だと強弁すれば笑われます。これはどう見てもヘリ空母、あるいは多目的空母の類です。このような屁理屈は国内でしか通じません。このようなことをしていると日本は自分の都合のいいように、ルールを変えておいて、自分はルールを変えていないと主張する国だととられてしまいます。

 これを護衛艦=駆逐艦だと強弁するのはソープランドの中で行われている行為が「自由恋愛だ」との主張と同じです。
 行政的にはそうなっているのでしょうが、実態は異なります。自由恋愛だというのであれば「女の三助さん」に対する支払いを拒否して問題ないことになります。

 護衛艦は潜水艦以外のすべての水上戦闘艦を含むのだと主張するのは勝手ですが、繰り返しますが、それはローカル・ルールです。防衛省ムラや永田町では「常識」なのでしょうが、世界的にはナンセンスですし、通用しません。


 22DDHが空母が否かという議論自体、「攻撃型空母」という言葉の「発明」による議論の副産物でしょうが、防衛に関する議論の本質をぼかすものです。
 22DDHが空母か否かという議論自体が我が国の防衛に関する議論の未熟の好例ではないでしょうか。

 いわゆる「攻撃型空母」は鉄人28号みたいなもので、正太郎くんが使えば「正義の味方」で悪い奴が使えば「悪魔の手先」になります。要は運用者の使い方、運用者の見識によって変わるわけです。
「攻撃型空母」は使い方によっては防御にも使えるし、攻撃的にも使えます。費用対効果は別として、「攻撃型空母」があれば戦略的、戦術的な自由度は増します。また奇襲に対しても強くなるでしょう。
 ただ大枚はたいて、あんな高価なものを持つのは我が国の防衛費を鑑みれば無駄でしかありえないでしょう。

 『攻撃型空母」と並んで保有できないことになっているICBMに関して言えば、大量破壊兵器であり、これを空母と同列で論じるのは非常に違和感があります。戦略爆撃機もこれまた「攻撃型兵器」と断じるのは極めて微妙でしょう。これまた防衛にも使えますからね。
 これらが攻撃型の兵器であると論じられた時代はファントムから爆撃照準器装置を取り外したり、F-15Jから空中給油装置を取り外したりした「トンデモ」なことが正当化された時代だったことを思い起こすべきです。
 「地球の裏側でも戦争できる装備はダメ」ならば、大型輸送機や艦隊補給艦、輸送艦だって「攻撃型兵器」の類でしょう。また小銃だって人を撃って殺すためのものですから「攻撃型兵器」といえるでしょう。

 それに例えば「攻撃型空母」に戦闘機や攻撃機を搭載せずに、対潜ヘリや早期警戒機、連絡機、偵察機などを搭載した場合、これは「攻撃型空母」になるのでしょうか。例えば我が国がアメリカから「空母」を買ってそのように運用するのであればこれはDDH、すなわち駆逐艦と呼ばれることでしょう。

 こういう議論も我が国で行われたことは無いように思います。

 安倍政権は「攻撃型空母」は言葉遊びだった、当時の議論は未熟でトンデモだったと国会で過去の答弁を見直すことが必要だと思います。



NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]に以下の記事を寄稿しております。

<防衛産業も営利企業>政府は防衛産業の持続可能な利益確保の必要性を国民に説明すべき
http://japan-indepth.jp/?p=5052

<武器禁輸緩和>安倍政権は「防衛装備生産基盤の危機回避」という本意を国民に説明せよ
http://japan-indepth.jp/?p=5014

<200億円の海自P-1哨戒機>性能も怪しい高コスト機の開発ではなく現有機の近代化を
http://japan-indepth.jp/?p=4818

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました
国益のために国内ヘリ産業を潰すべきだ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014051200007.html?iref=webronza

ロシアとウクライナが簡単に刀を抜けない理由
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014041500002.html

知られざる日本発のクールジャパン的ヒット商品「エア・ソフト・ガン」はなぜ市場を失いつつあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014032400011.html




月刊ZAITENに「防衛産業はやりたい放題」を寄稿しました。

ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌]
財界展望新社
2014-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ひゅうが/いせの段階で、駆逐艦とするには無理がありますね。あれは対潜ヘリ空母ですよね。

ただ、装備的にはるな型DDHの後継としてDDHを継承し、また日本国内や某近隣諸国では、「空母を持った」=「侵攻のための装備」と脊髄反射で騒ぎたてる勢力が多いから、公式に空母と呼ばないだけでしょう。ある意味旧ソ連の重航空巡洋艦と同じロジックですね。

ところで、ひゅうが型はまっとうな艦種的にいえばCVHかCVSに相当するんでしょうが、22DDH/24DDHの場合はCVHになるんでしょうか?
どちらかといえば英オーシャン級のようにLPHに相当するんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか?
PAN
2014/05/19 15:40
我が国においての議論となると、とにかく「1かゼロか」の二者択一しか無いような気がします。キヨタニさんが記事で指摘されているファントムの件にしても空中給油機導入の話が出た際も、たしか「航続距離が長くなると、他国の脅威になる」なんて話が国会で大真面目に議論されたのでしたっけ。「それなら空中給油機を持っている国は、全て我が国の脅威になるわけですね?」と当時、大真面目に発言なされた先生に聞いてみたいものですが。
他にも「空母からB-52が発進する」とか、こと防衛問題となると途端にトンデモ発言をなさる先生が続出するのも、我が国における特徴なのでしょうか。
そりゃ、防衛問題を一生懸命扱っても票にはつながらないのでしょうが、少なくとも最低限の「正しい知識」は持っていてもらいたいものです。
KU
2014/05/19 18:28
お邪魔します。

 これは宗教の解釈の問題と似通っているように思われます。確か山本七平の本に「聖書の申命記には『子山羊の肉をその母の乳で煮てはならない』という文言がある。それ自体は遊牧民として当然の事だったかも知れないが、それに基づいてユダヤ教徒は肉料理と乳製品を一度には食べない(食べたら腹の中で”煮た”事になるから?)。厳格なユダヤ教徒は調理場所すら別にする。」といった事が載っていました。「時代等が変わって、当初の教義や戒律では対応しきれなくなる。⇒だからといって教義や戒律は変更できない。⇒その間を解釈で埋める。」といった流れではないかと。

 「攻撃型空母」というのは、「先の大戦でアメリカが大量の商船改造空母を作り、それを船団護衛や航空機輸送に使った事(日本海軍はあくまで正規空母の補助を求めた)」及び「戦後のヘリコプターの発達と、それを運用する艦の出現」を受けた、「CTOL機を運用し、対地対艦攻撃を行い、世界を制空権下に治め得る空母」とは一応考えられますから、「そういった空母を持たない」というのはあり得るでしょう。「攻撃的」を”イメージで”捉えるからF4から爆撃装置を、F15から空中給油装置を外したりといった事が起こったのではと思われます。
ブロガー(志望)
2014/05/19 23:01
>昨日はポール・マッカートニーのコンサートに行くはずだったのですが、中止となりました。以前のウイングス時代のコンサートに次いで二回目です。

うわぁ、残念でしたね。ていうかよく取れましたね>チケット。徹夜で並んだりしたんですか?

>まあ、縁がないのでしょう

チケット屋さんやオークションでゲットする手もありますが、値段がなぁ・・・

> いわゆる「攻撃型空母」は鉄人28号みたいなもので、正太郎くんが使えば「正義の味方」で悪い奴が使えば「悪魔の手先」になります

鉄人に関しては大戦末期の日本軍が決戦兵器として開発したという設定ですからねぇ。当然鉄人が当初の開発目的通りの運用をされれば、連合国サイドから見れば「悪魔の兵器」以外の何物でも無いですし。

ちなみに、個人的には戦後日本にとって戦中の記憶そのものである禍々しい存在である「鉄人」が「正太郎」といういわば戦後の日本の象徴となるキャラを媒体させて活躍する、という設定が結構好きです。

そういった意味では一寸イレギュラーな系統ですが、鉄人作品の中で私はこの作品が特に好きだったりします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E4%BA%BA28%E5%8F%B7_%E7%99%BD%E6%98%BC%E3%81%AE%E6%AE%8B%E6%9C%88

北極28号
2014/05/20 09:27
>>チケット
弟任せでした。彼は前回のコンサートもチケットをとれたので相性もあるかと。

鉄人といえば実写版の鉄人の初回では鉄人が最新の「トランジスター工場」を襲う、という話でしたね。
キヨタニ
2014/05/20 13:39
>ブロガー(志望)様

「攻撃型空母(CVA)」は、戦後に一部の余剰空母を「対潜空母(CVS)」などに転用したことから、それと区別するために米海軍が一時的に使用した呼称だったと思います。現在は米海軍で使用されていません。

それをうけて、戦後日本で空母導入の議論が最初に持ち上がったときに、護衛空母や対潜空母(これは自衛隊的にOKという議論もありました)と区別するために使われ、そのまま日本でのみ用語だけが生き残ったと考えられます。

ですから「攻撃型空母は持てない(持たない)」という答弁の裏には、「主にディフェンスに使われる対潜空母は持てる(すでに持っていますが)」というロジックが隠されているわけです。

まあ、使い方しだいではひゅうが型やいずも型で敵地攻撃することも不可能ではありませんから、キヨタニさんが書かれているとおり、本質は使い方の問題なのに、どうにでも捉えられる言葉遊びのごまかしに過ぎないわけですが。

ちなみに米のスーパーキャリアなどは、攻撃だけではなく多目的に使われるため、今は単に「 Aircraft Carrier」ではなく、「Multi-Purpose Aircraft Carrier」と呼ばれていると聞きました。
PAN
2014/05/20 18:25
世間では酒と愛人は2号までが相場のようですが、私の立場は法的にはどうなんでしょうか。
愛人28号
2014/05/20 20:37
 サイズが簡単に目視可能で、殴る蹴るが基本の攻撃で、
操縦が目視の非搭乗タイプとなると、汎用人型機械の範疇だは?。
 手持ち兵器やバックパック的に武装するなら、
兵器扱いせざるを得ず。

 
うー
2014/05/24 17:26
PAN様、お教えいただきありがとうございます。

 あれから思い出したのですが、『丸』に「沖縄に自衛隊の航空基地は那覇基地ぐらいしか無いので、そのバックアップとしてコンテナ船改造のF35B母艦(費用を抑えるため露天で搭載)を建造する」といった構想が載っていました。もしこれが実現したら「攻撃型空母」とされるのだろうかと思ったりします。尤もそんな事よりも「鹿児島県南部または沖縄のどこかの島に新たに航空基地(民のハブ空港としても使用可能?)を作るのとどちらが得か」を考えるべきでしょうけど。
ブロガー(志望)
2014/05/26 22:41
たしか日本に来た米空母の艦長だったと思うのですが、核を持つことは問題ではない、問題はその核を何に使うかだ、とか言っていたのを思い出しました。
このセリフが、日本の政治家のセンセイ方の口から出なかったことが残念です。
ひゃっはー
2014/06/09 10:03
確かに「ひゅうが」も「いずも」も空母ですよね〜
艦自体の戦力価値を搭載する航空機によって決められるのが空母なら、はっきりヘリ空母って言った方が色々すっきりすると思うんだけどなぁ・・・

この理屈で言うと例えば戦艦大和が現代に至るまで現役でいた場合、「大型砲搭載型護衛艦」とでも言い張って駆逐艦の範疇に入れちゃうんですかね?(笑)

八王子の白豚
2014/06/14 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄人28号は「攻撃的兵器」か? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる